老女と次弟を殺し、末弟を精神病院送りに……犯人は“資産家御曹司の美男子”だった

老女と次弟を殺し、末弟を精神病院送りに……犯人は“資産家御曹司の美男子”だった

谷口富士郎(東京朝日新聞より)

 戦前の事件には、その時代ならではの事情を感じさせるものが多い。しかし、その中でも「現代に起きてもおかしくない」と思わせる事件もある。今回の「谷口富士郎の犯罪」などはその筆頭だろう。

 資産家の御曹司で芸術家志望の「白面の貴公子」が都会の誘惑に惑わされて身を持ち崩し、妖艶な女性ダンサーとの恋の果てに悪の道へ。老女を殺害し、共犯の次弟も殺害。末弟を口封じで「精神病院」に押し込め、裁判では「自分は超人」と豪語する――。犯罪実話に必要な要素がそろっていて、いまでも週刊誌やテレビのワイドショーが大騒ぎするだろう。

 しかし、時は大恐慌に続く深刻な不景気の中、「エロ・グロ・ナンセンス」の文化が真っ盛り。メディアの報道ぶりも合わせて見ていくと、あちこちに時代が濃い影を落としている。登場する舞台の1つは、現在も存在する東京都立松沢病院(当時は府立)。現在の新聞用語では「精神病院」も「精神科(病院)、神経科(病院)」と言い換えなければならないなど、多くの取り決めがある。しかし、当時の一般的な認識を理解するためには、どうしても避けられない表現があり、今回も一部で使わせてもらう。

■「奇怪なる 松澤の老婆殺し 単なる物奪でなく 手がかり全くなし」

 1928年6月28日付東京朝日朝刊社会面2段の記事。「絞め殺された 老婆の死体 空家の中に横(た)はる 通りかゝつ(かっ)た巡査が発見」の見出しで本文は次のようだった。「27日午後10時ごろ、(東京)市外松沢村上北沢910水谷はる(66)は、布団の上に寝たまま絞殺されていたのを、同家前を通行しかかった松沢村駐在の中間巡査が、屋内より発散する悪臭により発見。検視すると、死後10日間を経過し、全身腐敗していた。目下世田ヶ谷署で取り調べ中」。

 29日付(28日発行)同紙夕刊には「奇怪なる 松澤の老婆殺し 単なる物奪(取り)でなく 手がかり全くなし」の見出しで続報が載っている。凶器は電灯のコードで、室内は荒らされており「明らかに強盗殺人とみられる」。被害者は夫と死別。2人の息子からの仕送りで「ただ一人楽隠居の生活をしていた」。事件発生前の行動も不明で「手がかりなく」と書いている。その後、この事件の報道はぷっつり途絶える。「警視庁史昭和前編」は「同家は人家から数百メートル離れた畑中の一軒家で、死後十数日も発見されずにいたことと、被害金品が不明のため、何の手がかりも得られず、遂に迷宮事件となった」と書いている。

■「息子を入院させて」と懇願

 同書によれば、次に動きがあったのは1年半余り後の1930年1月。東京府荏原郡松沢村の府立松沢病院を谷口捨次郎という「紳士」が訪れ、同行した若者を「これは三男の新三郎だが、精神に異常があるので入院させてほしい」と申し入れた。診断で入院を必要とするほどの症状は認められなかったが、捨次郎は「自分は北海道で眼科病院を経営しているが、軽いうちに治療したい。本人も納得している」と再三懇請するので、病院側も遂に折れて自費治療患者として2等室に入院させたという。

 捨次郎は数年前に妻を病気で失い、前年1929年に再婚。4男1女があったが、長男・富士郎、二男・省次郎、三男・新三郎の3人は1927年春、それぞれの進学のために上京。世田谷・経堂の一軒家を借りて同居していた。ところが、省次郎は1928年10月から所在不明になり、富士郎からは「無断で満州(現中国東北部)に行ったらしい」と聞いた。富士郎と新三郎は1929年にいずれも学校を退学して家に帰ったが、新三郎は継母に食ってかかって殴打したり、急に興奮したりするようになった。富士郎は「新三郎は気が変になっているから、軽いうちに松沢病院に入院させた方がいい」と捨次郎に勧めたのだという。

■二男が殴り殺されて発見 殺したのは“長男の富士郎”だった

 その約3カ月後の1930年4月24日。午前10時ごろ、東京・大井署に地元の開業医の長男を名乗る若い男が来て重大な話をした。「先日の新聞に、約3年前に東京から発送したらしい行李詰めの死体が北海道・夕張の運送店倉庫から発見されたという記事が載っていたが、それは札幌の谷口さんの二男省次郎ではないだろうか」。

 男は戸野原三男といい、父は谷口捨次郎と親しく、自分も新三郎とは兄弟のように付き合っていた。ところが、今年になって新三郎が松沢病院に入院。自分も度々見舞いに行ったが、三男の父は「精神病の兆候はない」と言う。きょう病院から呼び出されて行ってみると、新三郎は重い中耳炎にかかっており、自分に「言っても信用されないし、一生隠しておこうと思ったが、実は省次郎兄さんは富士郎兄さんに殺されたのだ」と語った。ついては夕張の死体を調べてほしいという。報告を受けた警視庁捜査一課は捜査員を松沢病院に派遣。新三郎から次のような供述を得た。

