ついに「高輪ゲートウェイ」駅が開業 たまプラ、自由が丘……キラキラ駅名の陰で「捨てられた地名」

ついに「高輪ゲートウェイ」駅が開業 たまプラ、自由が丘……キラキラ駅名の陰で「捨てられた地名」

2019年11月、報道関係者に公開された新駅「高輪ゲートウェイ」駅のホーム ©時事通信社

 3月14日、山手線の駅「高輪ゲートウェイ」がついに開業する。2018年12月に発表されて以来、新駅の名称は賛否両論を呼び、駅のキラキラネーム化に違和感を覚える人も多いのではないだろうか。地図研究家で著書に『 地名崩壊 』(角川新書)がある今尾恵介氏が、キラキラ駅名の系譜について考察する。

■山手線の駅名で初のカタカナ混じり

「高輪ゲートウェイ」という駅が2020(令和2)年3月14日に開業する。山手線の駅(注1)としては、これまで最も新しかった西日暮里駅が1971(昭和46)年の開業なので、ほぼ半世紀ぶりの新駅の名前には大きな注目が集まった。ゲートウェイは英語のGateway(出入口の意)に由来するが、巨大な車両基地の跡地に展開する「グローバルゲートウェイ品川」という再開発プロジェクトは「新しい東京の入口」であり、また「東京から世界へ羽ばたく玄関口」であろうとする意気込みの表明ということらしい。東海道で江戸入りするのがここの高輪大木戸であったことも重ねたようだ。もちろん山手線の駅名としては初のカタカナ混じりである。

(注1)山手線はここでは「系統名」を指す。線路としては品川〜新宿〜田端のみで、他は東海道線と東北線の各一部にまたがって運転されている。

■大先輩格のたまプラーザ駅

 さて東京の周辺にカタカナ駅名がないか見渡してみると、田園都市線の「たまプラーザ」という駅が大先輩格だ。民間では最大級のニュータウン「東急多摩田園都市」の中核となる駅として半世紀以上も前の1966(昭和41)年に新設されたもので、このスペイン語で広場を意味する語を入れた駅名は、当時の東急電鉄の社長がじきじきに命名したというから、力の入り方が想像できる。

 駅の所在地およびその北側一帯には「美しが丘」という町名がついているが、かつては元石川町の一部であった。1939(昭和14)年に横浜市に編入される以前は都筑(つづき)郡山内村大字石川。中華街に近い石川町(中区)が以前からあったため、起源としてはそれより古いという意味で「元石川町」と改称して区別したものである。なぜ「元石川駅」ではいけなかったのか考えてみると、このニュータウンの売り出しにあたって、昔ながらの農村とはまったく別世界であることをアピールし、差別化する必要があったためだろう。

 今では田園都市線の沿線といえば「新・山の手」などとも呼ばれる高級イメージのエリアとなっており、その他の駅名も、あざみ野、藤が丘、青葉台など本来の歴史的地名ではないものがいくつも並んでいる。駅周辺の町名も、たとえば青葉台駅の周辺には、もえぎ野、たちばな台、しらとり台、つつじが丘といった平仮名地名も目立つ。

■「丘」といえば、自由が丘駅

 地形から見れば、ニュータウン開発は雑木林や谷戸田の広がっていた元々の丘陵の地形を大きく改造し、まったく新しい街区を作り上げたのであるが、地名の面でも既存の古くからの農村のものを排除し、伝統的な地名からかけ離れた新地名や新駅名を配した。これによってイメージ戦略は成功したのだろう。

 もちろんこのような「新地名」は高度成長期が初めてではない。住宅地系の新しい地名が駅名になった嚆矢としては、兵庫県川辺郡西谷村(にしたにそん)大字切畑(現宝塚市)に造成した住宅地、雲雀ヶ丘(ひばりがおか)がある。当時はまだ箕面(みのお)有馬電気軌道と称していた阪急宝塚線に雲雀ヶ丘駅が1916(大正5)年に設置された(1961年に花屋敷駅と統合して現雲雀丘花屋敷駅)。

「丘」といえば東京ではやはり戦前からの自由ヶ丘(現自由が丘)駅が知られている。開業は1927(昭和2)年で、当初は浄真寺に近いため通称の九品仏としていたが、より近い場所に目黒蒲田電鉄(現東急大井町線)が九品仏駅を開業するにあたって自由ヶ丘と改称した。駅ができた当時は荏原郡碑衾町大字衾字谷権現前であったが、手塚岸衛が創立した自由ヶ丘学園が開校、一帯の通称となっていた自由ヶ丘を駅名にしたのである。その後は東京市目黒区内になった際、自由ヶ丘(現自由が丘)は正式な町名となった。

