77億人の人類は“絶滅”から逃れられるか? 「滅亡の先輩」恐竜から学べること

77億人の人類は“絶滅”から逃れられるか? 「滅亡の先輩」恐竜から学べること

1月上旬、厳寒の札幌で取材に応じた北海道大学総合博物館教授の小林快次氏。研究室内にて。

 ? 北海道大学総合博物館教授の小林快次氏は、日本を代表する恐竜研究者だ。昨年には、北海道むかわ町でほぼ全身の骨格が保存された化石が発見されていた鳥脚類・カムイサウルス(通称「むかわ竜」)を新種報告。カムイサウルスは昨年夏に国立科学博物館で開催された「恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019」でも目玉展示となった。

 1億6000万年以上も地球上で繁栄を続けながら、約6600万年前に鳥類を除いて絶滅してしまった生物・恐竜。筆者は本来、中国事情を専門分野にしているが、一介のファンとして恐竜が大好きである。そこで4月10日発売の 『文藝春秋』5月号 「令和の開拓者たち」コーナーで、10ページにわたり小林氏の評伝を担当した。

 今回の『文春オンライン』記事は、1月上旬の取材時の小林氏とのやりとりを対談風に書き直したものである。100年に1度とも言われる感染症のパンデミックが世界を覆う現在。かつての地上の覇者だった恐竜からわれわれ人類が学べることは、意外と多いかもしれない――?

◆◆◆

■次の時代を作るのは「強者」か「弱者」か?

――小林先生と言えば、理科好きの人や子育て世代の人にとっては、NHKラジオ第1の『子ども科学電話相談』の「ダイナソー小林」のイメージが強いかもしれません。恐竜学は、おそらく他の学問分野以上に一般向けの“啓蒙”に力を入れていると感じます。

小林 その通りです。恐竜ってやはり魅力があるんですよね。子どもたちが夢中になるのも、単に大きいとか強いとかじゃない、もっと根底的な理由がある。それを掘り下げて、サイエンスの面白さや生命の神秘を伝えていく。恐竜学の社会的な意義も、こうした部分にあるように思います。?

――人類全体の「知」をアップさせる学問ということですね。

小林 恐竜研究をしていると、かつての恐竜の姿には人間の社会と重なる部分もある。そこは僕たちだから伝えられるメッセージですね。生物の進化から「次の時代を作るのは強者か弱者か?」みたいな教訓を学び取ることもできます。たとえば、僕はかつて1999年に科学雑誌『ネイチャー』に、オルニトミモサウルス類の食性についての論文を書いたことがあるんですが……。

――オルニトミモサウルス類とは、いわゆる「ダチョウ恐竜」ですね。映画『ジュラシック・パーク』では、この仲間のガリミムスが群れで草原を走っていくシーンがありました。

?

小林 はい。このオルニトミモサウルス類は、ティラノサウルスなんかと同じ獣脚類の仲間ですが、化石から胃石が発見されており、植物を食べていた――。という論文なんです。ところが、恐竜の食性の話も、実は人間の社会への示唆に富むところがあるんですよ。

■絶滅を逃れた鳥類は「強い」恐竜か、「弱い」恐竜か

小林 鳥は恐竜から進化し、白亜紀末の大量絶滅を生き残った生き物です。鳥と非常に近縁な恐竜の食性の問題は、どんな理由で鳥が進化したのかという問題にもつながってくる。

 恐竜から鳥への進化は、地上から空へという、動物の大進化なわけです。仮に鳥が肉食恐竜から進化したなら、いわば「強い」恐竜がより獲物を得る機会を求めて空に飛び出したと言えるでしょう。いっぽう、植物食の恐竜から進化したとすれば、「弱い」恐竜が安全な場所を求めて空に逃げたということになります。進化のきっかけは強かったためか、弱かったためか。面白いテーマでしょう。

――仮に植物食の恐竜が鳥の祖先とすれば、彼らは「弱い」から空の空間を開拓できたことになりますね。

小林 そうですね。もっとも鳥については、僕は肉食恐竜から進化したのではないかと考えているのですが、実際はどちらだったかは、まだ不明な部分が大きい。他に「弱い」生き物が進化した例としては、かつての哺乳類もそうでした。?

