男性医師は女性患者の胸を舐めたのか、それとも“せん妄”による幻覚だったのか

男性医師は女性患者の胸を舐めたのか、それとも“せん妄”による幻覚だったのか

控訴審が行われている東京高裁 ©諸岡宏樹

 2月4日、手術直後の女性患者の胸を舐めたなどとして、準強制わいせつ罪に問われ、一審で無罪判決となっていた男性医師(44)に対する控訴審初公判が、東京高裁で開かれた。

■医師による性的暴行事件は爆発的に増えている

 男性医師は傍聴席に座る支援者たちに笑顔を浮かべて一礼し、裁判官に職業を問われて「医師です」と答えた。

 公判の冒頭で男性医師の主任弁護人が事件概要を説明した。

「ここに犯罪と呼べるものは存在しません。せん妄という医学的な症例があるだけです。満室の病院で、医療関係者が入れ代わり立ち代わり出入りする中、手術を終えたばかりの医師が患者の胸を舐めた上、マスターベーションに及んだという事件。こんな奇怪な事件はない」

 この日は検察側証人として、司法精神医学の専門家でもある獨協医科大学の井原裕教授が出廷した。

「事件当時、被害者のA子さんはせん妄状態であったとは考えられるが、幻覚があったとはいえず、A子さんの証言は信用できる」

 井原教授は、世界的に見れば医師による性的暴行事件は珍しくなく、2016年以降、爆発的に増えているため医師界が揺れていると指摘。その説明を男性医師は、椅子に深く腰掛けて、鼻を触りながら聴いていた。

■「本物のせん妄のときは幻覚さえも覚えていない」

 事件当日の経緯を説明しよう。女性は14時45分に手術室を出て、病室に行くときに、「ふざけんなよ、ぶっ殺してやる」と言ったとされる。そのことを女性は「言った覚えはない」と説明している。

 この点について、井原教授は「当時、女性は過活動型せん妄状態にあったと言える。人間の体はアルコールと同じで、麻酔も徐々に覚めていく。それが27分後の事件時のA子さんは、低活動型せん妄に下がっていたと考えられるから、幻覚が起こるようなグレードではない。一審のせん妄の鑑定は、定義を非常に広くとっていて、アルコールで言えば、ホロ酔い状態の人も含むような感じです」と述べた。

 その後、A子さんは看護師に「痛いですか?」と聞かれ、「痛いです」と答えている。看護師が14時55分には「覚醒良好」とカルテに書いてしまうレベルにあったということだ。

 その後、男性医師から乳首を舐められたとするタイミング直後の15時12分には「たすけあつ」「て」「いますぐきて」というメッセージを上司にLINEで送っている。

「スマホがどこにあるか探して、これだけ正確にLINEを打てている。作文じゃない。迫真に富んでいる。完全なせん妄状態なら、こんなメッセージはあり得ない。非常に冷静な行動を取っていて、もはやせん妄状態じゃない。こんなときに幻覚は見ないし、本物のせん妄のときは幻覚さえも覚えていない」(井原教授)

 男性医師はこの間、真っ赤な顔をして法廷内に映し出される大型スクリーンのパネルを見ていた。

■「高齢者と30代の健康的な女性を同一視すべきでない」

「A子さんは病室から出て行った男について、『今のはドクターですか?』と尋ね、『はい、そうです』という会話を看護師としている。意識混濁が下がり、目の前の雲がなくなって、どんどん晴れてきたという状態でしょう。LINEを打ったときは現実の世界にいたのに、また幻覚の世界に飛んでいって、また一瞬で戻ってくるなんて、そんなことはあり得ないし、非常に不自然。性的な夢を見たというのなら、夢は覚めたら現実に戻るでしょう。それが夢というものです。夢の続きで行動することなんか、絶対にない。A子さんが幻覚を見ていた可能性はかなり低いし、ほぼないに等しい」(同前)

 男性医師は、井原教授が話をするたびに眉をしかめていた。

 しかし、弁護側は「私たちは分かりやすさより、正確さを求めている」と反論。一審で採用されたせん妄に関する論文について見解を問われると、井原教授は一刀両断でこう語った。

「この論文は参照にする必要はない。平均年齢70・2歳の、ガン治療を受けてお見送りの緩和ケアを受けているような人たちの症例でしょう。高齢者の方は合併症も多いし、既往歴もある。弁護士の先生たちは一審から、高齢者医療のせん妄の例ばっかりやっているでしょう。A子さんは30代の健康的な女性で、何の合併症もない。こういう人たちと同一視するべきではない。こんな論文を読んでいるのは時間の無駄。事実を見誤らせ、ミスリーディングするだけです」

■警察が駆け付けた途端、逃げるように病院を後にした

 最後に12人の弁護団を率いる主任弁護人の高野隆弁護士が質問した。

 高野弁護士は、最近ではカルロス・ゴーン被告の弁護人を務め、これまでに16件の無罪判決を勝ち取ったことがあるという日本屈指の辣腕弁護士だ。

「中国での実例として、麻酔科の医師が27歳、29歳、31歳の女性を手術し、術後に性行為のような行動を示したというものがある。付き添いの人が『それは違う』と言っても、全然受け入れない。『強姦された』と警察を呼ぶことになり、医師はモニターの画像を提出した。これは先生の主張とは矛盾するのでは?」

「それは背景を見てみないと分からないです」

 本件の男性医師は警察が駆け付けた途端、逃げるように病院を後にしてしまった。被害者のA子さんは「何もやっていないのであれば、私のところに来て、せん妄の説明をし、『誤解だよ』と説明したはずじゃないですか」と憤る。A子さんによれば、男性医師は一審の頃から、法廷で対峙しても一度も目を合わせることはなかったという。

 次回は弁護側の証人が出廷する。弁護側は控訴審も「科学の法則にのっとり、手堅い判決」(高野弁護士)を手にすることができるだろうか。

(諸岡 宏樹)

関連記事(外部サイト)