「丘」のつく新しい駅名は、実は戦前から大都市圏で静かに流行している。狭山ヶ丘(西武池袋線)、緑ヶ丘(現緑が丘。東急大井町線)、富士見ヶ丘(京王井の頭線)、梅ヶ丘(小田急小田原線)、聖蹟桜ヶ丘(京王京王線)、星ケ丘(京阪交野線)、鶴ケ丘(JR阪和線)などがそれだ(いずれも現路線名で表記)。

■ひらがな+「丘」と「台」の攻防

 これが本格的になるのは戦後の1950年代の後半に入ってからである。高度経済成長期に宅地開発が急速に進んだ時代であるが、戦後は「台」も台頭した。「丘」を含めた早期の事例では京成の八千代台、名鉄の巽(たつみ)ケ丘、西武のひばりヶ丘、小田急の百合ヶ丘、前述の田園都市線では宮崎台、藤が丘、青葉台、京王ではめじろ台、東武のせんげん台など枚挙にいとまがないが、この頃からひらがなに「丘」と「台」の駅も目立つようになった。

 1960年代後半になると「台」が優勢になる。根岸線(京浜東北線)などは横浜市内に洋光台、港南台、本郷台と3つ連続で「台」の駅が開業したのが象徴的である。1968(昭和43)年の田園都市線つくし野駅の開業以降は、神奈川県内でさがみ野、いずみ野(相鉄)、つきみ野、あざみ野(東急)など「野」も少しずつ増えていった。

■外来語系カタカナ駅名の追随者は?

 たまプラーザのような外来語系カタカナ駅名はしばらくは追随者が出ず、強いて言えば1974年に開業した多摩ニュータウンの京王多摩センター駅(翌年に小田急多摩センター駅も)、1984年の千葉ニュータウン中央駅(北総鉄道)が挙げられるが、本格的になったのは平成に入ってからである。まずは1991年に開業した兵庫県のフラワータウン(神戸電鉄公園都市線)を始め、同じ線の南ウッディタウン、ウッディタウン中央の2駅が1996年に開業している。1998年には高松市にほど近いJR四国のオレンジタウン(高徳線)、それから2008年の越谷レイクタウン(JR武蔵野線)という具合にいずれも「タウン」が出現した。

 その他、既存のパターンには該当しないオリジナル系も今世紀に入って登場する。流山おおたかの森(つくばエクスプレス・東武野田線)、光の森(JR豊肥本線−熊本県)などだが、住宅地に限らず再開発系では横浜高速鉄道のみなとみらい(2004年)も、いかにもイマ風だ。

 住宅地系新駅名の「流行」を概観すれば、戦前の丘から台、やがて野からカタカナ系へと徐々に変化も見られる。これらの駅名は必ずしも現地の町名に一致するとは限らないが、駅名が先にできて町名がそれに合わせるケースは少なくない。それだけ毎日多くの人が利用する駅の名称に影響力がある証拠であるが、その新しい地名・駅名の地面には、多くの「捨てられた地名」が眠っている。それらの地名は江戸時代、場合によっては古代からというものも少なくない。売れる地名・駅名を流行の気分に合わせてせっせと作った陰で、長い歴史をもつ多くの地名が捨てられた。この事実はもっと知られて然るべきではないだろうか。

■ゲートウェイ三丁目のような町名が誕生しませんように……

 自動車が数年おきにモデルチェンジし、流行のスタイルを採用するのは常識として受け入れられているが、地名にもそれを適用するのは筋が違う。時代の先端をゆく流行に合わせて命名した地名のつもりでも、流行はいずれ廃れ、古びてしまうだろう。「○○ヶ丘」という地名に「昭和」のイメージを抱く人はいても、長い歴史をもった地名は古びることがない。「清兵衛新田」などと刷り込まれた名刺を見て「お、カッコイイ!」という時代にいずれなると私は確信している。

 ひるがえって高輪ゲートウェイは「最先端」のつもりかもしれないが、ひと時代前の雰囲気をすでにまとっている。もしこれが高輪駅であったとすれば100年経っても古びるはずもない。願わくば東京のまん中にゲートウェイ三丁目のような町名が誕生しませんように。江戸の町奉行所のお歴々もハラハラしながら泉下で見守っているだろう。

(今尾 恵介)

関連記事(外部サイト)