「日本医師会」会長選挙がこのタイミングで行われる件について

「日本医師会」会長選挙がこのタイミングで行われる件について

©iStock.com

 どうも我が国は「目の前に危機がある」ときに限ってトップ人事を巡る抗争が激しくなる悪弊があるみたいなんですよね。

 タイタニック号が氷山にぶつかって「沈没するぞーっ」というときに「選挙の時期が来たので船長変わりまーす」とか言われたら乗員乗客みんな困るわけです。お前さあ。いま他にやるべきことあるだろ。

■都知事選に先駆けて行われる日本医師会の会長選挙

 目の前の事例で言えば、7月5日投開票の東京都知事選。オリンピックが本当に開催できるかすら分からない危機的な状況で50億円をかけた『女帝』小池百合子と21人の小人たち。東京各地で無駄に貼られる堀江貴文の顔写真入りポスター。街を歩いて選挙公報見ているだけで胸やけがしてゲップが止まりません。まだ2020年なのに世紀末な感じがするんですよね。選挙は民主主義の常とはいえ、なんでこんなにロクでもないことになってるのでしょう。

 6月27日、都知事選に先駆けて行われるのは、みんなご存じ日本医師会の会長選挙でございます。え、いまやるの。

 駒込にある日本医師会館ビルは激しい権力闘争の場として「伏魔殿」と呼ばれ、かつて医療業界は「欲張り村の村長」とまで揶揄される面白体質だったわけですが、2020年にもなると医療現場は薄給でこき使われる超絶ブラックな職場として広く日本社会に知られるようになりました。

■今や医師はあまりに大変な職業に

 もともと、医師を育てるのは社会的にも高コストな一方、医師国家試験に合格したお医者さんの卵は研修医となり、さしたる給料も出ないのに夜勤当直当たり前です。一人前になってからも、勤務医の皆さんは下手をすると病院に3連泊とかいう事態が平気で発生し、地方の病院では専門医の不足ゆえに帰宅後も入院患者さんの容体急変で平気で電話で呼び出されることもしょっちゅうです。

 そればかりか、地方で基幹病院の院長をやっている友人は、コロナ禍で地域医療を支えるために文字通り病院に10連泊で診療に当たったりしていて、頭が下がるというよりは地面に頭がめり込む感じで申し訳ないなと思うのです。管理職だからね、しょうがないね。でもここまでくると、年賀はがきの売り上げ不振で自腹を切ってはがきを買う郵便局長みたいな笑えない話になっているのが気になります。

 その結果、医師や看護師の皆さんの給与や診療・検査設備の更新、さらには情報化投資なども必要な一般病院の損益率は2.7%の赤字(2018年)。「医師になれば一生喰いっぱぐれはない」、「開業医になりさえすれば高給取りで地元の名士だ」と褒め称えられるポジションだったのは今は昔、その負う責任に比べてあまりの激務薄給で実に大変な職業になってしまったのであります。

■コロナで医療機関の経営が傾く時代

 さらに、そこへコロナウイルスの世界的な拡大があり、日本は概ね第一波は乗り切ったとされるものの、外出自粛を求める緊急事態宣言の発令による爪痕は大きく、特に耳鼻科や小児科といった診療科ではコロナ感染を怖れる皆さんの診療件数が激減してしまいました。まあ、うっかり具合悪くて病院に行ったら、コロナで具合悪い人と待合室で一緒になって感染する怖れがあるなら、お家で寝て我慢しますよねえ。

 高齢者もあんまり外出しなくなってしまったので、今度は骨折などの怪我が大きく減りました。高齢者の健康を考えるとお散歩などアクティビティで外出しないというのも良くないわけですが、いずれにせよ、怪我や病気で気軽に病院に行くケースが減れば、それだけ病院経営も傾くのは当然です。年寄りが増えるから医療費も大きく嵩むのだ、これは大変だと思っていたら、コロナのお陰で年寄りが病院に寄り付かなくなって医療機関の経営が傾く時代がくるなんて思ってもいませんでした。

 そもそも、人間が罹る概ねの病気は数日おとなしく寝ていれば治るものであって、少し熱が出たから、具合が悪いからと病院に頻繁に行くのは優れた国民皆保険制を擁する日本特有の現象と言ってもいいぐらいのものです。

■日本の医療システムの根幹をも蝕むコロナウイルス

「大病院にいったら2時間待たされた」と文句をいう日本人は少なくないのですが、これが北欧やらイギリスやら海外に行けば「診療してもらえるのは2週間先」という事例がザラであるだけではなく、アメリカに至っては「コロナで死にそうになったので入院していたら、診療費として1億2,000万円請求された」なんてことも起きます。それもこれも、日本の医療や保険制度が優れているうえに、過剰なまでに日本の医療関係者が倫理観高く誠実に働いてくれるからです。もう感謝しかありません。

 それでも、日常的な病気については「寝ていれば、それなりに治る」と分かってしまうと、本当に大事な病気の発見が遅れて助かる病気も助からなくなったりする一方、日本のかかりつけ医制度の根幹を担う診療所や小規模病院がバタバタと倒産してしまいかねません。

 また、コロナウイルスの感染疑いで医療機関がバタバタしている間に、早期に手術していれば問題なく治るはずだった初期がん患者さんや慢性疾患の方が手遅れになって亡くなりかねないケースも出ます。コロナウイルスは日本の医療システムの根幹をも蝕んでいるのです。

■今選挙をやっちゃって大丈夫なの?

