金原昇元会長とテコンドー協会の闇 「名誉棄損で訴えるぞ!」私は脅された――協会元理事、半年後の告白

金原昇元会長とテコンドー協会の闇 「名誉棄損で訴えるぞ!」私は脅された――協会元理事、半年後の告白

テコンドー協会元理事の高橋美穂氏。選手として1992年バルセロナ五輪に出場している

 高橋美穂を多くの人が知ることになったのは、皮肉なことに本人が望まないアクシデントによってだった。昨年10月8日、約7時間に渡って紛糾したテコンドー協会理事会の最中に過呼吸によって倒れ、救急車で搬送されたのである。1992年のバルセロナ五輪代表であった高橋は、プレイヤーズファーストには程遠い協会の姿勢に対して、アスリート委員(会)長として選手の気持ちを伝え続けてきた。

 理事会では、責任をとる意味で自らの辞任と理事会の総辞職を訴えていた。しかし、議事は進まず、出席した顧問から逆に「高橋さんを名誉棄損で刑事告発する準備がある」との発言を浴びる。直後に体調を崩して廊下で倒れ、救急車が入る事態になるのだが、これに対し、金原昇会長(当時)が「俺も倒れようか」と笑いをとるような言葉を発した。この理事会の様子を現場の音声データとともにテレビメディアが伝えたことによって、身を挺して改革を進めようとした高橋の名は拡散した。

 騒動の2カ月後、昨年12月にテコンドー協会から金原会長は去り、役員人事も刷新された。延期された東京五輪に向けて再スタートを切ったかのように見える。果たして新生テコンドー協会は選手ファーストの組織に生まれ変わったのか。あまり知られていない高橋のキャリアと理事になった経緯、そして問題のすべての発端から、現在に至るまでを語ってもらう。

◆◆◆

■あの五輪メダリストに誘われて……

「私がテコンドー協会に入ったのは2015年です。岡本依子さんに誘われたことが大きかったんです。私の人生にとって受けた大きな恩が2つあってそれはテコンドーと彼女からなのです。その両方のためには引き受けざるをえませんでした」

 高橋には母親に対する記憶が無い。20歳で自分を生んだ母は高橋が4歳のときに父と離婚して家を出た。父は東京で会社勤めからタクシー運転手に転職、不規則な勤務から子育ては無理と判断して、高橋を2歳年上の姉と一緒に郷里秋田の実家に預けた。現在は、にかほ市となった秋田最南端、日本海に面する由利郡象潟町である。祖母に育てられたこの町では、母親がいないことでのイジメにも遭った。「お前、母さんがいないんだろ」無知な子どもによる心無い言葉は何度も胸を抉った。当時は閉鎖的な土地柄であったのか、いつまで経っても東京から来たヨソ者とされた。

■孤独だった少女がテコンドーに出会い、五輪に出るまで

 ひとり遊びに慣れ、個人競技の器械体操を始めると、頭角を現し、中学になると由利郡の大会で優勝を飾った。しかし、この結果もまた出る杭となって先輩や同級生との溝を深めてしまいイジメは続いた。躾のきびしい祖母に「両親がいなくても捻るな、真っ直ぐに生きなさい」と励まされ、グレることもなく学生生活を送っていたが、高橋は中学を卒業する際にこの町を出ようと決意をする。

「ここで一生を過ごしたくない。とにかく東京に行きたかったんです。祖母には『看護師になりたい』と告げたんですが、理由は何でも良かったんです」

 反対を説き伏せて受験した看護学校には準備不足で落ちてしまったが、秋田に帰る気は無く、定時制の高校に入学した。もとより実家から恵まれた仕送りがあるわけではない。病院で事務のアルバイトをすることになった。そこの医師がテコンドー日本代表のチームドクターであった。「器械体操をしていたのなら、テコンドーをやってみたら」と言ってくれた。

 ソウル五輪で公開競技となったこの格闘技を勧められるままにやってみると想像以上に厳しいコンタクトスポーツであった。あざだらけになりながら、それでも高橋はそのあまりに華麗な動きにすっかり魅了されていた。定時制の授業とアルバイトを両立させながら、さらに連日道場に通い詰めて自分を追い込んだ。1991年の冬には、韓国に自費留学して本場での激烈な稽古に耐えた。氷点下での15キロに渡るロードワーク、脈拍を測りながら限界まで続ける筋トレ、そして果てしなく続く実力上位者との組手。全日本を制し、バルセロナ五輪代表に上り詰めたのは、何より努力の結晶だった。「秋田ではいつも周りの目を気にしていた私はテコンドーに出遭って、はじめて自分が出せたんです」。

