北九州監禁連続殺人事件 逃げ出した少女は「口からでまかせの嘘」で連れ戻された

北九州監禁連続殺人事件 逃げ出した少女は「口からでまかせの嘘」で連れ戻された

©iStock.com

 2002年7月31日に福岡地裁小倉支部で開かれた、松永太と緒方純子に対する第2回公判。法廷での検察官による、少女・広田清美さん(仮名)に対する監禁致傷罪の冒頭陳述が続く(冒頭陳述の引用は〈 〉内に記載)。

■周囲には、美容師見習いを装うことを命じていた

〈被告人両名は、平成12年(2000年)3月に被害者甲(清美さん)が中学校を卒業した後も、被害者甲に対し、同被害者が合格していた私立高校への進学を認めず、伯母などの周囲の者に対しては、福岡市内で美容師見習いをして寮生活をしているように装うことを命じていた。

 そして、被告人両名は、平成13年(01年)8月ころからは、同被害者を北九州市小倉北区内にある泉台マンション(仮名=ウイークリーマンション)10×号室に移動させ、同室に居住させていた長男、二男及び被告人両名の保護下にあった2子(合計4子)の世話をするよう命じるとともに、同被害者に対し、「18歳になったら風俗嬢として働き、今まで育ててやった費用を返せ。」などと申し向けたり、連日のように、東篠崎マンション(仮名)に呼び出し、通電暴行を加えるなどしていた〉

 松永と緒方は、当時17歳の清美さんを通電による暴行で脅し、自分の子供と、松永が騙してカネを引き出すために田岡真由美さん(仮名)から預かっていた子供らの、世話をさせていた。

■「このままでは被告人両名に殺されかねない」

 そうした生活から清美さんが最初に逃走を図ったのは、泉台マンションに住み始めて5カ月が過ぎた、平成14年(02年)1月のことだ。同月23日頃に、松永と緒方から東篠崎マンションに呼び出された彼女は、「電話の応対が悪い」と顔面を殴打され、同マンションに軟禁された。そして29日にふたたび泉台マンションに戻され、子供たちの世話をすることになったとき、〈このままでは被告人両名に殺されかねないと判断して意を決し〉30日の午前4時頃に逃走したのである。

 その足で彼女が向かったのは、北九州市門司区にある祖父母宅。そこには由紀夫さんの母とその再婚相手が住んでいた。

 祖父母に保護された清美さんは、国民健康保険への加入の手続きをしてもらい、飲食店でのアルバイトの採用面接を受けた。同時に、松永らから「今まで育ててやった費用を返せ」と言われていたことから、返済の意思を示せば解放されるだろうと考え、由紀夫さんの姉である伯母・橋田由美さん(仮名)に頼んで、伯母名義の預金通帳を作成して貰う。そしてその通帳と印鑑、渡されていた鍵と現金数千円、さらに「通帳におカネを入れます。こんなことしてごめんなさい」と書いたメモを添え、2月4日に松永らが住む東篠崎マンションの郵便受けに入れたのだった。

■松永は、すぐに由美さんに連絡を入れ……

 かつて由紀夫さんに紹介されたことで知っていた、伯母名義の通帳が郵便受けに入っていることに気付いた松永は、すぐに由美さんに連絡を入れ、「清美に頼まれて通帳を作ったようだが、自分はなんでも知っている。清美は泥棒に入って警察に保護されたことを由紀夫さんに知られ、由紀夫さんから殴られてボコボコにされたあと逃げ出した。知り合いの福岡管区警察署の幹部から得た確かな情報によると、清美は不良グループに入っていて、覚せい剤の運び屋グループに入っている可能性もある。清美が祖父母の家にいるという確かな情報もあるので、一緒に来てくれないか」と、口からでまかせの嘘を言って、協力を取り付けた。

 なお、補足しておくと、すでに記した通り、この時点で由紀夫さんは死亡している。しかし、松永は清美さんに、父親の死が発覚すると、関わった彼女も捕まると思い込ませていた。そのため、清美さんは父親の死を口外していない。同時に、由美さんも弟である由紀夫さんの死については知らなかった。彼女は1994年に由紀夫さんから松永を「東大理工学部卒でIBMに勤める宮崎さん」と紹介されていたことから、松永を信頼しており、この時も松永の嘘を鵜呑みにしていた。

■抵抗する清美さんに対し、「早く行こう」と右手首を掴んだ

 2月14日の午後11時頃、松永は由美さんに案内されて祖父母宅を訪ねた。そして応対した祖父母に向かっていきなり土下座をして、「由紀夫さんから清美が18歳になるまで面倒を見るように頼まれています。彼女がケガをしているのは、由紀夫さんから殴られたからです。いま清美が震えているのは、由紀夫さんが怖いから。彼女は万引き、シンナー、覚せい剤をやって、由紀夫さんに叱られている。今日は遅いから、とにかく連れて帰ります」と言い、震えながらソファにしがみついて抵抗する清美さんに対し、「早く行こう」と右手首を掴んで外に連れ出した。

 そして由美さんが運転する車で小倉南区内のファミリーレストランに行き、そこで緒方と合流。由美さんと別れると、松永が清美さんの左手首を掴んだままタクシーに乗せて、東篠崎マンションへと向かった。9階に上がると、緒方が部屋のドアを開け、松永が清美さんの手首を引っ張り室内へと押し込んだ。