 1928年11月11日午後4時ごろ、新三郎が外出先から家に帰ると、省次郎が血まみれになってうめいており、富士郎が彫刻で使う玄翁(大型の鉄槌)で殴ろうとしていた。新三郎が止めようとすると、「邪魔するな」と脅されて震え上がってしまった。富士郎は省次郎の頭を続けざまに殴って殺害。3日ほど押し入れに隠した後、新三郎に手伝わせ、玄関脇の空き地に掘った穴に埋めたという。現場を掘り起こしてみると、新三郎の供述通り、頭を割られた省次郎の死体が発見された。

■「兄弟殺しが 三年目に発覚す 」

 4月25日付朝刊各紙は一斉に事件を報じた。「一年半前世田ケ谷で 弟を殺した怪事暴露」「果然竹やぶの穴から 無残な死体発堀さる」(東京朝日=東朝)、「兄弟三人で入学準備中に 廿六の兄が十八の弟を殺す」(東京日日=東日)、「兄弟殺しが 三年目に発覚す 共謀で殺害後薮に埋む 行李詰事件の新獲物」(読売)……。社会面のほぼ半分をつぶした東朝が先行したようだ。

 その記事によれば、長男藤郎は22歳で三男新三郎は19歳。二男省二郎は事件当時18歳だった。「藤郎は(昭和)4年4月、札幌に帰り、何食わぬ顔を装っていたものであるが」「24日午後4時、札幌署刑事が捕縛し、取り調べのうえ、同夜9時45分発急行で」2人が付き添い「警視庁に護送した」。この事件では各紙とも被害者、被疑者の名前や年齢に誤記が多くみられる。

 朝日の記事にはほかにもいろいろなことが書かれている。富士郎が申し立てるところによれば、「昭和2年2月、札幌二中を4年で中途退学し、彫刻を勉強すべく上京。朝倉文夫氏の助手となり、城西学園に入学」した。「新三郎は南米移民の力行会に通学し、省二郎は城西学園に入学したところ、酒の上の失敗から退学を命ぜられたが、素行悪く、常に兄や弟とけんかを続けていた。事件は同年(昭和3年)11月ごろ、父から送ってきた為替を省二郎が兄弟の不在中費消したことから起こったものである。藤郎は最近、札幌で彫刻展覧会を開く計画をしていたが、27日横浜出帆の船でアメリカに高飛びすべく旅券下付を出願中だった」。

 いくつかの資料によれば、富士郎は東京美術学校(現東京芸大)に入学したが、中学校の卒業証書を偽造していたのが分かり、退学させられたという。また「3人の父谷口氏は約50万円の資産を有するといわれているが、この50万円の財産から常に紛擾が絶えず、遂にこの惨事を起したものとみられている」とも書いている。当時の50万円は2017年換算で約9億6000万円。しかし、富士郎が省次郎を殺した動機は本当に金の問題だったのだろうか。4月26日付東朝夕刊2面トップの記事はその核心に触れている。

■「けんかの絶え間なく、常に冷ややかな暗い家庭であった」

「弟殺しの富士郎に 更に怪奇な犯罪嫌疑 末弟新三郎の口から漏れた 二年迷宮の老婆殺し」(見出し)。新三郎の供述として、迷宮事件となっていた水谷はるの事件は「その犯人も富士郎で、その事実を省二郎が知っており、同人の口から他に漏れる危険があったので、富士郎は遂に彼を殺害したというのである」と書いた。さらに「省二郎は長兄が自分を狙っているのを常に苦に悩み『おれはどうせ兄貴に殺されるのだ』と前から言っていたというのである」とも。

 同じ紙面には「冷たい家庭 父谷口氏は札幌で 人望のあるクリスチャン」の記事も。「捨次郎氏は明治32年、医師となり、眼科病院を経営し、札幌市では最も古く、かつ有力な病院であり、札幌市医師会副会長として人望あり、また信仰の堅いクリスチャンであるが、現夫人は後妻で、加害者たる長男富士郎と殺された二男省二郎、三男新三郎の母は一昨年死去したものである。ほかに二女一男あり、家庭は前夫人の死後、問題の兄弟3名の仲がとかく円満にいかぬので、けんかの絶え間なく、常に冷ややかな暗い家庭であったらしい」とある。 

「兄をかばふ(う)ため 義侠的の病院生活」という記事では、「事件の真相につき本社の知り得たところでは」と前置きして、富士郎は自分の犯行を知る新三郎が邪魔になり、その処置を考えた結果、新三郎に「父の後妻は家の財産をいいようにするから何とかしなければ」とたきつけて継母を殴らせ、一方で「新三郎は不良で手がつけられない」と言って両親をだまし、東京少年審判所にも弟の不行跡を申し立てた。その結果、新三郎は「精神病者として取り扱われ」「松沢病院に入院させられたものである」。「新三郎はまだ19歳ではあるが、義侠的な意思の強い性格で、実兄のため全てを犠牲にして、自分も死に就こうとしていたものといわれ……」とも書いている。

