達人がたどり着いた「プラレール線形幾何学」の極意とは

達人がたどり着いた「プラレール線形幾何学」の極意とは

プラレーラー必携の参考書「パパママのためのプラレール線形幾何学」

「実在駅再現」「レイアウト理論」プラレールを大人がガチで作ったらスゴかった から続く

 店頭に並ぶプラレールのパーツ群にも「設計思想」があり、それを読み解くと狭いスペースでもレイアウトを楽しめる。プラレールの解説書「パパママのためのプラレール線形幾何学」を読んで、目から鱗が落ちた。著者は空転さん。エンジニア、デザイナー、ライターで、プラレールの個人サークル「 空転ワークス 」を主宰し、プラレーラー集団「 ぺたぞうでんしゃ王国 」ではでんしゃエンジニア・デザイナーを担当する。

■あえて「縛りプレイ」で「厳密にレールシステムを守る」

――プラレールの線路パーツをシステムとして捉えるという視点に感動しました。限られた面積で、エンドレス(周回レイアウト)を作って、複数の列車をきちんと走らせる。これパズルっぽくて賢くなりそう。

空転 レイアウトを一畳に収める「一畳プラレール」というのは、プラレールの達人ぺたぞうさんが提唱したものです。

 部屋いっぱいに自由にレールをつなげるのももちろん正しい遊び方ですし、プラレールの魅力を十分楽しめます。それをあえて「縛りプレイ」で「厳密にレールシステムを守る」と、プラレールの本質が見えてくると思います。おっしゃる通り、それをパズルのように楽しめるのは、子どもよりも数学の知識がある大人の特権ですよね。

――鉄道模型では、日本の住宅事情で楽しむジオラマとして一畳サイズ「900mm×1800mm」が定番のひとつです。プラレールの開発販売元のタカラトミーも、「TOMIX」ブランドの鉄道模型メーカー「トミーテック」がありますよね。「パパママのためのプラレール線形幾何学」を拝読して、TOMIXが発行している「レイアウトプラン集」や、レイアウトを設計するための「レイアウト定規」を思い出しました。

空転 TOMIXは基本のカーブレールを8本つなぐと円になるレールシステムです。メーカーが提案するレイアウトのパターンは豊富で、詳細な解説書も用意されています。プラレールも8本で円になるカーブレールとその半径の長さの直線レールが基本です。一見単純に見えますが、実は知育玩具としてかなり計算されて作られています。

 でも当時は、公式サイトやセット販売のレイアウトは小判型(楕円)の変化形ばかり。じゃあ自分たちが研究してきたことを本にしてみよう、という感じで同人誌を作りました。最近はタカラトミーさんもオリジナルレイアウトの作り方にも力を入れ始めていて、 プラレールコンシェルジュ というサイトを作っていますね。

■「レールを感覚でつながずにキッチリつなげたい」

――これは空転さんを始め、プラレールの達人たちの影響が大きいかと(笑)。ところで、プラレールの「システム」に気づいたのはいつですか?

空転 子どもの頃から「レールを感覚でつながずにキッチリつなげたい」と考えていました。小学生の頃にTOMIXのレールシステムを知ったのも大きかったと思います。実際にレールのつなぎ方を理論立てて考え出したのは、20代になってからです。イベントなどで大きな立体レイアウトを作る際、ゆがみがあると倒壊の危険が出てきます。それをどうやったら避けられるか、仲間たちと考えていたのがはじまりです。それをまとめて同人誌を作ると、ビックリするほどたくさんの方に買っていただけました。それだけレイアウト作りに困っている親御さんが多いんですよね。

――楕円エンドレスを基本としてどのようにレベルアップしたら理解しやすいですか。

空転 斜めの直線やS字カーブを作ったら、いつまでたってもエンドレスにできない……というパターンになりがちです。まずは「点対称」に作ることをお勧めしています。適当につないだレールでも、同じものを作ってグルッと回せば必ずエンドレスにできます。「対称線形法」と呼んでいます。また、レールの移動量(距離)に注目すると、レール数本を置き換えてルートが変えられることに気が付くと思います。これは「部分線形置換法」と呼んでいます。これで単純なエンドレスに変化をつけることができます。

