「嫉妬」という厄介な感情の正体――人は“自分と似ているライバル”を攻撃する

「嫉妬」という厄介な感情の正体――人は“自分と似ているライバル”を攻撃する

©iStock.com

 人はなぜ「嫉妬」してしまうのか。どんな相手に嫉妬を覚えるのか――。『 女と男 なぜわかりあえないのか』 (文春新書)を上梓した作家の橘玲氏が、「嫉妬」という厄介な感情の正体を解き明かす。

◆?◆?◆?

 すべてのひとが経験しているだろうが、恋愛のよろこびはつねに嫉妬の苦しみとともにある。異性が気になりはじめたとき、話もしないうちからライバルに対する嫉妬が芽生える。恋愛関係になれば、愛情が熱烈なほど嫉妬の感情も大きくなる。愛するひとに裏切られたとわかると、嫉妬とともに怒りや悲しみ、絶望の感情が押し寄せてくる。

 パートナーへの嫉妬が、たいせつなものを失うことへの不安であり、警告であることはすぐにわかる。性愛はきわめて稀少なので、いちど手に入れたら、ぜったいに手放さないようわたしたちは進化してきたのだ。

■「嫉妬はどのような感情なのか」

 失恋した直後の大学生を集め、fMRI(磁気共鳴機能画像法)を使って脳の活動を調べた研究者がいる(1)。それによると、嘆き悲しむひとの脳では痛みを感じる部位が活性化していた。「こころが血を流している」はたんなる比喩ではなく、全身が傷つき、のたうちまわるような痛みを脳は現実に感じているのだ。

 パートナーが自分から離れていくと気づくと、皮肉なことに、脳内では神経伝達物質のドーパミンとノルエピネフリンの分泌が増え、どんなことをしてでも愛されたい(セックスしたい)という欲望を掻き立て、深く愛し合っていたときと同じ状態になる。血だらけになりながらも愛情を追い求め、拒絶されることで不安や絶望に打ちのめされ、怒りと憎悪に圧倒されるのが恋の終わりなのだ。

 研究者は、このときの脳の状態は覚せい剤などの薬物中毒の離脱症状と同じで、あきらめようと思えば思うほど相手に依存していくという。だがこれは、進化の順番を考えれば当たり前でもある。恋愛そのものが「中毒」で、ドラッグやギャンブルなどは、脳の「恋愛中枢」を乗っ取って金儲けに利用しているのだ。

「嫉妬はどのような感情なのか」は心理学者の関心を集めてきたが、これまでうまく研究することができなかった。失恋の心理を調べても、そこには社会的・経済的損失への恐れや不安が含まれ、感情の嵐が大きすぎて嫉妬だけを取り出すことができないのだ。

 そこで研究者は、若い男女を集め、質問形式でどんなときに嫉妬が起きるかを調べてみた。次のような場面を想像してほしい。

■強い嫉妬を感じるのは「自分に似ている相手」

 あなたはパートナーとカクテルパーティに出席している。ふと気づくと、パートナーはあなたのもとを離れ、見知らぬ男性/女性と楽しそうに話をしている。パートナーの話し相手がどのようなタイプのとき、あなたは強烈な嫉妬を感じるだろうか?

 被験者はアメリカの大学生だが、嫉妬の対象にははっきりとした傾向があった。キーワードは「自分に似ている」だ(2)。

 ベタなストーリーでこのことを説明してみよう。主人公はサッカーに夢中な男の子で、クラスにちょっと気になる女の子がいる。あるとき図書館で、いつも本ばかり読んでいるガリ勉タイプの男子生徒と彼女が仲よく話しているのを見かけた……。

 このとき主人公は、ガリ勉男子の存在を無視するか、逆に友だちになったりするだろう。ふたりがつき合いはじめたら、応援したりするかもしれない。ところが、彼女が他校のサッカー部のエースと楽しそうに話をしているところに遭遇したら、事態は一気に不穏になり、強い嫉妬に駆られるにちがいない。なぜなら、自分に似ている相手は自己肯定感への脅威になるから。

■自己評価が低いほどパートナーに執着

 わたしたちは誰もが、無意識のうちに、自分を最大限魅力的に見せようとしている。そのとき比較の対象になるのは、同じ戦略で性愛を獲得しようとするライバルで、そこでの優劣は死活的に重要だ。それに対して、まったく異なる戦略の他者は、そもそも比較のしようがないのでどうでもいいのだ。

 気になっていた女の子が自分とまったくちがうタイプの文学少年とつき合いはじめたとしても、最初から縁がなかっただけの話で、サッカー少年の自尊心はたいして傷つかない。ところが彼女が選んだのが他校のサッカー部エースだと、「自分は魅力度が低い」すなわち「同性間競争に負ければ性愛を獲得できない」という強い警告のサインになるのだ。――ここでは男の子を例にしたが、「かわいさ」を戦略にする女の子を主人公にしても同じ話になるだろう。

 嫉妬についての研究では、自己評価が低いほどパートナーに執着し、ストーカーやDV(ドメスティック・バイオレンス)などの攻撃的行動が増えるとの報告がある。自己肯定感を維持することは、生き延びて子孫を残すうえでものすごく重要なので、私たちはどんなことをしてでもそれを守ろうとするのだ。

