変態行為の口止め?妖艶なダンサーとの恋のため? 白面の貴公子と呼ばれた男はなぜ老女と弟を殺したのか

変態行為の口止め?妖艶なダンサーとの恋のため? 白面の貴公子と呼ばれた男はなぜ老女と弟を殺したのか

北海道から移送されて東京に着いた富士郎。車中写真が載った東京朝日

老女と次弟を殺し、末弟を精神病院送りに……犯人は“資産家御曹司の美男子”だった から続く

< 老女と次弟を殺し、末弟を精神病院送りに……犯人は“資産家御曹司の美青年”だった >より続く

 水谷はる殺しとの関連は東日と読売も4月26日付朝刊で報じた。読売は、富士郎が1928年の約2カ月間、松沢村上北沢に下宿したが、下宿先の家と知り合いだった主婦とその友人の水谷はるがよく来ており、富士郎とも面識があったことを書いている。

 さらに目立つのは、東日が「感慨無量です 聖教徒の気持で進みたい」の見出しで「護送の車中で富士郎の話」を「盛岡発」で載せていること。日本でも戦後すぐのころまではこうした容疑者報道が行われていた。東日は記者が護送中の急行列車に途中から乗り込んで富士郎に直接インタビューしている。「事件もこうなってしまえばおしまいだね」と問われた富士郎は「感慨無量です。このうえは神に仕える聖教徒のような気持ちで臨みたいと思います」と答えている。

 また別の記事では「殺された省二郎も 老婆殺しの共犯か」の見出しで「殺害された省二郎は松沢の老婆殺しには共犯者である嫌疑が濃厚になってきた」としたうえで、「淀橋事件は無関係らしい」とこそっと書いている。

■決め手は「殺害の数日前から穴を掘っていた」という供述

 富士郎は死体が発見された省次郎の殺害はすぐ認めたが、水谷はる殺しについてはなかなか自供しなかった。4月27日付東朝朝刊は「老婆殺しの主犯を 弟に塗る富士郎」の見出しで、捜査員の追及に「さんざんに手こずらせた挙げ句、省二郎と共謀してはるを殺害した事実も自白した。しかし彼はその主犯者は省二郎で、自分は手伝いをしただけで、全ては省二郎がたくらんでかかった凶行だということを主張して責任を弟になすりつけるよう努めた」と報じた。動機は「親元から相当の仕送りがあるにもかかわらず、品行が悪くて濫費したために金に困っての凶行であることが明らかになった」とした。しかし、「警視庁史昭和前編」によれば、水谷はるを殺して奪ったのは2円80銭入りのがま口と懐中時計だけだった。

 東日は同じ日付の紙面で、富士郎が「省次郎は生来口が軽いので、いつ老婆殺しを口外するかもしれぬことを恐れて計画的に殺害したことを自白した」と書いた。富士郎が省次郎を殺害する数日前から穴を掘っていたことを新三郎が供述していたことが決め手になったと思われる。

■「性行動をすると狂暴性が現れて……」

 そして、東朝が水谷はる殺しの主要な動機として報じたのが5月1日付朝刊の記事。「変態富士郎の 逢ひ(い)引き場所 多数の女性に残虐 老婆が殺された別の原因」というすごい見出しだった。

「原因ははじめ金に窮した結果ということになっていたが、事実は、彼をめぐる数名の女性とあいびきするために水谷の家をその隠れ家としたらしく、彼はその家でそれらの女性に対し変態的な性行動をあえてしていた形跡があり、その場合、極度に興奮すると狂暴性が現れ、無意識に犯罪的行動をしたこともあり、それらの事実を老婆はるに握られていたので、これを覆うべく殺害したのではないかと推定せらる事実を握り得たという」

 回りくどい表現で、あとは想像するしかない。この点について「警視庁史昭和前編」も「彼(富士郎)はいつか女給を誘って郊外を散策した際、上北沢の水谷の家で雨宿りしたのが縁となって、以来しばしば女を連れて水谷の一室を借り、数時間を過ごした」と、基本的な事実関係を認めている。

■「田舎からの送金をめぐって」富士郎は電気コードを首に巻いて

 5月4日付東朝朝刊は水谷はる殺しの詳細を伝えている。1928年6月13日午後、富士郎は省次郎とともに水谷方を訪れ、疑うはるに「私の弟です」と言って安心させ、はるが省次郎と話をしているすきに後ろに回って殺害したという。ただ、東朝は凶器を持参した針金と報じたが、同じ日付の読売は、省次郎殺しと同様、「玄翁で後頭部に一撃を加え、昏倒するのを見て、さらに二十一番の電線コードで首を絞め」と書いている。「警視庁史昭和前編」は「富士郎が急に飛びかかって水谷の首を絞めつけると、老婆は造作なく気を失ってしまった。さらに富士郎は電気コードを首に巻いて締めつけ」と記述。動機についてもこう書いている。