■「こんな強い選手がいるなら、引退できる」

 岡本との出会いは鮮烈であった。バルセロナに出場後、次のアトランタ五輪ではテコンドーが種目から外されることが決まり、都合8年間の空白が出来た。高橋はどんなモチベーションでやっていけばいいのか分からなくなった。引退は頭にあるが、第一人者は代表としての大きな責任も感じている。

 そんなときに全日本選手権で名前すら知らなかった相手に完敗を喫した。彗星の様に現れたのは、後にシドニー五輪で銅メダルを獲得する岡本依子だった。こんな強い選手がいるなら、心置きなく日本代表を辞められると考えた高橋は大学卒業時に指導者にも協会にも一切関わらず、スッパリ辞めて一般企業に就職をすることができた。その意味で岡本はいわば引き際を決めてセカンドキャリアに送り出してくれた恩人とも言えた。

■テコンドー協会の理事は「年間約50万円の持ち出し」

 そこからほぼ20年、テコンドー協会に一切タッチせずに高橋は教育産業の会社員として執行役員にまで上り詰めた。ところが、2015年に協会にいたその岡本から、突然協会に来て欲しいとのオファーを受けた。当時のテコンドー協会は内閣府が問題視した金原会長のコーチ謝金不正使用問題があった後で、2014年7月には公益社団法人の認定を取り消されていた。まずは健全化を、ということで外部からスポーツ法学会の2人の弁護士が専務理事、常務理事として送り込まれ、ガバナンス強化を図っていた時期であった。

「スポーツ界全体としても公正に女性の役員を増やさなければならないという機運が高まっていた中だったのですが、16人いるテコンドー協会の理事の中で女性は岡本さんただ一人でした」。競技経験者も半数以下。そのため岡本が「オリンピアンで、ガバナンスに厳しい企業にいて、しかも教育についても詳しい人材」として、高橋に声をかけたのである。理事になるならば、会社の役員は辞めねばならず、財源に乏しい協会故に活動経費も自前。年間約50万円は持ち出しになる。それでも高橋は夫や子どもにも内緒でこの道を選んだ。

■「金原さんが再び会長に再任されたのです」

 20年ぶりに戻ったテコンドー協会は想像以上に混迷を極めていた。結局2016年にそれまでの責任をとる形で金原会長が辞任をする。しかし、これで問題解決とはならなかった。そこからの動きがますますの迷走を招いた。高橋が改めて発端を振り返る。

「一連の問題は、そもそもが強化の体制の問題なんです。テコンドーはオリンピックで3大会連続してメダルを逃していました。それで金原会長の辞任後、“会長代行”は当時の常務理事で弁護士の安藤尚徳先生がなって下さっていました。安藤先生は現場の声をよく聴いてくれて、今振り返るとこの時代が選手にとって最も良かったと思うんです。ところが、同じ2017年に会長選挙が行われると辞めていた金原さんが再び会長に再任されたのです」

 疑惑で辞任に追われた人物がたった1年で復帰した。さらにそこに至るプロセスも不可解であった。安藤は会長選には出ないと固辞したために、会長選挙は日本テコンドーのアイコンとも言える岡本依子と金原前会長との一騎打ちとなった。当初は選手出身でメダリスト、何よりテコンドーへの愛情が深くビジョンもある岡本が当選するという見方が勝っていた。ところが、2人の理事が「金原が会長にならなかったら自分たちはその職を辞める」と言い出した。

■金原会長を下ろした2人が“ナゾの転向”

「それが専務理事の2人でした。この2人が抜けたら協会の業務が回らないというのは、理事たちが一番よく知っていたわけで、それで『岡本さんでいこう』と言っていた人たちが金原さんの票に変わって再任したというのが経緯なんです。

 しかし、私は専務理事の2人が金原さんを戻そうと思ったところが、いまだにわからないんです。なぜならば、この2人は前年に金原さんを問題があるとして会長から下ろしたメンバー。選手の環境改善のために私はアスリート委員会の仕事を2人のサポートのもとでやり始めていた時期で、その変心によけいに驚きました」

 ガバナンスを効かせるために送り込まれ、金原会長を下ろした人物がなぜこのときは逆に擁立に動いたのか。何があったのか。投票は無記名ではなく記名投票で行われ、踏み絵を踏まされる格好となった。