 恐竜の特徴のひとつは巨大化です。身体が大きくなると寿命が長くなります。しかし、これは性成熟までの期間が長いことも意味する。未熟な子どものうちは、大きな環境変化が起きた時にダメージを受けやすくなります。

■ゾウやカバより、ネズミのほうが環境変化に柔軟

――いったん個体が減少した後で、もういちど数が増えるまでの時間もかかりますね。

小林 その通りです。実は個々の生命体として長命であることは、種としての長生きとはイコールではない。いっぽうで、ネズミみたいに小さな生き物は1年も経たないうちに性成熟して子孫を残すことができます。環境の大きな変化に対しては、たとえばゾウやカバよりも、ネズミのほうが比較的柔軟に対応できると言えるわけです。?

――白亜期末の大量絶滅期も、「強い」恐竜が死に絶えたいっぽうで、「弱い」はずの哺乳類が生き延びた……。これは人間の社会でもありそうな話ですね。

小林 そうです。どういう人が優秀かを判断するのって、実は難しい。お金持ちの人が優秀かいえば、10年後には会社が倒産しているかもしれない。逆にいまは他人から見て「くすぶっていた」ように見えている人でも、次の時代が来れば脚光を浴びるかもしれません。

 恐竜の進化を見ていると、ものごとの優劣は簡単に逆転することがわかる。そもそも「優秀」や「ダメ」の基準なんていい加減で、あってないようなものだとわかるんです。

■カムイサウルスは「海の地層で見つかった恐竜」だった

――小林先生は、北海道むかわ町で見つかったカムイサウルスの発掘を指揮、研究されたことで有名です。カムイサウルス発見の意義は、やはり全身骨格の化石が見つかった点でしょうか? 中国やアメリカと比べて、国土が狭く造山運動が活発な日本では状態のいい恐竜化石が残りづらいと聞いたことがあります。

小林 そうですね。カムイサウルスの化石の保存状態は非常にいいんです。この前、北京の地質博物館から来日した中国の研究者も「ハドロサウルスの仲間としては、これはアジアで一番いい標本じゃないの?」と言っていました。中国でも、そうそう見ないと。

――中国は恐竜化石の発見数が極めて多い国ですが、その中国から見てもカムイサウルスの化石の状態は良好だったんですね。むかわ町から、世界レベルの化石が見つかった。

小林 また、海の地層から見つかった点も重要です。見つかったカムイサウルスは、水深80〜200mくらいの深い海の底に死体が沈んでいたと思われます。?

――死体がそこまで沖合に流されれば、普通は腐敗してバラバラになるでしょうし、いろんな生物にも食べられてしまいそうです。なぜ海の地層なのに、良好な保存状態の化石ができたんでしょうか?

小林 今回の化石の場合、おそらくカムイサウルスは陸上から一気に沖へ流されたと思われます。あくまでも可能性の話ですが、津波などに巻き込まれたのかもしれません。海中を漂うなかで腐敗したり、他の生き物に食べられたりする時間は、ほとんどなかったようなのです。

――なるほど。可能性の話とはいえ、津波の怖さは恐竜時代も一緒だった……。

小林 もっとも骨を調べると、多少は他の生物に食べられた痕跡があります。ただ、ホオジロザメみたいな大きな生き物ではなく、海底に住んでいるような優しいサメがすこしかじったくらい。しばらくは死体が海底に沈んだ状態で、それから土に埋もれていったとみられます。

■恐竜学者は「恐竜の名前をいっぱい覚えている人」ではない

――一般の人のなかには、恐竜学者を「恐竜の名前をいっぱい覚えている人」のように勘違いしている人もいると思います。そうしたイメージと、実際の姿との違いはどこにありますか?

小林 端的に言うと、「勉強」と「研究」の違いです。恐竜に限らず、専門用語を多く覚えている、うんちくをたくさん傾けられる……というのは、知識をため込む作業としての「勉強」の成果です。しかし「研究」は知識を生み出す作業です。そこにある情報を自分なりに解釈をして、ちゃんと論理立て、ある程度の結論を出す作業であって、「勉強」とは全く違うものなんです。

「研究」にマニュアルなんかはなく、自分で生み出して身につけていくしかありません。研究の伸びは、いわゆる偏差値的な学力とは別種の能力なんです。もちろん、訓練によって研究のセンスを磨くことは可能なのですが。

――耳が痛いです。私は学生時代に歴史学を専攻していましたが、文系・理系の違いはあれど、「勉強」と「研究」の違いは多くの大学院生を悩ませる罠ですね。

小林 そうです。かつての私自身もそうでしたし、いま指導している大学院生たちも、みんなその壁にぶつかる(笑)。もちろん、「勉強」したいと興味を持つのはすごく大事なことです。そのスタートラインから、対象を観察して、自分なりの仮説を出して、検証するというサイエンスの作業を進めていくわけです。本当のサイエンスがどういうものかを体験して、それを乗り越えると、面白くてやめられなくなりますよ。

■野生生物が大量犠牲 山火事を止めるべきか?止めないべきか?