「兄弟3人の遊学費は毎月100円(2017年換算約19万3000円)送金され、そのほかに臨時の出費はその都度送金されていたが、富士郎と省次郎の二人はカフエーや喫茶店遊びにふけり、特にやせ型の美男子で美術学校生というふれ出しの富士郎は女給たちからもてはやされ、いつも2、3人の女給と関係を持って浪費したため、生活費が足りなくなり、田舎からの送金をめぐって、省次郎と富士郎の口論が絶えなかった」「ついに富士郎は悪心を起こし、省次郎を誘って強盗をやることになった」

 東朝が報じた「変態行為の口止め」説は全く登場しない。送金額については月160円(同約30万9000円)とした新聞や資料もあるが、東京での若者3人暮らしに十分だったのだろうか。

■犯罪の陰に「妖艶なダンサー」?

 この事件ではそれまでも、そしてその後も、各紙はいろいろな殺人事件を富士郎らと結び付けて取材競争を展開。捜査に当たった警視庁も「余罪がないか」しつこく追及したようだが、結局立件できた事件はなかった。

「犯罪の陰に女あり」と報じた読売は5月5日付朝刊社会面トップで「殺人鬼富士郎を操った 背後の女遂に現る 上海まで渡歩き凄い異名ある 妖艶なるダンサー」の見出しで大きく報じた。「希代の特異性犯罪者富士郎(22)が惨虐極まる犯罪を敢行せる直接の動機は四囲の全般的状況から推して必ず背後に女性が伏在しているであろうとにらんだ警視庁では」「連日の努力空しからず、遂にその一女性が判明するに至り」「その女性こそ、東京と上海をまたにかけて悪の華を咲かせているダンサー『白鞘のお文』こと」「佐藤文子(21)という妖艶な美人である」。記事には和服の女性のアップの写真が添えられているが、とても21歳には見えない。

「新宿国華ホールで 富士郎と愛の囁き 美貌と派手好きからダンサーへ」の見出しに続く文章は「怪犯罪の主と妖艶な悪の華―それは奇しき巡り合わせではあった」で始まる。

 父親は弁護士だったが、彼女が高等女学校を卒業したころから家運が傾き、タイピスト養成所を経て銀行へ。「美貌に恵まれて派手好きの彼女は、ダンサーたらんとして翌(昭和)3年春、新宿の国華ダンスホールにダンサー見習いとして入った。そのころ富士郎は国華ホールの常連の一人として盛んに国華に通い続けており、二人は加速度的に親交を深めていったが、厳格な父からの送金は彼の分として月50円にすぎぬ。恋する女に弱みを見せたくないの一念に駆られ」犯行に及んだと記事は書く。

 当時のダンスホールは男女の社交場である半面、「風紀紊乱と犯罪の温床」として警察に目をつけられ、何度も手入れを受けていた。ダンサーはスカウトされて女優になった女性もおり、一種の時代の花形。

 記事によれば、事件後、「文子」は銀座のダンスホールに住み替え。「そこも1カ月足らずで上海に渡ってしまったが、何を思ったか去月、飄然と帰京した。警視庁当局では、文子がかく突然上海に渡ったのは、富士郎のそうした殺人行為を知ったためと見込み、近く召喚し、取り調べることになった」。そう書いた記事の後には、国華ダンスホール経営者の「相当若いに似ずすご腕の女でした」というコメントが付いている。

 ところが、その後、この事件の報道はぱったり途絶える。5月11日付東朝夕刊には「富士郎兄弟の書類 検事局に送る」のベタ記事。5月10日、富士郎は水谷はるの強盗殺人と省次郎の殺人・死体遺棄、新三郎は省次郎の死体遺棄ほう助の容疑で検察に書類を送られた。記事は「その他の迷宮殺人事件や未検挙の強盗事件につき、取り調べを進めることになっている」としているが、扱いからみてその可能性がないことは明白だった。

■「俺はシューパーマンだ」「マルクスなどは僕に匹敵するよ」

 結局、「新三郎は脅迫されてやむなく手伝ったことが認められ免訴に」(「警視庁史昭和前編」)。東京刑事地方裁判所で裁判が行われたが、ここで富士郎は奇妙な主張を展開する。「俺はシューパーマン(超人)だ。君たちのような俗吏にこの俺の気持ちが分かるはずがない」。そう言って「さんざん裁判官を手こずらせた」と、雑誌「話」1935年8月1日号に掲載された深海巌「狂人か谷口富士郎の正体」は書いている。

 同記事によれば、起訴後、公判を開くかどうかを決める予審の段階で、植松七九郎・慶応大教授による精神鑑定が行われた。その結果、母親の病歴が確認され、「被告人平素の精神状態は精神病学的見地よりすれば、相当高度の精神変質に属すべく、犯行もこれにより支配されたることは案ずるに難からざるなり」と認定。「母系遺伝による先天的病的不道徳症なることを強調」した。富士郎は予審から一貫して、水谷はる殺しは省次郎の犯行と主張。省次郎殺しについては予審まで認めていたが、公判準備段階で「帰宅したら死んでいた。省次郎のグループの者にやられたのだろう」と否認に転じた。そのため、再び精神科医2人による精神鑑定が行われた。その際の会話が「狂人か谷口富士郎の正体」に載っている。

