「黒人よりもアジア人が差別されている」の誤解 日本人に教えたい米国の「制度的人種差別」

「黒人よりもアジア人が差別されている」の誤解 日本人に教えたい米国の「制度的人種差別」

LAでの抗議デモの様子 ©getty

 NHKの番組「これでわかった!世界のいま」が6月7日に放送した番組内容が批判を浴びている。

 公式ツイッターに投稿した動画では、筋肉質な黒人男性のキャラクターが、ミネアポリスで起きた白人警官によるジョージ・フロイドさん殺害事件をきっかけに全世界で広がっている「ブラック・ライヴズ・マター」運動(以下BLM運動)の背景をこう解説した。?

「俺たち黒人と白人の貧富の格差があるんだ」?

 動画には「描写がステレオタイプ的だ」「複雑な背景をあまりに簡略化している」との批判が相次いだ(NHKは9日に動画を削除し、謝罪)。中には、米国の人種差別の実態を理解するには、「制度的人種差別」を学ぶことが欠かせないとする声もあった。?

 BLM運動や米国の人種差別についてより詳しく知るため、米国史の専門家で、米国研究者がNHKに提出した 同動画への要望書 の呼びかけ人の1人でもある一橋大学教授の貴堂嘉之先生にお話を伺った。?

◆ ◆ ◆

■社会構造に組みこまれている「制度的人種差別」って?

??白人警官によるジョージ・フロイドさんの殺害、そしてその後のBLM運動を受けて米国では「制度的人種差別」についての議論が活発に行われています。「制度的人種差別」とは何か、教えてください。?

貴堂嘉之先生(以下、貴堂)英語ではinstitutional racism(インスティトゥーショナル・レイシズム)というのですが、この言葉がアメリカ社会で広く用いられるようになったのは1960年代後半から70年代です。

 意味は、社会的な弱者が不利となる仕組みが社会構造に組みこまれていて、黒人が黒人として生まれただけで、以後の人生が自動的に不利になってしまう。その悪循環から抜け出せない。そうした、個人の自助努力では克服しがたい構造的な差別のことを「制度的人種差別」と呼びます。?

 この言葉の生みの親ともいえるブラックパワー運動の指導者ストークリー・カーマイケルはこの概念を、あからさまな個の白人の個の黒人に対する「個人的な人種差別」と、白人コミュニティ全体での黒人コミュニティに対する「制度的人種差別」を対比させて以下のように説明しています。

「白人テロリストが黒人教会を爆破し、5人の黒人の子どもを殺せば、それは個人的な人種差別の行為であり、それをこの社会のほとんどの人々が嘆き悲しむだろう。

 しかし、同じアラバマ州バーミンガムの町で毎年500人の黒人の赤ん坊が、適切な食事や住まい、医療施設がないために死んでいて、さらに黒人コミュニティにおける貧困や差別によって、数千の人々が肉体的にも、精神的にも、知的にも傷つけられ破壊されているとしたら、それこそが制度的人種差別の機能なのだ」(Stokely Carmichael and Charles V. Hamilton, ?Black Power: The Politics of Liberation in America. 1967より)

?

 つまり、直接的な暴力だけが問題ではないのです。?

■医療や教育の人種間格差を生んだ「レッドライニング」

??「制度的人種差別」の具体例を教えてください。?

貴堂 有名なものに「レッドライニング」があります。これは、アメリカの都市部で銀行などの金融機関が有色人種を中心とする低所得層の近隣を赤線で囲み、その地区の住民が住宅ローンを組むことを拒否してきた慣行で、1930年代にはアトランタやシカゴ、デトロイトなど黒人人口の多い大都市で定着していきました。?

 もちろん今では、1968年の公正住宅法などで禁止されているのですが、白人と黒人の貧富の格差を生んだ一因にこの住宅差別があり、現在に至るまでその影響は残っています。住環境の悪い貧困地区への居住を余儀なくされ、そのことで教育の機会は制限され、犯罪との接触の機会がふえていく、負の連鎖が始まるのです。

 公的サービスは税金によって賄われるため、黒人地区と白人地区の税収差がサービスの格差にもつながります。米国における、医療や教育の人種間格差はこうしてうまれるのです。?

??負の連鎖がおきて貧困から抜け出せなくなる構造の一端がわかりましたが、それ以外にも歴史的背景として押さえておくべき点はあるでしょうか??

貴堂 構造的な差別の起源をさかのぼれば、長い奴隷制下の苦難にまでたち戻らなければいけません。

 本人の意思に反して強制的に連れてこられ、商品として売買され、幾世代にもわたって強制労働に従事させられ、性的にも搾取された。結婚する権利も家族を持つ権利も保障されず、読み書きを学ぶことも禁じられた。そうした南北戦争終結までの約250年もの労苦も、制度的差別の土台をなしています。?

 アメリカはよく「移民の国」として語られます。自由や平等といった米国の理念に惹きつけられ、世界中の移民が機会の平等を求めてやってきた歴史がそこでは語られます。しかし、その「移民の国」の語りが、もう一つのアメリカ史である「黒人差別の歴史」をみえなくしてきたことに私たちは自覚的であるべきです。?

