《渡部不倫》精神科医が分析「妻を愛していながら、自己愛と性欲はなぜ暴走したのか」

《渡部不倫》精神科医が分析「妻を愛していながら、自己愛と性欲はなぜ暴走したのか」

渡部健 ©文藝春秋

 6月11日発売号の「週刊文春」がスクープした、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の不倫トラブル。妻で女優の佐々木希(32)との交際当時から複数女性と肉体関係を持っていたことや、女性を六本木の多目的トイレに呼び出して性行為に及んでいたことが明らかになった。

 相方の児嶋一哉(47)は12日、渡部がMCを務めるラジオ番組「GOLD RUSH」(J-WAVE)に代役として出演し「ほんとに大バカ」「僕が甘やかした」と声を震わせ、妻の佐々木も自身のインスタグラムで今回の件について、「夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います」とコメントしている。

 渡部本人は6月9日に芸能活動の自粛を発表した後は表舞台に姿を見せていなかったが、 6月25日発売号の「週刊文春」 で自らの不倫を謝罪した。

 渡部の不倫について、「記事を読む限りですが、彼は強い特権意識の持ち主のように見えます」と分析するのは、「自己愛モンスター?『認められたい』という病」(ポプラ新書)や「オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群」(朝日新聞出版)などの著書で知られる精神科医の片田珠美氏だ。片田氏に渡部建の不倫について話を聞いた。

◆◆◆

■限りない成功の空想にとらわれる「自己愛性パーソナリティ障害」

「精神科医として、興味深く記事を読みました。診察をしたわけではないので確定的なことは言えませんが、渡部さんをめぐる一連の報道を見ていて、『自己愛性パーソナリティ障害』と呼べるほど自己愛が強いのではないかと思いました」

 片田氏はそう切り出した。

「まず自己愛性パーソナリティ障害について説明しましょう。自己愛性パーソナリティ障害の人は自己愛が人一倍強く、限りない成功の空想にとらわれています。そのため、自分が優れていると認められ、賞賛されることを常に求めます。

 当然、傲慢な印象を周囲に与えやすく、対人関係がうまくいかず、ときには仕事に支障をきたすこともあります。自己愛性パーソナリティ障害の傾向が認められる人は、人口の約0.5%に上るといわれています。200人に1人の割合で存在するので、そう珍しくはありません」

 片田氏が特に気になったのは、佐々木希と結婚していながらなぜ不倫するのかと問うた女性に対する、渡部の「(美人の奥さんがいることと不倫の関係について)それとこれとは別。可愛い子に会えたら行っちゃうじゃん」(「週刊文春」6月11日発売号)という返答だ。

■自身を「普通の人には許されないことでも許される存在」と認識

「こんなことを不倫相手の女性に対して事も無げに言ってしまえるところを見ると、渡部さんは自分自身を『普通の人には許されないことでも許される存在』と認識している可能性が高そうです。渡部さん自身も、不倫発覚後に妻である佐々木さんから『あなたはどこかで舐めて生きている』と言われたと語っています。これは、特権意識が強く、『自分が特別』という思い込みにとらわれているからでしょう。

 また、性行為の場所に多目的トイレを指定するなど、女性を“性欲を満たす道具”のように扱うのは、『自分自身の目的を達成するために他人を利用する』ことを何とも思わないからです。しかも、そういうぞんざいな扱いによって、相手の女性が傷つくことにも、反感や怒りを抱くことにも考えが及ばないわけで、想像力が欠如しているようです。

 相方の児嶋さんが渡部さんの代役でラジオ『GOLD RUSH』(J-WAVE)に出演した際に、『人の痛みとか思いやりとか優しさとか、愛とかないんですよ』『浮気した方々だけでなく、スタッフさんとかに対する態度、芸人仲間に対する態度、僕に対する態度も振り返ればダメですよ』と明かしています。こうした証言、さらに渡部さんが『週刊文春』(6月25日発売号)の取材で『本当に自分自身のことしか考えていなかったんです』と話していることも自己愛性パーソナリティ障害の可能性を示唆しているように見受けられます」

■自身の自己愛の傷つきには人一倍敏感

 片田氏によると、「成功者のなかには自己愛性パーソナリティ障害と考えられる人が少なくない」という。一体なぜだろうか。

「自己愛性パーソナリティ障害の人は、自身の自己愛の傷つきに人一倍敏感です。だから、自己愛が傷つくとうつや引きこもりになることもあるのですが、逆に傷ついた自己愛を修復しようとして並々ならぬ努力を重ねることもあります。

 渡部さんは、一浪して予備校に通いながら有名私大を目指していたのに叶わなかったうえ、大学在学中にお笑いの世界に飛び込んだものの20代の頃はまるで売れなかったということです。こうした挫折によって、自己愛が相当傷ついたはずです。それを修復するために自らのタレント価値を高める努力を重ねたことが芸能界での成功につながったのでしょう。この成功は、佐々木希さんという周囲に自慢できる美しい“トロフィーワイフ”を手に入れたことによって頂点に達したのかもしれません」

■「調子に乗ってたんですね。天狗だったんですよね」

 片田氏は「皮肉なことに、渡部さんの場合は芸能界で成功を収めたことが、悪化の要因になったのかもしれませんね」とも考察する。

「さわやかなルックスの渡部さんは若い頃から数々の女性にモテてきたでしょうし、お笑い芸人としても長く人気を得ていました。数々のテレビ番組で進行役をしているイメージも強いため、お茶の間の信頼も厚かった。渡部さん自身もそれを自覚していただろうと思います。このような状態が続くことで過剰な特権意識が育ち、報道にあったような言動に繋がったのではないでしょうか」

