「世界史は教科書の順番に覚える必要なし」東大理Vに子供4人合格 佐藤ママが教える『コロナ休校を味方につける勉強術』【大学受験篇】

「世界史は教科書の順番に覚える必要なし」東大理Vに子供4人合格 佐藤ママが教える『コロナ休校を味方につける勉強術』【大学受験篇】

”佐藤ママ”こと佐藤亮子さん ©?文藝春秋

「例年は夏休みに始める過去問に今すぐ着手」東大理Vに子供4人合格 佐藤ママが教える『コロナ休校を味方につける勉強術』【高校受験篇】 から続く

 緊急事態宣言が解除され、3カ月と長かった休校期間がようやく明けようとしています。6月に入れば再開される学校も続々と増えてくるでしょう。しかし、一方で「この休校期間ですっかり生活リズムが狂ってしまった」「授業が始まっても勉強の遅れを取り戻せるのか不安」等々、ため息をつく親も多いのではないでしょうか?

「私が恐れているのは、休校期間中に家でダラダラ過ごした子と、きちんと勉強した子とでは、学校が再開するころには驚くほどの教育格差がついているということです」

 と警鐘を鳴らすのは、息子3人と娘1人を東大理Vに合格させたことで知られ、現在は教育・受験アドバイザーとして活躍する“佐藤ママ”こと佐藤亮子さん。子供たちが東京に進学するまでは、奈良県の自宅のリビングで毎日勉強のサポートをしていた佐藤さんは、「家庭学習はちょっとした工夫ではかどるようになる」「受験生も6月はまだ慌てる時期ではない」と言います。

 過去3回にわたり休校期間中の勉強法を紹介してもらったこの連載もついに最終回を迎えます。今回は【大学受験篇】と題して、休校期間中にすっかり遅れを取り不安になっている高校生、浪人生に向けて、佐藤ママ流の「今からでも間に合う!」受験勉強法を紹介していただきました。

(全4回の#4/ #1 、 #2 、 #3 を読む)

◆◆◆

■【ポイント1】カレンダーは2カ月分を並べて貼って、スケジュール管理を!

 最終回は大学受験を控える高校生、浪人生へのアドバイスになります。

 連載2回目の中学受験篇では、休校期間中は1週間に1科目だけに専念する、「算数なら、寝ても覚めても算数だけやる」といった方法をお薦めしました。ただ、この方法が使えるのは小学生から高校1年生まで。大学受験となれば、科目も多く、範囲も膨大なので細かくスケジュールを決めなければなりません。連載第1回で紹介した「親がノートに1週間分の詳細な課題と時間割を書き込んで子供に渡す」というスケジュール管理は、大学受験でこそ最も効果を発揮します。

 もう一つ、大学受験では長期的なスパンでの計画も必要です。特にダラけてしまいそうな、今の休校期間中であれば、より重要になってきます。受験生にとって時間は「一刻値千金」と言われますが、今年ほどこの言葉が身に染みる年はないでしょう。

 そこでお薦めしたいのがカレンダーの活用です。受験生は本番というゴールを見すえて、自分との距離を常に測って毎日を過ごさなければなりません。本番まで「あと何日か?」と、いつも逆算して「今何をするか」を考えることです。1月に受験が目前に迫って「あれもできていない、これも間に合わない」と慌てるようでは、いい結果は出せません。

 うちでは子供たちそれぞれの机の前に2カ月分のカレンダーを並べて下げていました。4人いるので8枚、さらに私自身の分が1枚で合計9枚ありました。では、目の前に2カ月分のカレンダーがあると何が良いのでしょうか? 今だと5月、6月のカレンダーを用意することになります。例えば6月5日に模試があるとします。カレンダーが5月だけだと5月31日になってカレンダーをめくり、そこではじめて6月のカレンダーを見て「6月5日に模試だ! 準備しなくちゃ」とようやく実感するわけです。それでは遅すぎます。

