《令和流のなさりようは?》新時代の皇室にも立ちはだかった「国難」

《令和流のなさりようは?》新時代の皇室にも立ちはだかった「国難」

東日本大震災の直後に出た天皇ビデオメッセージ 2011年03月16日 ©?時事通信社

「これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています」

 上皇陛下は東日本大震災の発生から5日後の2011年3月16日、ビデオメッセージを発表し、国難にあえぐ国民に優しく温かく、こう語りかけられた。未曽有の災害と福島第1原発事故を受け、被災者ばかりでなく国全体が途方に暮れ、絶望感にふさぎ込む中、国民を勇気づけられたこのメッセージは当時、大きな感動をもって受け止められた。宮内庁関係者が語る。

「これは、上皇陛下ご自身の発案によって発表されたものです。震災後、テレビで想像を絶する津波被害や原発の爆発、避難民の窮状を目の当たりにされ、『何かできることはないか』『何かせねばならない』とお考えになった末のことと伺っています。国と国民統合の象徴である天皇として、胸の奥から湧き上がる衝動のようなものに突き動かされてのことだったのでしょう」

■政府関係者は「陛下はどうお考えなのか」

 現在、世界は、強い感染力を持ち治療法が分からない新型コロナウイルスの感染拡大という脅威にさいなまれている。日本にとっても震災以来となる、場合によってはそれをも上回る国難に直面していると言っていいだろう。政府関係者が語る。

「畏れ多いことではありますが、政府の中には、天皇陛下に国民を励ますメッセージを発していただきたいと考える者もいます。振り返れば、国民の緊張感はこの2カ月で一気に増しているからです。

 安倍(晋三)総理が2月26日にイベントの中止要請を行ったのを契機に、27日には総理が小中高の休校を要請。3月13日にコロナに起因する緊急事態宣言を可能にする改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が成立しました。4月7日に108兆円に及ぶ緊急経済対策を閣議決定するとともに『緊急事態宣言』を発令。16日には対象地域を全国に拡大することを正式に決めました。その宣言発令から21日でもう2週間が経ちました。陛下はどうお考えなのかとつい思ってしまうのです」

■英国エリザベス女王はビデオメッセージを発表

 皇居のある東京都千代田区でも震度5強を記録したとはいえ、遠隔地の東北沖を震源とした東日本大震災と、コロナ感染症では状況が全く異なる。天皇陛下の傍には常に側近や皇宮警察の側衛官らが控えているとはいえ、ビデオメッセージを収録しようとすれば、撮影スタッフの人数を絞ったとしても陛下をウイルス感染の脅威にさらすことにもなりかねないからだ。

「震災や生前退位についてのお気持ち表明など、ビデオメッセージがいわゆる『平成流』なのだとすれば、天皇陛下ならではの『令和流』のメッセージの発せられ方があってもいいのではないでしょうか。そう考えている宮内庁関係者は多いと思います。

 英国のエリザベス女王は4月5日、新型コロナウイルスとの戦いに『きっと成功する』と国民に語りかけるビデオメッセージを発表しました。11日にもキリスト教のイースター(復活祭)を前にメッセージを発表し、『私たちが新型コロナウイルスに負けることはない』と国民に語りかけています。天皇陛下からのなんらかの励ましを、待ち望んでいる国民は少なくないのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者))

■今年2月、天皇陛下が述べられた「象徴としての責務」

 天皇陛下は2月、即位後初の誕生日会見に臨み、こう述べられた。

「象徴としての私の道は始まってまだ間もないですが、たくさんの方々からいただいた祝福の気持ちを糧に、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、研鑽を積み、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべくなお一層努めてまいりたいと思っております」

■雅子さまの「V字回復」で環境は激変

 別の宮内庁関係者がこんな話をする。

「誕生日会見で天皇陛下がおっしゃった『責務』について、今いちばん深くお考えなのは、天皇陛下ご自身なのだと思います。天皇陛下は皇太子時代、“お世継ぎ”を産まねばならないというプレッシャーに悩まされ続けて病気になられた皇后陛下を庇い、ご夫妻で長年にわたってバッシングを受けてこられました。

 しかし、ご即位後の天皇・皇后両陛下を取り巻く環境は、皇后陛下の『V字回復』に伴って激変している。それだけに、両陛下に対する国民の期待値は相当上がっています」

 この国難に、天皇陛下がどう臨まれるのか。平成流とはまた違う、令和流がどんな皇室像を追求されるのか。令和皇室が軌道に乗るかどうか、その分水嶺になるかもしれない。

(朝霞 保人/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)