極限状態に達した老人に、想像を絶する力でしがみつかれて……「入水自殺未遂!」《岩手・釜石漁港》

極限状態に達した老人に、想像を絶する力でしがみつかれて……「入水自殺未遂!」《岩手・釜石漁港》

自転車を漕ぎだした途端、人の呻き声が…(写真はイメージ) ©?iStock.com

怒り狂った母グマが猛然と私に向かってきて……「クマを蹴落とす!」《秋田・堀内沢》 から続く

 人間は命の危機を感じる状況に追い込まれたとき、どんな行動をとるのか。そして、何を思うのか??。つり人社の「マジで死ぬかと思ったシリーズ」から、衝撃的な体験談を紹介する(出典:『 釣り人の「マジで死ぬかと思った」体験談3 』)。(全4回の3回目/ #1 、 #2 、 #4 を読む)

 当時、私は体力には自信があった。しかし老人とはいえ、溺れかけた人間にしがみつかれた時の力たるや、想像を絶するものだった。

?

体験者:M.O 岩手県在住。サクラマスに魅せられた男たちが集うS倶楽部に所属。

?

マジで死ぬかと思った度 ★★★☆

■こんな時間、こんな所で泳ぐ奴いないべ

「あれ人じゃないですか?」

「ブイだろ?」

「いや、人間ですよ!」

「まさか!? こんな時間、こんな所で泳ぐ奴いないべ!」

「そうですよね。11月に泳いだら、死んじゃいますよね」

 平成8年11月の夜10時を過ぎた釜石漁港魚市場前での、こんな会話から事件は始まった。

 海の近くに住みながら普段は全く海釣りをしない僕はこの日、高校時代の恩師と小アジのサビキ釣りに、自宅から10分ほどの岸壁へ自転車でやって来た。常夜灯の真下に陣取り、ワンカップを飲みつつ、高校時代のやんちゃ話などをしながら、小アジの小さなアタリと引きを楽しんでいたのだ。

 釣りを始めて1時間くらい経った頃、僕らの後ろを、お婆さんが通り過ぎて行ったのを僕は見ていた。僕らが釣り座にしていた場所は、釜石漁港の一番奥の常夜灯のある場所で、この先には海上保安庁の建物と税関があり、そこは一般人の立ち入りは禁止されている所である。そんな所へ、こんな時間にお婆さんが1人で向かうのは変だなぁと思いつつも、釣り(酒?)に夢中になっていた。

■自転車を漕ぎ出した途端、人の呻き声が……

 10時を過ぎ、いいあんばいに魚も釣れ、ボチボチ帰り仕度を始めるかと思った時、確かに水面を叩く音が聞こえた。しかし、先ほどまでイトを垂れていた海面に変わったようすはない。常夜灯の明かりが海面を照らし、その先は、月明かりがぼんやり海面を照らしているだけだ。

 ところが、その薄暗い海面に、先ほどまでなかったような気がするブイのような物が浮いている。少し気になった僕は、冒頭の会話のように、先生に切り出してみたのである。

 しばらく2人でようすを見ていたものの、どうやら何事もなさそうなので、先生のお宅で飲み直すことにして、自転車を漕ぎだした。

 その瞬間である。「ギャー」もしくは「グエェー」という、なんとも表現しがたい人の呻き声が、静まり返った水面のほうから確かに2人の耳に聞こえたのだ。

「ヤバイっすよ。やっぱり人間ですよ!」

 僕が絶叫すると、先生も慌てて持っていた懐中電灯で海面を照らし始めた。すると先生も「O君、お爺さんが溺れている!」と、ただならぬ事態に慌てている。

■岩手の11月の海、それも夜中

 事態は緊急を要するほど深刻なようで、溺れている人は、水面から頭が出たり沈んだりを繰り返し、いつ海底へ沈んでもおかしくなさそうだった。

 泳いで助けに行くにも、岩手の11月の海、それも夜中とあってはあまりにもハイリスクである。先生の的確な判断で、近くに係留してあったサッパ船で救助に向かうことにした。しかし2人とも、船外機の掛け方も分からなければ、操縦すらしたことがない。幸いなことに船に櫂が備え付けてあったので、櫂で漕ぎ出すことにした。僕と先生は大声を張り上げ、辺りに助けを求め、老人に向かって必死に声を掛け続けながら、少しずつ近づいていった。ちなみに、その老人のことを先生はお爺さんと思い込んでいたが、僕は1時間前に後ろを通り過ぎたお婆さんだと思っていた。

 慣れない船漕ぎだったが、なんとか間に合った。懸命に大声を出し、老人に声を掛けながら、2人で力を合わせ、船に引き上げようとした。しかし、たっぷりと海水を吸い込んだ衣服を着た老人は想像以上に重く、しかも2人がかりで片舷から引き上げようとしたため、船のバランスが崩れ、次の瞬間、僕は暗い海中へと投げ出されてしまった……。

■「あぁ、もうダメかもしれない」

 海に落ちた僕は、それでも老人を船へ引き上げようと夢中で泳いで近づいた。しかし、これはよくない判断だった。というのも、極限状態に達していたと思われる老人に、想像を絶する力でしがみつかれてしまったからだ。水を吸った異常に重い老人にしがみつかれたことにより、僕は海面に顔を出すことはおろか、身体の自由が全く取れなくなってしまったのである。