 2カ月分を並べておけば、子供は常に先々の予定まで目に入るので、6月の模試は5月から意識して、準備を早く始めることができるわけです。模試までの日数を常に把握し、逆算して自分が今何をすべきか考えることができます。そのような感覚が受験には不可欠なのです。

■【ポイント2】英単語は1単語につき1つの意味を覚えればまずは十分

 では今の期間中は何をすれば良いのか。大学受験の場合も「復習」です。具体的に科目ごとのお薦めのやり方をご紹介しましょう。

 英語は英単語の総復習が第一です。英単語はまず「発音」を覚えましょう。よく単語の「意味」ばかりを覚えようとする人がいますが、正しく読めない単語の意味は、いくら頑張っても覚えられないのです。読み方を知らない漢字を無理やり書いて覚えようとするのと同じです。単語を見てすぐに発音できますか? その発音のどこがポイントか即座に言えますか? 「えーっと」と考え込んでしまうようでは不十分です。最近は市販の単語帳に発音のCDが付いているので、それを何度も聴いて覚えるのが良いでしょう。

 発音を覚えたら、次は意味です。たいていの単語帳には1つの単語につき、4つも5つも意味が書き連ねてあります。「go」であれば、「行く」の他にも「向かう」「通う」「運行する」など書いてあるでしょう。でも、ここは「行く」だけを覚えるのです。残りの意味は見ない。覚えるのは代表的な意味1つだけ。単語帳には一つの単語につき、発音記号や例文、名詞形や形容詞形のそれぞれの活用などたくさんの情報が書いてありますが、欲張っても一度では覚えられません。

 気に入った1冊の単語帳を最後のページまでなるべく早くやり終えて、何度も繰り返すことが大事なのです。一番初めの単語から、書かれている説明を全部覚えながらやろうとすると、必ず途中で挫折します。まずは、一つの単語につき意味は一つのみ暗記。それだけでも1冊やり通せば相当な量の単語を覚えたことになり、文章を読む力もつきます。

■1冊を確実に仕上げるコツ

 選ぶ単語帳は好きなものでも、学校で使っているものでも何でもいいです。私のお薦めは『システム英単語』(駿台出版)ですね。覚えるべき重要単語が並んでいて、レイアウトもスッキリしていて見やすいんです。高校3年生の中には「今の時期に英単語をやっていて良いのか……」と不安に思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。単語は、日頃使わないと忘れてしまいますから、常に触れていることが大切です。1つ目の意味をほぼ覚えたら、次からは2つ目の意味を覚える、次は3つ目と順番に覚えていき、1冊を確実に仕上げましょう。

 この連載では問題集1冊をやり終えて達成感を得ることが重要だと繰り返し説明してきました。1冊をやり終えるには、実はコツがあるのです。よくやるのは、1ページ、2ページと順番にやることです。でもこれって、退屈ではないですか? コツはなるべく早く最後のページを見ておくことです。300ページあったら、思い切って真ん中の151ページから始めて300ページまでの単語をまず覚える。続いて1〜150ページまで覚えるという順番です。これが、最後まで頑張れる秘訣なのです。

 このようなやり方を思いついたのは、息子の中学校で「百人一首を全部覚える」という課題が出たことがきっかけです。1首目から順番に覚えようとしましたが、20首目くらいから「100首まで道のりが遠いな」とやる気がなくなり、せいぜい40首あたりで嫌になることが目に見えていました。そこで、とにかく最後まで辿り着くことを優先して、まずは51首目からスタートして100首まで覚えたのです。最後のゴールを見ると人間は安心するのか、たとえ途中から始めても100首目を見ると、それだけで何となく達成感があるのです。あとは残りの1〜50首を覚えれば良いわけで、不思議とかなり気が楽になるのです。同じ100首を覚えるのに、順番を変えるだけで精神的な負担が相当軽くなるのは驚きです。英単語もその要領で途中から始めてとにかく最後までやって、始めに戻る方法を試してみてください。

