監禁され、支配下に置かれていた少女が、メモ帳に架空のスケジュールを書いていた理由

監禁され、支配下に置かれていた少女が、メモ帳に架空のスケジュールを書いていた理由

※写真はイメージです ©iStock.com

 2002年7月1日、それまで福岡県警小倉北署に勾留されていた松永太と、同門司署に勾留されていた緒方純子の身柄が、福岡拘置所小倉拘置支所に移された。

 7月31日には第2回公判が開かれる予定で、これまでに彼らが起訴された3件の事件について、罪状認否と冒頭陳述が行われることになっている。

 すでに殺人容疑での家宅捜索は実施されていたが、逮捕状を請求する段階には至っておらず、次回の裁判までの間には、新たな容疑での再逮捕はないと予想されていた。

 そして第2回公判の当日。私は午後3時から初公判と同じ福岡地裁小倉支部の第204号法廷で開かれた裁判を傍聴した。

■「私は関西弁を使ったりしません」

 ここではまず、前回の初公判後である6月7日に起訴された、原武裕子さん(仮名、当時41)への詐欺・強盗罪の起訴状が検察官によって読み上げられた。

 その後、裁判長が黙秘権について説明し、「わかりましたか?」と尋ねると、Tシャツ姿の松永は「はい」と大声で答え、ワンピース姿の緒方は無言で頭を下げる。

 そこで裁判長がまず松永に対し、3件の起訴状に対する認否を1件ずつ分けて問いかけると、彼は3件について毎回「黙秘します」と声を上げた。次の緒方も同じで、やや小さな声ですべての質問に「黙秘します」と言い、最後に「私は関西弁を使ったりしません。ほかに述べることはないです」と付け加えた。

 これは検察官の朗読した起訴状のなかに、松永の姉になりすました緒方の発言として「ぜんぶ弟に任せとったらええんよ」との一節があり、言い回しが関西弁のアクセントだったことに反発したもの。その発言から、緒方の向こう意気の強さが窺える。

■清美さんに対する監禁致傷罪について

 このあと弁護側の意見陳述になった。最初は18歳になったばかりの少女・広田清美さん(仮名)に対する監禁致傷罪について。

「(起訴状のなかでの、以下同)〈監禁しようと企て〉の部分については、否認する。

〈同女に対し、『あんたがお父さんを殺したやろ。』『今度逃げたら、お父さんのところに連れて行く。簡単なことなんぞ。』『逃げても探偵を使って探し出す。見付けたら打ち殺す。』などと申し向け〉の部分は否認する。

 上記脅迫を除く公訴事実記載の暴行、脅迫の外形的事実については認める。

〈よって、同年2月15日午前5時ころから同年3月6日午前6時ころまでの間、上記一連の暴行及び脅迫により、同女が同所から脱出することを著しく困難にして同女を不法に監禁し〉については、甲女(清美さん)は自己の意思で監禁場所とされるマンションに戻ったのであり、上記期間中も自己の意思で自由に行動できたのであるから、〈監禁〉にはあたらない。

 甲女が、公訴事実記載の傷害を負った事実は認める。

 以上から、被告人両名には監禁の故意もないこと、監禁の事実もないこと、公訴事実記載の暴行、脅迫は監禁の手段たる暴行・脅迫ではないこと等から、監禁致傷罪は成立せず、傷害罪が成立するのみである」

■清美さんに対する傷害罪だけは認めるが……

 これに続けて、原武裕子さんに対する監禁致傷罪に関しては、弁護人は次のように言う。

「公訴事実記載の事実については、全て否認し、被告人両名は無罪である」

 最後に、同じく裕子さんへの詐欺・強盗罪について。

「公訴事実記載の事実の内、乙女(裕子さん)からの現金交付の事実は認めるが、それ以外については全て否認し、被告人両名は無罪である」

 つまり、弁護側は清美さんに対する傷害罪だけは認めるが、それ以外は否認したということになる。

 次に検察官による、冒頭陳述が始まった。ここでは最初に〈被告人両名の身上、経歴等〉として、松永と緒方の出生から犯行時までの経歴が事細かに語られる。その内容については、改めてさらに詳細な取材結果と併せて別の回で後述する。

 続けて〈被害者両名の身上、経歴等〉が読み上げられた。そこで〈被害者甲〉と称された清美さんについての身上、経歴等は次の通りだ。

〈昭和59年(1984年)7月××日、北九州市門司区内において、父由紀夫(仮名)の長女として出生した。

 平成2年(90年)10月ころ、両親の離婚に伴って同区内に居住する祖父母方に引き取られ、同3年(91年)4月、同区内の小学校に通学した。

 同4年(92年)3月ころ、由紀夫の交際相手で同区内に居住する女性に引き取られ、同年4月ころ、同区内のマンションにおいて、由紀夫及び同女らとの生活を開始したが、同6年(94年)9月ころ、同市小倉北区内のマンションに転居し、由紀夫と二人暮らしをするようになった〉

