「も少し眠らせろ!」午前2時まで働かされた少年たち…… 90年前の老舗書店がブラックすぎた?

「も少し眠らせろ!」午前2時まで働かされた少年たち…… 90年前の老舗書店がブラックすぎた?

現在の東京・神田 ©iStock.com

 若年層を中心に非正規雇用が増加し、中には働いても暮らしていくのが苦しい「ワーキングプア」の人たちも、劣悪な労働条件の「ブラック」と呼ばれる企業で働かざるを得ない若者もいる。

 いまから90年以上前、「本屋の街」東京・神田の書店2店で少年店員たちが起こした待遇改善を求めるストライキは世間を驚かせた。表面的には短期間のささやかな動きだったが、さまざまな背景があり、日本の労働事情が大きく変化していくことを示す「サイン」だった。

「小僧」という言葉も最近は聞かれなくなった。「鼠小僧」や「弁天小僧」など、フィクションの主人公や公園の「小便小僧」ぐらいか。手元の「新明解国語辞典」(三省堂)には(1)修行中の、年若い僧(2)商店などに見習い奉公している若者(3)未経験なくせに生意気な若者や、いたずらばかりして手に負えない子供――とある。「小僧=丁稚」と書いている辞書もあれば、「丁稚は、小僧などを含む慣習のこと」とする説もある。共通しているのは未熟な若者ということだろう。今回の主人公は(2)だが、その“反乱”は1928年3月14日付朝刊に大きく取り上げられた。

■「犯行行為の先触れ」は円本合戦の最中だった

「円本合戦の最中に 二書店の罷業騒ぎ 軒を並べた神田の書店街で 岩波は遂に休業」。この見出しの記事は東京朝日の社会面トップで、書き出しはこうだ。

「神田書籍街の大店、南神保町の岩波書店と向かい側なる仲猿楽町の巖松堂に、ほとんど同時に書籍店には珍しい争議が起こり、同業者及び警視庁労働課では一般に波及するを恐れて警戒している。この争議は小僧さん、中僧さんたちが昔からの奉公人制度を破壊しようとする反抗行為の先触れをなすもので、この種の商店の多い東京にとっては、相当重要性のあるものとみられる」

 円本合戦とは、その2年前の1926年、改造社が「現代日本文学全集」を1冊1円(2017年の貨幣価値換算で約1600円)で予約募集して大人気を集め、他社も競って追随したこと。以下、記事は岩波での具体的な動きを記述している。

「12日午前9時、同書店内編集、出版、校正、小売り、卸など各部の従業員に少年店員40名を合して80名が突然店主岩波氏の自宅を訪うて待遇改善その他、封建的雇用法の改善12項をあげて嘆願書を出し、一蹴されるや、直ちにこれを『要求』に替えて怠業状態に入ったもので、13日は遂に開店不能に陥り、午前10時の会見も要領を得ず、店主側は岩波氏邸で善後策を講じ、従業員はさながら書店乗っ取りの形で店内の事務所に集合し、気勢を上げている」

「岩波氏」とは同書店創業者で、出版文化に大きな功績があったとして戦後文化勲章を受章する岩波茂雄。その牙城を揺るがす「小僧さん」たちのストライキの幕開けだった。

■「夜学へ行かせろ」「も少し眠らせろ」と叫んでいた

 記事によると、彼らの要求項目は

(1) ? ?臨時雇用制の廃止
(2) ? ?給料即時増給
(3) ? ?寄宿舎の衛生設備改善
(4) ? ?時間外勤務の手当支給
(5) ? ?退職手当並びに解雇手当の制定
(6) ? ?長田幹雄、小林勇両氏の解雇
(7) ? ?幹部公選

 など。

 解雇を求められている長田はのち同書店専務。小林は岩波店主の女婿となり、のちに会長を務めた同書店の大黒柱だ。この要求項目については、小林が書いた「惜櫟荘主人 一つの岩波茂雄伝」の記述は何点かで違っている。要求は10項目で、給料は「即時3割以上増給」になっているし、(1)の「臨時雇用制の廃止」は入っていない。正伝とみられる安倍能成「岩波茂雄伝」なども同じ。ただ、これは、以前からの「丁稚制度」を廃止するということだろうから、意義は最も重要で、10項目にはなくても、当然要求には入っていたはず。

 東京朝日の記事によれば、13日午後5時、岩波店主は、顧問の東京帝大(現東大)教授ら3人を付き添いに従業員側と会見。席上「3項目の回答案が示されたが、従業員側は誠意なきものとしてはねつけ、怠業を続けている」。さらに「同夜は少年店員もこもごも気勢を上げ、可憐な文章などを書いて『夜学へ行かせろ』『も少し眠らせろ』などと叫んでいた」とも。

