廃駅となった博物館動物園駅に潜入した――京成上野駅からわずか0.9kmの“非日常空間”

廃駅となった博物館動物園駅に潜入した――京成上野駅からわずか0.9kmの“非日常空間”

車窓からも(一瞬だけ)見ることができるアナウサギ

 京成上野駅から京成電車に乗り、地下区間を走り始めてすぐ右側に、下を向いた大きなウサギが見える。あっという間に通り過ぎてしまうから、ガラス面に手をかざして室内の反射を消して、目を見張って待とう。上野に到着する電車からは左側の車窓になる。

■プラットホームの奥には「逆さウサギ」がいる

 このウサギがいる場所が、京成電鉄の「博物館動物園駅」の跡だ。京成上野駅から0.9kmの地点にある。2004年に廃止されたけれども、地下のプラットホームや地上の出入り口は残っている。車窓から目をこらせば、複線の線路を挟む形の対向式プラットホームが見える。とくに上りプラットホームの奥には「逆さウサギ」がいて、電車から見物できるようにライトアップされている。

 暗闇にたたずむウサギは、2018年に実施されたアートイベント「アナウサギを追いかけて」のために作られたオブジェだ。イベント開催時は駅舎地上部のドーム屋根の下に展示されていたけれど、イベント終了後は撤去された。それを京成電鉄が再利用して、プラットホーム階に移設した。まるでアナウサギが自分で階下に進んだようで面白い。掘り続ける姿もそのまま。もし、車窓からアナウサギを見かけなくなったとしたら、きっと地中の奥へ旅立ったと納得しよう。

■もともと敷地は皇室用地だった

 博物館動物園駅は1933年に開業した。京成電鉄の開業時の起点は現在の押上駅だった。京成電鉄は都心方向浅草への延伸を望んだけれども、東武鉄道の浅草延伸と競合するなどで断念。新たなルートとして、青砥から日暮里へ延伸し、さらに地下路線を建設して上野公園駅(現・京成上野駅)に至った。

 このとき、日暮里と上野公園駅の間に、「博物館動物園駅」と「寛永寺坂駅」が設置された。寛永寺坂駅は戦後間もない1947年に休止、1953年に廃止された。寛永寺坂駅舎は、近隣の人々が利用する前提で機能重視の木造平屋だった。

 その後、寛永寺坂駅はあっさりと片付けられた。駅舎は倉庫会社に貸し出された後、2016年に解体された。跡地はコンビニエンスストアになっている。対照的に「博物館動物園駅」は1997年まで現役だった。その後休止扱いとなり、2004年に正式に廃止された。しかし、現在も駅舎が大切に保存されている。

 博物館動物園駅は重厚な西洋建築で造られた。帝室博物館(現・東京国立博物館)、恩賜上野動物園、東京科学博物館(現・国立科学博物館)、東京音楽学校・東京美術学校(現・東京芸術大学)の最寄り駅だった。敷地は帝室博物館内で、しかも皇室用地だったため、御前会議でデザインが討議されたそうだ。開業時はドーム屋根の下に立派なシャンデリアが下がっていたという。

■博物館動物園駅が廃止された2つの理由とは

 階段を降りると、きっぷ売り場の窓口が3つ。駅事務室とトイレ。マナー啓発ポスターには「寝そべり禁止」「演説禁止」などのマークがある。「物品販売禁止」のマークは叩き売りだろうか。京成の電車に乗っていた“寅さん”はどう思っただろう。

 さらに階段を降りるとプラットホームがあり、車窓から見えたアナウサギが階段の下にいた。その隣に小屋があって、ここにもきっぷ売り場がある。晩年は乗降客も少なく、階上のきっぷ売り場は閉鎖され、階下に移設されたという。

 博物館動物園駅が廃止された理由は2つある。乗降客の減少と、京成電鉄の輸送力アップだ。矛盾しているようだけど、順を追って説明しよう。

 まず、もっとも集客に影響した上野動物園の入口が変わった。当初は上野動物園の北側に入口があって、そこに隣接するように、博物館動物園駅のもうひとつの出入り口があった。地上と下りプラットホームを結ぶ通路は一部がスロープになっており、子供やお年寄りに配慮していたようだ。しかし、肝心の動物園入口が閉鎖されたため利用客はほとんどなく、動物園側の出入り口は1960年代に閉鎖された。

■廃止当時、終電は18時01分だった

 次に、博物館動物園駅は京成電鉄の輸送力アップに付いていけなかった。プラットホームが4両分しかないからだ。しかも両端は壁際の足かけ程度。電車が到着するとき、車掌さんが「なるべく使わないでください」とアナウンスするほどだった。つまり、この駅は電車が2両編成〜3両編成だと想定して設計された。それでじゅうぶんという時代だった。

 しかし、高度経済成長にともなう沿線人口の増大に対応するため、京成電鉄は車両編成を長くする。6両編成の電車は停められない。東急や京急はドアの一部開閉で対応したけれど、京成電鉄は長編成の各駅停車を通過させて、4両編成のみ停車させていた。各駅停車も通過させた理由は、おそらくスピードアップのためだろう。