■通電で激痛を与えてショック状態に陥れた

 これに続いて〈被害者乙〉と称される裕子さんについての身上、経歴等、さらには本件犯行に至るまでの経緯が読み上げられるのだが、ひとまずは清美さんが被害に遭った事件に至る流れのみを抜粋して取り上げる。なお、冒頭陳述の内容をそのまま引用する箇所については〈 〉で区切ることとする。

 平成4年(92年)10月上旬頃、福岡県柳川市から緒方、そして自身が経営する会社に唯一残っていた男性従業員を伴って逃亡した松永は、石川県を経由して、福岡県内に舞い戻った。そして同年10月10日に、北九州市小倉北区内の不動産会社従業員だった広田由紀夫さんの仲介で、同区内のアパートを借りて移り住む。帯同していた従業員は平成5年(93年)1月に逃亡したが、その後も松永らと由紀夫さんとの関係は続き、平成6年(94年)8月時点で、松永らは由紀夫さんと頻繁に接触するようになっていた。

〈被告人両名(松永と緒方)は同年(平成6年)10月ころ、広田由紀夫及び被害者甲(清美さん)が北九州市小倉北区内の片野マンション(仮名)30×号室に転居したことに伴い、長男を連れて押し掛け、由紀夫及び被害者甲との同居を開始した。

 被告人両名は、その後、片野マンションにおいて、由紀夫及び被害者甲に対し、電線を剥き出しにした電気コードや、同電線に金属製クリップを装着した電気コードを用いて、その身体に通電させて、同部位の筋肉を激しく痙攣させて激痛を与えてショック状態に陥れたり、これを延々と繰り返すことによる恐怖感を与え、さらに、施錠した同マンション浴室での起居や断食等を強いたり、同被害者(清美さん)に通電を予告して恐怖感を煽った上、由紀夫の身体に噛み付かせるなどの日常的虐待を加え続け、由紀夫及び同被害者を支配下に置いて意のままに従わせていた〉

■検察側の予告のような文言だった

 この言葉に続いて検察官がさらりと発した言葉に、思わず息を飲んだ。

〈さらに、被告人両名は、同8年(96年)2月26日ころに由紀夫が死亡した後も、引き続き、片野マンションにおいて、被害者甲に対し、上記同様の通電等の虐待を加え続けるとともに、「あんたが父さんを殺した。時効になるまでは一緒に暮らさんといけん。」などと、同被害者にはその責任は全くないにもかかわらず、その全責任を同被害者に一方的に押し付けて同居を強い、同被害者を支配下に置いて意のままに従わせ続けた〉

 そこでは、いまだに事件化されていない由紀夫さんの死亡について明言し、その日付を初めて明らかにしたのである。それは今後、由紀夫さんの死亡について事件化するという、検察側の予告のような文言だった。

 父親の由紀夫さんが死亡したのは、清美さんが間もなく小学5年生を終えるという時期のこと。その後も引き続き、彼女は松永と緒方、そして彼らの子供と片野マンションで暮らすことになった。ちなみに、緒方が次男を出産したのは由紀夫さんが死亡した約1カ月後の平成8年3月で、4月に清美さんが小学6年生になったときには、松永と緒方、そして3歳と0歳の子供2人と同居していたことになる。

 その半年後である10月下旬、松永は北九州市小倉南区にアパート(曽根アパート=仮名)を借りさせていた被害者乙の裕子さんと清美さんを同居させ、南京錠で施錠した4畳半和室に閉じ込めていた。しかし裕子さんが平成9年(97年)3月16日に逃走したことで、清美さんはふたたび片野マンションに連れ戻される。

〈被告人両名は、曽根アパートから逃走した後、被害者甲が中学校に進学する平成9年4月上旬ころまでの間、同被害者(清美さん)に対し、南京錠で施錠した片野マンション洗面所に居住することを強いた上、それ以降も、同被害者を片野マンションに居住させ、前記同様に通電を繰り返すなどして、引き続き、同被害者を支配下に置き続けた〉

■真新しいメモ帳に架空のスケジュールを書いていた

 冒頭陳述には出てこないが、地元の公立中学に入学した清美さんは、松永から学校が終わるとすぐに帰るよう念を押され、通学路にある小倉中央郵便局の角にある公衆電話から、かならず電話をかけるように命じられていた。片野マンションに帰り着いてからは、ひとりでラジオを聞いて部屋で過ごし、ほぼ毎日、午後6時から7時の間に、松永からの電話で、彼ら家族が寝起きしていた小倉北区東篠崎にある東篠崎マンション(仮名)に呼びつけられている。そこで部屋の掃除をしたり、怒られて通電されたりしては、午後11時に片野マンションに戻っていた。

 私が取材で得ていたのは、中学時代の清美さんは、休みがちながらも学校に通い続け、友達の前では笑顔を見せていたということ。当時の彼女は、真新しいメモ帳に架空のスケジュールを書いていた。それは、カラオケに行ったり、コンサートに行ったりという、実際にはない予定だった。

「自分に何も楽しい予定がないのを同級生に知られると、学校で仲間に入れてもらえないと思って、嘘を書いていた……」

 そのように彼女が警察での事情聴取で語っていたことがわかっている。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)