 児嶋は先述のラジオでこう発言している。

《調子に乗ってたんですね。仕事もうまくいくし、プライベートも順風満帆だし、天狗だったんですよね。(中略)スタッフさんに対する態度、芸人仲間に対する態度、言わしてもらえれば、僕に対する態度…。振り返れば、ダメですよ、アイツは。お前、何で、そんなひどい、傷つくようなこと言うんだ、思いやり、愛がないんですよ。だからそういうことになるんですよ。(中略)そのとき僕が「お前愛、全然ねえぞ。スタッフさんに対してもそうだ」とか言っとけば、こういうことにならなかったのかな、とかは思いますけど》

《僕なんかより全然売れてるってのもあって、立場的にもなかなかアイツを叱る、っていうのがしづらくて。(中略)10年ぐらい、やっぱ立場的にも僕のほうが弱かったですよ。何か俺が言って本番でいやな空気になっても、本番でアイツに冷たくされても…。こういう僕の弱い部分があいつを甘やかしたんだな、と思います》(ともに2020年6月12日 J-WAVE「GOLD RUSH」より)

■コンビであるにもかかわらず、2人が対等な関係ではない

 この発言を聞いて、渡部と児嶋の“コンビ間格差”や、児嶋の自信のない発言に同情した人もいるだろう。あまりにも自信のない児嶋の態度だが、片田氏は渡部の言動が大きな影響を与えたのではないかと指摘する。

「児嶋さんの発言を聞くと、コンビであるにもかかわらず、2人が対等な関係ではないことがわかります。児嶋さんは、叱ることができなかった理由を『僕なんかより全然売れてるってのもあって』とおっしゃっていますが、それだけではないはずです。自己愛性パーソナリティ障害特有の『他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない』傾向、つまり『共感の欠如』も原因だったのではないでしょうか」

 自己愛性パーソナリティ障害の人は「自分が特別」という思い込みのせいで、他人の気持ちや欲求はどうでもいいと思っていることが多いという。当然他人をぞんざいに扱うが、そういう扱いをされる側が、身体的にも精神的にも多大な影響を受けても不思議ではない。

「自己愛性パーソナリティ障害のように他人の気持ちや欲求に気づかない、いや気づこうとさえしない人の近くにいると、自己評価が低下し、自発的な発言ができない無気力状態になることが少なくありません。特に夫婦関係で多いのですが、渡部さんと児嶋さんはビジネス上では漫才の相方であり、まさしく“夫婦”のような関係です。渡部さんの『共感の欠如』のせいで、児嶋さんが何も言えない状態に陥っていた可能性は十分考えられます」

■性欲の暴走に拍車をかけた自己愛性パーソナリティ障害

 渡部は今回、複数人と性的関係にあったと報じられている。乱行パーティに参加したり多目的トイレで性行為にふけるなど、旺盛な性欲に驚いた人も多いだろう。

「47歳という年齢で、複数女性との長期間にわたる不倫関係から、一般的な男性と比べてかなり性欲が旺盛であるという印象を受けます。しかも、これだけ芸能人の不倫がセンセーショナルに報じられているのに、まったく自制できない。このように性欲をコントロールできず、暴走する状態を『サチリア―ジス(異常性欲亢進)』と呼びます。典型例はスペインの美男で好色な放蕩児、ドンファン。常に女性を誘惑していたという伝説上の人物です」

 自己愛性パーソナリティ障害とサチリアージスの間に相関関係はあるのだろうか。

「自己愛が強いのが自己愛性パーソナリティ障害、性欲が強いのがサチリアージスなので、直接つながりはありません。ただ、サチリアージスの男性が女性を“性のはけ口”とみなす傾向に、自己愛性パーソナリティ障害が拍車をかけることはあります。自分自身の目的を達成するための道具として他人を平気で利用するのが、自己愛性パーソナリティ障害の特徴ですから。

 もっとも、歴史を振り返ると、偉大な作家や芸術家には、自己愛性パーソナリティ障害とサチリアージスを兼ね備えた人物が少なくありませんでした。次から次へと女性に手を出し、ポイ捨てする。他人を利用するだけ利用して、利用価値がなくなると簡単に切り捨てる。個人的にはつき合いたくないですが、こういう人物が優れた作品を生み出してきたことは否定できません。ですから、作曲家の三枝成彰さんは自身の著作『大作曲家たちの履歴書(下)』で、『偉大なアーティストになるには大悪人でなければならない』とおっしゃっているほどです」

■「遊びは芸の肥やし」はもう許されない

「これは、お笑い芸人にも当てはまるのではないでしょうか。かつて、天才的な芸人には、自己愛性パーソナリティ障害とサチリアージスを兼ね備えた方が多かったように思います。だからこそ『遊びは芸の肥やし』という言葉が芸能の世界にはあるのでしょう。

 ただ、それが以前はある程度許されていたのに、最近は許されにくくなりました。渡部さんは謝罪のなかで、佐々木さんからは『すべてを変えて、誠実に、謙虚に、反省しながら生きていく人生にしていかなければいけない』と言われたとおっしゃっていますが、それができれば、彼の才能をまた発揮できる日もくると思います」

 芸人には生きづらい時代なのかも知れない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)