■急激な発展期に入っていた

 当時、岩波書店は創業時の古書店から出版中心に替わっており、前年1927年には「岩波文庫」を創刊。岩波店主に「出版者になってよかった」と言わせるほど、熱狂的な歓迎を受け、急激な発展期に入っていた。このストライキで、同月15日に予定されていた「漱石全集」発行の延期と、岩波講座、「芥川全集」の作業の遅れなどの痛手を受けた。東京朝日の紙面には店主の「無理もない」という見出しの談話も載っている。

「あまり突然なので驚いたが、幹部2名の解雇要求が主であって、その他要求はほとんど現在実行しようとし、あるいは考慮中のもので、無理はないと思っている」。その後に気になることを語っている。

「問題は組合の応援や、勤務後日の浅い連中が店の慣習を知らずに騒いでいることで、とにかく、解決まで店を閉めておくのもやむを得まい」。「小僧」たちは知恵をつけられ、たきつけられているという意味だろう。

■小僧たちの要求は「われわれを『どん』付けで呼ばないこと」

「一方、巖松堂は全部小僧さんばかりの罷業。しかも数日前、店員の1人が小僧の1人を殴りつけたことから、少女店員6名を加えた42名が13日早朝からピタリと姿を消し、一同裏手の寄宿舎に集まって協議をこらし、午後2時、波多野社長のもとに左のような要求を出したのである」(同記事)。その要求は、本人たちは真剣だったのだろうが、現代の視点から見ると、驚いたり笑ってしまったりするものもある。

▽小店員を無実の罪で殴った中道、今泉を解雇すること
▽われわれを「どん」付けで呼ばないこと
▽寄宿舎の改善、玄米飯を食わせざること、畳1畳に1人ではなく2畳にすること
▽8時間制によること
▽休日を月3回にすること
▽積立金制度廃止、小店員の初給12円(従来の積立金を含む)とし、事務員は食事抜き60円以上
▽この件で犠牲者を出さざること

 巖松堂は古書が中心の書店で、「42名は陳列、古書仕入れ、出版、外交、通信販売、製本の各部の者で、下働きを失った店は混雑を極めている」と東京朝日の記事は書いているが、さらにこう続けている。

■「何かにつけてなぐるのです」環境は劣悪だった

「この方には、出版俸給者組合その他数組合が応援し、寄宿舎に閉じこもった少年らは、うどんかけに腹をつくり、『少年倶楽部』の奪い合いをしながら争議気分を見せていた」。記事には戸を閉めた岩波書店とともに、巖松堂の「小僧」たちの写真も載っているが、確かに何人かはどんぶりを持っている。

「少年倶楽部」は講談社発行で当時最大の部数を誇る少年雑誌。前年の1927年からは佐藤紅緑(サトウ・ハチロー、佐藤愛子の父)の小説「あゝ玉杯に花うけて」を、3年後の1931年には田河水泡の漫画「のらくろ」を連載して人気を集めた。

「なぐられるのが辛(つら)い」という「巖松堂の小僧さん談」もある。「何かにつけてなぐるのです。そしてご飯は玄米で腹を悪くしたり、お菜などは話になりません。お店では1円の古本を何十円もで売ったり、とても不正なことをしているくせに、朝から夜遅くまでこき使って1カ月大人のたばこ代にもなりません」「丁稚を見る目でわれわれを見るのです。」

 対する巖松堂・藤田重役の話もある。

「子どもをなぐることはいけないことで、十分に戒めはするが、解雇することもできない。玄米は脚気予防のためなのだが、望むなら改めてもよい。無理のない希望や要求だから、できるだけ早く解決するつもりだが、なにぶん、彼らばかりの意志ではないのだから困っている」。組合の支援のことを指しているのだろう。

■午前2時まで働いても、たったの月給5100円

この日の東京朝日の紙面で最も興味深いのは「昔の丁稚制度を破る それが目的」が見出しの「岩波の店員語る」という記事だろう。

「店の内部は昔のお仕着せ時代を一歩も離れず、丁稚を見る目でわれわれを見るのです。岩波の美名の下に大学出の者が40円のお布施であったり、夜学を条件に雇った小店員に、机は発送箱に紙を張った物をあてがい、午前2時ごろまで酷使する。それで最低が3円です。主人に言えば支配人に任してあると言い、支配人は主人の差し金だと言う。われわれは一種の封建制度破壊の決心で、あくまでも制度改善を要求します」

 内容からみて、「小僧」以外の大学出でない主謀者のようだが、ここからいろいろなことが分かる。当時の3円は2017年換算で約5100円。彼の言う通りなら、いくら住み込みで家賃や食事代がタダだといっても、ひどい待遇だろう。大学卒業者が40円(同約6万8000円)だとすると、それさえも十分かどうか分からないが、格差は甚だしい。