 英語は長文読解も重要です。英語が苦手な人は、まず先に解答の日本語訳を読んでください。そこで誰が主人公で、どんな粗筋なのか大まかに把握してから英文の読解に取りかかりましょう。先に日本語訳を読むことに抵抗があり、きちんと英文を読んで、分からない単語が出てきたら逐一辞書を引いて調べながら読まないといけない、なんて考える人も多いと思います。でも、それでは時間がかかり過ぎるし、大した効果は見込めません。1つ読むだけで疲れてしまうので、たくさんの英文を読むことができず、悪循環に陥ります。英文を読むのに早く慣れることが必要ですから、後々使いもしない単語を辞書で引いて四苦八苦しながら読むのは明らかに得策ではないです。分からなければ、すぐに答えを見ることも大切です。受験は、「気合い」や「頑張る」という根性論や精神論では乗り切れません。

■【ポイント3】数学は「青チャート」がお薦め。問題集は5問飛ばしでやる

 次は数学です。今の時点で『チャート式 基礎からの数学』〈青色〉の問題が解ければ十分だと思います。とは言っても、文系、理系や、私立、国公立などでも出題される問題の傾向は違いますから、自分に合った問題集を選んでください。

「チャート式」は問題数が多いので、以下のようなやり方がおすすめです。まずは「例題」を解いていきます。分からない問題は、青色のペンで解答を写します。次に赤色のペンで「どこでつまずいたのか」「なぜ間違えたのか」「なぜこの解法を思いつかなかったのか」というようなポイントを書き込みます。「(1)例題を解く」「(2)青色ペンで解法を写す」「(3)赤色ペンでポイントを書く」、この3つの作業を各分野の例題ごとにやっていくのです。そうすると自分の中でどの部分の基礎が抜け落ちていたのかしっかり確認することができます。

 チャート式の唯一の難点は例題のすぐ下に解答が出ていることです。いちいち解答を隠しながら、問題を解かねばならないし、問題を見て、ノートを見てと、頭を左右に振りながらやるので、時間がかかって効率が悪いんです。それを避けるために、私はチャートの問題をコピーして、例題のみを切ってノートに貼り付け「特製ノート」を作りました。でも、チャート式に限っては最近『チャート式 基礎からの数学 完成ノート』が発売されていて、これがとても便利なんです! まさに私の特製ノートでやりたかったのと同じレイアウトで、問題の下に広めに余白が取ってあるので、いちいちコピーして切り貼りしなくてもこの完成ノートがあれば大丈夫です。

 数学が苦手だという人は、自分で問題の7割が解けそうな易しくて薄い問題集を使いましょう。問題集は例題、基本問題、応用問題といろいろな問題がありますが、まずやるのは例題だけで十分です。全て解きながら進むのは時間がかかります。いかに1冊早くすませるかが重要なので、例えば5問目、10問目、15問目と5問飛ばしで解いていって最後までやる、という方法でも良いのです。一旦最後まで行ったら、次は1問目、6問目、11問目とやっていく。英語の単語帳と同じで、飛ばしながらでも、最後までたどり着いた時の達成感を味わうことが大事です。最初は10問飛ばしでやっても良いと思います。

■【ポイント4】国語は採点しやすいセンター試験を有効活用

 国語は現代文、古文、漢文とありますが、とくに古文は単語を覚えないといけません。私のお薦めは『マドンナ古文』(学研プラス)です。載っているイラストもかわいくて、ギャグも織り交ぜて解説されているので、楽しみながら覚えられます。ただ、うちの次男などは『古文単語ゴロゴ』(スタディカンパニー)を使っていました。ゴルゴ13を模したイラストが出てきて、語呂で単語を覚えていくので、苦にならずに覚えられたようです。

 現代文はセンター試験の過去問を使うと良いでしょう。記述問題などは問題を解いても、採点の際に自分では正解なのか判断しづらいのです。その点、センター過去問は選択肢を選ぶだけなので、採点が簡単。センター過去問で正解できるようになれば、記述式でも自然と答えが書けるようになります。英語や理科、社会などもセンター試験の過去問を活用するのがお薦めです。