■テコンドー協会の「信じられない初歩的ミス」

「金原さんが再任されると、ナショナルコーチが降ろされました。代わりに2018年に小池隆仁さんがナショナルのコーチに入ってきた。するともうその直後から、信じられないヒューマンエラーが出て来て、選手に対する大きな不利益が生じて来たんです。具体的に言うと、この年の8月にあったモスクワGPに対するエントリー漏れです。選手にとって大事な遠征だったのに事務手続きのミスでそれに行けなくなってしまったんです」

 GPは誰もが出場できる大会ではなく、各階級の世界ランキング上位者がWT(ワールドテコンドー)に招待される大会である。名誉であると同時に強化においては重要な機会だ

「そこに日本で呼ばれたメンバーが3人いて、その3人のうち2人のエントリーを漏らしたんです。なぜ起きたか? 国際大会登録のための端末は協会事務局にあるので、当時のコーチがエントリーメールを事務局に送ったのですが、それが届いてなかった。

 送ったというコーチと、貰ってないという事務局とで、責任のなすりあいが始まったんですよ。私はその一報を聞いたときに、即座に選手たちが所属する大東文化大学に直行しました。とにかく本人たちに伝えて謝る必要があると思って。本人たちは『もう信じられない』と」

 のちに強化コーチが事務局のメールアドレスに送っていなかったことが判明したが、選手にしてみれば、調整を進めていた海外遠征が指導者の不手際で断念させられるというあってはならないミスであった。

■「海外遠征で朝食が準備されていない……」

 このエントリー漏れが発覚した数週間後に岐阜羽島での定例代表合宿が行われた。選手の動揺を心配した高橋と岡本は岐阜に向かった。そこで2人は更なる不信を覚えることになった。強化に携わるコーチたちは被害にあった選手たちに何の連絡もしておらず、この合宿で顔を合わせたときにようやく謝罪したのだという。

「選手たちが完全にコーチに対して信頼をなくしているんです。そこでコーチたちに全員抜けてもらって私と岡本さんと選手たちとの間で話し合いをして、そのときに、選手たちの本音が初めて聞けたんです。4月からこの夏ぐらいの間までにどんなにたくさんの不備があったのか。

 海外遠征に行っても朝食が準備されてなくて持参したお菓子で凌いだり。小池体制のほころびというものが、そこで初めてわかったんです」

■「自己負担3〜4万円」 選手たちが代表合宿を拒否するまで

 エントリー漏れ後も強化委の迷走は続く。9月には協会によって東京五輪代表選考の説明会が行われたが、各階級3人の五輪強化指定選手を本番より1年半も前の2019年2月の全日本選手権で決定するという発表に猛反発が起きた。あまりに早い段階での絞り込みは選手の伸びしろやコンディション調整、モチベーションから見ても拙速だ。さらにはその強化指定選手からの代表決定も選考基準が具体的に示されず、不透明で公平性に欠けるとして抗議が殺到したために、結局協会側は再検討を余儀なくされた。不信感は高まり、続いて11月に行われた強化合宿においては選手16人を招集した中で、なんと2人しか来ないという異常な事態になった。

「選手は、合宿については日程連絡が来るけどそこには強化のテーマが何も書いてないと言うんです。合宿も一部自己負担で1人3〜4万円払わないといけないんですけど、トップの選手たちを集めてやるんだったら、実践練習をすべきなのに基礎体力メニューばかりで何もやらない。きちんと教えてくれるコーチのことは尊敬しているし、アスリートの本能として自分が強くなれると実感できればどんなきついメニューでも頑張るんですが、代表の指導の中身が無いので、むしろ自分の道場で組手をやりたいと書いてくるんです。1カ月に1回、わざわざ岐阜に集まって体力運動やるの? そんな練習メニューなんですよ。選手から挙がってくる声は、わがままではなく当然のことだったんです」

 強化施策は、長中期を見据えたグランドデザインが不可欠である。本来、名誉に感じるはずの強化合宿にほとんどの選手が来ない。すでにこの段階で異常な状態であった。しかし、翌2019年2月の理事会では、これを問題視することなく、代表強化については現体制と同じ人事で行くということが承認された。13人の理事の内、「エントリー漏れをした人たちの課題も解決できておらず、合宿に人が集まってないのに、なぜ同じメンバーでやるのか。それは絶対に飲めない」と反対したのは高橋1人であった。そして金原体制と選手たちを分かつ決定的な事件が起きる……。

( 【続き】ずさん会計、反社疑惑……金原元会長“ワンマン人事”のテコンドー協会で「私は倒れた」 を読む)

写真=山元茂樹/文藝春秋

ずさん会計、反社疑惑……金原元会長“ワンマン人事”のテコンドー協会で「私は倒れた」 へ続く

(木村 元彦)

関連記事(外部サイト)