“共感と共有のSNS”が生んだ、「書き手と読者が直接繋がれる」ことの危うさを考える

“共感と共有のSNS”が生んだ、「書き手と読者が直接繋がれる」ことの危うさを考える

©鈴木七絵/文藝春秋

ピピピクラブ、雑誌コラム……「TV Bros.」定期刊行終了から読み解く“雑誌ビジネスが抱える問題” から続く

< ピピピクラブ、連載コラム……「TV Bros.」定期刊行終了から読み解く“雑誌ビジネスが抱える問題” より続く>

■ネット上でさえ、本音を言うことが規制されはじめてる

おぐら 読者投稿ページの視点を更新できなかったことに加えて、2000年代以降はテレビが相対的に弱体化して、テレビ雑誌ならテレビの揚げ足とりみたいなことをやってないで、おすすめのいい番組を紹介してください、というムードになってきたのもあります。実際にそういう苦情もくるようになりましたし。つまり、テレビはみんなが見るものじゃなく、テレビを好きな人が見るものになってきた、という。

速水 テレビが弱体化したってよく言われてるけど、実際は都会に住んでいる人たち以外と高齢者にはすごく影響力を持ってる。

おぐら 完全に弱体化したとは言えないのか。

速水 特にステイホーム以降のコロナウィルス特需は、テレビもラジオも極めて大きい。だからずっと「第二波」は来るぞって言ってる感すらある。

おぐら コロナ禍のワイドショーは、何かにつけてやたらと煽ってきますよね。

速水 それと、ブロスは表のメディアが言えなかった本音が読みたいっていう市場を開拓したわけだけど、それが一時期インターネットに入れ替わったのは事実。でも今はネット上でさえ、本音を言うことが規制されはじめてるでしょ。

おぐら うっかり否定的なことを書くと、知らない人からも苦言を呈されます。

速水 テレビ局や芸能事務所、百歩譲って熱心なファンから怒られるのはまだわかるけど、何の利害関係もない人から注意されるのが現代のインターネット。

おぐら 怒るほうも書くほうも、ただの悪口と批評の区別がついてない感じはあります。

速水 ネット上の誹謗中傷についての問題は、書いている人たちの多くは正しい行いであると思ってるんだよね。普通、誰かを攻撃するとやましいっていう感情が生まれるんだけど、叩いてもいい人認定をして、正義を背負っているので、やましくないっていう自覚のもとにやるからたちが悪い。しかも、その叩く人数が多くなると、自分の正義が証明されたって勘違いするから、ますます強く叩いてもいいと思ってしまう。

おぐら 共感と共有のメディアという、SNSの負の側面が露骨に出てますよ。

■時代に追いつかれたテレビブロスが2020年まで勝ち残ったのは……

おぐら 悩ましいのが、もともと斜に構えたテレビ批評の雑誌として創刊し、それが読者にも受け入れられ、大きなムーブメントにもなった。でも時代が変わり、その視点が古くなってきたと自覚した時点で、編集部としてはコンセプトごと一新すべきだったのかって。

速水 自分のやり方が古くなったと認識するのは難しいし、わかっても訂正するのはもっと難しい。

おぐら たとえ古臭くなっても、マンネリズムを承知で続けることに意義が出てくる場合もあるじゃないですか。

速水 時代を先取りしたモデルを確立した以上、時代が追いついて、追い抜かれた時点でもう、役割を果たしたってことなんじゃない。1987年に創刊して、それが2020年までどうにか続いたっていうだけで、よくがんばりましたってこと。

おぐら 役割を果たしたはずのブロスが2020年まで続いた要因としては、コラムの連載陣がどんどんメジャーになっていった、というのもあります。爆笑問題や松尾スズキさんもそうですが、2000年以降では「ポリリズム」リリース直前のPerfumeと、ソロデビューの3年前の星野源さん。どちらも2007年に連載がはじまっています。

速水 今そのラインナップを今聞くと、もはや日本のトップクリエイターが連載してる雑誌に思えるもんね。そこは映画秘宝と並べて語ってはいけないところかも。星野源とPerfumeだもんね。

おぐら ただ勘違いしちゃいけないのは、別にブロスがあったからとか、ブロスのおかげでメジャーになったわけではないですからね。

■プロとアマチュアの境界が曖昧化によって余裕がなくなったメディア

速水 まぁでも、ブレイク前の人を起用するっていうのは大事なこと。これが先行投資だとしたら、とんでもないリターンになったわけでしょう。

おぐら まだそれほどメジャーではない人を起用するっていうのも、余裕がないとできないことで。今って深夜ラジオのパーソナリティですら、人気者になった証みたいになってるじゃないですか。

速水 後からやって来て上澄みをさらっていくのがマスメディア。

おぐら でもそうなると、新しい才能を見つけた時に、人気が出るまでの期間はどうするのかっていう。これまでは雑誌なり番組が育てていた側面もあったはずで。

速水 今はマスメディアに頼らず、自分たちでネット経由で有名になって、というのが、むしろ王道だよね。ジャスティン・ビーバー以降というか。チャンス・ザ・ラッパーとかもミックステープのダウンロード数が多くて有名になっていった。ビリー・アイリッシュなんかは、もうちょっと巧妙にマスメディアのタイアップ的な仕掛けがありながら、ネットで有名を呼びましたみたいな話だけど。

