「正社員になれなければ死ぬか?」“家事手伝い”が死語になり、ひきこもり女性は何を思うか

「正社員になれなければ死ぬか?」“家事手伝い”が死語になり、ひきこもり女性は何を思うか

©iStock.com

「ひきこもり女性はいない」という声は本当だろうか? 実際にひきこもり当事者の支援を行っている人々の間ですら、ひきこもり女性は現実の問題として取り上げられていない。内閣府は「ひきこもりの男女比は7:3」との調査結果を報告しているが、実はたった「47人の当事者」を調査したデータにもとづいているのだという。これではひきこもりの実態を捉えているとは到底言えないだろう。

 さらに、ひきこもり女性たちが陰に隠れてしまっている大きな理由のひとつに、7割近いひきこもり女性が「男性が苦手、怖い」と感じていることがある。また性被害を受けたことで、ひきこもるようになってしまった女性も少なくない。

『 下流老人 』などの著作で知られる藤田孝典氏の新著『 中高年ひきこもり 』(扶桑社新書)から、ひきこもり女性の実態を一部抜粋して紹介する。

◆◆◆

■可視化しづらい女性のひきこもり

 ひきこもりについて語る際、「ひきこもっている人=男性」とイメージする人は多いかもしれない。

「ひきこもりUX女子会(2016年6月にスタートし、2019年4月までに全国各地で計80回開催)」を主催する一般社団法人ひきこもりUX会議の代表理事である林恭子氏は以下のように述べている。

「内閣府の調査結果によれば、男性の割合が8割近くを占め、男女比は7:3くらいとなっていますが、不登校の調査では、男女は1:1なので疑問が残ります。

 実際、私たちが開いた当事者会などのイベントにも、女性はたくさん訪れます。内閣府側は、40歳以上の中高年ひきこもりの対象には、『主婦』と『家事手伝い』を入れたと言っていますが、今回の調査は5000人を対象にしているものの、ひきこもり当事者はわずか47人しか調査できていません。

 その47人から得られた『男性7:女性3』という結果をもって、ひきこもり全体の男女比と考えるのが妥当なのか。実態を表した数字とは、いえないと思います。

 そもそも、中高年ひきこもりが約61万人という数字も疑わしい。専門家のなかには、少なく見積もっても100万人、最大で200万人いるのでは、という方もいます」

 実は、当事者会やひきこもりのための居場所など、ひきこもり支援の現場でも男性参加者がおよそ9割を占めるという状況が、ここ20年ほど続いているという。そのため、ひきこもり支援者の間でさえ「女性はいない」との声が上がるほど、女性のひきこもりは可視化されていない。

■支援の手からもこぼれ落ちる

 とりわけ自助会のような場には男性の参加者が多いため、女性は居づらくなり、継続しての参加が難しい。そういった状況に危機感を抱いた林氏らは、女性だけで自助会を開催すれば、女性のひきこもりの人たちも参加するのでは、と考えて「ひきこもりUX女子会」を立ち上げた。

 女子会を始めて約3年が経過し、参加者は延べ3300人を超えた。その参加人数に鑑みても、女性のひきこもりが決して少ないとは言えない。

 林氏らは現在、「ひきこもりUX女子会全国キャラバン2019」と「つながる待合室」というイベントを開催し、全国8都市を回っている。そこで出会う各都市の行政や支援団体の関係者は、「うちでもイベントを開いているけれど、女性のひきこもりの方は来ません」と口にするという。

 そのため、イベントに数十人単位で女性が参加するのを目の当たりにした関係者でさえ、「(女性のひきこもりは)いたんだ」と驚きを隠さない。

 つまり、行政や支援者でさえ、「女性のひきこもりはいない(あるいは極めて少ない)」というのが共通認識になってしまっており、なかには「女性のひきこもりなんていないし、ましてや主婦のひきこもりなんているわけがない」と言い放つ人もいるなど、まったく女性が見えていないのが実情だ。

 本来セーフティネットとして機能すべき支援団体からも、女性のひきこもりはこぼれ落ちてしまっている。

■女性のひきこもりがイベントに参加しにくい理由

 林氏らの実態調査によると、ひきこもり女性のなかで「男性が苦手、怖い」という回答が、全体の7割近くに上った。

 その理由として、「学生のころ、男子生徒からのいじめがあり、男性が怖くなった」、「男性からのDVや性被害に遭った」、「父親から身体的虐待を受けていた」という声が聞かれた。林氏らは、予想以上に男性に対する不信感や根強い苦手意識があることにとても驚いたという。

 内閣府が2018年に実施した「男女間における暴力に関する調査報告書」によると、女性の約13人に1人は無理やりに性交等をされた経験がある。しかも被害経験があったと答えた人の約73%が顔見知りから被害を受けていた。さらに加害者との関係に着目すると、実親から被害を受けた女性は2・4%、養親・継親または親の交際相手から被害を受けた女性は2・8%に上る。つまり、性暴力は「見知らぬ人から屋外で」被害に遭うケースもあるが、「見知った人から屋内で」というものもあるのだ。

