「出産場所を確保できない」「密室育児で孤立」 コロナで苦悩する母親たち

コロナで子育てに携わる母親たち苦悩 「出産場所を確保できず」「密室育児で孤立」 

記事まとめ

  • WHOがパンデミックと表明した3月からの40週間で世界で推計1.1億人の赤ちゃん誕生
  • 乳幼児を抱える家庭にとって切実なのは、必要なものがすぐ手に入らなくなっていること
  • 赤江珠緒アナの感染を機に、誰が子供の面倒を見るのかという問題への関心が高まった

「出産場所を確保できない」「密室育児で孤立」 コロナで苦悩する母親たち

「出産場所を確保できない」「密室育児で孤立」 コロナで苦悩する母親たち

※写真はイメージです ©iStock.com

 先行きの見えないコロナ禍のなかで、出産・子育てを行う親たち。WHOが新型コロナウイルス感染症をパンデミックと表明した3月11日からの40週間には、世界で推計1億1600万人の赤ちゃんが生まれると発表された(国連児童基金より)。平時でも心身ともに周囲のサポートが必要なはずだが、必要なケアが行き届いていない現状がある。孤立し、不安の中で子育てに携わる母親の悩みを聞いた。(取材・文=常田裕/清談社)

■出産場所を確保できなくなる不安

「たまたまこの時期に生まれるからって、子供が『コロナベイビー』なんて言われることになってしまうのが悲しい。悪気がないのは分かりますが、できれば聞きたくない言葉ですね」

 こう話すのは妊娠9カ月目に入った都内在住の山岡知恵さん(仮名)。現在は同じ30代の夫と二人暮らしで、来るべき出産の日に備えている。

「幸い会社はテレワークが可能なので、今のところ自宅で仕事をしながら、なるべく外出を避けて生活しています。今感染するわけにはいきませんからね。もともと実家近くの産院で里帰り出産を予定していたんですけど、病院からは毎日の検温と、『絶対に出産予定日の2週間前には実家に戻っておいてください。そうでなければ受け入れることはできない』と言われています」(山岡さん)

 新型コロナの治療薬として期待される抗インフルエンザ薬「アビガン」は、副作用が報告されているため妊娠中の女性への投与は避ける必要がある。また、万が一感染してしまうと、出産場所を確保できなくなる不安も常にあるという。

「妊婦検診はもちろん一人だし、出産の立ち合いも出産前後の面会もできないみたいですけど、これはもう仕方ないですね。知り合いで出産したばっかりの子なんか、旦那さんがテレワークのできない仕事のため、生まれたばかりの子供にもう1カ月近くも会わせられていないそうです。里帰り出産をすることで、両親の感染リスクも心配です」(山岡さん)

 本来なら、幸せをかみしめながら夫婦で積み重ねるはずだった出産までの時間も、コロナによって重苦しいものになってしまった。

「初産なので、いろいろ教えてもらいたいこともあるんですけど、病院や保健所主催の母親学級がストップしているので、そういう場がない。同じ状況で相談できる人がいれば、少しは不安も減ると思うんですけど」(山岡さん)

 出産前にやっておきたかったことがほとんどできなかったのも心残りだという。

「夫婦二人での旅行の予定もキャンセルしたし、ベビー用品など出産後の準備もできていません。細かいところでは出産前に美容院も行っておきたかったんですけど」(山岡さん)

 山岡さんは2月に予定していた披露宴も直前で取りやめている。式場側とは出産後3カ月程度をメドに延期するということで話をしておりキャンセル料はかからなかったというが、先行きは不透明だ。

「生まれた後のことを考えると不安がないわけじゃありませんが、とにかく今は無事に産むことを考えるしかないと思ってます」(山岡さん)

