「家の中の汚物」「くず」兄思いの強い女、金与正はなぜ韓国を挑発するのか

「家の中の汚物」「くず」兄思いの強い女、金与正はなぜ韓国を挑発するのか

金与正党第一副部長 ©AFLO

 6月16日、北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破した。北朝鮮は23日、南北軍事境界線近くでの軍事演習の実施などを保留したが、緊張は容易に解けそうにない。

■文大統領をこきおろした金与正氏の人物像

 今回、韓国を激烈な言葉で罵倒し、注目を集めたのが、金正恩朝鮮労働党委員長の実妹、金与正党第一副部長だ。脱北者を「家の中の汚物」「くず」と呼び、文在寅韓国大統領を「鉄面皮で図々しい詭弁だ」とこきおろした。金与正氏とはどういう人物なのか。なぜ、強硬派の代表格に収まっているのだろうか。

 韓国統一省の「2020年版北韓主要人物情報」によれば、与正氏は1988年、金正日総書記と在日朝鮮人だった高英姫氏との間に生まれた。2014年に公式な活動を始めるまでは、金日成総合大学を卒業したという程度の情報しかない。過去、北京や瀋陽に現れた北朝鮮当局者らは、いずれも与正氏のプライバシーに踏み込むことをためらった。ロイヤルファミリーの私生活は、北朝鮮の人々にとって最大のタブーにあたる。

 与正氏の人柄をちらりとうかがわせる機会になったのが、18年2月、平昌冬季五輪開会式に出席するため、初めて訪韓した時のことだった。当時、与正氏と面会した韓国政府関係者によれば、与正氏のしぐさには特徴があった。有名芸能人のように「見られている」という事実に快感を覚えるような動きだった。関係者の1人は「ソウルから平昌に移動する際や開会式の会場などで、常に他人の視線を楽しんでいた。他人が視線を向けると面はゆいような笑顔を浮かべた。状況に応じて態度も変えていた」と語る。

 五輪開会式では、文在寅大統領夫妻と笑顔であいさつを交わす一方、同席したペンス米副大統領や安倍晋三首相には視線すら向けず、一切無視した。安倍首相は何とか接触しようと、開会式が始まる直前まで会場入り口に立って、与正氏を「入り待ち」したが、見事にかわされた。

■「与正氏がやたら目立ちたがって困る」

 北朝鮮当局者らは中国などで接触した情報関係筋に対し、「与正氏がやたら目立ちたがって困る」とこぼしている。18年6月のシンガポールでの米朝首脳会談では、与正氏が金正恩氏に共同声明にサインするペンを手渡しした。正恩氏が外国首脳との式典で花束を受け取るとそれを預かる役もこなした。最近も5月1日にあった平安南道の順川リン酸肥料工場竣工式で正恩氏にテープカット用のハサミを手渡した。

 もともと、こうした場面に出くわした米国や韓国の政府関係者らは「こんな仕事、普通は課長以下の仕事だろう」と驚いていたが、北朝鮮当局者らも同じ思いを抱いていたらしい。「花束を受け取る役割の人間の身にもなってみろ」と嘆いた北朝鮮当局者もいたという。

 日本政府関係者の1人も「与正氏が公開の席に出るときは、いつもひざ上のスカート姿。オーダーメイドなんだろうが、ずいぶん外見を気にする人なんだなという印象だ」と語る。

「目立ちたがり屋」とも言える与正氏の行動にはそれなりの理由がある。

■自分を政治から遠ざけた北朝鮮社会へのレジスタンス

 金正日総書記と高英姫氏との間にできた金正哲、金正恩、金与正の三兄妹のうち、「与正氏が最も聡明で知的である」という評判だった。

 現在、600万台以上が流通している北朝鮮の携帯電話だが、金正日総書記は普及に消極的だった。04年4月、平安北道龍川郡にある鉄道平義線(京義線)龍川駅付近で、金正日総書記の暗殺を狙った可能性も取りざたされた爆発事故が起きた。金正日総書記は事故後、携帯電話の普及事業をいったん停止させたこともある。コンピューターに精通し、海外の情報に明るい金与正氏は、慎重な父親に対して、情報化社会が北朝鮮の発展に貢献するという事実を論理的に説明し、説得したという。

 09年初め、金正日総書記は自身の後継者として金正恩氏を指名した。その際、与正氏は「自分も政治の世界に身を置きたい」と訴えたという。同席した金正日総書記の実妹、金敬姫氏は正恩氏の後継に難色を示すと同時に、封建社会の空気が色濃く残る北朝鮮社会で与正氏が政治に参加することに反対した。やはり、男尊女卑の考えが強かった金正日総書記も、金与正氏が表舞台に出ることを許さなかった。現在でも、北朝鮮の市場で働く人に女性が圧倒的に多いのは、党の職場や企業所など公式の場所では男性が働くのが当たり前だという風潮の結果でもある。

