不法滞在・飲酒事故・逃亡・コロナ陽性…群馬で起きた「ヤバい事態の数え役満」事件とは

不法滞在・飲酒事故・逃亡・コロナ陽性…群馬で起きた「ヤバい事態の数え役満」事件とは

感染者と接触した署員が自宅待機を余儀なくされた伊勢崎署 ©AFLO

 緊急事態宣言は解除されたものの、新型コロナウイルスの流行についてはまだまだ厳戒態勢が続く。6月6日には、東京都の新型コロナウイルス感染者26人のうちで、12人が同じ店で働くホストだったことが報じられた。若者が多いなどのさまざまな理由から充分な感染防止策が取られず、可視化されにくいクラスター予備軍にどう向き合うかが、現在の課題となりつつある。

 私は5月下旬、コロナ流行下での北関東の在日外国人社会の実態を知るため、群馬県伊勢崎市の南アジア系のイスラム教徒や館林市の亡命ロヒンギャ人、大泉町のブラジル人などさまざまな在日外国人のコミュニティをのぞき見た。その取材を通じて痛感したのが、外国人労働者の間でのコロナ蔓延のリスクだった(詳しくは 『文藝春秋』7月号 掲載の記事をご覧いただきたい)。

 なかでもベトナム人の状況は深刻である。技能実習生や、主に就業を目的に来日した留学生(事実上の偽装留学生)、さらに技能実習先から逃亡した不法就労者は、いずれもベトナム人が最も多いとみられている。今回の原稿ではそんな事情をお伝えしよう。

■「明らかに普通の交通事故とは違う感じがありました」

 たとえば今年4月14日、ベトナム人不法滞在者A(逃亡した技能実習生とみられる)が群馬県玉村町で交通事故に遭い、搬送先の病院で肺に影が見つかったことで、新型コロナウイルス感染が明らかになる事件が起きた。

 結果、事件処理にあたった伊勢崎署員1人が濃厚接触者になり、他の署員も含めた計6人が自宅待機を余儀なくされた(後に陰性が判明)。また、Aが車にはねられた際に事故現場から立ち去ったもうひとりのベトナム人不法滞在者Bも、4月22日に群馬県警によって入管難民法違反(不法残留)の疑いで逮捕されている。BについてもPCR検査がおこなわれたが、さいわい陰性だった。

「ベトナム人不法滞在者たちはコロナ感染については気にしていなくて、みんなで集まってお酒を飲んで踊ったりしている。事故当日のAたちも、コロナでヒマになったので、8〜9人の仲間と集まっていたようなんです」

 Aと面識がある伊勢崎市内在住のベトナム人技能実習生のP(27歳女性)は、取材にこう証言している。また、事故発生当時に勤務中だったという、現場付近のコンビニエンスストアの店員は話す。

「歩行者が乗用車に接触しただけの事故で、重傷者も出なかったにもかかわらず、警察が大勢集まっていたのが印象的でした。事故後、パトカーや覆面パトカーが何台もやってきてうちの駐車場に停まったんです。事故について詳しいことは知りませんでしたが、明らかに普通の交通事故とは違う感じがありましたね」

■酒盛り、酔っ払い運転、自損事故……Aたちに何があったか

 日本におけるベトナム人の不法滞在者は、上記のAやBを含めて多くが元技能実習生だ。彼らは来日後の低賃金や出国前に母国で作った借金の返済に苦しんで実習先を逃亡し、同胞が多い場所に複数人で隠れ住みながら、偽造の在留カードでも雇用してもらえる建設現場などで働いている。

 技能実習生時代は9万〜12万円程度だった手取りの月収が、15万〜20万円程度になることも珍しくないため、実習先からの逃亡は後をたたない。また、地方で暮らす不法滞在者には、ベトナム人コミュニティの内部で調達した自家用車を乗り回しているケースもかなり多い(母国で国際免許証を取得していない限り、当然ながら無免許運転である)。