■逃げ場なき恐怖……暴力を耐え忍ぶ「家事手伝い」女性

 過去に家庭内で性被害を受けたひきこもり女性の多くは、「働いていないし、養ってもらっているから抵抗できない」と恐怖に怯え、さらには「断れなかった自分が悪い」と自らを責めながら生活していたという。身内に加害者がいることで、被害を訴えることができない。相談できるコミュニティすらなく、想像を絶する環境に置かれて逃げ場すらない。

 もちろん、すべてのひきこもり女性が性被害に遭っているというわけではないが、「家事手伝い」という言葉の陰に女性の性被害者が潜んでいる可能性があることを忘れてはならない。

 さらに、女性のひきこもりにはもともと「男性が怖い」と感じる人が多いため、社会に出て、さらにパワハラやセクハラ、いじめなどに遭い、男性への恐怖や男性そのものが原因になってひきこもるケースも多い。

 勇気を振り絞って行政などの相談窓口にたどり着くことができたとしても、担当者が男性であれば、話しかけることすらできなかったりする。加害者男性とは別人だと頭ではわかっていても、同じ男性というだけで恐怖心を覚えてしまうのだ。

「ひきこもり自体は悪いことではないから、ただ見守るだけでいい」

 そういった配慮が必要なケースもあるだろう。しかし、その一方で、性被害やあらゆる暴力被害を訴えることができない人もいるということを、胸に留めておかねばならない。ひきこもり女性の支援については、とりわけそうした視点を持ち合わせているか否かで、アプローチが大きく変わってくるからだ。

■「いつ帰ってもいい」ひきこもり女性見守る交流会

 さらに、ひきこもり女性には、精神科を受診していたり、パニック障害やリストカットに苦しんでいるケースが、男性に比べて圧倒的に多いという。本来、ひきこもりは「社会的ひきこもり」を意味しており、定義としては「6か月以上自宅にひきこもって社会参加をしない状態が持続し、他の精神障害がその第一の原因とは考えにくいもの」とされている。

 つまり、病気や障害が原因ではないのに、外出できない状態がひきこもりなのだ。ところが、現状では精神疾患を巡り、境界線が極めて曖昧になっている。

 林氏は言う。

「私たちのひきこもり女子会でも、会場までやっとの思いでたどり着くという人は多いです。電車に乗るのもしんどいので、各駅停車にしか乗れず、駅に到着するたびに電車を降り、1駅ずつ乗り降りして会場にくる人もいるし、会場の最寄り駅まで着いたけれど、会場のある建物までたどり着けなかったという人もいる」

 こうした心身状態なので、林氏は会場を訪れた参加者に対し、「いつ帰ってもいい」と伝えている。会場内にも非交流スペースを設け、建物内のどこにソファがあるかをアナウンスし、具合が悪くなったり、疲れたらいつでも休めるような配慮をしているという。

 残念ながら現在の日本では、行政が女性に特化した支援はもちろん、配慮さえまったくなされていないのが実情である。林氏らの団体においても、行政に対し、女性に特化した支援を要望しているというが、今回の内閣府の調査結果に見られるように、そもそも女性のひきこもりの存在さえ見えていないのが現状なのだ。

 ただ一方では、大阪府豊中市の調査で、「ひきこもりの6割が女性」という結果が得られている、と林氏は指摘する。このことは、調査方法や回答者との信頼関係によって、真実に近い数字が出てくる可能性を示唆しているのかもしれない。政府や民間ともに継続的に中高年ひきこもり女性の調査を行い、実態を明らかにする努力が今後も必要であろう。

■家事手伝いという“肩書”

「男性=外に働きに出る」「家にひきこもっているのはおかしい」といった考えは古いジェンダー観の表れともいえる。一方、女性のひきこもりは「家事手伝い」ということにされてしまえば、存在が消されてしまう恐れもある。

「私が若いころは、まだ世間に『家事手伝い』という存在は少なくなかったし、苦しんでいたり、困っているというわけではなかった。カジュアルに『学校卒業後は2、3年、家の手伝いをして、その後に結婚しよう』という女性もいましたから」と林氏は言う。

 ところが、現在の20代、30代の女性の間では、「家事手伝い」という言葉は死語となりつつあり、むしろ働かなければならない、というプレッシャーを強く感じている。こうした若い世代の女性のひきこもり当事者は、「家事手伝い」という“肩書”を言い訳に使えないほど重圧に苦しんでいる。

 また、ひきこもっている女性当事者はかなり苦しんでいるが、家族の介護や介助という名目で、ひきこもりの事実を隠されてしまうこともある。実際、中高年ひきこもり女性で、親や家族の介護をしている人たちが非常に増えているという。

