「大舞台で借りを返せてよかった」藤井聡太撃破の千田翔太が朝日杯将棋オープン初優勝

「大舞台で借りを返せてよかった」藤井聡太撃破の千田翔太が朝日杯将棋オープン初優勝

朝日杯将棋オープンの準決勝・決勝戦は、将棋界では珍しい公開対局として行われる

 第13回朝日杯将棋オープン戦で、千田翔太七段が自身初の棋戦優勝を果たした。前回及び前々回優勝の藤井聡太七段は準決勝で千田に敗れ、3連覇を逃した。準決勝、決勝が行われた2月11日の模様を追ってみたい。

■千田はほとんど時間を使わずに指し進めていく

 準決勝の組み合わせは藤井七段―千田七段と、永瀬拓矢二冠―阿久津主税八段戦。本棋戦は準決勝から舞台上で公開対局が行われることになっている。開始の10時半を前にして、すでに会場は将棋ファンで埋め尽くされている。また別室では木村一基王位と上田初美女流四段による大盤解説会が行われる。

 多くの報道陣に囲まれた藤井―千田戦は角換わりに。 文春将棋のインタビュー で高野秀行六段が角換わりについて「プールでどこまで早く泳げるか選手権」と語っているが、特に序中盤の知識が問われる戦いである。用意の順があったか、早指し棋戦ということもあり、千田はほとんど時間を使わずに指し進めていく。

 一方、永瀬―阿久津戦は記録係が使用するタブレットにトラブルがあり、やや遅れてのスタート。そのせいでもないだろうが、相掛かりとなった本局は序盤からスローペースを思わせる戦いになった。

■「藤井君にとっては、一番のピンチかもしれませんね」

 大盤解説会には、藤井の師匠である杉本昌隆八段がゲストとして登場。藤井―千田戦について「この形は藤井君と研究会で指したことがある」と語る。

 そして局面は終盤の入り口を迎えた。すでに1分将棋に入っている藤井に対し、千田は40分の持ち時間をまだ5分しか使っていない。こんなところまで研究しているのか、と思わせる進行だが、千田によると「他に変化の余地がなく、踏み込んだらこうやるしかない順」という。そしてようやく千田の手が止まった局面について、「藤井君にとっては、これまでの朝日杯で一番のピンチかもしれませんね」と杉本八段。事実、両対局者もその局面では千田の優勢を感じていた。

 こうなっては、いかに藤井といえども粘れない。得意の終盤力を発揮しようにも、前提条件が悪すぎる。間もなく終局し、両者が大盤解説会場に姿を現す。千田は「藤井さんに勝っての決勝なので、決勝でもいい将棋を指したい」と次戦への抱負を述べ、藤井は「勝負所の分岐点で正着を指せず、形勢を損ねて粘り強く指すことができなかったのは残念。決勝を見て勉強したいです」と語った。

■阿久津は「前回は若手代表という感じでしたが……」

 藤井―千田戦が終局した頃に佳境を迎えていた永瀬―阿久津戦は、両者ともに自身の模様の悪さを感じていたが、終盤で永瀬が抜け出した。「序盤はうまく指せましたが、中盤でのポイントの挙げ方がどうだったか。次にそこを改善できればと。決勝は皆さまに見て良かったと思えるような将棋を指したいです」と永瀬は語った。

 阿久津は「(優勝した第2回以来)11年ぶりの公開対局は楽しみでした。前回は若手代表という感じでしたが、まさか今回、圧倒的最年長になるとは」と語って、会場の笑いを誘う。「序盤は不本意な展開でしたが、中盤では盛り返せたと思います。ただ、そこからの進行が、今の永瀬さんの充実ぶりを示していますね。またこの会場に対局者として戻ってこれたらと思います」と振り返った。

 木村王位は準決勝の両対局について「藤井―千田戦は角換わりの最先端で研究がものをいう将棋ですが、本局は終盤に細やかさが現れた一局です。永瀬―阿久津戦は両者のセンスが出て、プロが見て勉強になる将棋でした」と総括した。

■プロでも意見が割れる戦いに

 決勝開始は14時半。前局に続いて先手を引いた千田は、またも角換わりを目指す。対して永瀬も真っ向から受けて立った。局面は先手が勢いよく攻めているようだが、後手には駒得という実利がある。また、まとめにくい態勢でうまく組み立てられるかという永瀬らしい指し方となった。