「惜櫟荘主人」には事件に至る段階のことが書かれている。

「新しい人がさらに多く入って来た。今までは小学校を卒業した者が大部分であったが、このころは、小店員を除いてはほとんど学校出であった」

「去年の終わりころから夜業が多かったり、仕事が激しかったりすることについて、誰からともなく不平が起きていた。給料も比較的安かった。古くからいて先生(岩波茂雄店主)の気持ちや態度を知っているものは、忙しければ忙しいままに平気で働いていたが、最近入った人たちはそうはいかない」

「私はたびたび先生に進言していた。丁稚制度はやめなければいけない。給料の改定についても考慮した方がいい。また、夜業など多くしたときには少しでもそれを認めるように金を出した方がよい」

■「実に頼りなく危なっかしいという感じがする」

 事件に最も詳しいと思われる紅野謙介「物語岩波書店百年史」も「徒弟制による少年店員たちが一定数、雇用されていた。さらに、出版点数の増加に伴い、次々と中途採用の成人店員も増えていた。日々夜業が続き、少年店員が夜学に通えるという約束も果たされないままの状態が過ぎていた」と書いている。

「岩波茂雄伝」もこの点は岩波本人に批判的だ。

「実に優柔不断で、無用に争議団に同情したり、自分は以前から店員の待遇改善を考えていて、堤(支配人)にそれを言ったのに堤が反対したのだというようなことを、後までくどくどとぐちったりして」「実に頼りなく危なっかしいという感じがする」

「物語岩波書店百年史」は「この事件については、異なる立場からの複数の情報が錯綜している」と言う。要求書の内容だけでなく、争議の経緯にもいろいろ記述に違いがある。

 親しい友人だった安倍や、岩波を「恩人」と呼ぶ小林の著書は当然岩波書店寄りだし、労使交渉に記者が立ち会ったともいわれる東京朝日は争議団側に近かった。さらに、同書が引用するのが、野依秀市主宰の雑誌「実業之世界」1928年5月号の「小店員中心に依って起こされたる岩波書店争議の赤裸々記」という記事。「岩波茂雄伝」は「争議側の筆と覚しい虚構の多い誇張的記事」と批判している。

■「君たちがあくまで態度を改めねば、即時解雇する」

 その記事によれば、争議の直接の原因は、1人の従業員が3日間の欠勤を上司からひどく面責されたからだという。さらに当初の嘆願書が「一蹴され」たことについて、「岩波茂雄は『嘆願書』を渡されると色をなし、『こういうような形式は店の風に反するから受け付けない。もし君たちがあくまで態度を改めねば、即時解雇する』と言った。押し問答の末、翌日の回答を約束してその場は終わった」と記述している。

 さらに、翌13日午前、約束した店主の回答は「小店員の最低給料を3円から12円に値上げ」「寄宿舎の設備完備」「時間外勤務の手当額」だけだった。交渉は決裂。嘆願書は要求書として突き付けられることになった。午後の交渉では「中店員の最低給料は40円」と決めたのみで再び決裂。争議団を結成することになり、以後の交渉は「関東出版俸給生活者組合」(正確には東京朝日に出てくる「日本俸給者組合協議会」)に委ねられることになった。

「両書店呼応し 店主に迫る 俸給生活者組合の応援で 代表者岩波氏と対談」。3月15日付(14日発行)東京朝日夕刊はこういう見出しで続報を載せた。

「神田の書店街に勃発した岩波書店と巖松堂の従業員罷業騒ぎは、純然たる労働争議と化し、13日、両書店の従業員は相呼応して日本俸給者組合協議会の応援を求め、既報の要求項目を提げて店主に迫ることとなり、結束を固めているが、岩波書店の従業員代表3名は14日午前10時、俸給者組合の中央委員難波氏ほか3名とともに、さらに小石川区小日向水道町の店主岩波茂雄氏宅を訪ね、7項の要求項目につき、岩波氏と懇談的に意見の交換をなした」。岩波店主は「人事問題に関する1項を除くほかは大体容認する旨を述べ」た。

■突然、岩波側は組合との交渉を拒絶した

 これだと、妥結の方向性が見えたように受け取れる。

 一方、巖松堂側は14日正午に「小店員」に代わって俸給者組合員が会見を申し込んだのを拒否。「直接小店員の代表と会見したうえ、話を進めることを主張し、結局小店員の代表に同組合員が付き添うて社長に会見することとなった」

 しかし、「実業之世界」の記事によれば、岩波の実情は違っていたようだ。

 14日午前の交渉の席上、岩波茂雄は「事件が紛糾したのは、一に自分の不明の致すところでもあるので、今後の解決には、日本における模範的の労資の雇用関係を結ぶべく努力する」と発言した。14日午後7時に再交渉することになったが、突然、形勢は一変。岩波側は組合との交渉を拒絶したという。

【 #2 を読む】

鎌倉時代から続く“丁稚奉公制度”を壊した「書店ストライキ」は時代の転機だった へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)