新型コロナ情報は玉石混交 医師たちが本当に見ているサイトはどれ?

新型コロナ情報は玉石混交 医師たちが本当に見ているサイトはどれ?

©iStock.com

 新型コロナウイルスに関して、テレビやネットでは、様々な情報が飛び交っている。

 情報化社会の中では、普段からフェイクニュースや信頼性の低い情報ばかりを閲覧しがちな人のところには、質の低い情報が集まりがちであり、情報リテラシーの高い人のところには、質のよい情報が集まってくる傾向がある。では、医学のリテラシーがあり、医学情報の収集になれている医師たちは、どんなサイトを見、話題にしているのか。

 新型コロナウイルスに関して、情報が飽和してきた今だからこそ、「信頼できる情報を参照する」という基本に立ち返る必要がある。周囲の医師たちや、Facebook, Twitterなどでつながっている医師たち(感染症の専門家もいるが、専門家ではない人も多い)が見ているいくつかのサイトを、医師であるわたしが紹介しようと思う(医療ジャーナリスト、放射線診断専門医、松村むつみ)。

■1. 公的なサイト

 やはり、一番信頼性が高いのは公的機関のサイトだ。日本の厚生労働省のサイトは見やすいレイアウトとは言えないが、情報は日々更新されている。自治体の対策サイトは、自治体にもよるがかなり見やすくなっている。また、世界保健機関(以下、WHO)やアメリカ疾病予防管理センター (以下、CDC)のサイトなどは、レイアウトも工夫され一般の方にもわかりやすくなっているので、ぜひ覗いてみてほしい。

1)厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp ?

 日本在住者としては、もっとも信頼できる公的なサイトであり、ぜひ見てほしい。一般の方は、 「国民の皆さまへ」 というところをクリックすると、必要な情報が得られるのではないだろうか。

2)自治体の「新型コロナウイルス感染症対策サイト」

「東京 コロナウイルス対策サイト」というワードで検索すると、 東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイト が上位に表示される。

 このページは非常に見やすく、その日に判明した患者数が当日反映される(陽性者数の反映は、毎日20時を過ぎることが多い)。

 注意しなければならないのは、陽性者数は当日に反映されるが、検査数は集計の都合上、当日に反映されるとは限らず、後日修正されることがある点だ。

 また、東京都では行政・民間ともに、基本的には休日にも検査が行われているが、検査を出す医療機関が休みになるため検査数は減る(最近、ワイドショーで、休日は行政検査が休みになっているという誤情報が流れ、コメンテーターが謝罪した)。そのため、1日の検査数にはばらつきがあり、陽性者数もそれにしたがって上下する。

 1日の感染者数に一喜一憂するのではなく、1週間の平均や、7日移動平均で見ることが重要だろう。

 同様のページは、神奈川県や千葉県にもあり、発症者の多い自治体には専用サイトがある。ぜひ、お住まいの各自治体のサイトをチェックしてほしい。

■今だからこそ見たい国際機関のサイトは?

3) WHO(※英語含む6ヶ国語のみ)

https://www.who.int/

 新型コロナ対策初期の方針が正しかったのかが物議をかもしているWHOとテドロス事務局長。しかしWHOが提示するデータが世界におけるスタンダードであることに変わりはない。WHO のサイトにはCOVID-19のページがあり、 “Situation Reports” の項では、世界各国の感染状況を把握することができる。

 ところで、最近では、テドロス事務局長の“test, test, test” 発言が話題になった。 WHOの一挙一動は、日本のニュースでも逐一報道されるが、それは何をもとにしているのか、考えたことはあるだろうか。

 WHOは、ジュネーブでほぼ1日おきに、現地時間17時30分頃(3月の最終日曜から10月の最終日曜はサマータイム中なので、日本時間の午前0時30分頃)に、メディア向けの会見(これを「ブリーフィング」と呼ぶ)を行っている。そこで、WHOの最新の考えや指針がメディアに向かって伝えられ、各国のメディアがそれを報道するのだ。会見では各国のメディアによる質疑応答も行われる。

