アメリカの過激主義運動「ブーガルー」に日本のネット文化が与えた影響とは

アメリカの過激主義運動「ブーガルー」に日本のネット文化が与えた影響とは

ハワイアンシャツに身を包んで武装したブーガルーのメンバーたち ©AFLO

 5月25日にミネアポリスで警官の過剰な拘束により黒人男性が死亡して以来、アメリカでは抗議活動や暴動といった混乱に見舞われている。この混乱の中、様々な勢力がアメリカ国内でひしめき合っているが、最近になってブーガルー(Boogaloo)についての報道が国内でも相次いでいる。時事通信(2020年6月22日)は次のように伝えている。

〈米国で、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件に対する抗議デモに便乗して、騒乱や内戦を画策する過激主義運動「ブーガルー」の台頭が指摘されている。新型コロナウイルス対策で外出規制を発動した公権力への不満を背景に、オンラインで勢力を拡大。賛同者が殺傷事件も起こしており、治安当局は警戒を強めている〉

 銃で武装し、ハワイアンシャツの上にタクティカルベストを装着した奇妙な集団は、今年になって反銃規制集会、反ロックダウン集会等で目撃されるようになり、ブーガルーボーイズと呼ばれている。

■警官殺害や爆破テロ計画も

 ブーガルーの語源は、1984年に公開された映画「Breakin' 2: Electric Boogaloo」からきている。出来の悪い続編を意味するネットスラングだったが、運動では第二次南北戦争(内戦)の意味で使われている。緩い繋がりを持つ運動で中心的なリーダーは存在しないが、その目的は前述の記事中にもあるようにアメリカ国内での騒乱、内戦の招来にある。その思想的背景として、資本主義のプロセスを進めることで国家秩序の徹底的な解体を目指す加速主義との関連が指摘されている。

 すでにブーガルー信奉者による死者も出ている。5月29日にカリフォルニア州オークランドで行われていたBlack Lives Matter(黒人の命は大切だ)のデモの最中に車から警官を銃撃して殺害し、さらに自宅に来た警官を待ち伏せして射殺した容疑で現役の空軍軍曹が逮捕されたが、その自宅からはボンネットに自身の血でブーガルーの隠語である「boog」と書かれた車が見つかっている。

 また、5月30日には、ネバダ州ラスベガスにおいて、デモに紛れ込み暴動を扇動するために火炎瓶を所持していた退役軍人3人がFBIに逮捕された。3人はFacebookのブーガルー関係のグループで知り合い、うち1人はグループの主宰者でもあった。暴動の扇動の他、2人は政府施設の爆破を先月から計画しており、情報を掴んだFBIにマークされていた。

 このように現在問題になっているブーガルーもそうだが、現在のアメリカの極右思想には、ゼロ年代以降の日本のネット文化が影響を及ぼしている。本稿では現象としてのブーガルー等のアメリカの極右運動に、日本のネット文化が及ぼした影響について、「ミーム」を軸として考えてみたい。

■画像掲示板ふたば☆ちゃんねるから4chanへ

 2000年代の日本のネット文化を象徴するものとして、匿名掲示板の「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)は有名だが、匿名の画像掲示板として「ふたば☆ちゃんねる」(2chan、ふたば)がある。

 ふたばには画像をアップロードし、その画像を「ネタ」にした書き込みやおフザけを楽しむ文化があり、日本のネット文化に大きな影響を及ぼしている。2000年代前半のネットを騒然とさせた『くそみそテクニック』等の山川純一作品や、近年では「ヨシ!」の掛け声で知られる『現場猫』も、ふたばがブーム(今風ならバズか)の発端の一つとなっている。バズるネタ画像は、インターネット・ミーム(人から人へ伝播する文化の情報単位。例えばコピペや画像)として拡散して、日本のネット文化の一部となった。

 このふたばを模倣して、15歳のクリストファー・プール氏が2003年に開設したのが英語の匿名掲示板「4chan」だった。ふたばと同様の画像掲示板であり、その楽しみ方もおフザけやジョークが根本にある。その当初は日本文化やゲーム、趣味、アダルトといった7つのカテゴリ掲示板を持っていただけに過ぎなかったが、その後4chanは世界最大の画像掲示板となり、匿名掲示板としても英語圏最大のものとなった。後に4chanに対する反発から、より自由な言論の場として、8chanが設立されている。

■現在の4chanの運営者は2ちゃんねるの創設者

 自由な言論の場として始まった8chanだったが、4chanよりも過激な投稿が目立った。51人が死亡したニュージーランドのクライストチャーチモスク銃乱射事件、23人が死亡したテキサス州エルパソのウォルマートでの銃乱射事件ともに、犯人が犯行前に8chanに「マニフェスト」として犯行声明を投稿していた。このため、2019年8月にネットワーク事業者からサービスを打ち切られ、通常のアクセスが出来ない状態が続いていた。その後、8chan運営は別の事業者を見つけ、8kunに改名(日本語の「くん(君)」に由来。前が「ちゃん」だったことから)し、運営を再開している。