――今年3月に終結宣言が出されるまで、オーストラリアでは10億匹以上の野生動物が犠牲になったともいう、壊滅的な森林火災が起きていました。火災によってエサがなくなった動物の絶滅すら危惧される状態だといいますが、どう考えられますか。

小林 山火事は自然現象として普通にあるもので、本来は大したことではないんですよ。多いのは落雷で発火するケースです。


 たとえばアメリカのワイオミング州にあるイエローストーン・ナショナルパークでは、山火事が起きたときに、止めるべきか、自然現象だから止めないべきかという議論が必ず出ます。火が住宅地に迫ると、さすがに人間の立場としては止めざるを得ないわけですが。

――確かに、自然の営みの結果として生物が滅びるのは、地球の歴史においては当たり前のことかもしれません。

小林 火が消えたらまた次の生物が生まれますし、絶滅それ自体は必ずあるんです。ただ、個人的には“全体の器”というか、生物が生きていけるような環境を保つことが大事だと考えています。種の中身は変わってもいいけれど、数百万種の数はあまり変わらないことが大事だと。

?

――恐竜を台頭させた三畳紀末の大絶滅も、鳥以外の恐竜が滅んだ白亜期末の大絶滅もそうですね。ティラノサウルスやトリケラトプスがいなくなったのは残念だけれど、この大絶滅が起きていなければ私たち人類も存在していません。

小林 はい。もっとも、地球上で生物が最も絶滅している時代は、実は現代なんです。僕は科学雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』の助成金の選考委員も担当しているのですが、いま助成金申請がおこなわれる研究の多くは「絶滅」関係ですよ。どこどこの島でこの動物が絶滅した、あの動物が絶滅した……という。過去に地球上で発生した大量絶滅のうち、第5回目が恐竜の絶滅で、第6回目は現代です。

■77億人の人類を絶滅から救うには?

小林 現在の世界の人口は約77億人。高等生物がこれだけ増えるのは異常事態です。環境破壊や地球温暖化といった言葉を挙げるまでもなく、人類の存在が最も生命を絶滅に追いやっていると言えるでしょう。

――現代が大量絶滅時代である原因は、主に産業革命以降の人類の営みと人口爆発が理由と考えていいでしょうか?

小林 はい。現在、地球上の人間全員を先進国の生活水準まで引き上げようとするなら、地球が2個半必要だと言われているんです。2050年には地球7個半〜8個が必要になる。つまり、それだけ地球に負担をかけているということですね。

 なぜ人類という種が地球上でこれだけ繁殖(僕は「繁栄」と言わず「繁殖」と言うんですが)したか。それは肥大した大脳を持つ人類が、技術や文明を進歩させたためです。なので、人類は絶滅しましょう。……と、僕はよく講演の締めでそう言ってみるのですが、聴衆はシーンとするわけです。

――重いですね。かといって、人類が絶滅するわけにはいきませんし……。

?

小林 はい。そこで僕はさらに続けて「実はそうじゃない。ここで立ち止まってみた時に、過去の生物で人類みたいに大繁栄して絶滅したのは何でしょう。それは恐竜なんです」と話すようにしています。人類も恐竜みたいに絶滅していいのか、そうじゃないですよね。

 恐竜は1億7,000万年間も地球上を支配したにもかかわらず、6,600万年前にたった10kmの大きさの隕石が落ちただけで絶滅してしまった。現在はそれ以上の速度で生命が地球上から居なくなっているのですが、人間も恐竜みたいに本能のまま生きていれば、恐竜の二の舞ですよと。

――そうですね。

小林 じゃあ一人一人何をしたらいいかというと、ノーベル賞みたいな大発見をする必要はなくて、ちょっとしたことでいい。ゴミの分別でも、節水でも節電でも、できることを。

 もちろん、人類はいつか絶滅しますし、それは避けられないことです。ただ、人間は考える力や、それを他者に伝える力を持っているわけですから、絶滅を先に伸ばすことはできる。恐竜はそういう教訓も伝えてくれていると思いますね。


※安田峰俊氏による小林快次教授の評伝「令和の開拓者たち」は 「文藝春秋」5月号 および「 文藝春秋digital 」に掲載しています。

(安田 峰俊)

関連記事(外部サイト)