 “test, test, test”発言は、日本でPCR検査が議論になっていた頃に話題になったが、「接触者や疑わしい症例には検査を」という文脈の中での発言であり、「メディアによる切り取りではないか」と、主に医師の間で話題になった。

 会見の内容はすべて記録されており、夜中に起きていなくとも、あとからでも確認することができる。「英語を聞くのが苦手だ」という人は、トランスクリプトがあるので、それを確認することも可能だ。「ちゃんとした報道がなされているのか」を知る上で、原文のチェックは有効だ。皆さんも、時間があるときにはぜひ ブリーフィング をチェックしてほしい。

4) CDC (※英語含む2ヶ国語のみ)

https://www.cdc.gov

 CDCとは、アメリカの疾病予防管理センターのことだが、医療従事者向けのガイダンスが頻繁に更新されており、厚生労働省もガイドライン作りの参考にしている。医療事情の異なったアメリカの情報なので、日本で直ちに応用できるかは注意が必要だ。

 CDCのサイトには、一般向けの情報も多く掲載されている。最近では、「家をどのように消毒するか」「高齢者はどう対処すべきか」についての情報が掲載された。また、一般向けに、 布フェイスカバー(つまり布マスクのこと)の作り方 を公開したり、公衆衛生局長によるマスクについての解説動画も掲載している。 Twitter でも、マスクその他についてわかりやすい動画を公開している。

 CDCは、マスクを以前は積極的にすすめていなかったが、社会的距離の確保のみでは感染拡大防止が難しいのではとの考えから、現在では積極的に使用するよう推奨している。なお、CDCは、一般の方がサージカルマスクをつけるべきとは言っておらず、あくまで布フェイスカバーを推奨している。

5) ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター「COVID-19ダッシュボード」 (※英語のみ)

https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

 世界の感染者数を見るのには、ジョンズ・ホプキンス大学の作成したダッシュボードが見やすく、信頼性が高い。

■医師がニュースよりもチェックしているもの

2.論文

 新型コロナウイルス感染症に関しては、世界中で、次から次へと論文が出されている。医師たちが、「サイトを見る」よりも熱心にしていることは、「新しい論文を探す」ことだ。

 新型コロナウイルス感染症に関しては、現在、多くの一流医学雑誌が、公共性を重んじて論文を無料で公開している。英文医学雑誌にも様々な種類があり、信頼性も様々だが、臨床医学の一流雑誌といわれるNew England Journal of Medicine 、LancetおよびJAMAは、多くの医師がチェックしている。

The New England Journal of MedicineのHP: https://www.nejm.org
The LancetのHP: https://www.thelancet.com
JAMA のHP: https://jamanetwork.com

 医学雑誌は、現在、COVID-19特設サイトをもうけているところが多く、情報が探しやすくなっている。また、海外の一流誌は Twitter での情報発信も盛んだ。一般読者もフォローしてみるといいかもしれない。

 注意すべきは、査読前の論文が掲載されているサイトだ。「査読」とは、複数の専門家により、論文の内容をチェックし、学術誌への掲載の可否判断や修正を行うシステムのこと。新型コロナウイルス感染症では、 「medRxiv」 (メドアーカイブと読む)という医学分野における査読前の論文を掲載するサイトに多くの論文が投稿されている。

 今回のような、日々情報が更新されるテーマでは、このようなサイトの役割は大きく、多くの医師がこのサイトから情報を得ている。しかし、注意しなければならないのは、査読前の論文はプロによるクオリティチェックを経ていないということだ。

 以前、JBpressに、「New England Journal of Medicineの論文で空気感染が証明された」という趣旨の記事が掲載されたが、これは、査読前にmedRxivに投稿された論文をもとにした誤情報だった。

 その後、当該論文はNew England Journal of Medicineに掲載されたが、空気感染の証明ではなくエアロゾル内のウイルス活性に関する論文だったことがわかった(JB pressは当該記事を削除し謝罪している https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59729 )。査読前論文は、医師でも評価が難しいため、一般の方が見ることはおすすめしない。