 廃止当時の時刻表が構内に残っていた。下り電車は平日の7時台と8時台に7本ずつあるほか、9時台、10時台に4本ずつ。11時台、12時台は1本ずつ。終電は18時01分だ。博物館・美術館の利用客が主なら、これでじゅうぶんだったかもしれない。土休日は12時台が3本に増えるけれど、全体的には平日より少ない。これでも困らないほど、博物館動物園駅は上野駅に近すぎた。休止直前の1日あたり利用客数は約490人だったという。

■いまも現役の「非常口」、新たなる活用へ

 博物館動物園駅が廃止されても駅舎を残した理由を京成電鉄に聞いた。とてもシンプルなモノだった。ひとつは非常口だ。京成上野駅〜日暮里駅間のトンネルは約2km。博物館動物園駅は、そのほぼ中間地点にあたる。

 もうひとつは借地契約の問題だ。皇室用地だったこの付近は、ドーム駅舎側が独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館の借地、動物園側駅舎が東京芸術大学の借地である。その一部でも返すとなれば「原状復帰」する義務がある。その費用や、歴史的資産ともいえる駅舎の価値、それを維持する企業イメージを考慮すれば、借りたままが最善となったようだ。

■一般公開を想定した改修を実施した

 この京成電鉄の判断が2018年に報われた。東京都選定歴史的建造物になったのだ。選定基準は「建築後50年を経過し、東京の景観作りにおいて重要で、できるだけ建築当時の状態を外観で容易に確認できる」である。この制度は1999年に始まり、旧博物館動物園駅は108番目。鉄道関連施設として初めて指定された。

 東京都選定歴史的建造物の指定を受けて、京成電鉄は一般公開を想定した改修を実施した。といっても、なるべく現状を維持し、新たに取り付けた施設は防火用設備とLED照明程度だ。整備したところは地下1階のきっぷ売り場前まで。ここまでは定期的な清掃を実施している。ここから下のエリアは非公開だ。

 また、展示ホールとしての営利事業にはしないという。集客施設として営業すれば「用途変更」扱いになる。建築基準法や消防法、バリアフリー法などをクリアする必要がある。費用がかかる上に「駅」としての原形を保てなくなれば、この建物本来の魅力はなくなる。火も使えない、水も引いていない場所である。トイレは使えず、駅舎の向かいの公園のトイレを利用することになる。

 京成電鉄は「地域貢献のため、文化的な催しに限って使用を許可する」方針だ。音楽関係や芸術品の展示会などの実績があるという。用途は限られそうだけど、音楽関係ならこの音響は面白い。電車の通過音がミックスされるところがご愛敬だろう。

■壁の落書きに、当時の人々の思いが染みついている

 現在、2020年2月24日まで「京成リアルミュージアム」として、鉄道関係の展示会を開催中だ(土日・祝日のみ)。ドーム屋根の下にスカイライナーの1/2カットモデルを置き、コンコース1階に展示物を並べ、ミニ鉄道博物館のようになっている。もうすぐ終わってしまうけれど、定期的に開催してほしいと願う。

 また、3月1日、7日、8日は「桜の街の音楽会」を開催する。京成沿線の自治体に住む小学生以下の子どもと保護者を招待するという。博物館動物園駅を観に行きたいなら、京成電鉄の公式サイトを要チェックだ。

 どんなイベントで来たとしても、ぜひ壁の落書きを楽しんでほしい。壁に近づいて見ると、無数の落書きがある。乗降客も少なく、駅員の目の届かないところでいたずらする人が多かったのだろうか。不謹慎なことだけど、今となっては、この落書きに当時の人々の思いを感じとれる。改修時に壁を塗り直さず、そのまま残しているところも京成電鉄の粋なはからいだ。公序良俗に反するものだけを消すに留めたそうだ。

■壁のタイルが大量に剥がれている場所があった

 ちなみにマナーポスターには「永遠にゾウやペンギンたちを見守ってあげて!!」と落書きされている。「ゾウとペンギン」とは、プラットホーム階にある絵を指している。東京芸術大学の学生が描いたと言われているけれども、正式な記録はないらしい。つまり、依頼した記録もなければ許可した記録もなく、ましてや作者も不詳である。

 プラットホームへ降りる階段からは立ち入り禁止になっている。埃が多く滑りやすい上に、老朽化のため壁や天井の部材が剥がれ落ちる危険もあるという。今回の取材はヘルメットと安全帯を着用の上で特別に入れていただいた。たしかに壁のタイルが大量に剥がれている場所があった。東日本大震災の影響かもしれない。ペンギンの絵はかなり色あせている。ゾウの絵の壁は、残念ながら原形を留めていない。

 それにしても落書きが楽しい。誰もいないプラットホームに、駅が現役だった時代の、たくさんの人々の思念が漂っている気がする。意外にも定番の「○○参上」や「相合い傘」は少なく、「ぜひ再開して」「また来ます」などの願い系が多い。休止が決まってからの書き込みだろう。たとえば……。

「×××サワコ 初めて博物館動物園に来てまた来ようと誓い合う二人 駅員さん消さないで」

 ……サワコさん、消さないで残っていますよ。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

(杉山 淳一)

関連記事(外部サイト)