ジョンソン首相、チャールズ皇太子もコロナ感染「PCR検査は上流階級の特権なのか?」英国民怒りの理由

ジョンソン首相、チャールズ皇太子もコロナ感染「PCR検査は上流階級の特権なのか?」英国民怒りの理由

ボリス・ジョンソン首相 ©ロイター/AFLO

[ロンドン発]3連休が明け3月25日になって、東京都内の新型コロナウイルス感染者41人が新たに確認され、小池百合子知事は緊急記者会見で「感染爆発の重大局面だ」として週末の外出自粛を都民に要請した。週末限定とは言え、東京ロックダウン、首都封鎖が現実味を帯びてきた。

 筆者が暮らす英国では23日夜、外出禁止令が発動された。テレビ演説で、「数十年で最大の脅威」だと訴えたボリス・ジョンソン首相の感染が27日確認され、首相官邸で自己隔離することになった。

 筆者は外国特派員協会(FPA)に所属するキーワーカー(緊急時に不可欠なサービスを提供する労働者)なので、1日中、プレスパスを首にぶら下げ、ロンドンの自宅周辺や中心部を取材して回った。

■咳が出た時、背中に冷たい視線が突き刺さる

 いつもは超満員で乗れないこともある地下鉄や英国名物2階建ての赤色バスもガラガラ。誰も乗っていない車両もある。地下鉄駅の入り口には「絶対不可欠な用件以外では利用しないこと」「他の人との間は2メートル開けて」と注意するポスターが掲げられている。

 英国の新聞は今もフィート(30.48センチメートル)を使っているが、ポスターは外国人観光客にも分かるようにメートル表示。地下鉄で見かけた乗客は全員マスクを着用していた。エレベーターは空気が悪く咳が出た時、ハンカチで口を覆ったものの背中に冷たい視線が突き刺さる。

■風邪ぐらいではかかりつけ医さえ診てくれない

 欧州はアジアと違ってマスクをする習慣がない。マスクをしなければいけない状態なら外出しない。それが公衆衛生のマナーだ。風邪ぐらいでは病院どころか、かかりつけ医(英国ではGPと呼ぶ)さえ診てくれない。抗生剤を処方してくれることなどまずあり得ないのだ。現在ではマスクやスカーフで顔を覆っている通行人もいるし、中にはビニールの手袋をしている人もいる。

 神経質なほど予防が徹底していた中国人カップルも見かけた。マスク着用は当たり前だが、他の男性とニアミスが発生した瞬間、女性が消毒スプレーを取り出し、男性が通り過ぎた空間にシュッシュッと散布した。

 いつもは観光客でいっぱいのトラファルガー広場やピカデリーサーカスも閑散としている。バッキンガム宮殿ではカップルが交代で記念撮影していた。写真を撮ってください、と頼む相手が見当たらないからだ。

■英王室にも新型コロナ チャールズ皇太子が感染

 王位継承順位6位のヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱で激震が走った英王室にも新型コロナウイルスは忍び込み、チャールズ皇太子の感染が確認され、スコットランドで自己隔離している。高齢のエリザベス女王(93)やフィリップ殿下(98)への感染が懸念される。

 今回のウイルス禍で英国の欧州連合(EU)離脱のことは口の端にも上らなくなったが、エリザベス女王にもしものことがあれば英国は心の支えを失ってしまうのではないか。しかし国民の反応は予想以上に厳しかった。

 英国でもPCR検査の実施には限りがある。だから検査対象は重症者に限られる。不十分なゴーグルやマスク、防護服で重症・重篤者の治療に当たる医療従事者でさえ重症化しない限りPCR検査は受けられない。感染リスクに慄く人もいる。

「どうしてチャールズ皇太子とカミラ夫人だけ特別扱いでPCR検査を受けられたのか」という批判が国民だけでなく各界から沸き起こっている。未知の感染症と戦う不安や恐怖は将来の国王であろうと一市民と同じだろうというわけだ。これは、もはや“国民戦争”だ。

■異常行動が与える大きな“安心感”