 林氏は言う。

「今は20代、30代の女性にとっては『家事手伝い』という言葉は、大した意味を持たなくなっているので、

『自分は家事手伝いですとは、とても言いにくいし、言えない……』

『もしそう言ったとしても、誰も認めてくれないだろうし、無職と言うしかない』

 というひきこもり当事者もいました」

 一方で、男性が「家事手伝い」ではいけないのか、という意見もあるだろう。本来、男性の「家事手伝い」がいても何ら問題はないはずだ。

 中高年ひきこもりの男性当事者の一部には、「『自分は家事手伝い』と言っていこう」「『家事手伝い』という肩書を利用しよう」という声もあるという。生きにくさを緩和する方法として、「家事手伝い」という“肩書”を利用するならば、その人々が差別される理由はないだろう。

■親が死ぬことへの恐怖

 林氏は言う。

「私の周りの50代の当事者たちは、介護していた親を次々に看取っており、家はあっても孤立してしまう恐れが生じており、対策が急がれます。当事者に『もっとも怖いことは何?』と問いかけると、『親が死ぬこと』という答えが一番多いけれど、それも当然です」

 現在、特定非営利活動法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会とつながりがあるOSDよりそいネットワークがこの問題に取り組んでいる。「OSD」とは、「親が、生前に、できること」の頭文字である。さらに、ひ老会(ひきこもりと老いを考える会)も同様の取り組みを行っている。

「親が死んだらどうする?」という問題は、すべての中高年ひきこもりに重くのしかかっているが、その実情は把握しにくい。林氏が続ける。

「当事者が生きていてくれることが最重要です。中高年ひきこもりがこの問題をうまく解決できなければ、特に男性当事者は孤立死に直結してしまう恐れがある。男性当事者が『助けて』と言いにくいのは、『男らしくあれ』『つらくても我慢しなければならない』といった男性像から逃れられなかったり、男性としてのプライドが邪魔をしたり、多分にジェンダーバイアスが絡んでいるのではないでしょうか」

 ひきこもりのつらさや苦しさに性差はないはずだが、それでも我慢してしまう男性たち。どのような困窮状態になっても、生活保護を「恥」と捉えてしまい、頑として申請しない生活困窮者と通底するところがあるのかもしれない。

 筆者自身も古いジェンダー観に支配され、性差の構造的問題に疎かったと反省している。

■「働かなくてはならない」という圧力

 ひきこもり当事者たちは、自分たちを「ひきこもり」とはあまり言わないという。自分を指すときにもっとも多いのは、「今、働いていないだけ」という言い回しである。そして、前段には「いつか働くけど」という言葉がつくことが多い。つまり、〈今、自分はひきこもりではないし、働こうと思えばいつでも働ける。ただし、今は働いていません〉という心情なのかもしれない。

 これに対して、現代の若い世代のひきこもり当事者は、「働かなくてはならない」という社会的圧力に晒され、自身も強迫観念のようにそう思っている人がいる。

 林氏らが出会った当事者の中には「正社員になるか? なれなければ死ぬか?」と考えていた女性までいたそうだ。アルバイトや非正規ではもちろんダメで、「ちゃんと働いて、ちゃんと恋愛をして、ちゃんと結婚しなければ、私はダメな人間だ」とさえ思い詰めていた。彼女の場合、高学歴で一流企業に勤めなければならないという考えではなく、「きちんとした人間になって、社会の役に立たなければならない」と頑なに考えていたのだ。

■親子関係の改善こそ、問題解決のキーポイントか

 何が彼女をそこまで追い詰めているのか――。

「社会の空気ということもあるのでしょう。『非正規雇用になってしまったら、大変なことになる』と思っている」

 かつて1980年代後半、日本では「フリーター」が新しく自由な働き方として礼賛されていたが、現代の若い世代は、非正規に対するポジティブなイメージはあまり持っていない。つまり、現代のひきこもり女性は、「よき娘」「よき妻」「よき母」、そして「よき社会人」でなければならないと考えており、この4つを完璧にこなさなくてはならない、と感じている。

 何より、母親との問題を抱えているケースが非常に多く、まず「よき娘」でなければならないと苦しんでいた当事者は、その後、「よき社会人」「よき妻」「よき母」とレベルの高いことをいくつも要求されることになる。そして、これらの困難な要求に応えられない自分をダメな人間と考えて責めてしまう。これほど高い要求など、こなせなくて当たり前と思うのだが、女性当事者たちは深刻に捉えている。

「もちろん、父親との関係がよくない女性当事者もいるし、男性当事者でも母親との関係がよくないという人はいますが、私たちが活動の中で出会った女性当事者には、母親との関係がよくない場合が多いですね。

 男性にも女性にも共通するのは、親子関係に問題を抱えている点です。親との関係が良好なひきこもりのケースを、私はあまり聞いたことがありません」

 林氏はこう締め括った。

(藤田 孝典)

関連記事(外部サイト)