 しかし、日本国内でコロナ流行が深刻化した今年3月から、経済の停滞によって不法滞在者の多くは失業に近い状態に置かれることになった。かといってベトナムに戻る飛行機もほとんど飛ばず、またベトナム国家も厳しい水際対策を敷いている。ゆえに、たとえ入管に出頭しても帰国することができない状況だ。

 しかし、群馬県のAたちは楽天的であった。緊急事態宣言下の4月14日、彼らはそんな厳しい状況もものともせず、平日の昼間から仲間と集まって酒盛りに興じていたのだ。

 結果、午後3時過ぎにAとBが自動車に乗り酔っ払い運転で帰ろうとしたところ、玉村町大字福島付近の新興住宅街で敷石に車輪を乗り上げさせる自損事故を起こしてしまう。

 しかも運悪く巡回中のパトカーに見つかってしまったため、AとBは警官の追跡を振り切ろうと逃亡。Aがしばらく走ってから大字下新田にある交差点に飛び出したところ、乗用車にはねられて負傷する。

 やがて、病院に搬送されてCTスキャンを受けた結果、図らずしてコロナ感染が判明することになった。不法滞在・無免許飲酒運転・事故・逃亡・コロナ感染と、いわば「数え役満」さながらの問題だらけの事件はこうして起こったのだった。

■Aたちの事件は“氷山の一角”か

 ベトナム人不法滞在者のコロナ感染の可能性については、他にも埼玉県内で同じ家に住んでいた不法滞在者3人と留学生1人が感染したとして支援団体に連絡してきた事例( 『文藝春秋』7月号 参照)や、4月22日に千葉県柏市内で逮捕された不法滞在者2人が微熱を訴えてPCR検査を受けた事例(結果的に陰性)など、きわどい話が複数見つかる。

 不法滞在者の多くは日本語が不自由で、感染予防や行動自粛に関する官公庁やメディアの情報を充分に受け取れない。また、狭いアパートに複数人で暮らす例が多く、お尋ね者の立場ゆえに近所付き合いもない。日本の公的機関を警戒しているため、かなり深刻な体調不良になっても医療機関を受診しない。

 また、合法的に国内に滞在している技能実習生や留学生についても、寮などで「密」な環境で暮らしている点は変わりなく、また不法滞在者と接点を持つ人もかなり多い(不法滞在行為はいちおう犯罪なのだが、そうなる理由にやむを得ない点もあるため、少なくとも在日ベトナム人労働者の同胞のコミュニティの内部では抵抗なく受け入れられている)。

 玉村町の事件では、たまたま無症状の感染者が交通事故に巻き込まれてCTスキャンを受けたことで陽性が明らかになったが、氷山の一角にすぎなかった可能性はすくなからずあるだろう。

■“アメリカの3倍” カタールで何が起きているか

 ちなみに、シンガポールはパンデミックの初期に自国民への感染拡大をほぼ抑制することに成功。一時はコロナ対策の優等生であるとみなされていたが、4月以降に「密」な環境で居住する出稼ぎ外国人労働者の間で感染が拡大してしまう。5月19日時点で約2.9万人に達した感染者のうち9割が外国人となった。

 また、2022年のワールドカップ開催を控えたカタールでも5月27日までに4.8万人以上の感染者が出ており、人口あたりの感染者数はアメリカの3倍にも達している。こちらも、やはり感染者は外国人労働者が多くを占めている模様だ。

 外国人労働者は日本の経済を縁の下から支える存在であり、私達の社会の大切な一員である。ただ、その生活様式や住環境は日本人から可視化されにくい部分も多い。特に不法滞在者の場合、生活の様子が「見えない」ことが、新型コロナウイルス感染拡大の一因となり得るリスクがある。

 シンガポールやカタールの轍(てつ)を踏まないためにも、より慎重な感染第2波の封じ込めが求められていると言えるだろう。

(安田 峰俊)

関連記事(外部サイト)