 しかしながら、日本医師会もそんなことは百も承知で、コロナウイルスの感染症対策は徹底しなければならないという立場を取り、経営的にはしんどいながらも身を切る覚悟で緊急事態宣言をやらなければ国民の健康・生命を守れないと決断をしていたわけですよ。病院経営が全国的に悪化することは承知のうえで、国民にコロナウイルスの危険を周知したのです。

 医師や看護師ら医療関係者の皆さんの使命・役割をよく認識していたからこそ、結果として世界的に見て日本は感染者数も死者数も非常に低く抑えられた、コロナ対策成功例と判断されることになりました。

 これは、日本医師会をはじめとする日本の医療界の危機感の強さと、それを信じてきちんと外出自粛をし、感染症対策のために粛々とマスクをつけ、手を洗い、うがいを励行した日本人の勝利だと思うんですよね。気を緩めたら、また感染拡大しちゃうかもしれないけど。

 翻って、この状況で日本医師会の会長選挙ですよ。幸か不幸か日本医師会をはじめ日本の医療現場や社会保障関連の政策を内外から見ることのできる私のような立場からしても、おいここでトップ人事を左右するような会長選挙をやっちゃって大丈夫なのかよ、というのは思います。ようやく嵐を抜けられるかもしれないぞ、というところで選挙をやっちゃって大丈夫なの?

■横倉長期政権の日本医師会

 もともと今回の会長選挙が騒がしくなった理由は、日本医師会の現会長・横倉義武さんが4期8年、もう次に譲ろうかと現副会長の中川俊男さんらに不出馬を伝えたからでもあります。しかし、いままでの横倉さんの会長としての実績や、担ってきた役割を考えると、横倉さんがここで禅譲するというのは穴が大きすぎるのは誰の目にも明らかです。言うなれば、穏やかな調整型リーダーである横倉さんが降りちゃうのは困ると、ほうぼうから強く慰留されて、やっぱり会長選出馬決行に翻意したわけですね。

 横倉さんが2012年の日本医師会の会長選に勝ったときは、当時政権の座にあった民主党とべったりであった前会長に対して自民党との関係修復を主張しておられました。その後、安倍政権との関係を維持し、任期中は4回にわたる診療報酬のマイルドな引き上げをゲット。一方で、過酷な医療現場の改革にも着手し、AIを使った診療システムにもGOサインを出すなど、医療現場の負担を下げながらも診療の質を落とさない方針を堅持してきたことが、横倉長期政権の原動力になってきたのです。

■沈みそうなタイタニック号で「武闘派」が船長に

 横倉さんからいったんは禅譲を受ける流れにあったとされる中川俊男さんは、代議員票数の少ない北海道医師会の出自ながら、大正義・東京都医師会の尾崎治夫さんらの後ろ盾を得て出馬を強行。この中川さん、医師会の中では文字通り「武闘派」であり、中医協(中央社会保険医療協議会)など政策決定の場では厚生労働省や財務省、政治家を相手に歯に衣着せぬ論評を繰り返して大立ち回りをされるなど、まあいろいろむつかしいところがおありです。支援する東京都医師会の尾崎さんも、非常に闘争心溢れる人物であることは知られており、かつて急進系左翼で鳴らした御仁であることも考えると、政権や霞が関と喧嘩をしてでも医療機関の要求は通そうとされるでしょう。

 ただ、いかんせん関係先の人望という点では横倉さんのほうが圧倒的過ぎて、派手に中川さんが論争を繰り広げたところで永田町も霞が関もあまり話を聞いてくれないのではないかという不安はつきまといます。日本の社会保障という沈みそうなタイタニック号で、このコロナ禍最中の大変な時期に「選挙の結果、過激な船長に交代しました」とか言われると乗客としては泣きそうになります。もしも横倉さんが5選されるようでしたら、次は是非引き継いでも問題なさそうな後任候補の育成にも目くばりしていただければとも思います。

■国民皆保険制度を現代化していくために

 そして、取り組むべき真の問題は、会長選挙の向こう側にある「超高齢化時代に、大きく変わる日本の医療システムをどうデザインするのか」であります。「横倉さんと中川さんの遺恨試合」みたいな次元で話で終わらせることなく、日本人の健康を担う医療界全体のガバナンスをどないするねんという全体像を日本医師会の中だけでなく日本人全体に見せていかなければならないのです。

 何がヤバイって、コロナウイルスのお陰で医療機関が経営危機にどんどん陥ってしまう。あるいは、感染症対策としていままで最前線で受け止めてきた保健所の予算は減らされ続けてきた。さらには、調剤薬局との関係、歯科医師の取り扱い、診療科や地域の偏在に関する問題、どんどん高度化する医療機器や高額になる先進薬の問題――。日本の国民皆保険制度は大変うまく機能してきて、これらを支えてきたのは医療関係者たちの献身的な努力の賜物であったわけで、これを現代の状況や技術の進展にあわせて将来像を作り、そこへ向けて改革していくためにこの会長選挙をどう位置づけるのかを考えなければなりません。

 どうも我が国はこういう組織が培ってきた「見えない資産」をうまく継承する仕組みが苦手で、都度都度トップに立った個人の資質に依存しすぎているきらいが強いと思うんですよね。

 もちろん、そもそもタイタニック号は氷山にぶつかるなよという問題でもあるのですが。

 よけろよ。

(山本 一郎)

関連記事(外部サイト)