おぐら プロとアマチュアの境界も曖昧になってますし。90年代くらいまでは、別にスターにならずとも、プロでやっていけた時代とも言えます。ミュージシャンやカメラマン、ライターやデザイナーにしても、人気ランキング100位まではプロとして生活できていたとしたら、今はトップテンの10人に仕事が集中して、それ以下はアマチュアとして活動するしかないような。どのメディアも余裕がなくて失敗できないゆえに、リスク回避で人気を担保にしているんですよね。

速水 紙の雑誌は毎号どうにか埋めなきゃいけないし、全体の数ページなら何の保障もない企画や書き手に任せることができたんだよね。

おぐら 埋めなきゃいけないのはもちろん、1号終わったら次の発売日までにまたゼロから作らなくちゃいけないし、さらに1ヶ月もすれば書店やコンビニの店頭からは消えるので、新しいことに挑戦するにはいい循環だったと思います。

速水 これが1冊の単行本となると、書き手にとっても出版社にとっても、雑誌と同じような感覚では作れない。

おぐら 編集者としては、SNSでも同人誌でも、すでに自分の手である程度の人気を獲得している人に原稿を依頼するのと、まだ未知数の段階で「この人が書いたらどうなるんだろう」っていう状態で依頼するのでは、やっぱり全然違うんですよ。

速水 それはよくわかる。

おぐら 世に出た後、書籍化のタイミングで担当編集がつくのと、編集者と二人三脚で世に出るのとでは、アウトプットの質も変わってきますし。

速水 しかも、SNSやnoteを使って書き手と読者が直接繋がってしまうことの弊害はすごくあって。ファンの気をひくことだったり、実用ばかりを求める文章を書くクセがつくし、気づけば信者にものを売ってるのと変わらない構造になっているのが現状でしょう。

おぐら ファンから直接報酬を得るのと、出版社がいわばパトロンになって原稿料を支払うのでは、長い目で見た時に全然違う作家が育ちます。

■変わりつつある「一流編集者」の定義

おぐら 個人発信のSNSやnoteの場合、何がお墨付きの代わりになるかといえば、フォロワーの数ですよね。PV数という数字が評価の軸になる。

速水 出版社の会議で企画を通すときに、著者のフォロワー数が話題になるっていうのは本当らしいよ。

おぐら 原稿やテーマの良し悪しではなく?

速水 まだ本を出していない数十万フォロワーの人を探すのが一流編集者です、みたいな。ネットで話題を集めることがプロモーションの一環という話なら、もうそれは当たり前すぎる話なんだけど、そことフォロワー数が一緒くたにされるのはアタマが悪いよね。

おぐら 価値があると信じたものを広めるのは編集者の大事な使命ですが、今は原稿をきちんと読めるとか、世の中に対しての影響や問題意識のあり方よりも、とにかくバズらせることが偉い、みたいなムードになっています。

速水 今はちょっとその次の段階に行ってる気もする。2020年前半で流行ったものとして、『鬼滅の刃』と『100日後に死ぬワニ』があったわけだけど、どちらも誰もそのヒットの理由をちゃんと説明できずに、ヒットした理由の推理合戦になっている気がする。こちらもそれに参戦するために、両方とも読んでみたけど、まったくヒットの理由がわからないという。『鬼滅の刃』は全場面がセリフで説明されていて、昔だったら「説明セリフ多すぎ」の一言で編集者に書き直しされていただろうけど、そこを開き直って描いたのが新しい。ワニは、まったくわからなかった。

■中間にいた批評家やメディアが中抜きになっていく

おぐら 作り手とマスメディアの関係性が反転した部分もありますね。かつてはブロスに連載を持つことが憧れだった時代もありましたが、今は完全に逆で、「星野源が連載してるなんてブロスすごいね」というのが一般的な反応で。たとえばこれがアンアンだったとしても、以前は「アンアンの表紙を飾れるなんてすごい」だったのが、今は「○○に表紙をやってもらえるなんてアンアンすごい」という感じ。

速水 ミュージシャンや俳優が直接ファンとやり取りができる時代になると、中間にあったメディアや批評家とかが中抜きされていく。その辺はずっとコンテンツやエンターテインメントの周囲では、ファンダム問題なんかとして語られていることだけど。

おぐら 批評が求められなくなったとはいえ、これだけ動画作品や音楽が配信で溢れまくっている状況では、レコメンダーやセレクターといった目利きは必要でしょう。

速水 でもそれも、雑誌のコラムとかではなく、個人がSNSでやってる。

おぐら SNSは玉石混交になっているのがやっかいで。何の訓練も教育もされていない人たちが書いた批評っぽいものが溢れていて、多くの人がそれを参考にしているのが現状です。

速水 けどSNSに慣れてくると、これは観なくてもいい映画とかはわかってくるよ。この人が褒めていたら観なくていいとか。

おぐら 誰が何に賛同して、何を褒めていたかをチェックするのは、SNSの使い方として重要ですよね。極端な話、ネガティブチェックとして利用するためにフォローしている、なんてケースもあるかもしれない。そんなこと表立っては言えないですけど。

速水 信者が騒ぐ。なんだろう。セクハラが話題になっても、サロンのメンバーがみんなでなかったことにしてくれるみたいな話?

おぐら 「よく知らないくせに言わないでください」って。

速水 芸能人が政治に口を出すな問題? その話はまた今度。

写真=鈴木七絵/文藝春秋

(速水 健朗,おぐらりゅうじ)

関連記事(外部サイト)