ホリエモン“公約本”の「ピルで女性の働き方改革」 大ブーイングを浴びた2つの理由

堀江貴文氏の新著「東京改造計画」の内容に女性から物議 低用量ピル巡る提言に批判

記事まとめ

  • 堀江貴文氏の「東京改造計画」 に「低用量ピルで女性の働き方改革」という提言がある
  • 文面から「労働生産性のために薬を飲まされる」との印象を持った方が多く物議を醸した
  • 書籍を読むと「ピルの公費助成」とのことのようで、批判には当たらないという

ホリエモン“公約本”の「ピルで女性の働き方改革」 大ブーイングを浴びた2つの理由

ホリエモン“公約本”の「ピルで女性の働き方改革」 大ブーイングを浴びた2つの理由

©iStock.com

 東京都知事選への出馬が取りざたされる堀江貴文さんの新著 「東京改造計画」 中に「低用量ピルで女性の働き方改革」という提言があったことで、ネットユーザーの女性たちを中心に物議を醸しています。

 SNSで話題が広がった時点では書籍は発売されておらず、発表されていたのは37の提言のみ。しかし、当然ながら「低用量ピルで女性の働き方改革」という文面から「労働生産性のために薬を飲まされる」という印象を持った方が多く、「副作用もある薬を押し付けるとは」「ピルはいい薬だけど、飲んで黙々と働けというのはモヤモヤする」などの意見が見られました。

■啓発する立場だからこそ感じたモヤモヤ

 私はこの炎上を複雑な気持ちで見ていました。私は働く女性が多い街、丸の内のレディースクリニックで診療をしています。患者さん一人一人の診察だけでなく、周辺の企業に出向いて月経周期や女性ホルモンに振り回されずに自分らしく働く方法について、管理職や女性社員の方々を対象に講演したり、法人向けの医療相談サービス事業も行っています。

 講演では、日本医療政策機構による「働く女性の健康増進に関する調査2018」の「婦人科系疾患を抱える働く女性の年間の医療費支出と生産性損失を合計すると、少なくとも6.37兆円にのぼる。(医療費1.42兆円、生産性損失4.95兆円) https://hgpi.org/lecture/475.html 」という試算を紹介しています(女性特有の不調をお金に置き換えることに抵抗がある方もいると思いますが、当事者じゃない人に問題意識を持ってもらうには、お金という共通言語に換算する必要があることももちろんご説明します)。

 現代の先進国の女性は子供を産む数が減ったことで生涯の月経回数が急増し、生理痛やPMS(月経前症候群)に悩まされるようになったこと、これは低用量ピルをはじめとしたホルモン治療で軽減することをお話ししています。

 女性の健康は今や個人だけの問題じゃない、企業や社会が取り組むべき課題であるということを常々講演で啓発していて、これはまさに堀江さんの「低用量ピルで働き方改革」と同じ文脈なのです。しかし、私は今まで堀江さんが受けているような批判はあまり受けて来ませんでした。

■実際に「東京改造計画」を読んでみると……

 そこで、堀江さんの主張を正確に知るために、YouTubeを視聴し書籍を読んでみました。それによると、堀江さんは縁のある産婦人科医師から、低用量ピルにより確実な避妊だけでなく、生理痛や生理前の不調(PMS)を軽減したり、子宮内膜症の治療や卵巣がんの予防ができることを知り、「みんなタブー視して言わないが、月々の生理が女性による社会改革を遅らせている」「フェミニストにもアンチフェミニストにもバッシングされるかもしれないが」と前置きした上で「ピルの公費助成」を提言されています。

 つまり、「低用量ピルで女性の働き方改革」とは「ピルの公費助成」とのことのようです。女性ヘルスケアを担う産婦人科医としては、堀江さんの提言を良く読むと批判には当たらないと思います。

 それでは、今回の炎上はなぜ起こったのでしょうか。おそらく原因は2つ考えられます。1つは、「自分の意志と関係なく、労働生産性のためにお上にピルを内服させられる」と受け取った方が多かったからだと思います。

■日本で知られていない「リプロダクティブヘルス」

 無料でアクセスできるSNSやYouTubeだけでは、低用量ピルが女性にとって良いものだという堀江さんの考えは分かりますが、どのように東京を「改造」するのか、具体的な政策は述べられていません。ですので、「押しつけられる」と考え、反発した人が多かったかと思います。実はこの感覚はとても大事な点だと考えます。

 日本ではあまり浸透していませんが、「リプロダクティブヘルス/ライツ」という概念があります。日本語訳は「性と生殖に関する健康と権利」で、性や子供を産むことに関わるすべてにおいての精神的、身体的な健康と、自分の体に関することを自分で決められる権利です。全ての個人とカップルが、