 イタリアの感染爆発を受け、英国でも3月に入りパニック買いが広がった。筆者も妻を連れて食料品を探して回るのが日課となった。真っ先に陳列棚から消えたのはトイレットペーパー。これは世界共通の現象だ。

 トイレットペーパーには食料品のような“賞味期限”がないため買いだめできる。しかも安くていくらでも買える。なくなると陳列棚がポッカリと空くため「買い遅れるとなくなってしまう」という消費者心理を煽る。

 一番なくなりそうにもない物をたくさん買うという異常行動が逆に「ここまでしたのだから大丈夫」という大きな安心感を与えてくれる。保存が効くパスタもなくなった。ロックダウンが近づくとお肉やタマネギ、ジャガイモ、卵が消えたが、封鎖で逆にパニック買いは落ち着いた。

 一部のスーパーマーケットでは入店制限が行われ、店の外に約2メートル間隔の列ができた。低所得者向けの店ではまだトイレットペーパーやパスタ、卵がなくなっていたが、他の店では商品は潤沢に並んでいた。ただ発症を心配して解熱鎮痛薬が不足している。

■「私は肺に持病があるのでかなり神経質になっている」

 ロンドンを拠点にする歌手の鈴木ナオミさんは「私は肺に持病があるのでかなり神経質になっている。肺の空気を入れ替える運動をしている。洗剤、生活必需品を2カ月分少しずつ買い、2週間分生きられる食料を保存したところでロックダウンになった」と振り返る。

「SF映画のようなことが本当に起こってしまった。明日があるかないか分からないと本気で思うから、今日という日を以前よりも必死で生きるようになった。東日本大震災の支援活動に取り組んできたが、今改めて生かされているありがたみをヒシヒシと感じる。人生観が変わった」

 英国のパンデミック行動計画のもとになる感染症数理モデルを作った英インペリアル・カレッジ・ロンドンのチームを率いるニール・ファーガソン教授は25日、英下院科学技術委員会にテレビ電話で証言した。ファーガソン教授自身、感染して軽い症状が出ているため自己隔離中だ。

「NHS(国民医療サービス)の収容能力が拡大される一方、人の接触が制限されているので、2〜3週間後にエピデミックのピークが訪れても重症・重篤患者に対処できるという合理的な確信がある。英国の死者は2万人を超える恐れは低く、それよりはるかに低く抑えられるだろう」

■英国も、韓国のように検査のローラー作戦を

 ファーガソン教授によると、集中治療室(ICU)ベッドは一部地域で限界に近づくものの、国レベルでは問題ないという。現在の戦略は1年から1年半後にワクチンが使えるようになるまで感染を低レベルに抑えることを目的にしている。

 しかし都市封鎖が長期化すると経済的な代償は数十年に及ぶ恐れがある。そのため英国も数週間以内に韓国のように検査のローラー作戦を行って感染者を一人ひとり追跡・隔離できる能力を獲得する必要があるとファーガソン教授は指摘する。

 欧州での感染爆発を見ると、患者1人から3人に感染が広がっているという。感染力がこれだけ強いと最大で人口の67%が感染するまで流行は終息しない恐れがある。

 中国湖北省武漢市に続いて欧州の長寿国イタリア、スペインが突然、出現した新型コロナウイルスの“巨大津波”にのみ込まれ、医療システムが崩壊。スペインでは高齢者介護施設が見捨てられ、遺体や息も絶え絶えの高齢者が見つかった。

 金融危機・債務危機以降の医療費削減で、ゴーグルやN95マスク、防護服が不足し、ゴミ袋で代用する医師や看護師もいる。

 英国やフランスも“巨大津波”にのみ込まれる恐れが残っている。新型コロナウイルスの潜伏期間が最長で14日もあるため、無症状病原体保有者がウイルスを撒き散らすスーパースプレッダーとなり、クラスター(集団感染)の連鎖とメガクラスターの発生を引き起こすからだ。

