美女ゴルファーに沸く韓国女子プロゴルフは、なぜコロナ禍でも盛り上がる?

美女ゴルファーに沸く韓国女子プロゴルフは、なぜコロナ禍でも盛り上がる?

日本でもおなじみのイ・ボミ選手も韓国女子オープンに出場した ©?文藝春秋

 6月18日から韓国北西部・仁川市で開かれた、第34回韓国女子オープンゴルフ選手権大会。最終日の21日は快晴・最高気温29℃という気候のなか、韓国を代表するトップスター選手らが熱戦を繰り広げた。

 この日、LPGA(全米女子プロゴルフ協会)ツアーで活躍する“海外派”と、韓国を拠点にする“国内派”が上位を争う展開に、現地メディアはいっそう沸き返った。大会を制したのは“海外派”のユ・ソヨン(29)だった。

 1987年に始まった韓国女子オープンは、“韓国最高のナショナルタイトル”を争うKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)のメジャー大会。ただし今年の大会は、例年と大きく異なる点が1つある。それは、いつもなら会場を埋める4万人近い観衆が1人もいなかったこと。理由はもちろん新型コロナウイルス対策だ。

■世界で初めてツアーが再開できた理由

 2010年に就任したマイケル・ワン現コミッショナーの下、グローバル化を推し進めてきたLPGA。昨年は32のツアーのうち、12がアジアを中心にアメリカ以外で開催された。だがいまその勢いに急ブレーキがかかっている。新型コロナウイルスの影響で、海外での開催が難しくなったからだ。

 今年上半期は1〜2月に米フロリダ州及びオーストラリアで各2大会を開催して以来、内外でのトーナメントが全て延期ないし中止。さらに下半期は海外で10近いツアーが予定されていたが、すでに8月の東京五輪、仏エビアン選手権、ULインターナショナルクラウンが延期ないし中止となっている。

 JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)も厳しい状況は変わらない。今年に入って3月の開幕戦から8月のCATレディースまで、計21のトーナメントが中止を余儀なくされた。6月25日から今季初戦となる「アース・モンダミンカップ」が開催されたが、残りをもれなく開催できたとしても、今季のツアー数は16にとどまる。また賞金額の大きな大会が相次いで中止されたことで、賞金総額は当初予定の39億8500万円から18億500万円に減少した。

 そうしたなかで健闘しているのがKLPGAだ。5月14〜17日には新型コロナウイルスのパンデミック以来、世界初のツアー再開となるKLPGAチャンピオンシップを成功裏に閉幕。その後も韓国女子オープンまで、順調に開催実績を重ねてきた。

 6月時点で9つの大会がキャンセルされているが、今季を通して計23のツアーが開催を予定している。賞金総額は当初予定より13.4%減となったものの、それでも前年を上回る234億ウォン(20億6300万円)。史上初めてJLPGAの賞金総額を超えることになった。

“セクシークイーン”と呼ばれるアン・シネ(29)、“次世代セクシークイーン”ことユ・ヒョンジュ(26)、アン・ソヒョンら美女ゴルファーが国内外で活躍するなど、スター揃いで注目を集めている韓国女子ゴルフ界だが、コロナ対策でも一歩先をいっていた。

■「ギャラリーなし」に選手の反応は?

 このKLPGAの活況は、徹底したコロナ対策の賜物だ。最初の試みとなった5月のKLPGAチャンピオンシップにあたっては、選手、スポンサー、ゴルフ場関係者から法律・医療の専門家までを含む“コロナ19対応タスクフォース”を組織。政府機関の指針をもとに30ページからなる統合マニュアルを策定し、厳戒態勢を敷いた。

 会場となったレイクウッドカントリークラブは、大会のために韓国で初めて“ウォークスルー型紫外線殺菌消毒機”を導入。関係者全員の体調を日々管理するのはもちろん、サーモグラフィによる選手らの体温チェックも行われている。また取材記者はもちろん、選手の家族も会場への立ち入りを制限された。メディアセンターでは、記者1人に机1つを用意。選手が食事するレストランも同様に、1人にテーブル1つがあてがわれた。

 さらにKLPGAは相次ぐ大会のキャンセルにともなう選手の経済的損失に配慮し、協会の基金を拠出。加えて協賛社からの援助もあり、賞金総額は初めて30億ウォン(約2億6500万円)に達している。

 無観客試合に対しては、戸惑いを見せた選手も少なくなかった。昨年プロ10年目で初優勝を果たしたアン・ソンイ(29)は「バーディを取って思わずセレモニーをしようとしたら、周りに誰もいなくて気まずかった(笑)」、2018年まで通算6勝を挙げたオ・ジヒョン(24)は「練習ラウンドを回っているようだった」「私にエネルギーをくれるファンの応援がなくて物足りなかった」とコメント。

 ただし2019年の賞金女王チェ・ヘジン(20)は「イーグルを決めても、喜んでいるのは私1人だった(笑)」と話しながら、「無観客に慣れてみると、競技の進行も早く、集中してプレーできた」とそのメリットも紹介している。

■ファンが沸いたコロナの “副産物”

 盛況裏に閉幕した今月の韓国女子オープンでも、同様に防疫が徹底されたのはいうまでもない。また全ての参加選手がバーディを決めるたびに5万ウォン(約4400円)ずつ積み立て、計1億ウォン(約880万円)を新型コロナウイルス対策にあたる医療関係者に寄付する取り組みも行われた。

 いっぽうで、大会はパンデミックにともなう“副産物”にも恵まれている。新型コロナウイルスの影響から、海外を拠点にしていた有力な選手が韓国国内のツアーに多数参加するようになったのだ。

 そのため9人もの歴代優勝者が参戦するなど、これまでに増してそうそうたる顔ぶれが揃うことに。優勝したユ・ソヨン、韓国女子オープン含むKLPGA通算3勝のイ・ミリム(29)は、この大会が今季初めての韓国での出場となった。

 そのほかコ・ジンヨン(24)らアメリカ勢に加え、JLPGAツアーで活躍するイ・ボミ(31)、アン・ソンジュ(32)らお馴染みの日本勢も参戦。これをチェ・ヘジン、賞金及びポイントランク1位のイ・ソヨン(23)、そしてオ・ジヒョンら国内勢が迎え撃つ格好となり、ファンをいっそう沸かせていたわけだ。

 優勝したユ・ソヨンは、賞金2億5000万ウォン(約2200万円)を新型コロナウイルス克服のための基金に全額寄付すると表明。その思いが1日も早く現実となるよう祈りたい。

(高月 靖/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)