・子供を産むか産まないか、いつ何人産むかを自分自身で決めること
・安心して妊娠出産ができ、子供にとって最適な養育ができること
・他人の権利を尊重しつつ安全で満足な性生活を持てること
・性暴力を受けないこと
・セクシャリティ表現の自由
・バースコントロール(避妊)や性感染症の診断・治療にアクセスできること

 などが含まれます。

■「主人が反対しているのでピルが飲めない」と語る女性

 これらは当たり前のことだと思える方が多いかと思いますが、現在の日本でも、家族や婚家に(もしかしたら医療機関に)妊娠出産を強要・禁止される人や、低用量ピルやIUSの使用を「主人が反対しているので」という理由で断念する人は珍しくないのです。結婚したら子供を産まないといけない、という固定観念を持っている人もまだまだ多いでしょう。

 日本産科婦人科学会ではリプロダクティブヘルスを浸透させるための委員会を設置し、私もその末席に参加していますが、学会員を対象とした調査によればリプロダクティブヘルス/ライツの認知率は高く、もっと一般向けに啓発すべきとの意見が多数でした。さらに、そのために最も必要なことは何かという設問に対し、性教育という回答が一番多いという結果でした。自分の性や生殖に関することは自分で決定する、という当たり前の認識がもっと広まるべきと専門家も考えているのです。

 ですから、都知事に立候補しようかという人に「低用量ピルで働き方改革」と言われたら、リプロダクティブライツを侵害されるのではと身構えるのは、あるべき反応なのではないかと思います。

■毎月生理が来ることは本当に自然なのか?

 反発が起こったもう1つの原因は、低用量ピルという「薬」に対する抵抗感ではないでしょうか。ホルモン剤で排卵や月経という「自然な状態」を人工的にコントロールすることに忌避感を感じる人はまだまだ多いと思います。

 女性の体や健康について、学校を卒業した後に正確な知識を学んだりアップデートする機会はなかなか得られませんし、雑誌やインターネット上に溢れている情報は玉石混交。ですので、「薬さえ飲まなければ自然で健康」と思って暮らしている方がたが多いのは仕方のないことだと思います。

 実は、低用量ピルをはじめとしたホルモン療法は医師の間でも正確に理解が得られているとはまだまだ言えないくらいなのです。(ピルを飲んでいる方が他科の医師にやめるように言われるということはよくあります)

 毎月生理が来ることは女性にとって宿命かつ健康の証であると刷り込まれ、生理痛や過多月経、生理前の不調を「こんなものかな」となんとかやり過ごしている方はとても多いと思いますが、実はたった約100年前まで、女性と月経の付き合いは大きく異なるものでした。この約100年で人類が生涯に産む子供の人数が減った上に、栄養状態が良くなって初潮が早まったことで、昔は生涯で約150回だった月経回数が約450回になったと言われています。

■月経回数が増えると、婦人科疾患も増える

 月経回数が増えたことで生理周期に連動する生理痛や生理前の不調を感じる機会が増えただけでなく、子宮内膜症や卵巣がんなどの婦人科疾患が増えました。毎月毎月月経が来ることは、人類の女性にとって「自然」でも「健康」でもないのです。

 低用量ピルをはじめとしたホルモン療法は、排卵を抑えたり、赤ちゃんが宿るために作られる子宮内膜をあまり作らせないようにすることで、子宮と卵巣を毎月の排卵・月経の負担からお休みさせるという役割があり、月経困難症や子宮内膜症の治療にも使われています。(念のために書き添えますが、特にホルモン治療もしていないのに月経が止まってしまうことは健康にいいことではないので、そういった場合は婦人科医にご相談ください)

■低用量ピルには副作用も

 低用量ピルには、頻度は高くありませんが血栓症という副作用があり、概ね40代以上の高年齢や肥満、喫煙がハイリスクとなります。そのため副作用ばかりがクローズアップされてきましたが、ハイリスク要因に当てはまらない人には婦人科医とお話しの上、リスクとベネフィットを比べて選んでいただければ大きな問題はないと思われます。リスク要因をお持ちの方や不安な方は、深刻な副作用がほとんどないホルモン療法もありますので婦人科医にご相談ください。

 体に合ったホルモン療法が見つかれば本当に楽になる方が多いので、これを機に「毎月生理が来ることは健康であり女性の証である」というのは単なる刷り込みだと気付いていただけると嬉しいです。

 今回の堀江さんの提言は「ピルを公費で助成する」という私から見ると歓迎したい政策でしたが、詳しい内容は書籍を読むまでわからず、「低用量ピルで女性の働き方改革」という文面だけで炎上してしまったというのが実情のようです。

 しかし、それによってピルについて理解を深めてもらうためのネット記事がいくつも配信され(これもその1つですが)、議論が活性化され、啓発に繋がる結果となりました。いつもの通り、それが堀江さんの狙いだったのではないでしょうか。

 いずれにしても、リプロダクティブヘルス/ライツと女性ヘルスケアが常識となることを願います。

(宋 美玄)

関連記事(外部サイト)