新型コロナ“第2波”はいつ来る? 歴史家・磯田道史が見通す「終息までのロードマップ」

新型コロナ“第2波”はいつ来る? 歴史家・磯田道史が見通す「終息までのロードマップ」

スペイン風邪の患者が集められた病院(アメリカ、1918年) ©AFLO

〈新型コロナの流行は、今後どうなるのか。歴史から“終息までのロードマップ”のイメージを考えるのは、無駄ではありません。

“新型=未知のウイルス”である以上、完全な予測など不可能ですが、感染症の歴史から、一般に思われている以上に、多くのことが見えてくるからです〉

 こう語るのは、歴史家の磯田道史氏だ。そして感染症の歴史のなかでも、とくに100年前に学ぶべき教訓があるという。

■世界で4000万人以上の死者をもたらした「スペイン風邪」

〈「新型コロナウイルス」と「新型インフルエンザウイルス」という違いはあるものの、「致死率は低くとも感染力が強く一気に大規模に拡がる」という感染症としての特徴は、100年前の「スペイン風邪(H1N1型、当時の新型インフルエンザ)」のパンデミックと似ています。ですから、今回の新型コロナの“終息までのロードマップ”を考える上でも、歴史上、最も参考になります〉

 世界で少なくとも4000万人以上、日本で45万人以上もの死者をもたらした「スペイン風邪」の歴史の詳細を描いたのは、磯田氏の師匠である速水融(あきら)氏だ。

 その際、ポイントとなるのは、流行は1つの波では収まらなかったことだ。

■「10月あたり」から第2波が来るかもしれない

〈私の恩師でもある速水融先生が『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』で詳細に描いていますが、スペイン風邪は、終息まで約2年かかり、その間、3つの流行の波が襲来しました。

「第1波」(「春の先触れ」)は、1918年5月から7月まで。
「第2波」(「前流行」)は、1918年10月から翌年5月頃まで。
「第3波」(「後流行」)は、1919年12月から翌年5月頃まで。

 すると、今回も、「10月あたりから第2波が来て、来年春先まで続くかもしれない」と警戒しておいた方がいい〉

■「第2波」の方が致死率は高かった

 さらに忘れてならないのは、スペイン風邪では、ウイルスの変異により、「第1波」より「第2波」「第3波」で致死率が高まったことだ。同じことが新型コロナでは起こらないとは断言できない。

〈スペイン風邪の「第1波(春の先触れ)」では、最初の流行であるため、広く多勢が感染したと考えられます。ただし、死者はほとんど出ていません。

 ところが、1918年10月頃からの「第2波(前流行)」では、26万人もの死者が出ました。ウイルスが変異して致死率が高まったのです。とくに11月から猛威を振るい、翌年1月に死者が集中しました。

 速水先生が集めた当時の新聞は、次のような惨状を伝えています。

「悪性感冒益猖獗す 余病を併発した患者の死亡率が急激に増加す 火葬場に於ては棺桶を積置きて」(『上毛新報』10月30日付)

「悪感冒の産む悲惨 下層階級は生活上に大打撃 救済機関設置の急務」(『高知新聞』11月16日付)

 今も同じ問題が起きています。

「入院は皆お断り 医者も看護婦も総倒れ 赤十字病院は眼科全滅」(『東京朝日新聞』2月3日付)

 医療崩壊は100年前もありました。

「悪性感冒で全村惨死」(『北海タイムス』1月30日付)

 これは、人口276人の会津地方吾妻村で200名以上が死亡したことを伝える記事です〉

『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』を下敷きに、磯田氏が新型コロナの今後ありうるシナリオと“終息までのロードマップ”を描いた「 続・感染症の日本史 第2波は必ず襲来する 」の全文は、「文藝春秋」6月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年6月号)

関連記事(外部サイト)