■3. 公的機関のものではないが役に立つサイト

1) 新型コロナウイルス対策ダッシュボード

 株式会社jig.jp が提供するダッシュボード。都道府県の、感染症ベッド数や入院の状況をリアルタイムで把握することができる。医療的な観点から、どの都道府県の対策に注力するべきなのか、ひとつの参考になる。

2) 東洋経済オンライン「新型コロナウイルス国内感染の状況」

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

 民間のサイトの中では、ここを参照している医師はちらほらいる。国内感染の状況に関しては、シンプルでわかりやすい。全国の新規・累計感染者数だけではなく、重症者数・退院者数も見ることができ、1ページで様々な情報が得られる。

 日々の新規患者数は検査数に依存するが、検査数は日によってばらつきが大きい。そのため、全体的な傾向をつかむには一定区間の平均を区間をずらしながら求めたもの(統計学で「移動平均」と呼ばれる)を見ることが重要になるが、移動平均も見ることができる。

■4. 専門家の発信

 新型コロナ感染症が専門外の医師は、主として専門家の発信を参考にしている。わたしもその一人だ。マスメディアの報道が妥当なのかどうかを判断する上でも、専門家の意見は貴重だ。

1) 高山義浩医師のFacebook

https://www.facebook.com/people/高山義浩/100001305489071

 感染症の専門家である、沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科の副部長、高山義浩氏のFacebookは、周囲の医師からもわかりやすいと評判で、FacebookやTwitterでよくシェアされている。一般公開されており一般の方も読むことができる。

 5月5日の記事では、沖縄の出口戦略案が、各国の出口戦略を参照しつつ、わかりやすくまとめられているが、5月10日の最新の投稿では、解除後に大きな第二波を迎えた北海道を例に挙げつつ、「解除は段階的に、慎重に」とよびかけている。

■わかりやすく説明されている必読記事

2) 忽那賢志医師のYahoo!ニュース個人

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/

 同じく、感染症の専門家で、積極的に発信も行っている忽那賢志医師のYahoo!ニュース個人の記事は、多くの医師が読んでいる。

 連休直前の4月29日に書かれた記事では、東京の「医療崩壊」危機が回避され、やや余裕ができたが、病院内のマスクやガウンなどの物資がまだまだ足りないことが伝えられている。また、積極的介入を行って感染者を減らし、その後も持続的介入により感染者を低い水準に保つことを、外国の研究者から引用した「ハンマー アンド ダンス」という言葉を用いてわかりやすく説明している。

 コロナ治療薬候補についても、適切な時期に速やかに説明記事が出るので必読だ。5月2日には、早期承認が見込まれるレムデシビルが本当に効果があるのかについて、科学的見地から論じている(5月7日に承認された)。

3) 「コロナ専門家有志の会」の発信

https://note.stopcovid19.jp

 政府の専門家会議にも所属する専門家らが、有志で発信しているnoteのページがあるので紹介したい。医療者向けというよりは一般向けの情報が多いが、わかりやすく、現在の方針を理解することができる。

 最近の重要な発信は、4月29日の「PCR検査で陰性証明はできません」というものだ。「PCR検査陰性」は、必ずしも「感染していない」ことを証明できない。これまでもいくつかのメディアが伝えてきた事実だが、なかなか理解されにくく、繰り返し伝えるべきテーマと思われる。

 同サイトの中には、「管理職の方に知ってほしい4つのポイント」の解説があり、非常に重要だ。

 なお、楽天のPCRキットが法人向けに発売されるというニュースがあり、会社でも、PCR検査の陰性証明を求める動きが加速する懸念があったが、キットの販売は保留になっているようだ。

 以上、自分の周囲の医師たちが参照しているサイトや、見るポイントについても書いたが、一般の皆さんも、ぜひ参考にしてほしい。

(松村 むつみ)

関連記事(外部サイト)