■世界の30億人以上がロックダウン状態 封鎖は3形態

 今や世界の30億人以上がロックダウン状態にあるが、封鎖は3つの形態に分類できる。

(1)中国の習近平国家主席とSARS(重症急性呼吸器症候群)の英雄、鍾南山氏主導のフル・ロックダウン型。イタリアやスペインが追従
(2)東北大学の押谷仁教授と北海道大学の西浦博教授率いる厚生労働省のクラスター対策
(3)前出のファーガソン教授のチームが作った英国モデル

 中国の国家統制型フル・ロックダウンは人の接触を遮断して新型コロナウイルスの感染をシャットアウトするため効果てきめんだが、経済的な影響が底知れない。日本は経済的な影響を最小限に抑えるため“巨大津波”が出現する前にクラスターを虱(しらみ)潰しにする戦略だ。

 2009年の新型インフルエンザの流行後、英国でも周到にパンデミック対策を練り上げてきた。その柱がファーガソン教授の感染症数理モデルだ。基本的には西浦教授の数理モデルと共通している。しかしその英国でさえイタリア、スペインの惨状を目の当たりにして動揺する。

 EU離脱ではパフォーマンス頼りだったジョンソン首相だが、今回は科学と医学の声に従い、行動計画に基づきチームプレーに徹している。計算違いは、教職員組合の反発で予定より早く一斉休校に追い込まれたことと、政府の助言に従わない国民が思っていた以上に多かったことだ。

 しかし、12週間にわたって自己隔離を強いられる高齢者や基礎疾患のある人計150万人に必要な食料や医薬品を届けたり、病院への搬送や電話での話し相手を引き受けたりするボランティアを英政府が募集したところ、わずか24時間で募集数の倍の50万4303人から応募があった。命の危険を顧みず、引退した高齢の医師1万1000人が現場復帰し、最終年度の看護・医学生2万4000人も第一線の医療に参加する。

“対ウイルス国民戦争”を勝ち抜くには首相も、省庁も、自治体も、官僚も、公務員も、医師も、看護師も、介護士も、科学者も、教員も、一人ひとりの国民もそれぞれの役割を果たす必要がある。一時はお花見と“コロナ解禁ムード”に浮かれた日本人にその覚悟はあるか。

【英国で外出禁止令が発動するまで】

◆3月3日、感染者51人、死者0人

 ボリス・ジョンソン英首相が(1)封じ込め(2)遅延(3)研究(4)緩和の4段階からなる行動計画を発表。「ハッピーバースデーを2回歌いながら手を洗おう」と呼びかける。

◆3月9日、感染者321人、死者5人

 ジョンソン首相が「遅延フェーズの準備に入る」と表明。

◆3月12日、感染者590人、死者10人

 ジョンソン首相が「多くの家族が彼らの愛する人たちを失うことになる。熱や咳のみられる人は1週間自宅で自己隔離して」と呼びかけ。政府首席科学顧問が、免疫を持つ人が一定割合まで増え、感染を防ぐようになる「集団免疫」に言及して世界中の批判を招く。休校や大規模集会禁止の措置はとらず。

◆3月16日、感染者1543人、死者55人

 ジョンソン首相はこの日から毎日記者会見。前回から一転「生命を救い、人々を守る」決意を表明。(1)1人でも高熱か長く続く咳の症状があれば2週間、家族全員が自宅に留まる(2)市民全員に自宅勤務と、パブ・クラブ・レストラン・映画館・劇場を避けることを呼びかける。ファーガソン教授が批判に応えて感染症数理モデルを公開。

◆3月18日、感染者2626人、死者104人

 ジョンソン首相が20日から学校やカレッジ(中等・高等教育機関)、保育園の一斉休校に入ると発表。NHS病院では新型コロナウイルス・シフトが敷かれる。

◆3月23日、感染者6650人、死者335人

 ジョンソン首相が国家非常事態を宣言。生活必需品の購入や健康のための運動を除き原則、全国的に外出禁止令。違反者は警察が摘発。

(筆者注・感染者、死者数はworldometerによる)
https://www.worldometers.info/coronavirus/country/uk/

(木村 正人)

関連記事(外部サイト)