日本女性の月経回数は急増中 「更年期終わった!」と思ったら始まる6つの症状

日本女性の月経回数は急増中 「更年期終わった!」と思ったら始まる6つの症状

©?iStock.com

 最近、よく耳にする「人生100年時代」というキーワード。とくに女性の場合、男性よりも平均寿命が長いため、結婚していようがいまいが、最後には「おひとりさま」になる可能性が大。しかし、不自由のない老後を過ごすためには、お金や健康など十分な準備が必要だ。

 そこで 「週刊文春WOMAN」2020春号 では、大特集「女の一生100年って!?」を約40ページにわたって掲載。《働き方》《お金術》《墓問題》から《食事術》《美容法》まで、100歳まで生きるならば知っておくべき9大問題を総ざらいしている。今回はその中から、《閉経》企画を全文転載。

 女性にとって生理とどう付き合うかは、生涯をとおして避けて通れない大問題だ。近年、マンガ『生理ちゃん』のヒットで注目が集まるようになったが、じつは人生100年と考えた時には、「生理ちゃんその後」への戦略がもっと立てられるべきなのだ。

◆ ◆ ◆

■女性の後半生は「生理ちゃん」がやってこない50年

 月経を擬人化した「生理ちゃん」が登場する漫画『生理ちゃん』(作/小山健、KADOKAWA)が女性たちの共感を呼んでいるという。筆者はよく承知していなかったが、本誌編集長と担当編集者K女史の勧めで読んだ。この人気漫画では生理の大変さが描かれているが、ここでは「生理ちゃんその後」について解説していきたい。

 月経が1年ないとき、1年前に遡って「閉経」とするのが、産婦人科医が決めた約束事だ。100年前は18歳が平均だった初経(初めての月経)年齢が現在は約12歳に低下しているのに、閉経年齢の平均は昔から変わらず、だいたい50歳前後である。人生100年をにらんだとき、女性の後半生は、「生理ちゃん」がやってこない50年ということができる。

 1905年以前に生まれた女性は、平均5人以上の子どもを出産していた。18歳〜50歳の32年間で妊娠中・授乳中の計1年半は月経が止まるから、少なくとも1.5年×5回=7.5年くらいは無月経であったはずだ(実際はもっと多く、計10年ぐらいだろう)。つまり、12×(32−7.5)=294回、「生理ちゃん」がやってきた。平均的現代女性では、12歳〜50歳の38年間に子どもを1人出産するとして、12×(38−1.5)=438回、「生理ちゃん」がやってくる計算になる。明治の女性よりも単純計算で144回も多い。当然、出産しない女性はさらに18回多くなる。月経回数が多くなったことは、さまざまな病気の頻度にも影響しており、たとえば最近、子宮内膜症が増加してきた重要な原因とされる。

 さて、何百回もやってきた「生理ちゃん」がやってこなくなった女性のからだには何が起こるのだろうか。

■閉経前から女性ホルモンは既に低下し始めている

 やってこなくなるときの状況については、あるとき突然、月経が止まりそのまま閉経となる女性もいるが、多くの場合は40代ぐらいから若いときよりも早めに、つまり、しょっちゅう月経が来るようになる。そもそも卵子というのは女性自身が母の胎内にいるときに作り終え、生まれた後に新しく作られることはない。女性の年齢とともに歳を重ね、数も激減していく。閉経になる大分前から卵巣からの排卵はなくなっていることが多いのだ。その後も女性ホルモンの産生がある程度保たれている間は、月経が続く。排卵していないので厳密には月経というべきでないが、本人的には区別はつかない。

 ただし、女性ホルモンは既に低下し始めており、50代以降の女性では、血中の女性ホルモン値は、何もしなければ同年代の男性よりも低くなってしまうのだ。

 この閉経への移行時期に自ら気がつく症状について、「これこそ更年期障害だ」と思うことが多い。ほてりやのぼせ、ホットフラッシュと呼ばれるものが典型的で、膣の乾燥感や性交痛もあるだろう。いずれも女性ホルモンの欠乏症状としてすぐ出現する症状だが、このような症状を一切感じず、知らずに更年期を過ごす女性もいる。この症状の有無の個人差についていうと、肥満気味の女性は有利である。なぜなら、脂肪組織は少量ながら女性ホルモンを作ることができる卵巣以外の唯一の組織であるからだ。脂肪組織は閉経後も女性ホルモンを作り続けるため、肥満気味の女性は急激な女性ホルモン低下とならないのである。

■「更年期終わった!」の後にくる症状も

 症状を自覚する人にとっても、ホットフラッシュなどの症状は一過性のことが多い。その一つの理由は、「慣れる」ということである。ヒトの適応力とはたいしたもので、ホルモンの変化は劇的であるのに、自覚的には「慣れてしまう」のだ。文献的には80%以上の女性が多かれ少なかれホットフラッシュを経験するとされるが、日本人ではもっと少ないとする説も根強い。

 更年期というのはそれだけではなく、実は、女性ホルモン欠乏の影響は、もっといろいろと起こっている。その多くは、長期間をかけて慢性的に全身に影響を拡大する(上図参照)。

