蒙古タンメン中本であえて「ラーメン」を食べない“ガチ勢”を知っていますか?

蒙古タンメン中本であえて「ラーメン」を食べない“ガチ勢”を知っていますか?

こちらは蒙古タンメン中本の東池袋店

 蒙古タンメン中本、これは一度ハマると抜け出せなくなる沼です。

 今や真っ赤な沼に全身浸かっている私は、あいかわらず中本へ通い詰めていますが、ラーメンを食べることが減りました。ラーメン屋行ってラーメン食べないお前は奇人だ、と判断したあなた、待ってください、理由があります。一見、奇妙に思える行動ですが、全責任は中本サイドにあります。

 中本がラーメンと同じくらい美味しい、「丼モノ」を販売しているんです。

 食べに行くようになり約10年。あらゆる期間を経て、丼モノに辿り着きました。簡単にですが説明させてください。?

 まずは、辛さ控えめなラーメンを気が向いたら食べに行く「試食期」
 ↓
 徐々に辛さを上げていき、ラーメンでは辛さ最大の北極ラーメン達成を目指す「好奇心期 」
 ↓?
 北極よりも辛いつけ麺、常設メニューでは辛さ最大の冷やし味噌ラーメンへ到達する「激辛期」
 ↓
 辛さゼロのメニューが旨いことも知る「非辛期」
 ↓
 気分に合わせてオーダー、店舗ごとに違う限定メニューを探る「遊牧期」
 ↓
 中本の武器は麺だけじゃないことを知る「丼モノ期」 ?

 このような流れで現在の「丼モノ期」に辿り着きました。周りの中本辛者も似た流れの方が多いので、王道パターンなのかもしれません。

■最も愛するメニュー「特製樺太丼」

 今日は、数ある丼モノの中でも私が最も愛するメニューを紹介したいと思います。その名も「特製樺太丼」。

 大きな丼に入ったライス、その上にずっしりと乗った辛旨な餡。

 見た目は麻婆豆腐のようですが、中身は豆腐、ひき肉、ばら肉、タケノコ。この餡、旨みという旨みがギュッと詰まっております。そしてサイコロ型に切られたタケノコ、このコリコリとした食感がより一層食欲を煽ります。

 辛さの表記は8辛ですが、旨みの効果でしょうか、表記よりも多少まろやかに感じます。不安な方は辛さを抑えてオーダーすることもできますし、食べて辛さが足りなかった方は辛さアップにも対応してくれます。

■樺太丼は「ライスの量に気をつけて」

 気をつけなければならないのがライスの量。小・並・大と全て同じ値段で選べ、並が300gあります。ライス並で上の餡を合わせたら牛丼チェーンならば特盛ほどのボリューム、もしくはそれ以上はあるかと思います。

 ちなみに小で200g、大で400gです。200gでも多い方は店員さんに言えばライスの量を対応してくれます。

 私のお勧めオーダーはライス150gの辛さそのまま、これが特製樺太丼の黄金比率です。備え付けの紅ショウガを乗せるのも忘れずに。もしもお財布に余裕があるときは、プラス200円出して『プチ味噌タンメンスープ』を付けてみてください。スープをすすりながら特製樺太丼、相性抜群です。

■世界で一番旨いどんぶりの誕生秘話

 世界で一番旨いどんぶり、特製樺太丼がどのようにして生まれたのか、誕生秘話を聞いたことがあります。

 販売が開始されたのは2015年と、52年続く中本の歴史で見るとまだ新しいメニューです。

 先代の頃から、樺太丼というメニューがありました(現在も店舗により販売)。樺太丼は肉やタケノコが入っておらず、辛い麻婆丼のようなモノで当時から中本マニアには人気の商品だったようです。

 ある日、二代目の白根社長は言いました。

「豪華な樺太丼を作ってくれ!!!(銅鑼の爆音)」 ?

 その声に応えたのが、社員の林部長でした。部長曰く、ポイントはやはりタケノコの様で、先日このように述べていました。

「タケノコで食感を出し、お客様に最後まで飽きずに食べていただけるようにしました。五目味噌タンメン、冷やし味噌やさいという商品にタケノコが入っていて、常連のお客様はタケノコの食感を好きな方が多かったので……」

 そう、特製樺太丼は歴史ある先代中本のメニューに、社長の閃きと部長の調理、新旧の感性が融合して誕生した奇跡のメニューなのです。

■「やっぱりラーメン食べたくない?」派のあなたへ

「特製樺太丼が美味しいのはわかったよ。でもさぁ、中本に行くんだからやっぱラーメン食べたくない?」というあなた。

 ラーメンと合わせてどうぞ、お茶碗サイズのミニ丼メニューも豊富にございます。ここからはミニ丼の中でも、私が特に好きなメニューをご紹介(※ミニ丼のみの注文はできませんのでご注意を)。 ?

■「定食」

 辛い麻婆豆腐と小ライスのセットになります。

 辛いです、でも旨みがあり辛いだけじゃないです、ライスと混ぜて食べると辛味がマイルドになりとても旨いです。中本ではコレをミニ麻婆丼などとは呼びません、商品名が定食です。定食のワンサイズ小さいモノもあります。そちらはミニ定食ではなく、プチ麻婆丼と呼びます。もう訳がわかりませんが憶えるしかありません。

■「吉祥飯RED」

 吉祥寺店限定で販売されています。

 たっぷりのひき肉とタケノコ、生姜の香りがアクセントの辛旨具材と千切りキャベツ、卵スライスが乗ったミニ丼です。味の感想を何度書いてもタラタラと長い説明になってしまうのでズバッと短くいかせていただきます。

 食感抜群辛旨そぼろ飯。

 ピンときた方も来ない方も吉祥寺へ急いでください。辛さが不安なら、控えめの吉祥飯がおススメ。

?

■中本“ガチ勢”が復活を訴えた伝説のメニュー

■「ほぐチャー定食」

 こちらは新宿店限定で販売されているメニューです。北極ラーメンのスープでほぐしチャーシューとエリンギを煮込んだドロリとした餡とライス。まぁ辛いです。その辛さに負けないくらい存在感のあるチャーシューの旨み。

 2014年にほぐチャー定食が一度メニューから消えたことがあります。行く度にオーダーしていたのでショックでした。その年に私は先輩であり中本仲間の平成ノブシコブシ徳井さんと『蒙古タンメン中本辛者の会』という中本に特化したライブを始めます。ライブゲストに白根社長や社員さんにご出演いただきました。本番中、私と徳井さんはほぐチャー定食への熱い思いを喋りました。6年前の事ですから、かなり補正がかかっているかもしれません。私達が話し終えると同じくほぐチャーの復活を望む会場にいるお客さんから大きな拍手が起こりました。中本さんは、その拍手を聞いてほぐチャーを復活させたとか、そんな噂を耳にしたことがあります。

 辛いという字に漢字の『一』を足したらどんな文字になりますか?

『辛』いラーメンの次は、中本の丼ぶり『一』杯があなたを『幸』せにしてくれます。

 あなたに幸あれ。 ?

※今回紹介した特製樺太丼は全ての店舗では販売しておりません。食べに行く際は 蒙古タンメン中本さんのホームページ 等でご確認の上ご来店をお願い致します。

(五明 拓弥(グランジ))

関連記事(外部サイト)