「グアムの近くに落としたらどう思う?」核ボタンを自慢したがる男がとった奇怪な行動とは……

「グアムの近くに落としたらどう思う?」核ボタンを自慢したがる男がとった奇怪な行動とは……

©iStock.com

すねを蹴り、唾を吐きかける……非道な独裁者・金正恩はどんな子ども時代を過ごしていたのか から続く

 “親愛なる指導者”である父・金正日の死亡により、最高指導者としての地位を実質上継承した金正恩。就任以来、彼は数多くの弾道ミサイル発射実験、核兵器実験を行い、世界を騒がせ続けている。兄・金正男暗殺への関与疑惑や、本人の死亡・重体説など、国際ニュースで彼の話題を目にしない日の方が珍しいとすらいえるだろう。

『金正恩の実像 世界を翻弄する独裁者』 (扶桑社)は、特異な行動を繰り返し、世界中から耳目を集めようとする男の知られざる出自・思想に迫った1冊だ。合計100時間以上にも及ぶ関係者への取材を通じて浮かび上がった、独裁者の知られざる実像について引用し、紹介する。

 トランプ大統領が就任直後「アメリカにとって単独で最大の脅威」と発言して以来、急激に緊張関係が高まったアメリカ・北朝鮮の両国。彼らは潜在的敵意をどのように抑え、最悪の事態を免れたのか。

◇◇◇

■群れのボス争い

 他に類を見ない、原始的な、群れのボス争いだった。

 トランプの脅しは、自分は邪悪なアメリカ人から北朝鮮の人々を守っているという金正恩の主張の証左になった。この国家は、アメリカは敵国であり北朝鮮を破壊しようとしているという前提の上に築かれているのだ。トランプの発言は、それを裏づけるように思われた。

 偶然にも、米軍と韓国軍は、毎年恒例の大規模演習を開始するところだった。水陸両用機が浜辺への上陸訓練を始め、ジェット戦闘機が、北との境界線からたった数10キロの韓国内の演習場に爆弾を落とした。

 ホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官、H・R・マクマスターは、もし北朝鮮が核兵器プログラムを急速に促進し続けるなら「予防戦争」に突入することになると警告した。彼はこれを「北朝鮮がアメリカを核兵器で脅迫することを防止する戦争」と定義した。

 マクマスターは、イラク侵攻前を思い起こさせる言葉遣いで話していた。「野蛮なならず者国家についてまわる危険は、強調してもしすぎることはないと考えます。(金正恩)は空港にいた自分の兄を神経ガスで殺害したのですからね」(*11)

*11 2017年8月5日のMSNBSインタビューでのH・R・マクマスターの発言。

 米韓両軍は、北朝鮮の指導者に対する「斬首作戦」の実施訓練を活発に行い始めた。韓国はスパルタン3000というエリート兵士による専門の「斬首部隊」を創設した。韓国の諜報機関によると、緊張の高まったこの時期に、金正恩はしばしば移動計画を土壇場で変更し、居場所を特定させないようにしていたという。

 北朝鮮は対抗措置として、アメリカ領グアムをミサイルで「包囲」し、「アメリカ人を炎で飼い慣らす」と脅迫した。また、北朝鮮高官が「最も強硬な対抗措置をとるための『引き金』に我々の手を近づける」と断言して、核攻撃を匂わせて脅迫した。

■北朝鮮とアメリカの衝突の危機

 アジア北東部に──そしてワシントンのそこかしこに──北朝鮮との衝突がリアルな見通しになってきたことについて、明白な懸念があった。

 日本は第二次世界大戦以来となる、ミサイルの飛来に備えた訓練を行った。韓国人は予測不可能で扇動的な新アメリカ大統領のことを不安に思っていた。ハワイでは、冷戦期にまでさかのぼるサイレンのネットワークを当局が復活させた。

 ワシントンでは、慎重なアナリストでさえ、衝突の可能性を50パーセントよりも高く見積もっていた。

 この恐れは、マクマスターや他のトランプ政権関係者が、戦争抑止力──冷戦を通じてアメリカの核政策の基盤をなしていたもの──は、もはや北朝鮮には効果がない可能性がある、と示唆したことでさらに高まった。