■必要なものがすぐに手に入らない

 今、まさに幼児の子育てに追われているのが、2月に地元・神奈川県で出産した保田加奈子さん(仮名)。現在は都内の自宅に戻って初めての子育てに奮闘している真っ最中だ。

「実は出産自体には、ほとんど影響なかったんです。ちょうどテレビではダイヤモンド・プリンセス号のニュースを毎日のようにやっていた頃で、病院の中は消毒やマスクなど目に見えて厳しくなっていましたけど、私は通常分娩で済みました。影響を実感したのは出産後にようやく出歩けるようになってから。ドラッグストアに行ったらお尻ふきがひとつも売っていなかった。『一家族様一点限り』の貼り紙を見て、はじめて世の中が大変なことになっていることに気が付きました」(保田さん)

 乳幼児を抱える家庭にとって、切実なのは、必要なものがすぐ手に入らなくなっていること。3月にマスク不足が問題化した時期には、同時におしりふき用のガーゼも消えてしまっていた。

「ほとんど外出はしないで自宅にこもっているので、買い物の時のマスクは何回か使ってしのぎました。体温計は出産前に用意していたので大丈夫でしたが、知り合いのママさんは出産のドタバタでなくしてしまったそうで、『もうどこにも売ってない』と困っていましたね」(保田さん)

 子育てをしていると、どうしても今すぐに必要なものが出てくるものだが、今は気軽に買い物に出ること自体が難しい。ネットスーパーを利用する手もあるが、店によっては決まった枠の争奪戦になってしまい、思うように使えないケースもあるという。

「だいたいの品物はネット通販などで手に入れることはできるんです。でも、これから成長していくうえでは、やっぱりベビー服なんかはサイズもありますし、タオルのような直接肌に触れるものは、実際に手に取ってみないと肌触りなんかは分かりませんよね。知育玩具や絵本なども、詳しい店員さんに相談しながら考えたかったんですが……」(保田さん)

 もうすぐ3カ月になるため、検診や予防接種も始まる予定だが、医療機関が混乱しているためか、通知はまだ届いていないという。

「いろんなスケジュールが少しずつ後ろ倒しになってしまうのかなと、心配しています。私の地域では、通常は保健所で検診を行っていたんですが、この状況なので保健所での開催ができなくなって、各々が指定された病院で受けるようにとだけHPに出ていました。詳しいことがわかるまでは不安です」(保田さん)

■一番の悩みは情報不足

 出産前も出産後も、母親たちの共通した悩みはこうした情報不足。最低限の情報は公的な機関の発表を見たり、探せばツイッターなどにもあるだろう。ただ、密室での育児を続けるなかで孤立しないために本当に必要なものは、住んでいる地域に根差した細やかな生の情報だ。

「どの公園が安心して遊べるとか、どんな補助があるとか、やっぱり同じ地域で子育てをしているママたちに聞かないと分からないことも多い。私の場合、区が同じ地域で子育てをしているママたちが話せる集まりを予定していて、情報交換ができると楽しみにしていたんですが、それも中止になってしまいました」(畠山さん・仮名)

 生後10カ月の子供を育てる都内在住の畠山由美さん夫婦も情報不足に悩んでいる。こちらは、例年であれば10月頃から申し込みが始まる保育園に入るための“保活”が心配の種だという。

「普通は見学して申し込むんですけど、今は保育園が臨時休園しています。それにたとえ保育園がやっていても、今、人が集まっている場所に行くのは考えてしまうし、結局、何もできない状態です。もっと言えば、政府内では学校の『9月入学』が検討されているそうですが、仮にそうなったら保育園への影響はどうなるのか。混乱するばかりです」(畠山さん)

 いずれにせよ、コロナが収束するまでは、感染の危険は付きまとうことになる。先日、フリーアナウンサーの赤江珠緒氏が新型コロナに感染したニュースをきっかけに、幼い子供を抱えた両親が感染した場合、誰が子供の面倒を見るのかという問題への関心が高まったが、解決策は見えてこない。厚生労働省は、親族間の保護が基本という見解だが、高齢者の重症化リスクを考えると、簡単には預けることも難しいだろう。

「夫の仕事も厳しい状況ですし、リスクがあるから親も頼れない。出産後は気を付けながらワンオペ育児をやっていくしかなさそうです」(山岡さん)

(清談社)

関連記事(外部サイト)