新型肺炎で文在寅は板挟み 「中国人入国拒否」請願者数67万人を突破

新型肺炎で文在寅は板挟み 「中国人入国拒否」請願者数67万人を突破

1月30日、新型コロナウイルスによる肺炎についての会議に出席する文在寅・韓国大統領(左から2番目)©時事通信社

 新型コロナウイルスによる肺炎が急速に広がっている。中国内での死亡者数はSARS(重症急性呼吸器症候群)による死亡者数(349人)をはるかに超えた。世界各地で感染者が確認され、緊張が高まっている。

 韓国も連日、このニュース一色。韓国内では19人の感染者が確認されている(2月5日現在)。

 韓国での感染が認められた19人のうち、武漢在住の人や、最近訪問した人は8人。残りは2次、3次感染者とされ、うちひとりは、日本で新型コロナウイルスによる肺炎を発症した人物と接触したツアーガイドの中国籍の男性だった。

 韓国で最初の感染者が確認されたのは1月20日。武漢から観光で韓国に入国した女性だった。その3日後には中国の春節で多くの中国人観光客が訪韓するとして、「中国人入国禁止を要請する」請願文が青瓦台の国民請願掲示板に早くも書き込まれている。

■店を開けていると「結局はカネか」と非難され

 26日、武漢から帰国してから1週間後の韓国人男性の感染が確認され、ソウル市内での動線が明らかになると、韓国社会は一気に警戒モードに。マスクの売れ行きは右肩上がりで増え始め、「中国人お断り」と書かれた紙を貼った食堂や、中国人だと分かると乗車拒否するタクシーも現われた。

 その時期たまたま乗ったタクシーの運転手に話を聞くと深いため息が返ってきた。

「中国人の乗車を拒否しているのはごく一部でしょう。中国人観光客は(ソウル都心の)タクシーの収入の5分の1くらいを占めていますから大事なお客さん。感染は怖いけど、簡単には断れない。早く収まってほしいですが、もし、感染者が増えて中国人の入国を拒否することになれば、しばらくはその影響の余波で収入も減る。ただでさえ景気はよくないのに厳しいです……」

 感染者が食事した老舗店は保健所の立ち会いの下、防疫のための消毒作業後に店を開けていたが、「結局はカネか」などという非難を浴び、一時休業している。感染者の動線が明らかにされると、別の感染者が立ち寄ったとされた新羅ホテルの免税店は自ら一時休業を宣言。この他にも感染者が立ち寄ったとされる映画館やコンビニなどすべての店や施設は一時休業や閉鎖するという徹底ぶりだ。

 ある大学生は、疾病管理本部の公式資料をもとに 「コロナウイルスマップ」 という感染者の動線を地図にしたサイトを作成。日々情報を更新しており、アクセス数は5日間で800万回(2月4日現在)を超え、NAVERが支援を決めている。

 教会にもその余波は及んだ。韓国にはキリスト教信者が3割ほどいるといわれ、日曜日になるとソウル市内に林立する教会に礼拝に通う人々の姿が日常の風景だったが、感染者が通っていた教会ではホームページでの映像礼拝を行うという異例の処置がとられた。

■「中国出身だからという理由で仕事を断られた」

 ソウル市内の街行く人のほとんどはマスク姿で、もっとも安全だといわれる「N95」のマスク使用者も見受けられる。薬局などの店頭にはもちろんマスクの在庫はなし。マスクの買い占めや詐欺も登場し、韓国政府は取り締まりに乗り出した。人混みを避ける風潮のためか、大手スーパーマーケットや百貨店からは人が消えて閑散とした雰囲気が漂う一方、食料品などの日用品のネット注文が激増しているという。

 中国出身者への偏見も露わになっている。韓国には、日本の植民地時代や朝鮮戦争後に中国に移住したとされる、中国籍だが朝鮮語も話す「朝鮮族」の人々が80万人ほど居住している。2000年代に入ってから、中国東北部の吉林省などから韓国に来て働く人が増え、介護や家政婦、食堂、建設現場などでは欠かせない存在になっているが、「中国出身」という理由で偏見の対象となるケースが報道されている。