■「放浪」「徘徊」などの微罪で…‥囚人労働の暗い歴史

??話を現代にいまいちど戻しますが、警察の捜査や、刑事司法の場にも「制度的差別」が存在するそうですね。?

貴堂 これはNetflixのドキュメンタリー『13th 憲法修正第13条』によくまとまっているので、ぜひ見てほしいのですが、米国の刑事司法に深く根を下ろした差別的慣行を見逃すことはできません。


 そもそも、アメリカ南部の警察組織の原型は、奴隷の逃亡や反乱への抑止力として組織された奴隷パトロールなんです。?

 南北戦争後は、奴隷制度の解体により経済が混乱しますが、すると警察は「放浪」「徘徊」などの微罪で黒人を逮捕し、彼ら囚人労働を使って道路建設などのインフラ整備を行いました。その過程で、黒人には「犯罪者」「危険」「暴力的」などのレッテルが貼られていきます。?

 アメリカの警察組織は、その後も白人のための「秩序維持」の活動とともに発展してきたのであり、いまもその伝統を断ち切れていないのだと思います。? ?

■受刑者数は1972年の約30万人から2014年の約230万人へ

??こうした場での「制度的差別」は、現在でも引き継がれているのでしょうか。?

貴堂 そう思います。というのも、米国の刑務所制度はここ50年で大量収監の方向に進んでいきましたが、その煽りをもっとも受けたのは黒人をはじめとする有色人種だからです。?

 ニクソン政権からレーガン政権にかけて、軽微な麻薬犯罪の取り締まりが強化されました。その後も取り締まり強化は続き、米国全土の受刑者数は1972年の約30万人から、2014年には約230万人にまで増えています。?

 その間、前述の黒人居住区を対象にした人種プロファイリング(*)が実施され、逮捕された黒人は罪状に見合わない重刑を負い、人種間の負担が不均衡な政策や制度、法律がたくさんできました。

*……警察が故意に特定の人種に対象を絞って捜査を行うこと。?

??人種間の負担が不均衡な政策や法律の例を教えてください。?

貴堂 ドキュメンタリーで取りあげられている一例をあげると、80年代に始まったクラック・コカインの取り締まり強化でしょうか。

 パウダー状のコカインと、結晶状のクラック・コカインに実質的な差はあまりないのですが、白人社会で流通している前者より、黒人社会で流通している後者のほうが量刑がずっと重いんです。?

 こうした米国の刑務所での大量収監の背景には、奴隷解放後に囚人がインフラ整備に駆り出されたのと同様、刑事司法と刑務所の建設・運営を担う民間企業の利益が合体した刑務所産業複合体があり、経済的動機も絡んだものだったという指摘があります。???

■「黒人よりもアジア系が差別されている」の危険性

??BLM運動に対する日本での反応で気になったものに、「米国では黒人よりもアジア系が差別されている」というものがあります。?

貴堂 それは認識が間違っていると思います。どちらがより差別されてきたかを論じることほど無意味な議論はありません。?

 さきほど黒人差別の歴史の対照的な語りとして「移民の国」アメリカの歴史を紹介しました。しかし、移民もまたアメリカでは排外主義、暴力の対象となってきました。

 まず知っておいてほしいのは、建国直後に制定された1790年の帰化法で、市民権申請できるのは「自由な白人」のみと規定された点です。市民の定義からしてアメリカは人種差別的だったのです。?

 最初のアジアからの移民である中国人が太平洋を渡ったのは19世紀の半ば頃です。アジア系移民はその後順調に受入が進むのですが、カリフォルニアの排斥運動の影響を受け1882年に「排華移民法」ができると、中国人移民は非白人扱いとなり「帰化不能外国人」とされました。

 その扱いは日本人移民にも適用され、一世の日系人は1952年のマッカラン=ウォルター法制定まで市民権がもらえずに苦労しました。日本でもよく知られている通り、日本人移民に関しては第2次世界大戦時に強制収容を経験することになりました。?

■「異人種間結婚禁止」が持った意味

??米国では「異人種間結婚」が禁止されている時期もありましたね。???

貴堂 異人種間結婚も、直接の暴力とは違うレベルで作られた、米国の人種差別を語る上で欠かせないポイントですね。一時期は全米のほとんどの州で白人と黒人の結婚を、州によっては白人とアジア系、白人と先住民の結婚を禁止する法律がありました。?

 第2次世界大戦の終わり頃からそうした法律は徐々に撤廃されていきます。ヒスパニックやアジア系の多い西海岸は比較的早期に撤廃されますが、南部では20世紀末まで異人種間結婚禁止法が残っている州もありました。アラバマ州にいたっては、2000年にようやく撤廃されました。?

 異人種間結婚禁止の怖さは、誰と恋愛・結婚するのか、誰と恋愛・結婚してはいけないのかという、非常にパーソナルなところで刷り込みが行われることだと思います。「絶対白人を好きになっちゃいけない」「黒人を好きになっちゃいけない」というふうに縛ることで、「異人種間の違いは絶対的なものだ」と刷り込んでいく。

 こうした刷り込みが米国のいわゆる「人種隔離社会」を形作ってきた側面もあります。暴力によって人種差別は起きるけれども、暴力じゃなくても人種差別は起きるということの典型例だと思います。?