 なお、現在の4chanの運営者は西村博之氏。言わずと知れた2ちゃんねるの創設者だ。そして、8chanの運営者はジム・ワトキンス氏。現在の5ちゃんねるの運営者でもある。日本のネット文化の影響があるどころか、日本のネット文化の中核人物が関与しているのだ。

■大統領選においても無視できない影響

 2016年のアメリカ大統領選挙において、4chanは無視できない影響を及ぼしている。トランプ支持勢力のひとつであったオルタナ右翼は、オンラインコミュニティをその活動領域にしていたが、4chanの政治カテゴリの掲示板である/pol/はその中心地のひとつであり、白人至上主義にまつわるミームの生産拠点であった。

 /pol/で生まれた(変化した)ミームのひとつに、「カエルのペペ」がある。普通のマンガのキャラクターだった「カエルのペペ」のミームを変質させ、白人至上主義者のシンボルに変えてしまい、ネット上に氾濫させた。トランプの大統領就任式演説の際、ワシントンDCでは、ペペのバッジや印刷物を持った聴衆が見られたという。

■4chanからFacebookへ

 一方、ブーガルー運動については、武器や軍事技術を話題とするWeapons掲示板(/k/)がその起源とされている。/k/のトップにある注意書きには、武器・軍事技術の話題に特化した掲示板であること、政治の話題は/pol/(Politically Incorrect掲示板)でやれといったルールが示され、銃の基礎知識、入手法、サバイバル術等が解説されているWikiサイトへのリンクが貼られている。
?

 調査報道グループのベリングキャットのロバート・エヴァンス氏によれば、少なくとも2012年には「ブーガルー」が内戦という意味合いで/k/で使われているのが確認でき、2018年以降に使われる頻度が増したという。同時にその頃になると、/k/のブーガルー信奉者たちはFacebookへその活動を移すようになったとされる。

 現在、Facebookからはブーガルー関連のグループは削除されているが、監視グループのテック・トランスペアレンシー・プロジェクトの4月22日付記事によれば、125のグループと72,686名のメンバーがFacebookで確認されていたという。グループの63%が2月以降に開設されたもので、メンバーの半数は過去30日以内に参加したものだという。アメリカ国内での新型コロナウイルス感染が深刻化し、ロックダウンとそれへの反発が起き始めた時期だ。

■「ISISクソコラグランプリ」が研究対象に

 活動の場をFacebookに移してからも、4chanの気風は抜けていない。ハワイアンシャツに武装というフザけた格好はまさにそうだろうし、Facebookのグループでもアニメや雑なコラージュといったミームが多用されている。ミームの多用は4chanやオルタナ右翼の特徴でもあるが、Facebookでもそれが受け継がれている。

 彼らの言動をふざけているように思われるかもしれないが(実際にそうなのだが)、ミームの影響力は無視できない。実際、アニメ絵のコラージュといったミームの影響力の軍事・外交的な価値が海外では真剣に研究されている。アメリカ政府が出資する海軍分析センターが2018年に発表した報告書「アメリカ政府の影響力キャンペーンにおけるミームの実用性を探る」では、2015年に発生したイスラーム国による日本人拘束事件の際に日本のTwitter上で発生した「ISISクソコラグランプリ」が「ISISの脅迫に対する日本人の抵抗」としてミームの分析対象となっている。

 実際にロシア政府関連のSNSアカウントが、ミームを使った挑発を行うこともあり、ミームは平時の兵器の様相を呈している。トランプ大統領のTwitterアカウントが、クソコラをRTしたりツイートするのも支持者への宣伝であったり、政敵への攻撃であったりするのだ。

 ここまで極右を中心に4chanの影響を書いたが、4chanが生み出したのは極右だけではない。権威主義国家やテロ組織、人種差別組織に対するサイバー攻撃を行ってきたハッカー集団アノニマスも4chanに出自を持っており、幅広い思想・運動に4chanが影響を及ぼしていると言えるだろう。

■短時間で人間の心を動かす画像掲示板

 日本でネット掲示板と言ったら、2ちゃんねるの知名度が圧倒的で、ヘヴィーなネットユーザー以外では、ふたば☆ちゃんねるの知名度はそれほど高いものではないだろう。しかし、海外に目を転じれば、その影響は2ちゃんねるとは比較にならないほど大きいと言えるだろう。

 そして、そこまで大きな影響力を発揮したのは、やはり画像掲示板という特性が大きいと考えられる。インパクトのある画像とわずかに添えられた文字という形式は、短時間で人間の心を動かす。そういう意味で、Twitterも似た傾向を持つだろう。

 だがここで疑問が生じる。なんで4chanはここまで現実に影響力を持ったのに、本家たるふたばは、ネット文化に影響を及ぼしてもリアルでは知名度微妙で、ある意味平和なのだろうか? そして、これから変わってしまう可能性はあるのだろうか?

……銃を持って街に繰り出すより、としあき(ふたばのデフォルトネーム)と特殊性癖語ったり、タキシード仮面の怪文書を笑って読める世界が続くといいなあ。

(石動 竜仁)

関連記事(外部サイト)