 ソウル市内のチャイナタウンとして知られる街「大林洞」からはすっかり人出は遠のいており、新聞記事は、「中国出身だからという理由で仕事を断られた」(韓国日報、1月30日)という話や、「マスク220枚を25万ウォン(約2万5000円)で買って武漢から(中国東北部の)コンシュン市まではかなり離れているけれど安心できない(だから、マスクを故郷に送った)」(韓国日報、1月30日)という話を拾っている。

 知り合いの50代の主婦は、長く入院している義母の介護士が朝鮮族で、「朝鮮族どうしでお互いに融通しながら中国に頻繁に帰国する人が多いから、本人が大丈夫でも感染する確率が高いのではないかと思って気が気でない。でも、すぐに代わりはみつからないし、悩ましい」と話していた。

■「あまりにも中国の顔色を窺いすぎた」韓国政府の対応

 韓国政府の対応については、「あまりにも中国の顔色を窺いすぎた」(中道系紙記者)という声があがっている。

「“恐中症”がまたもや顔をのぞかせてしまった形です。春には6年ぶりとなる習近平国家主席の訪韓が予定されていて、『限韓令』(K-POPなどの韓流コンテンツの輸入制限など)も解かれるのではないかという期待感がありましたから、やむをえない部分もあったのかもしれません。しかし、湖北省滞在の外国人の入国拒否についての決断が遅く、中国への旅行についても『中国全域旅行警報』を一段階引上げ『撤収勧告』としながらすぐに撤回したりと右往左往が目立ちました」

 韓国で「恐中症」という言葉が使われ始めたのは2000年初め。韓国が国産ニンニク保護のために中国産ニンニクの冷凍品などへ関税率を高める措置をとったことに対し、中国が韓国製携帯機器などの輸入を暫定的に禁止した“ニンニク紛争”がきっかけだ。

■「中国人入国拒否」の請願者数は67万人を突破

 韓国は他国に遅れ2月4日0時から、「中国の湖北省を14日以内に訪問したり滞留したことがあるすべての外国人の入国を全面禁止」し、済州島観光でのノービザも一時中止にしている。

 この背景には与・野党の対立も見え隠れしている。当初、韓国では野党の自由韓国党が「(中国人の)入国禁止を検討すべき」と政府の対応を批判していたが、与党・共に民主党は「不安を煽ってはならない。政争にしてはいけない」などとして対立していた。しかし、「中国人入国拒否」の請願者数は時々刻々増えており(2月5日現在67万人超)、「無視できない状況もあった」と別の中道系紙記者は言う。

「野党は2015年のMERS(中東呼吸器症候群)の際、『対応が遅かった』と現在の与党から相当突き上げをくらいましたし、4月の総選挙も見据えて与党の力を削ぎたかった目的もあったかと思います。それにしても、中国内で感染者数が増えているわけですから、与党はそれに伴った対応を敏速に行うべきでした。ただ、感染者の動線を把握し、防疫作業をしっかり行うなどの対応は迅速で徹底している。また、5日には入院していた感染者が初めて退院しました。これらは評価すべきでしょう」

■中国へ渡航できないならば日本へ、という動きも

 武漢などに住んでいる韓国人701人は帰国したが、企業関係者や中国人の配偶者がいるなどして武漢を離れられない人が200人ほどいるといわれる。

 当初、帰国者の受け入れ先となっていた忠清南道・天安市で反対デモが起こると、急遽、ソウルから車で2時間ほどの地方にある施設(「警察人材開発院」と「国家公務員人材開発院」)に受け入れ先を変更。一時、地元住民からは反対の声があったが、それもすぐに収束し、空港での検査などにも支障はなかったといわれている。ちなみに帰国者は1人1室という(12歳以下の子供は別)厳格な体制だ。

 韓国の新学期は3月だ。2月に入ってからは中国に帰国している7万人にのぼる中国人留学生の受け入れが取り沙汰され始め、開校を延期する学校も出てきた。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)