 室内での松永の脅迫は、部屋に戻った15日午前5時から正午過ぎまで続く。

■「今度逃げたら、お父さんのところに連れて行く」

〈「一応書いて。あんたが掃除しているときにお父さんを叩いて殺したやろ」などと申し向けながら白紙とペンを手渡し〉、清美さんが由紀夫さんを殺害したと自白する内容の「事実関係証明書」を書かせて署名・押印させ、もしまた逃げれば、これを祖父母に渡すと脅したのだった。そして「祖父母方に住んで仕事をしたいのなら大金を支払ってもらう」と、清美さんに、生活養育費として緒方から借用したという内容の2000万円の借用書を書かせ、署名・押印させた。そのうえで、「今度逃げたら、お父さんのところに連れて行く」や「いくら逃げても探し出し、見つけたら打ち殺す」などの脅し文句を続けたのだった。

 こうした脅迫の合間に、松永は清美さんの目の前で伯母の由美さんに電話をかけ、「清美は福岡の寮に送った」と嘘の説明をしている。また緒方は、清美さんが面接を受けていたアルバイト先に採用を断る電話をかけていた。

 松永による清美さんへの通電の暴力は、連れ戻された日の夜から始まった。その様子についても冒頭陳述では触れている。

■「ちゃんと話します。話を聞いてください」と哀願するも……

〈(松永は)被告人緒方に命じて、電気コードの電線に装着した金属製クリップを同被害者(清美さん)の右上腕部にガムテープで固定させるなどした上、その差込プラグをコンセントに差し込んで、同被害者の身体に通電させ始めた。

 被害者甲は、同6年(1994年)10月ころ片野マンションに転居して以降、被告人両名から同様の通電暴行を加えられ続け、通電により筋肉が痙攣する際の激しい痛みを経験させられ、その苦痛から、通電を予告されるだけで脇腹に激痛を走らせるなどの拒否反応を呈していたばかりか、同痙攣により通電された腕等が大きく跳ね上がることがあり、その際には、これに立腹した被告人松永から、更に長時間にわたって通電させられるなどされていた。

 そのため、被害者甲は、上記経緯で被告人緒方が電気コードを用意し始めた際、被告人松永に対し、「ちゃんと話します。話を聞いてください。」などと哀願しつつ、自己の左手を右上腕部に添えたりしながら必死に抵抗した。

 しかし、被告人松永が「電気を付けてから聞く。」と言うのみで、全く応じなかったことから観念し、被害者甲は、筋肉の痙攣により右腕が跳ね上がらないようにするため、その左手で右脇の下から右腕を強く握って固定し、通電に耐えるほかなかった〉

 このときの通電による暴行は、15日の午後11時頃から16日の日中まで延々と続いたという。さらにそれ以降も、連日のように通電を主とした暴行は繰り返された。

■周囲と隔絶させようとする工作は続く

 その後の暴行について冒頭陳述で取り上げられた内容は、 当連載の第1回 に記しているため、ここでは詳述を避けるが、通電や足蹴にするといった暴力のほか、カッターナイフで指先を切らせて血判状を作成させたり、眉毛を剃り落としたりということがあった。

 なかでも、清美さんにラジオペンチを渡し、「5分以内に爪を剥げ。ここの親指」と命じて、みずから右足親指の爪を剥がさせた際のくだりは真に迫り、傍聴しながらその場面を想像して息を呑んだ。

 その後も松永による、清美さんを周囲と隔絶させようとする工作は続く。

〈平成14年(2002年)2月20日ころには、被告人松永が、同被害者に対し、前記国民健康保険の解約手続を電話で祖父に依頼するよう命じてこれに従わせるなどし、同月22日ころには、被告人松永が、同被害者に対し、前記アルバイト先に電話をかけて履歴書の破棄を依頼するよう命じて従わせるなど〉していたというのである。

 このような卑劣な行状を列記したうえで、検察側は松永と緒方の犯行について、次のように締めくくった。

■迎えに来た祖父とともに警察に助けを求めた

〈同年2月15日午前5時ころから同年3月6日午前6時ころまでの間、上記一連の暴行及び脅迫等により、その逃走意欲を喪失させて、同被害者が東篠崎マンションから脱出することを著しく困難にして同被害者を不法に監禁し、その際、上記一連の暴行により、同被害者に対し、同日以降の加療に約1か月を要する右側上腕部打撲傷皮下出血、頚部圧迫創及び右側第一趾爪甲部剥離創の傷害を負わせた〉

 清美さんが〈このままでは一生被告人両名から支配された過酷で悲惨な状況が続くとの危機感から意を決し〉松永らによる監禁生活から逃走して、迎えに来た祖父とともに警察に助けを求めたことにより、子供4人が発見、保護され、原武裕子さんが被害に遭っていたことが判明した。

 松永らは、清美さんの逃走によってこれまでの犯行が発覚することを恐れ、片野マンションの家財道具を処分するなど、証拠隠滅工作を図る一方で、彼女を連れ戻そうと祖父母宅に押しかけたところで逮捕されている。その際、緒方が処分するつもりで所持していた、前述の「事実関係証明書」などが押収されたのだという。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)