■テンプレートの組み合わせで立体レイアウトも実現

――面積が限られているなら立体化、これもすごいですね。

空転 立体レイアウトは見栄えもしてとても楽しいですね。でも、しっかり考えないと橋脚とレールが干渉してしまいます。考え方としては、先程のルートの置き換えで、「ここも変えられる、ここも…」とやっていくと、幾何学模様のような定型の「テンプレート」が浮かんできます。そのテンプレートからルートを選び、どんどん積んでいくと、きれいな立体にすることができるんです。テンプレートを組み合わせる方法を覚えてしまえば、レイアウトを作るスピードも格段に速くなります。ただし、高さが増すほどブロック橋脚とカーブレールを湯水のように使うので、後片付けも大変です(笑)。

■プラレールの体験と感覚が、将来学ぶ数学に繋がっていく

――「プラレール線形幾何学」の実践って、ビジネスで言うところの「Plan Do See」ですよね。計画を立てて、組み上げて、予想どおりに走ると達成感があります。親子で実践すると、子どもは「Plan Do See」を体験できます。

空転 うちの息子はまだ3歳になったばかりで、レールを上手につなげませんが、親が作っているのをしっかり見ているんですね。いつの間にか同じものが作れるようになっていたりします。保育園児に座標や三角関数の話をしても当然伝わりませんが(笑)、プラレールでよく遊ぶ子は「なぜかは分からないけどこうすればつながる!」という体験と感覚を知っているんです。自分がそうだったように、将来大きくなって数学を学んだときにプラレールを思い出して、「あのレールのつなぎ方は、こういうことだったんだ!」とか思ってくれたら良いなぁ、なんて考えています(笑)。

 プラレールのイベントを開催するときに、子どもが自由にレールをつなげるエリアを作るんです。ふと見ると、自分たちが作ったレイアウトを模した大作ができている。細かいテクニックまでしっかり再現していて、よく見ているなぁと驚かされます。まずは大人が本気で楽しんで見せ、子どもが自然にそれを真似する……というのが理想の教育かななんて思っています。

■「シンプルなレイアウトが一番好きです」

――好きなレール、苦手なレールはありますか。

空転 好きなレールは曲線レールと直線レール、坂直線レールがトップ3ですね。この3種類があればなんでも作れます(笑)。特殊なレールも楽しいですが、やはり基本部品だけで作るシンプルなレイアウトが一番好きです。複線系のレールは苦手です。複線で電車が走るのはカッコいいんですが、ほかのレールと規格が少し違って繋がりにくい。でも、レールを組み合わせると克服できる場合も多いので、もっと研究してみたいところです。

 空転さんの名著「パパママのためのプラレール線形幾何学」は期間限定で無料公開中。図入りで詳しく説明されているので、この機会にぜひご一読を。立体レイアウトを指南する続編「パパママのためのプラレール積層線形学」は715円(税別)、両著の実践編「実例で分かる!パパママのためのプラレールレイアウト講座1」は1000円(税別)で販売されている。詳しくは空転ワークスの 公式サイト へ。

■プラレール達人の「片付け」を聞いてみた

 プラレールの達人の話を聞いて、もういちどプラレールで遊んでみたくなった。そして子どもの頃に楽しく遊んだことを思い出す。同時に、私が子どもの頃は、好き放題に線路を延ばして収拾が付かなくなり、片付けないで親に叱られたことも思い出した。そうだ。プラレールの思い出は「楽しい」と「叱られる」でワンセットだった。プラレール達人のお二人は、どのように片付けているだろう。

松岡 収納ケースを買って、車両、レール、橋脚、駅、などに分けて収納しています。そのケースの容量を超えないようにしています。

空転 普段から百円ショップやホームセンターで、車両やレールの長さを基準にシンデレラフィットのケースを探していますが、なかなか出会えません。運転会で使う大量の資材は、ホームセンターで売っている衣裳ケースに種類ごとにギッチリ詰めて使っています。ブロック橋脚なんかは互い違いに入れると、かなり詰めて収納することができます。

 息子用のプラレールは、ニトリの壁面収納の引き出しに入れています。これは買うとき狙ったわけではなかったのですが車両にピッタリでした。最近ジワジワ車両やレールが増えているので、そろそろ容量が足りなくなってきました(笑)。

?

 お二人とも収納ケース、衣裳ケースを活用されている様子。キャスター付きなら重くても移動しやすいし、運転会に向けて車に積むときに持ちやすい。松岡氏からは「ケースの容量を超えない」、空転さんからは「種類ごとに」という教訓をいただいた。

 レイアウト計画から片付けまで、おうちで楽しく遊ぼう。

(杉山 淳一)

関連記事(外部サイト)