76面の襖絵を描け! 京都で歴史的プロジェクトに挑む“33歳絵師”村林由貴の決意

76面の襖絵を描け! 京都で歴史的プロジェクトに挑む“33歳絵師”村林由貴の決意

村林由貴氏 ©吉田亮人

 江戸時代や室町時代、時の権力者に仕えて絵を描く「御用絵師」と呼ばれる絵師たちがいた。こうした絵師たちによって当時、城や寺社にいくつもの大きな障壁画などが描かれてきたが、その現代版とも言える試みが、現在京都で進行している。

 日本最大の禅寺である妙心寺の塔頭(境内の小寺)、退蔵院で2011年に始まった「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」である。その絵師に選ばれ、退蔵院の本堂(方丈)に入れる76面の襖絵を完成させるために、いまも絵を描き続けているのが、現在33歳の村林由貴である。

■寺に住み込み、禅の修行をしながら描く

 私が初めて村林に会ったのは、プロジェクトが始まって間もない、2011年夏頃のことだった。これから妙心寺に何年も住み込んで、禅の修行をしながら襖絵70面超を描いていく、しかも、400年前に狩野派の絵師・狩野了慶が描いた重要文化財の襖絵に代わるものを、ということを聞いて、そんな大役を引き受けた若い女性はいったいどんな人なのだろうかと興味が湧き、会いに行ったのが最初だった。

 彼女は当時まだ24歳。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)の大学院を修了したばかりのころで、明るく柔らかな雰囲気の中には学生らしさを残していた。しかし話すほどに、この重要な役目を担いながらも重圧など感じていなそうな落ち着きと、自分はこの襖絵を描き上げるのだという揺るぎない信念を持った人物であることがはっきりと見てとれた。

 それまでアクリル絵具を用いて絵を描いてきた彼女にとって、水墨画は初めての経験だった。その技法を自分で体得していくとともに、彼女は、600年の歴史を持つ退蔵院にふさわしいモチーフを自ら見つけていくことを求められた。

 退蔵院の本堂は、76面の襖によって5つの部屋に分けられる。その5部屋を「五輪」、すなわち、仏教において万物を構成するとされる5つの要素、地・水・火・風・空で描き分けるというテーマだけが決まっている。そのテーマのもと、いったい何を描くべきなのか。彼女なりの答えを見つけて絵を完成させるために、村林は、20代半ばの生活のすべてを賭して、禅の世界を生きる決意をしたのである。

■5年後に直面した“大きな壁”

 当初、プロジェクトは3年の予定だった。その間に村林は、退蔵院以外の場で襖絵を数多く描き、技術を磨いていったものの、目的である退蔵院本堂の襖絵にはなかなか着手することができなかった。何を描くべきかについて、どうしても彼女は、これだという確信を持つことができなかったのだ。

 その答えを見つけるべく、3年という期間が過ぎた後も、厳しい坐禅の修行に身を投じ、禅と絵と向き合った。そうしてさらに1年、また1年と自身を追い込んでいく中で、彼女はいつしか、自分が容易ではない状態へと落ち込んでいることを知ったのだった。

 プロジェクト開始から5年が経って直面したその大きな壁を、村林は、複数の僧侶や指導者、身近な人に見守られながら乗り越える。そしてついに、退蔵院に描くべき像にたどり着き、さらに練習を重ねた後の2019年、76面の襖絵に着手するに至ったのである。

 プロジェクト開始以来の9年の間、私はその過程を近くで見させてもらってきた。一度は彼女が行っている坐禅修行も実際に経験するなどし、村林がいったいどんな思いで絵と向き合っているのかを想像しながら、その姿を見つめてきた。あまりに張りつめた様子の彼女に近づけなくなった時期もある。しかしそれゆえに、彼女が退蔵院の襖絵の完成に向けて歩んできた日々に対して、自分なりに大きな感慨を持っている。

 2017年に、村林は大きな苦難を乗り越えて描くべきモチーフにたどり着き、その内容を、長い巻物に絵と文字で描出した。私は、それを見せてもらったとき、その中に込められた深い思いに打たれ、思わずこみ上げてくるものがあった。そこに至るまでに彼女が経てきた日々を思い、声を出すことができなくなった。

 その村林の9年間を、「文藝春秋」6月号および「文藝春秋digital」掲載の「 令和の開拓者たち 」に、誌面が許す限り詳細に書いた。現在の令和の時代に、このような経験をしているのはおそらく彼女しかいないだろう。その稀有な日々と経験は、多くの人に知ってもらう価値があると思っている。また年々スピードが増していく現代に、このようなプロジェクトが発案され、村林由貴という人物がその担い手に選ばれた理由とその根底にある思想についても、是非広く知られてほしい。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(近藤 雄生/文藝春秋 2020年6月号)

関連記事(外部サイト)