 富士郎は新三郎を東京・小笠原の感化院に連れ出し、途中の船上から海に突き落とそうとして果たせなかったことも判明した(4月26日付東日朝刊)。

■「精神病院は家の人が厄介払いしたものを檻に入れて預かっておくところでした」

 こうした経緯では、新三郎が本当に精神医学的な障害があったのか、病院側はどう対応したのかに関心が向くのは当然だろう。4月25日付東朝朝刊は「精神たしかな 三男新三郎 発狂とは兄の画策か」の見出しで「入院後、非常に落ち着いています」「精神病の方は極めて穏やか」との松沢病院医員の談話を掲載。4月26日付東朝夕刊には、戸野原三男の父である医師が、「新三郎を精神病者とは認められないので、退院方を病院に迫ったこともあり、また父捨次郎氏へ数十回書状を出しても何ら返事がない」と語ったという記事が載っている。

 同じ紙面では、捨次郎から松沢病院に提出された医師の診断書の病名が「変質性精神病者、移り気、無為、浮浪、乱暴、意思滅薄弱」などと列記されていたと記述。警視庁医務課長の「新三郎の病気は素人ではちょっと狂人であるか否かの判別がつき難いが、大体同人の病気の特徴は、理由もなくして怒ったり、乱暴をはたらいたり、しつこくものを尋ねたりするような程度で、しいて入院、保護しなければならないような病人ではないが、保護者から入院を受ければ、当然治療しなければならないし、また入院した以上、やたらに退院させるわけにはいくまい」という談話を載せている。

 同じ日付の読売には松沢病院側の談話が。「谷口新三郎は精神病者に相違ありません。対談しているときに常人と変わらないといっても、精神病者ではないとはいえない場合があります」。

 4月26日付東朝朝刊の記事でも、松田直樹副院長と担当医が語っている。新三郎は母親を殴ったかどで(東京)九段の少年審判所に送られ、その際嘱託医が変質者と診断、鑑定。1月に父親同伴で入院を申し込んできたときも、入院患者専任医師が診察して変質性精神病者と認定して入院を許した。「本院としては十分監禁の要ありと認めて入院を許したので、その手続きは合法的であると信ずる。病院としては入院当時から今日まで、何ら手落ちはなかったと信ずる」。これが松沢病院の公式見解だったのだろう。

■松沢病院のルーツは「狂人室」

「精神医学大事典」や「貧民の帝都」によれば、松沢病院のルーツは、明治維新後、貧民救済のために設けられた東京府養育院の施設の1つだった「狂人室」。1879年に独立して東京府癲狂院となり、巣鴨病院を経て1919年、現在地で府立松沢病院に。東京帝大医学部の精神科教授が代々院長を兼任し、「わが国の精神医学、精神医療の中心となってきた」(「精神医学大事典」)。

 一方で「日本残酷物語現代編第1 引き裂かれた時代」には、1933年から同病院で看護人をしていた人の手記「きのうまでの松沢病院」が収録されている。戦争を挟んだ時期の病院の日常が描かれているが、その中にこんな記述がある。「その当時の精神病院は病気を治すところじゃありませんや。家の人が厄介払いしたものを檻に入れて預かっておくところでした」。これもまた実態の一面であり、谷口新三郎が直面した現実だったのではないか。

■「富士郎、省次郎、新三郎の兄弟は異状児」

 東日は「兄弟三人とも変質者」の見出しで、現在なら人権上記事にできないことを書いている。兄弟の実母は「先年、精神的欠陥で東京市外大久保脳病院に入院したことがある。その遺伝からも富士郎、省次郎、新三郎の兄弟は異状児といわれ、三名とも札幌市中央創成校に入学したが、三名とも成績悪く、感情に走りやすく、わがまま者で友達がなく、受け持ち教諭を手こずらせた。しかも、このような異状児を持つ家庭教育はすこぶる放縦であって、おまけに資産50万円もあるといわれるほどの家庭だけに、物質的に豊かであった点などがわざわいされていた」と。

 父親にも疑惑の目が向けられた。「(谷口捨次郎)博士は事情を 知つ(っ)てゐ(い)た? その奇怪なる態度」(4月26日付東日朝刊見出し)と矛先が向かう。「倅の大罪を知つて知らぬ顔? 後妻の手前隠した捨次郎氏 警視庁追窮に努む」(4月27日付読売夕刊見出し)。遂には札幌で警視庁捜査員の事情聴取を受ける。「新三郎の入院に 博士弁明できず 谷口氏を六時間調ぶ」と4月28日付東日朝刊は伝えた。「同博士は富士郎の犯行を知り尽くしていたものらしく、すっかり恐れ入り」とある。その後、捨次郎は警視庁に任意出頭して取り調べを受けたが、不問に付される。

【 続き を読む】

変態行為の口止め?妖艶なダンサーとの恋のため? 白面の貴公子と呼ばれた男はなぜ老女と弟を殺したのか へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)