北九州監禁連続殺人事件 被告人・緒方純子が法廷で見せた一瞬の笑顔

北九州監禁連続殺人事件 被告人・緒方純子が法廷で見せた一瞬の笑顔

※写真はイメージ ©iStock.com

 逮捕から88日ぶりに、被告人のふたりが顔を合わす日がやってきた。

 松永太と緒方純子の初公判が開かれる2002年6月3日、福岡地裁小倉支部の前には、一般傍聴席38席に対して262人の傍聴希望者が並び、傍聴券の抽選が行われた。

■2つの監禁致傷罪のみを争う初公判

 この裁判で争われるのは、最初の逮捕の原因となった17歳の少女・広田清美さん(仮名)に対する監禁致傷罪と、松永らによる監禁生活から命からがら逃げ出した原武裕子さん(仮名、当時41)への監禁致傷罪という、ふたつの罪についてのみだ。通常ならばこれほど多くの傍聴希望者が集まる審理内容ではない。ひとえに、メディアによって少女の父の死、さらには緒方の親族6名の死亡の可能性が報じられたことによる、世間の興味の高まりがこの数字に表れていた。

 幸いにして傍聴券を手にすることができた私は、第204号法廷の傍聴席でふたりの入廷を待つ。周囲を見回すと、作家の佐木隆三さんの姿があった。正面の裁判官席に向かって右側には松永と緒方の弁護団4人が、左側には検察官3人が座る。

 最初に入廷してきたのは緒方だった。白地に花柄のブラウスとデニムのスカートという出で立ちの彼女は、廷内に入ると無表情のまま傍聴席に向かって一礼をした。真ん中で分けられた肩までのやや茶色がかった髪に、血色の悪さを感じさせる色白の肌。疲れが見える神妙な表情だ。唇の脇の左頬にある、長さ1cmほどのえぐられたような傷痕が目に入る。

 続いて黒い半そでTシャツに紺色のジャージズボン姿の松永が、緊張した面持ちで一礼しながら入廷した。その際、彼は緒方に目を向けたが、彼女は前を向いたままで視線を返すことはなかった。直毛で密度の濃い黒髪は短く切り揃えられ、色白の肌でまつ毛が長いその顔は、歌舞伎役者のように整っている。

■人定質問・起訴状朗読での態度は

 やがて3人の裁判官が姿を現して開廷すると、まずは「人定質問」が行われた。証言台での松永は、指先を伸ばした直立の姿勢で、大きなはっきりとした声で言う。

「松永太といいます。昭和36年4月28日生まれです」

 裁判長から住所を尋ねられると「不定です」、職業を尋ねられると「無職です」と答えた。

 続く緒方は、松永とは対照的に小さくか細い声で名前と生年月日を口にする。住所について「不定です」と答えた彼女は、裁判長から「不定ですか?」と確認され、「はい」とだけ答えた。

 その後、起訴状朗読となった際、検察官は被害者名について、17歳の少女だけでなく41歳の女性についても「社会の影響を考えると、氏名朗読は控えさせていただきたい」と訴え、「氏名朗読自体が被害者の負担となる」と主張した。しかし裁判長は17歳少女に関しては「とくに異論はない」としたものの、41歳女性については「被害者名等すべて朗読するように」と訴えを退けた。

 起訴状を検察官が読み上げるなか、松永は鼻の下や額の汗を拭うなど落ち着きのない様子だったが、緒方は両手をひざの上で組み、体を動かすことはほとんどなかった。

■弁護側は罪状認否留保を主張

 続いて罪状認否に入る直前に、弁護側から証拠開示がまったくなされていないとの指摘が上がる。それに対して検察側は、現在までは第一事件(17歳少女の事件)に関してのみで、第二事件(41歳女性の事件)については、両被告を同女に対する詐欺、強盗容疑で再逮捕しており、捜査中のため証拠開示できなかったとし、「6月上旬から中旬までには開示します」と説明した。

 その発言を受けて弁護側は言う。

「第一事件では起訴状で(少女の父親殺害を窺わせる)余計な記述がある。そのため罪状認否は留保したい。第二事件の被害者の調書は見ていない。それを見たうえで最終的な認否を行いたい」

 第一事件の起訴状には、まだ事件化されていない清美さんの父・広田由紀夫さん(仮名)が殺害されたことに触れた、〈あんたがお父さんを殺した〉や〈今度逃げたらお父さんのところに連れていく〉との文言が含まれていた。そのことを理由に、弁護側はこの場での認否を留保したのである。

 裁判長から認否の留保について問われ、松永は「はい」と声を上げ、緒方は黙って頷いた。

■松永は弁護団に向かって表情を変えずに一礼

 そこで裁判長は、次回の第2回公判は7月31日の午後3時から4時半までの予定で、今日と同じ第204号法廷で行われることを確認すると、閉廷を告げた。時間にしてわずか24分の、短い公判だった。