 なんとかもがくようにして無我夢中で海面に出た僕は、「お婆さん、船につかまって!」と叫んだが、死にかけた老人は言うことを聞いてくれない。そうこうするうちに、船との距離はふたたび広がる。どのくらい時間が経っただろうか。船の上から必死に声を掛け続ける先生の声も遠くに聞こえるようになった。

「あぁ、もうダメかもしれない。俺も死んじゃうなぁ……」

■まさに命をつなぐ1本の蜘蛛の糸が

 満足に息継ぎもできず、そんな諦めの境地になり始めた時、左の手首に激痛が走った。つかまるものが何もないと思っていた沖に、カラスガイがびっしりと付着した係留ロープがあったのだ。

「助かるかも!」

 まさに命をつなぐ1本の蜘蛛の糸である。どうやってロープをたどって水面に這い上がったのか記憶していないが、そのロープに必死でしがみつき、なんとか息は確保することができた。

 先生が操るサッパ船が近づいてきた。しかし、老人を船に引き上げるのはもちろん、僕が船に這い上がることも無理であった。幸いにもそのロープは、底に向かって垂直に伸びているのではなく、25mほど離れた岸壁に向かって海面に沿って横へ伸びている。片手で老人を抱きかかえながら、片手でロープを手繰る。かなり無理な体勢であったが、沈んでしまわないように先生が僕の首根っこをつかんでくれた。

 こうしてなんとか岸壁までたどり着くことができたのだが、ここでまたもや緊急事態が発生した。老人も僕も、どうしても岸壁に這い上がることができないのである。

■事件発生から40分が経過

「誰か近くの人を呼んで来るから」と先生は言うが、ぐったりとして動かない老人と海中に残される不安と恐怖には耐えられず、「先生、俺もう無理だから、ここで叫んで助けを呼ぶべし」とお願いした。しかし、ここは人けのない夜の岸壁である。叫べど叫べど助けは来ない。

 それまですっかり気が動転していて気付かなかったが、携帯電話の存在を思い出し、先生に自転車の籠に携帯電話が置いてあることを告げ、警察と救急車の手配をしてもらった。とはいえ、救急車の到着を待つ間も、老人を抱え岸壁に片手でしがみつく体勢は続く。その間も助けを呼ぶ叫び声を絶やさなかった。すると、ようやく騒ぎを聞きつけた若者2人が駆けつけてくれた。その2人は先生とともに3人で力を合わせ、老人と僕を岸壁まで引き上げてくれたのである。事件発生から実に40分が経過した時のことだ。

 ほっとしながら老人に目をやると、やはりその老人は僕らの後ろを通り過ぎていったお婆さんであった。意識のないその姿から、ダメだったかなぁと思っていると、遠くにパトカーと救急車のサイレンの音が聞こえた。と同時に、僕は激しい吐き気とともに意識を失った。

■警察の事情聴取と新聞社の取材攻撃

 翌日、気が付くと僕は病院のベッドの上にいた。看護師さんから、お婆さんともども無事に助かったことを聞かされた。意識もはっきりと戻り、医師の診察を終え、昼過ぎに自宅に戻ると、警察の事情聴取と新聞社の取材攻撃に戸惑う。

 その晩、お婆さんのご家族がやって来て、痴呆を苦にした自殺未遂であったことを知らされる。しかし、そんな病気のお婆さんを愛して止まないご家族の姿に、少し涙が出てきた。

■一歩間違えば2次災害だった

 それから10日ほど経ち、事件のことも徐々に忘れかけていた頃、お婆さんのご家族がふたたび自宅にやって来て、お婆さんが昨夜亡くなったことを告げられた。冬の岩手の海中に1時間近くも浸かったことで、風邪をこじらせ肺炎になったのだという。

 今改めて思うことは、緊急事態だったとはいえ、素人の僕らが人命救助にあたったことは、一歩間違えば2次災害を引き起こしたかもしれないということ。老人とて、海中でしがみ付かれた時の力たるや、当時クラブチームでラグビーをやり、体力に自信のあった自分の自由を奪うに充分なほど恐ろしい力であった。小・中学校にプールはなかったが、夏の体育の授業は海での遠泳。小学生の時には2kmは泳いでいたことから泳ぎにも自信はあったが、運よくロープがなければ溺れていたかもしれない。

 思い出せば思い出すほど、マジ死ぬかと思う。生きててよかった。

 どんとはれ。

(※どんとはれとは岩手の方言で、お終いの意味。2007年の4月からNHKで放送されている『どんど晴れ』では、めでたしめでたしと解説されているが、岩手を代表する昔話『遠野物語』は、めでたしめでたしで終わる話はほぼ皆無である)


(続き 【第4回】氷結湖の穴に兄弟で転落。這い上がるのは困難で……『ワカサギ釣り中に落下!』《北海道・空知川》」 を読む)

氷結湖の穴に兄弟で転落。這い上がるのは困難で……「ワカサギ釣り中に落下!」《北海道・空知川》 へ続く

(つり人社/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)