■「アジア系は成功しているのに、黒人はなぜ」が見落としていること

??BLM運動に対する日本での反応で気になったものに「アジア人はマイノリティだけれども成功している。黒人は怠けているのではないか」というものもありました。?

貴堂 そもそも、「アジア系の成功」がみなさんが考えているほど実体のあるものではない、ということを指摘したいです。?

 確かにアジア系の平均年収は高いのですが、それは日系人やIT関連就業者の多いインド系など、一部の高所得者が平均値を引き上げている面があります。特に1965年の移民法改正以降、アジア系移民は急増し、多様化していったのでひとまとめにはしづらい。インドシナ難民など、平均年収が黒人よりも低いグループもありました。?

「アジア人はマイノリティだけれども成功している」と言う人は米国でもたくさんいますが、これは純粋にアジア系を評価しているわけではないと思います。アジア系をモデル・マイノリティ(模範的なマイノリティ)として持ち上げる言説は、「福祉に依存している」と言われる黒人やヒスパニックを非難するために利用される言説なんです。?

 日本では「アジア系は黙って働いて、社会的地位を得たんだ」というようなことを言う人もいますが、米国には日系人をはじめとするアジア系による反差別運動の長い歴史があることを、忘れてはいけないと思います。?

■白人警官の暴行に立ち会っていたアジア系警官の存在

??ジョージ・フロイドさんの事件では、白人警官の暴行にトゥー・タオというアジア系の警官が立ち会っていたことも指摘されています。???

貴堂 タオはラオスのモン族がルーツと報じられています。モン族はベトナム戦争後、難民として米国に移住してきた少数民族です。ミネソタ州は難民を多く受け入れており、モン族の人たちのコミュニティもあります。?

 先ほどの話でいうと、モン族は、アジア系の中でも平均年収が最底辺のグループ。つまり、今回の事件には、米国社会の最底辺にあり差別される側であったはずのマイノリティが、人種差別的な白人警官の人種差別に加担してしまったアイロニーがあります。差別された経験のある人が、差別をする側に回るという構造も見えてくるんです。?

 今回の事件には、ミネアポリスという多文化都市ならではの、白と黒の二分法的な世界だけでは理解できない、重層的な差別構造があらわれていると思います。?

■炎上したNHK動画の問題点

??貴堂先生は、NHKの番組「これでわかった!世界のいま」(6月7日放送分「拡大する抗議デモ アメリカでいま何が」)と公式ツイッターに投稿された動画について、他のアメリカ研究者の方々と共に NHKに要望書 を提出していますね。?

貴堂 はい、この番組には国内外から多くの批判が寄せられ、放送2日後には「お詫び」を発表して、見逃し配信を停止し動画を削除しました。翌週の14日の放送冒頭では約4分間にわたって謝罪の言葉がありました。この一連の騒動において、12日に私たちが提出した要望書とその後の署名集めは、NHK側の動きに影響を与えたものと思っています。

 私たちが問題視したのは、黒人を「怖い存在」「脅威」「過度なセクシュアリティを体現する」男性という典型的なステレオタイプで描き、番組が警察暴力を容認しているかのような印象を与えていたところです。むしろ、今回お話ししてきたように、事件の背景にあるのは社会の仕組みとしての人種主義、制度的人種差別です。?

 今回のデモ参加者は黒人だけではなく、白人やアジア系やヒスパニックなどその他のマイノリティが多い人種横断性を特長とし、10代や20代の若者が中心になってSNSなどを使って集会を開いています。こうした人種や年齢、地域を越えた幅広い運動として展開し、日本を含む世界中にこの運動が広がったのは、こうした人種主義の構造を問題にしたからです。?

■「自分は人種差別主義者じゃないし」と思考停止する危険性

??最後に、読者に伝えたいことを教えてください。?

貴堂 私はこの20年あまり移民排斥やレイシズム、ヘイトクライムなどの問題に関心を寄せて研究をしてきました。しかし、高校の世界史教科書で、時代錯誤的な「人種」の生物学的な定義を書き直すなどの小さな貢献はしてきましたが、いまだレイシズムに関する理解は日本ではあまり進んでいないのが現状です。

 大学で教えていても、「でも、自分は人種差別主義者じゃないし」といった個のレベルで思考停止してしまう学生が多い。しかし、今回のアメリカで起きていることは決して対岸の火事ではありません。日本の構造的差別を考えるきっかけにしてもらえればと思います。

 アメリカでは今も抗議活動が続き支援の輪が広がっています。その中で、白人の参加者が「Silence is Violence(黙っているだけでは、暴力に加担しているのと同じ、という意味)」というプラカードを持って参加しています。BLM運動を他人事とはせず自分事として考え、抗議活動に参加した人たちです。

 日本社会で、どれだけ沈黙をやぶる人たちが出てくるか。それが日本人一人一人に、BLM運動が投げかけている問いかけのように思います。

?

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)