 大盤解説会には、敗退した阿久津八段と藤井七段も登場。「攻めている先手を持ちたい」と両者の見解が一致した。対して木村王位と杉本八段は後手持ちと、プロでも意見が割れる戦いとなっている。

 両者が時間を使い切り秒が読まれている最中、永瀬玉が中段へフワリと逃げだした。「中段玉寄せにくし」の格言もあるが、千田は「秒読みで中段玉を捕まえるのは大変という懸念があった」と明かす。

 だがその直後、永瀬に痛恨のミスが生じる。これを的確にとがめた千田が優勝の栄冠を勝ち取った。終局直後にファンの前では「藤井さんに勝って決勝で負けると何を言われるかわからないのでホッとしています」と語り、会場はどっと沸いた。

 永瀬は「最後はダメにしたが、終盤の距離感など、自分の課題が見えた」と振り返った。

■「そろそろ勝っておかないと」

 改めて表彰式が行われ、千田が壇上に立つ。

「いままで5回くらい準優勝しているので、そろそろ優勝したかった、2位のコンプリートは避けたいと思っていました。準決勝の藤井戦に臨んでプレッシャーがありましたが、よく考えてみると向こうは前回優勝者、こっちはチャレンジャーという立場。それに気が付くと落ち着いて指せました。

 決勝の永瀬さんは思い出したくないくらい負けている相手で、藤井さんにもそうだけど、そろそろ勝っておかないと、という思いがありました。今後しばらくは色々な舞台で指し続けていく相手だと思うので、今回のような大舞台で借りを返せたのはよかったです。この2人に勝っての優勝は価値があると思います」

■「優勝と準優勝は、優勝と準優勝くらい違う」

 詳しい将棋ファンなら、今回の千田の優勝を意外と思う方はいないだろう。現在の棋士の実力を示している棋士のレーティングサイトで千田は上位5名に入っており、デビュー初参加の王位戦で挑戦者決定戦まで進んだ経験もある。早くから棋才を評価されていたことは間違いない。ただ、今回の朝日杯の本戦ベスト16の中で、千田はただ一人タイトル獲得・棋戦優勝の実績がない棋士だったのだ。

 あるベテラン棋士は「優勝と準優勝は、優勝と準優勝くらい違う」と禅問答のようなことを言っていたが、銀メダルをいくつとっても1つの金を取らなければ最上の評価はされない、何より自身が納得できないのが将棋界である。

 筆者は今回の結果を意外とは思わないが、千田を優勝の本命とは考えていなかったのも事実である。筆者が見る千田は常に冷静というか合理的な判断を下す人間と思う。ただそれが行き過ぎて、自身が認める上位者との対戦では戦う前から一歩引いているような感があった。「格下にはきっちり勝つが、格上にはなかなか勝てない」タイプだったのではないか。

■千田はソフト一辺倒の人間ではない

 将棋ソフトの利用を早くから公言していることも、行き過ぎた合理主義のイメージを裏付けることに一役買ったかもしれない。

 ただ、千田はソフト一辺倒の人間ではない。「木村義雄十四世名人の実戦集を並べている」とは表彰式で朝日新聞文化くらし報道部長の山口進氏が語ったエピソードだが、歴代名人の棋譜を全て並べているのではないかという話もある。そして将棋会館に姿を現す数でも、千田より多い棋士はそうはいない。モバイル中継で対局をみて、それでよしとはしないのだ。

 また、現在の棋界における問題点への改善にも積極的に取り組んでいる棋士の一人だ。色々なことにつけて善かれ悪しかれ「なあなあ」でまかり通っているフシもあるのが将棋界だが、千田はそれを潔しとしない。理事や先輩に対しても、臆せずに言いたいことは言う。

 ある年の棋士総会の直後、筆者は千田を含めた数名の棋士と呑んでいた。当然話題は数時間前の話である。場が熱を帯びてきたタイミングで、なんと隣の席に理事一同が続々と姿を現した。さすがに味が悪いから河岸を変えようかという話にもなったが、「聞かれて困ることは言っていません」(これはその通り)と。内面には熱いものを持った棋士なのである。

 今回の優勝で、更なるブレイクを果たすのではないか。より一層の活躍を期待したい。

 写真=杉山秀樹/文藝春秋

(相崎 修司)

関連記事(外部サイト)