 女性ホルモンは、全身にさまざまに重要な作用をし続けた。たとえば、膣などの湿潤や清浄度を保つ作用、皮膚や髪の毛などの保護作用などがある。閉経後、セックスに消極的になったり、膀胱炎を起こしやすくなったり、髪の毛が細くなる、生え際や分け目やつむじがはげて見えることを気にかける女性が多いが、これも女性ホルモンの低下により、女性ホルモンの重要な作用を得られなくなったが故の変化といえる。

 上図を見ればわかるように、泌尿生殖器の症状、脂質異常や心血管系疾患、骨に関する症状は、多くの女性が「更年期終わったぞー!」と喜んで以降に始まる。しかも本人の何も知らぬ間に。なぜなら派手な自覚症状がないからだ。

■ダイエットの代償は骨塩量低めからのスタート

 閉経により無月経となると、女性の骨塩量はたちまち減少し始める。若いときにダイエットなどにより十分な骨塩の獲得をしていないと、さらに元々低いところからスタートすることになる。骨塩量の減少は、骨折につながり、高齢者では、特に腰椎圧迫骨折や大腿骨の骨折など長期間の運動制限を強いる状況、さらに寝たきりにつながり得る。

 全身の骨と同じように、女性ホルモンの影響を強く受けるのが全身の血管である。閉経前後をきっかけに、血圧が上昇する女性が多い。女性ホルモンは、血管の柔らかさを保つ作用があり、これが血流を維持し、血圧の上昇をある程度防いでいる。したがって、閉経前の女性では、血液の流れが不足することが原因である狭心症や心筋梗塞に代表される心血管疾患の発生頻度は極めて低く、その頻度が急上昇する40代の男性とは対照的である。しかし閉経後はこの女性ホルモンの血管保護作用が失われるため、心血管疾患の頻度が急上昇すると考えられている。

 女性ホルモン欠乏が血中コレステロールに与える影響も重要である。大部分の女性で閉経後に血中コレステロールが上昇する。女性ホルモン欠乏により、脂質代謝が変化し、結果的に高コレステロール血症になるのである。

■「生理ちゃんその後」の50年をより豊かで若々しく

「痛いときには痛み止め」とか「熱があるときには熱さまし」という対症療法は、必ずしも馬鹿にしたものではない。これらは、短期的、急性期症状を解決して、生活の質を明らかに向上させるからだ。しかし、人生100年という長期的視点に立って「ひとのからだ」を考えるとき、医学的対応の戦略立案には、もう少し慎重で丁寧な対応を必要とするだろう。どのようなことがわかっているのか(エビデンスという言葉を使う)、また、わかっていないのか、特に利益と不利益の程度については、きちんと評価する必要がある。さらには、それぞれの方の「人生観」とか、「哲学」により、どのように対応するかなどの選択肢は変わり得るし、唯一の正解はないかもしれない。

 それでも、女性ホルモンが欠乏する閉経後に起こってくるさまざまな変化に対応する方法はあるのだから、知っておいていいだろう。前述のとおり、だいたい50歳を超えると「生理ちゃん」がやってこないのは今に始まった話ではない。変わったのは、その後の女性の人生が昔と比較すると極めて長期化して、もしかすると「生理ちゃん」がやってくる期間よりもさらに充実した人生となる可能性を持ったことだ。この「生理ちゃんその後」の50年の人生をより豊かで若々しく過ごすために。

■ホルモン補充療法は骨粗鬆症などの予防にも

 対症療法でなく原因療法となるのが、足りない女性ホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)である。現在、少量の女性ホルモンの使用が徐々に進む体の変化、たとえば骨粗鬆症などの予防となることがわかっている。飲みグスリではなくパッチ剤やゲル剤といった経皮的投与が広く使われるようになり、女性ホルモン使用で懸念される血栓症などの副作用リスクがとても小さくなった。

 HRTで用いる女性ホルモンの量は極めて少量でも、一時的に「生理ちゃん」がやってくることがある。この場合、子宮がん検診によって悪性腫瘍を否定しておく必要があるが、このような不正出血は女性ホルモン剤を継続しているといずれ解消することが多い。

 女性ホルモンを長期的に用いることで、乳がんや卵巣がんなど女性に特有ながんが増加することはないのだろうか。過去に行われた議論のすべてを振り返る紙幅はないが、現在用いられているHRTががんの頻度を著しく上昇させることはない。

 HRTでなく漢方薬などを使用する女性もいる。更年期症状に対して用いられる漢方薬の「加味逍遥散」や「当帰芍薬散」は、基本的に弱い女性ホルモン作用を持つ生薬であると理解すればよい。健康食品として用いられる「エクオール」も弱い女性ホルモン作用のある物質である。これらはいずれもHRTほど劇的な効果があるわけではなく、医学的管理が不十分な場合もあるので、医師の指導の下での服用を強くお勧めしたい。

石原理
埼玉医科大学医学部産科・婦人科教授
1954年東京都生まれ。群馬大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科、英国ロンドン大学ハマースミス病院などを経て、現職。生殖補助医療監視国際委員会のボードメンバーを務める。

『女の一生100年って!?』特集の続きは、「 週刊文春WOMAN 2020春号 」でお読みください。

(石原 理/週刊文春WOMAN 2020 春号)

関連記事(外部サイト)