■【ポイント5】世界史は教科書の順番を無視! 国ごとに覚えよう

 我が家は、センター試験で上の子供2人が「現代社会」、下の2人が「世界史」を選択しました。途中で東大が「現代社会」では受けられなくなったので、下の2人は「世界史」にしたんです。センター試験の世界史の問題はかなりレベルが高くて、最初は全然歯が立ちませんでした。教科書通りに順番に覚えようとしていたのですが、「2世紀の頃は〜」と、時代で区切って書かれているので、世界中のあちらこちらの出来事をいっぺんに覚えなくてはならないので、大変なんです。

 そこで、子供と相談して「これでは頭の中がまとまらないよね」ということになり、国を特定することにしたんです。まずはイギリスに限定して、教科書の中のイギリスの部分だけをひたすら覚えていくんです。「マグナカルタの制定」や「清教徒革命」、「ヴィクトリア女王の即位」、「第二次世界大戦」など、とにかくイギリスに関わる部分だけを時系列で覚える。現代まできたら、次はフランスとか、ドイツとか、国を変えていって、ヨーロッパ全域を制覇しまう。「ヨーロッパの次はどこにしようか……」と子供と考えたのですが、中国は漢字の固有名詞が難しいので、一旦中国は置いておいて、次はインドにしました(笑)。その後、地中海沿岸のアフリカ、エジプトとやっていきました。横軸ではなく、地域ごとに縦軸で進めていったわけですね。何も教科書を真面目に1ページから順番にやる必要はないんです。

■【ポイント6】気分転換は家族みんなでボードゲーム

 大学受験は毎日何時間も勉強して息が詰まると思います。家でもできる適度な息抜きが必要です。うちの場合は、ボードゲームをやっていました。子供が長男、次男、三男、末の娘と4人いるので、人数が多いのでかなり盛り上がります。トランプやカルタ、人生ゲーム、モノポリー……色々やりました。卓球盤、ジェンガ、UNO、将棋、囲碁なども。麻雀なんかもお父さんに習ってやっていましたね(笑)。

■【ポイント7】油断は禁物! 病気は徹底的に予防すべき

 都市部でも緊急事態宣言が解除されて、学校が再開されるところも増えてきたと思います。とはいえ受験生は特に健康に気をつけてください。病気には細心の注意を払う、ウイルスを甘く見てはいけません。今のようにコロナが蔓延する前の話ですが、うちでは徹底して子供たちの予防対策をしていました。家族全員が毎年2回、インフルエンザの予防接種を受けていましたし、その他、紅茶うがいや加湿、ダチョウ抗体マスクなど予防に良いと言われるものはなんでも取り入れていました。インフルエンザで休んでいる子がいると聞けば、学校に電話して「流行っているそうなので休みます」と罹る前の段階で大事をとって子供全員を休ませたりもしました。

 特に今年のコロナは、今後どうなるのか世界中の誰も正確なことは予測できません。100年前に流行ったスペイン風邪の記録から想像すると、第2波、第3波があるかもしれません。くれぐれも油断することなく、用心して勉強に励み、早めに仕上げる努力をしてください。

さとうりょうこ
大分県出身。津田塾大学英文学科卒業後、大分県内の私立高校で英語教師として2年間勤務。 結婚後、弁護士の夫が勤務する奈良県に移り、専業主婦に。4人の子どものうち、長男(1991年生まれ)、次男(1993年生まれ)、三男(1995年生まれ)は灘中学校・灘高等学校を経て、東京大学理科V類に進学。 長女(1998年生まれ)は洛南中学・高等学校を経て、東京大学理科V類に進学。 現在、長男と次男は医師として活躍。三男と長女は東大医学部の学生。 その育児法、教育法に注目が集まり、全国で講演を行っている。 2019年11月にはオンラインサロンをオープン、ますます旺盛な活動を展開する。

(「週刊文春WOMAN」編集部/週刊文春WOMAN)

関連記事(外部サイト)