 そしてトランプは、その代わりに北朝鮮に対して「最大限の圧力」作戦を開始し、制裁をいっそう強化するよう求めた。

■核ボタンを自慢したがる2人の指導者

 それまでの制裁は、核・ミサイル開発につながる産業や資金の流れをターゲットにしていたが、いまや貿易妨害の様相を呈し始めた。海産物、石炭、衣類の輸出は禁止された。制裁には、アメリカ人が北朝鮮に渡航する場合は特別許可を取得しなければならないとする渡航禁止令も追加された──そのとき人道支援活動従事者たちは、自分たちの渡航理由は国務省には受け入れてもらえないことを知った。世界的な規模をもつ多国間保健機関「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(略称:グローバルファンド)」が北朝鮮でのマラリア・結核対策への資金供給を停止すると、医師たちは公衆衛生上、人道上の重大な危機が発生し、克服に数十年かかりかねないと警告した。

 アメリカ国務省の推計によれば、制裁で北朝鮮の輸出の90パーセントあまりが遮断された。それに加え、北朝鮮は労働力輸出も封じられた。同国が制裁で失った交換可能通貨(ハードカレンシー)収入は全体の3分の1、すなわち10億ドルに上るとみられている。

 これは大きな数字だが、状況を一変させるアクションは北朝鮮国境で起きていた。中国がそれまでにないほどの制裁を実施したのだ。

■糸を引きあう各国の首脳

 それまで中国政府は、ならず者のミサイルよりも北朝鮮の崩壊のほうを恐れていて、最小限の対応しかしていなかった。しかしいま、トランプは北への攻撃実施について本気で、北京は不安定になる可能性よりも戦争の可能性のほうがずっと危惧すべきであると判断したのだ。

 中国は貿易を停止した。海産物と石炭が中国に輸送されなくなり、中国で働いていた何千人もの北朝鮮労働者の多くは送還された。北朝鮮との通商の玄関口となっている丹東市には、はっきりとした冷気が漂っていた。私は、丹東市にある北朝鮮料理のレストランで食事をしていたとき、夜7時半に、ディナーの最後のひと口を食べ終わるか終わらないうちに追い出された。こうした環境下では、何もかもが閉鎖されていった。

 中国はアメリカに、ワシントンに軍事行動をとらせないために制裁で行動に出ているのだと示す必要があった。安定は確かに不安定よりよいが、不安定も侵攻よりはましだ。

■マッドな新アメリカ大統領に翻弄される平壌の政権

 専門家はまた、誤算が戦争につながることを懸念していた。双方の間で長年にわたって丹念に振り付けをしてきた、合図と駆け引きのデリケートなダンスを一方が誤読して、衝動的に反応してしまう可能性についてである。なにしろ、両国の首脳は合わせて7年しか政治の経験がない。そして、そのうち6年は金正恩側のものなのだ。

 誤解の生じる可能性は日増しに高まっていくように思えた。

 トランプ政権が金正恩に「ブラッディ・ノーズ(鼻血)」をくらわせる計画を企んでいる、といううわさがあった。このアイデアは、北朝鮮の核・ミサイル施設に限定的な「外科手術的攻撃(サージカルストライク)」を実施して、それによってこの若き指導者に挑発的行動を考え直させ、核プログラムの撤回に関する対話に戻らせようというものだった。

 平壌の政権は、この新アメリカ大統領をどう捉えていいのかわからなかった。彼はニクソンをまねて頭のおかしな人物を演じているのか? それとも本気なのか?

■粗末な対応で右往左往

 北朝鮮高官は元アメリカ政府関係者にトランプのツイートを解読してくれるように依頼し始めた。彼らは『トランプ自伝──不動産王にビジネスを学ぶ』を読んだ。『炎と怒り──トランプ政権の内幕』を読んだ。ホワイトハウス内の混沌について書かれた、賛否両論の著作である。また、アメリカの核攻撃手続きについて問い合わせた。そして、トランプが本当に核ボタンを押す権限を持つ唯一の人物なのかと訊ねた。

 金正恩政権は、トランプからの挑戦を極めて真剣に捉えていた。高官は外国の外交官や他の仲介者に、北朝鮮がもしもこのまま進んでミサイルをグアムの近くに──もしくはいっそグアムに──落とそうとしたらどうなると思うかと訊ね始めた。トランプはどう反応するだろうか? 彼らには限度がどこなのかよくわからなかったのだ。

 一方、アメリカ連邦議会議事堂を標的にした北朝鮮のミサイルとアメリカ国旗が描かれた、「北朝鮮の応答」と題したポスターが平壌中に貼り出された。

 2017年が2018年になり、核ボタンを自慢したがる2人の大胆で比較的経験の浅い指導者たち率いる、敵対の歴史をもつ二国のせいで、朝鮮半島の壊れやすい平和は風前の灯火のように思われた。

(アンナ・ファイフィールド)

関連記事(外部サイト)