 退廷時、松永は弁護団に向かって表情を変えずに一礼して無言で出ていった。一方、緒方は歩み寄った2人の弁護士に笑顔で対応し、一言二言なにかを話して姿を消した。それは法廷で見せた彼女の唯一の笑顔だった。

 初公判から4日後の6月7日、福岡地検小倉支部は松永と緒方を、原武裕子さんに対する詐欺・強盗罪で起訴した。公訴事実は以下の通りである。

■原武裕子さんに対する詐欺・強盗罪の公訴事実

〈被告人両名は

 第1(*詐欺罪) 事実上夫婦同然の関係にあったものであるが、原武裕子(当時35年)から婚姻名下に金員を詐取しようと企て、共謀の上、被告人松永が、平成7年8月ころから、福岡県北九州市内において、同女に対し、村上博幸と称する独身者で、京都大学を卒業し、今は××塾(予備校名)の講師として月収は100万円であるが、将来は学者や小説家も目指しているなどと、その氏名及び経歴等を詐称し、同8年1月ころには、同市内において、真実は婚姻する意思がないのにあるかのように装い、同女に対し、「結婚して下さい。一緒に住もう。子供さんの面倒はきちんと見ますから。」などと申し向けて婚姻を申し込み、同女をして同被告人との婚姻を決意させて交際を続け、同年7月20日ころには、同市内において、同女に対し、被告人緒方を同松永の実姉である「森田」と偽って同女に引き合わせた上

 1 同月(7月)29日ころ、同市小倉南区××所在の飲食店××(店名)店内において、被告人松永が、同女に対し、複数の消費者金融会社の名前等を記載したメモを示しながら、「自分は、小説家としてやっていくつもりだ。一緒に住む家を探したり、当面、一緒に生活していくためのお金が必要だから用立ててほしいんだけど。こういうところがあるんだけど。借りて来てほしいんだけど。」などと、さらに、被告人緒方が、同女に対し、「全部、弟に任せとったらええんよ。」などとこもごも言葉巧みに嘘を言い、同女に婚姻生活に必要な資金名目で現金を提供するよう要請し、同女をして同資金は真実被告人松永との婚姻生活に必要な資金であると誤信させ、よって、同月30日ころ、同市小倉北区××所在の××室(公共施設名)において、被告人緒方が、同女から現金150万円の交付を受け

 2 同年(平成8年)9月13日ころ、同市小倉北区内において、被告人松永が、同女をして同被告人との婚姻生活を営む新居として同市小倉南区××所在の××(アパート名)20×号室の賃借りを申し込ませた上、同月23日ころ、上記××(店名)店内において、被告人松永が、同女に対し、「小説家としてやっていくので当面の生活資金が足りない。まだお金がいるので借りてくれないか。」などと言葉巧みに嘘を言い、同女を更に誤信させ、よって、同月24日ころ、上記××(店名)店内において、被告人両名が、同女から現金110万円の交付を受け

 もって、人を欺いて財物を交付させ

 第2(*強盗罪) 同年(平成8年)10月22日ころから、前記××(アパート名)20×号室において、原武裕子及びその二女(当時3歳)らと同居するようになったものであるが、共謀の上、上記女性から金員を強取しようと企て、電気コードの電線に装着した金属製クリップで同女の身体を挟み、差込プラグをコンセントに差し込んで通電させ、激しい電気ショックの状態を起こさせるなどの暴行を繰り返し、また、時には上記3歳の二女に対し前同様に通電させ、あるいは、通電する旨上記女性に告げるなどして恐怖感を増大させ、さらに、別表記載のとおり、同年12月29日ころから同9年3月10日ころまでの間、前後7回にわたり、同所において、同女に対し、前同様に同女の身体に通電させ、あるいは、身体に通電する旨予告するなどの暴行・脅迫を加え、その都度、被告人松永が、同表記載のように、「母親から70万円の金を引き出せ。パソコンを買うお金がいるから貸して欲しいと言え。」などと同女に命令し、その反抗を抑圧して金を要求し、よって、同8年12月30日ころから同9年3月10日ころまでの間、前後7回にわたり、同室ほか4か所において、同女が上記命令に従って調達した現金合計198万9000円を同女から強取したものである。

 罪名及び罰条

 第1 詐欺 刑法第246条第1項、第60条

 第2 強盗 刑法第236条第1項、第60条〉

■通電は3歳の娘にも及んでいた

 この起訴状の文面から、1995年(平成7年)8月に松永が裕子さんに対して、身分を京都大学出身の塾講師と偽って近づいたことがわかる。その後、緒方を姉と紹介して裕子さんの恋心を利用し、出会いから1年後の96年7月末からカネを騙し取るようになっていた。同年10月には同棲を開始。その1週間後にはすでに通電を伴った暴力を振るっている。通電が彼女にとどまらず、3歳の娘にも及んでいたとの記述が痛ましい。

 こうした松永と緒方の暴力による支配が、裕子さんがアパートから逃げ出す1997年3月までの間、約4カ月半にわたって続いていたのである。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)