 与正氏は、自分の能力に自信があっただけに悔しい思いをしたようだ。前面に出たがるのも、北朝鮮社会へのレジスタンスかもしれない。南北関係筋によれば、北朝鮮当局者は与正氏の能力について「常に1から10まで綿密に検討してから行動に移る。だから、国内の政策で失敗したことがほとんどない」と語った。金正日総書記の死後、正恩氏は与正氏を頼った。与正氏は水を得た魚のように働き出したというわけだ。

■与正氏がここまで信頼される2つの理由

 正恩氏が与正氏を頼るのは2つの理由がある。ひとつは孤独だった兄妹に生まれた強い愛情だ。兄妹は金正日総書記の別荘で一般社会と隔離されて育った。祖父、金日成主席とも面会したことはない。金日成主席が金正日総書記と高英姫氏との結婚を認めなかったからだ。そして与正氏は兄思いの女性だった。金正日総書記の晩年、金正哲氏と金正恩氏が女性連れで、平壌中心部にある高麗ホテルを何度も利用した。醜聞を恐れた金正日総書記は激怒したが、正恩氏は更に反発して行動を改めなかった。険悪になった親子関係の間に入って、仲裁したのが与正氏だったという。

 そして、もうひとつは金正恩氏に信頼できる部下がいないという現実だ。正恩氏は権力継承から8年以上経った今も、頻繁に党や軍の人事を行っている。例えば、軍総参謀長の場合、現職の朴正天氏で7人目にあたる。1人あたりの平均在任期間は1年ちょっとでしかない。10年近く務めるのが当たり前だった金正日総書記時代とは大きな違いだ。

 困った金正恩氏は、逆にこれまで日が当たらなかった女性まで動員している。李雪主氏と結婚する以前、親密な関係も噂された玄松月氏は党副部長、「なぞの通訳」として有名だった崔善姫氏は、金正日総書記時代は副局長止まりだったが、今では第1外務次官に昇進した。玄氏も崔氏も党中央委員だ。数少ない肉親は、正恩氏にとって頼りになる存在だ。

■連絡事務所爆破によって示された金与正氏の権威と地位

 今、金正恩氏の健康状態は芳しいものではない。しかも、人材が足りない。とても党、軍、政府の3つをすべて仕切るだけの余裕がない。与正氏は現在、党の最重要部署である組織指導部第1副部長とされ、党務全般の前さばきを行っているようだ。与正氏は13日に発表した南北共同連絡事務所の爆破を示唆する談話のなかで、「金委員長と党と国家から付与された私の権限を行使して、対敵活動の関連部署に次の段階の行動を決行するよう指示した」と説明。党が政府や軍を指導する金正恩体制にあって、要の位置を占めていることを自ら明らかにした。

 今回、金与正氏を前面に立てたのは、南北間の緊張局面という機会を利用し、金与正氏の権威と地位を引き上げ、確固たるものにする狙いが込められていたようだ。北朝鮮がいったん、韓国に対する挑発行動を停止した背景には、こうした最低限の目標が達成されたとの判断もあるとみられる。

 では、なぜ金与正氏は、冒頭で説明したような口汚い言葉を使ったのだろうか。

■「金正恩氏の名誉を傷つけられた全力で相手を非難」という掟

 集団主義の北朝鮮には、個人の人格はない。体制があるだけだ。局面局面で、国家にとって必要な態度を示すことが求められる。金与正氏は18年の訪韓時、随行したボディガードらに優しい言葉をかける場面も目撃されている。最高尊厳である金正恩氏の名誉を傷つけられた場合、北朝鮮の人々は全力で相手を非難しなければならない。その掟を金与正氏は実行したに過ぎない。

 そして、その与正氏を補佐しているのが、かつて韓国側から「毒蛇」の異名で恐れられた金英哲党副委員長だ。かつて南北軍事協議の際、故事成語を使った韓国代表に対し、「韓国人なのに中国語が好きなのか」と毒づいたことがある。30分も40分も延々と主張を続け、それを笑った韓国側出席者に「謝れ。そうでなければ出て行け。でなければ、これ以上の会談を拒否する」とすごんだ。18年の米朝協議の際、訪朝したポンペオ米国務長官に携帯を投げつけ、「今からこれでトランプ米大統領に電話しろ」と言い放ったこともある。おそらく、与正氏の激しい言葉は、金英哲氏らの指南の結果だろう。

 金与正氏は確かに有力な後継候補ではあるが、後継指名は依然受けていない。部下の殺戮もいとわない金正恩氏が、後継指名をすれば権力が自分から離れるという冷酷な事実を知らないわけがないからだ。今の金与正氏は、他の人々と同様、北朝鮮という独裁国家を支えるひとつの駒でしかない。

(牧野 愛博)

関連記事(外部サイト)