 富士郎はニーチェやショーペンハウエルの名前を持ち出して「超人主義」を論じ、「いま日本で被告のような超人は何人いるか」と問われてこう答えている。「安藤照、山本条太郎、森恪かなあ。西郷南洲、日蓮上人なども超人だ。外国ではダーウィン、メンデル、ガンジー。キリスト、ビスマルク、ヒトラー、ムソリーニ、トルストイ、ボードレール、レーニン、マルクスなどは僕に匹敵するよ」。

これを、ロシアの文豪ドストエフスキーの小説「罪と罰」の主人公で、「選ばれた非凡な人間は社会道徳を超越する」という独特の犯罪論理を展開するラスコーリニコフになぞらえる報道もあった。

■弟が入院した松沢病院へ

 医師2人は「拘禁性精神障害」の影響を指摘。(1)犯行当時においては精神上、著しい病的障害ありと認める証左はない(2)現在の拘禁生活からくる特殊の病的状態にあり、正常なる判断をなし、正常健全なる自由意思に従って行動すべき能力を持っていない――との鑑定を下した。

 これに基づいて公判は停止され、富士郎はかつて弟新三郎が入院していた松沢病院へ身柄を移され、1934年春から約1年間を過ごした。

「鑑定された『拘禁性精神異常』が1年間の松沢生活によって治癒し、いわゆるシューパーマンの夢破れて彼が公判廷に立たされたとき、かつて公判準備手続きであれほど否認していたという省二郎殺害の事実を極めてアッサリと認めてしまったのであった」と同記事は述べている。

 身柄拘束から5年以上たった1935年6月3日、富士郎に死刑が求刑された。6月4日付東朝朝刊には「反社会性を指摘」の見出しで記事が載っているが、公判でも富士郎は省次郎殺しは認め、水谷はる殺しは省次郎の犯行として否認し続けたようだ。

■「殺人富士郎 無期確定」

 そして6月15日付東朝夕刊には「富士郎に無期懲役 老婆殺し犯行も断定されて 判決言渡しに不平面」の記事が。「罪状はまさに死刑をもって臨むべきであるが、当時被告は心神耗弱の状態にあったものと認め、特に死一等を減ずる」という判決だった。「狂人か谷口富士郎の犯罪」は予審段階での鑑定が「裁判所が富士郎を心神耗弱者と認定して、強盗殺人罪でありながら、死一等を減じ、無期懲役刑に処せられた寛大なる理由となっている」としている。

 これに対し、「富士郎は『いかにも解せぬ。無期なお重すぎる』といったような顔つきで立ち上がり、小首をかしげて裁判長の方を見つめていたが」と記事は書いている。同年12月5日、大審院(現在の最高裁判所)判決があり「殺人富士郎 無期確定」(見出し)。結局、富士郎の主張は認められず、余罪も「陰の女」もその後浮上することはなく、事件は過去のものとなっていた。

■戦争の時代に突入する前の“あだ花”のような事件だった

「怪人二十面相」や「名探偵明智小五郎」を生み出した推理作家江戸川乱歩は、まだこの事件の予審中だった1930年に出版した「世界犯罪叢書2変態殺人篇」で、内外の犯罪事件の1つとして取り上げている。タイトルは「白面の殺人鬼」。

 この中で乱歩はいきさつを詳しく述べたうえ、こう書いている。「変態性欲者の富士郎が秘密の逢引きを知られないために老婆を殺し、手にハンカチを巻いて指紋の残らぬように用心するあたりはいかにも近代的。老婆殺しの秘密を知る省二郎を殺し、省二郎殺しの秘密を知る新三郎を生けるしかばねとして監禁せんと図ったが、かえって身の破滅をつくるもとに。人一倍生存欲と功名心の旺盛な富士郎」。乱歩は事件を「予審中でどう判断されるか分からないが、近代的色彩を持つ変則な殺人」と位置づけている。

 これは本格的な戦争の時代に突入する前の“あだ花”のような特異な事件だったかもしれない。ただ、精神障害という問題を超えていくつかの側面が見える。家族関係、独居老人、精神医療、若者の刹那的な言動、そしてメディアの姿勢……。残虐な事件でありながら、どこか懐かしさのようなものが感じられるのは不思議だ。

【参考文献】
▽「警視庁史昭和前編」 警視庁史編さん委員会 1962年
▽「精神医学大事典」 講談社 1984年
▽塩見鮮一郎「貧民の帝都」 文春新書 2008年
▽「日本残酷物語現代篇第1 引き裂かれた時代」 平凡社?1960年
▽江戸川乱歩「世界犯罪叢書2変態殺人篇」 天人社 1930年

(小池 新)

関連記事(外部サイト)