ブロックされた「沖縄タイムス」記者が問う、河野太郎防衛相のツイッター何が問題か

ブロックされた「沖縄タイムス」記者が問う、河野太郎防衛相のツイッター何が問題か

河野太郎氏 ©AFLO

 河野太郎防衛相にブロックされていた。ツイッターでの個人的経験を沖縄タイムスのコラムに書いたところ、新聞4紙と週刊文春が記事にしてくれた。

「沖縄の記者を拒絶」という見出しもあった。ただ、私としては「記者がブロックされた問題」というより、「公人である河野氏が『嫌いな奴には情報を教えない』とブロックしまくっている問題」だと思っている。

■1日だけで700人が「ブロックされてました」

 ツイッター歴が浅い私は知らなかったのだが、河野氏は「ブロック太郎」とも呼ばれ、数々の武勇伝があるらしい。試みに、ブロックされている人をツイッター上で募ってみた。1日だけでおよそ700人が手を挙げてくれた。

「一度もリプしてないのに、まさかと思ってチェックしたらブロックされてました」「自民党支持者の私のことも。防衛大臣のツイートが見れなくて、国民の1人として非常に不安です」

(ツイッターを利用している方、特にこの記事を読んでくれるあなたのような方には、次のリンクからチェックをお勧めする。 @konotarogomame )

 村役場の職員から国会議員まで、公務員はみな「全体の奉仕者」である。税金で成り立つ公務のことをつぶやく以上、好き嫌いによるユーザー選別や情報遮断は許されない。トランプ大統領によるブロックの違憲性が問われた米国の訴訟は二審まで判決が出ているが、一、二審いずれもトランプ氏のアカウントを言論の自由が保障された公共空間と位置づけ、ブロックを違憲と判断している。

 私がコラムで河野氏のブロックを批判すると、「玉城デニー沖縄県知事だってブロックしている」「大村秀章愛知県知事のことも言え」などと定型の非難が多く寄せられた。もちろん批判する。職員や議員もそうだが、特に行政の長は政策決定に影響力が強く、公人中の公人である。誰であれ、ブロックは駄目だ。見たくないツイートを見えなくするために、ミュート機能もある。

 ただ、女性やマイノリティーの公人には脅迫や名誉毀損を含む犯罪的ツイートが殺到している。全てを刑事事件として裁くことが理想的だが、現状では匿名の壁を突破するのに被害者側の負担が大きすぎる。公人にはミュートを推奨したいものの、犯罪から身を守るブロックは一概に責められない。

■河野氏に関連して、2回つぶやいた内容とは

 河野氏が極端なのは、自分宛てのツイートがわずらわしくてブロックするだけでなく、わざわざエゴサーチ(自分の名前を検索)して、空中に漂っているツイートを捕捉してはその主をブロックしているらしいことだ。自衛隊は「専守防衛」だが、防衛省トップの河野氏は「敵地先制攻撃」を仕掛けている。

 私自身も、河野氏に宛てて何かを書いたことはない。ネットの虚空に向かって、2回つぶやいた。

「河野防衛相が辺野古新基地について『県の協力をいただいて合理的に工事ができる方法がとれればコストを下げられる』。強盗が『さっさと金を出せば手間がかからないんだよ』と言うようなもの。『そもそもお金を取らないでください』と言う権利は被害者にないのか」(2019年9月19日)

 米軍のための辺野古新基地建設は沖縄の反対を踏み破って続き、工費も膨張し続けている。このツイートの時点では防衛省が総額の見通しさえ示せない異常事態に陥っていた(同年12月に、当初予算の3倍近い約9300億円と示された)。

 河野氏の発言は、工費膨張の責任を沖縄県に転嫁するものだった。1度は「盗っ人猛々しい」と書こうとして思い直した。沖縄の宝である美しい海を強奪しているから、強盗に例えることにした。言葉は強いかもしれないのだが、沖縄には「そもそも工事をやめてください」と言う当然の権利がある。

 もう一つは同年10月1日のツイート。外相時代、韓国に対して「極めて無礼でございます」と言い放つなど、強気一辺倒だった河野氏が、防衛相に就任して米軍に向き合う段になると姿勢が一変した。はるか格下の中将に会うためにわざわざ米軍基地内に足を運び、辺野古新基地建設を約束した。その卑屈さを批判した。

■「誰をブロックしてるか、いちいちそこまで見ておりません」

 どちらが河野氏の目に留まったのかは分からない(私がブロックされていることに気づいたのは護衛艦が中東に出発した今年2月2日だった)。河野氏自身も覚えていないようだ。会見で防衛省担当の同僚が質問すると、「誰をブロックしてるか、いちいちそこまで見ておりません。誹謗中傷うんぬんについてはブロックしています」と答えた。

 誹謗中傷とは「根拠のない悪口を言って相手を傷つけること」。私は河野氏の悪口を言ったつもりはなく、沖縄が新基地に反対している事実に基づいて河野氏の政策を批判したつもりだった。権力に当然向けられる批判を反省材料として生かせない、むしろ批判自体が許せない。どんどん見識が失われ、度量も小さくなっていく。河野氏に限らず、権力の全体傾向が表れていると感じる。

 河野氏は会見で、「不愉快な思いをする必要はない」と気軽にブロックしていることを隠そうともしなかった。「個人が暇つぶしでやってるものについてとやかく言われることはない」とも。しかし、大臣のツイートは「個人の暇つぶし」では断じてない。食べたものと遊んだことだけを書くようになるまでは、とやかく言い続ける。

■沖縄で23年間記者 東京出身の私が思うこと

 残業に忙殺される霞が関の役人、マスクを要求する客におびえる薬局の店員……。ツイッターは、組織の壁の向こうにいる人も当然ながらまた人で、それぞれの事情と感情を抱えて生きていることを教えてくれる。

 メディアで言えば、「客観報道」という看板の裏にいた記者の顔が見えるようになってきた。それぞれ違う背景を持つ記者が、その目で見て、取材対象を選び、質問をして、考え、記事を書いている。いくら客観的であろうとしても、主観から自由ではいられない。

 私自身は沖縄で23年間記者をしているが、就職するまでは沖縄と縁もゆかりもなかった。東京で生まれ育ち、沖縄に基地があることすらまともに知らなかった。大学生だった1995年、米兵3人による暴行事件が起き、全国メディアが集中的に報じるようになった。その時初めて、自分が沖縄に米軍基地の7割以上を押しつけ、その犠牲の上にあぐらをかいて生きてきたことを知った。

 翌年はちょうど就職活動の年だった。漠然と、基地問題は沖縄ではなく押しつけている自分たち本土の側の問題だと感じた。沖縄で暮らし、地に足をつけて取材したいと考え、沖縄タイムスの入社試験を受けた。

 そういう経緯があるので、「同胞」である本土の身勝手には強く反応してしまう。いや、積極的に批判する責任があると考えている。基地を押しつける河野氏の居直りもそうだったし、百田尚樹氏をはじめとする押しつけ正当化のデマ、ヘイトスピーチ流布も取材テーマにしている。

「客観報道」や「完全なる中立」は幻想だ。読者、視聴者はとっくにそのことに気づいている。メディアだけが長年の建前に縛られて身動きが取れず、信頼という財産を流出させ続けている。

 誰もがみな違い、みな偏っている。自らもそうだと認めた上で、だからこそ公平であろうとすること。何を見てどう考えたのか、正直に書くこと。当事者になることを恐れないこと。つまり、個として伝える責任を引き受けること。ツイッターも記事も、きっと同じだと思う。

(阿部 岳)

関連記事(外部サイト)