■嫉妬の感情をつくり出す実験をしてみると……

 アメリカの社会心理学者デイヴィッド・デステノは、ここからさらに一歩進んで、実験室のなかで嫉妬の感情をつくり出す独創的な方法を考案した(3)。この実験の被験者になると、あなたは次のような体験をすることになる。

 コンピュータでかんたんな作業をするために研究室に呼ばれると、同じ年ごろの異性の参加者(パートナー)が先に来ている。パートナーは気さくに話しかけてきて、スタッフが現われるまであなたは楽しい会話をする。

 次にスタッフから、「この作業は1人でやっても、ペアでやってもかまいません」と説明される。パートナーは「せっかくだからいっしょにやろうよ」と誘い、あなたは同意する(実験に参加した大学生のうち、この提案を断ったのは1人だけだった)。

 パートナーと2人で協力しながら作業を始め、いい雰囲気になってきたところに、遅れてきたあなたと同性の参加者(ライバル)が現われる。ライバルは席につくと、パートナーに話しかけて作業のやり方を教えてもらう。

 ここからシナリオは2つに分かれる。本実験では、パートナーは「困ったなあ、3人だとペアがつくれないね」といい、どうすればいいかスタッフに聞きにいく。スタッフは最初と同じように、「1人でやるか、ペアでやるかは自由に決めてください」と答える。そこでパートナーは、あなたではなくライバルに「いっしょにやろうよ」と声をかける。

 一方、対照実験では、パートナーは「しまった、大事な用事があったのを忘れていた」といって中座し、ライバルは自分のペースでやることを選ぶ。

 どちらのシナリオでも、最終的には1人で作業することになるのだが、当然のことながら、被験者が示した反応にはものすごく大きなちがいがあった。パートナーからすげなくされた被験者は、信じられないといった表情を見せただけでなく、相手に聞こえないように侮蔑的な言葉を吐き、実験後のアンケートでは強い嫉妬を感じたとこたえた。

 それだけでなく、本実験の(嫉妬した)被験者は、対照実験の被験者と比べて自己肯定感が大きく下がっていた。IAT(潜在連合テスト)という手法を使って潜在意識を調べると、ネガティブな言葉を自分自身と結びつける割合が明らかに高くなったのだ(自己肯定感が高いとポジティブな言葉を自分自身に結びつけ、自己肯定感が低いと逆になる)。

■「復讐心」は誰に向けられるか

 この実験の別ヴァージョンでは、あなたには「復讐」の機会が与えられる。コンピュータの作業が終わったあと、スタッフから「次は味覚のテストです」といわれ、誰も見ていない(と思っている)ところで、パートナーとライバルが口に入れる食べ物にホットソース(タバスコのようなもの)を好きなだけかけることができたのだ。

 その結果はというと、(嫉妬が生じていない)対照群ではホットソースの量は平均1.44グラムと妥当なものだったが、嫉妬に駆られた被験者はその倍以上の3.41グラムもの量を2人が試食する食べ物にかけたのだ。

 この興味深い実験で、自己肯定感が下がると嫉妬の感情が生まれ、それが攻撃性に結びつくことが実証された。よくわからないのは、ホットソースの「復讐」が、パートナーとライバルに同じだけ行なわれたことだ。実験の手順からわかるように、信頼を裏切ったのはパートナーで、ライバルはなにも知らない「善意の第三者」だ。それにもかかわらずなぜ「復讐」されるのか?

 女性のいじめ体験では、それまで親友だったのに、理由もわからず突然、いじめのターゲットにされるケースがよく出てくる。嫉妬は(現実の)恋のライバルだけでなく、なにもしていない相手にも向けられるとすると、こうした事態をうまく説明できるのではないだろうか。

■嫉妬による復讐には社会的な正当性がある

 理不尽な制裁をなぜ堂々と行なえるのか。心理学者のデステノは、復讐には社会的な機能があると述べる(4)。

 徹底的に社会的な動物であるヒトが共同体のなかで安心して暮らしていくには、メンバーのあいだで一定の信頼感が維持されていることが必須だ。そのためには、信頼をあっさり裏切るような人間を制裁しなければならない。嫉妬による復讐は個人的な行為ではなく、社会的な正当性があるのだ。

 ルールを破った者を罰することが道徳の起源だとすると、コロナ禍にもかかわらず世間がなぜ「トイレ不倫」に夢中になるかわかるだろう。私たちは、他人の不倫に首を突っ込み、噂話に花を咲かせ、「裏切り者」を罰することに快感を覚えながら何百万年も進化してきたのだ。

◆?◆?◆?

(1)ヘレン・フィッシャー『人はなぜ恋に落ちるのか? 恋と愛情と性欲の脳科学』ヴィレッジブックス
(2) David A. DeSteno and Peter Salovey(1996)Jealousy and the Characteristics of One's Rival: A Self-Evaluation Maintenance Perspective, Personality and Social Psychology Bulletin
(3) David DeSteno, Piercarlo Valdesolo and Monica Y.Bartlett(2006) Jealousy and the threatened Self: Getting to the Heart of the Green-Eyed Monster, Journal of Personality and Social Psychology
(4) デイヴィッド・デステノ『信頼はなぜ裏切られるのか 無意識の科学が明かす真実』白揚社

(橘 玲)

関連記事(外部サイト)