コロナ第2波で「若者のモラルが低下している!」と安易に語ることの愚かさ

コロナ第2波で「若者のモラルが低下している!」と安易に語ることの愚かさ

©iStock.com

 7月2日(木)、緊急事態宣言解除以降、初めて東京都の新規感染者が100人を超え、コロナ第2波が本格的に懸念されている。

 この第2波に関して、感染者のボリュームゾーンが20代の若者であることから、「これだから今時の若いやつらは自己中心的でけしからん!」と憤る声もインターネット上では聞こえてくる。だが、「安易に若者を悪者にする論調には危機感を覚えたほうが良い」と語るのは 『屁理屈に負けない!――悪意ある言葉から身を守る方法』 などの著書がある慶應丸の内シティキャンパスの桑畑幸博氏。

 桑畑氏が指摘するメディアやSNSにおける若者論、若者批判の嘘とは?

■情報化社会の落とし穴=「軽率な一般化」

 コロナ第2波における若者批判が危険な理由についてお話しする前に、予備知識として、先日開幕したプロ野球を例に、論理学における屁理屈や詭弁の構造について簡単なご説明をします。

 どんな分野にも「自称評論家」はいます。プロ野球は、その最たるもの。自称評論家同士の論戦もプロ野球の醍醐味のひとつで、インターネットではしばしばこんな意見を目にします。

「あそこでAを代打に出すのは明らかに采配ミス。単に監督が好きな選手だから出してるだけで、結局三振して流れを止めた」

 さて、この「采配ミス」という結論は正しいのでしょうか?

 もちろん結果(三振)だけ見れば、この結論は正しいようにも思えます。しかし、それは結果論であって、監督がその場面でA選手を代打に出した意図やロジックがなかったかと考えると、「采配ミス」という結論はやはり早計と言わざるを得ません。

 ではなぜ、自称評論家氏はそのような推論を述べるに至ったのか? そこには当然、「代打成功率が低い」、「前回の打席で三振していた」などの彼なりの根拠となる「過去の複数の情報」があったと考えられます。

「信号が赤だから止まろう」など、情報をルールに照らし合わせて答えを導き出す考え方を「演繹法」と呼ぶのに対し、上記のように複数の情報をもとに「これらのことから○○と言えるのではないか?」と推論を導き出す考え方を「帰納法」と呼びます。

■考慮すべき情報はそろっているのか

 この帰納法によって、前回の打席内容などから「……ということは」と考えて「采配ミス」という答えを導き出すことは、たしかに一理あります。しかしこの意見には、こんなコメントがつくこともあります。

「前々回の代打では、起死回生のツーラン打ったじゃん。忘れたの?」

「まだゲーム序盤ということを考えれば、ここは切り札のBじゃなくてAでしょ」

 このふたつのコメントに共通している点がおわかりになりますか? それは、どちらも「考慮すべき情報が欠けているよ」と指摘している点です。

■帰納法の落とし穴

 帰納法によって誤った答えを導き出してしまう原因、それはひとえに「サンプリング」、つまり使用した情報の「選び方」にあります。

 私たちは日常的に複数の情報から「これらのことから何が言えるか?」と帰納的に答えを導き出しています。しかし当たり前ですが、世の中のすべての情報を知っているわけではありませんから、自分の「知っている情報」で考えるしかありません。

 すると、先のケースのように「Aが前々回、代打ホームランを打っている」ことを知らなかったり、または忘れていると、周囲から「誤った情報から導き出した誤った推論」、この場合は「ただの結果論」として屁理屈認定されてしまうわけです。

 このように見落とした情報(サンプル不足)や偏った情報によって、間違った答えを導き出してしまうことを「軽率な一般化」と呼びます。

 インターネットで知った根拠の定かでない偏った情報をもとに、「あの民族は」「あの国は」と決めつけている人などは、まさに軽率な一般化の専門家といえます。

 昨今の情報化社会により、私たちは帰納的論理展開の根拠となるさまざまな情報に、驚くほど手軽にアクセスできるようになりました。しかし、その反面「自分はすでに十分な情報を得ている」と勘違いして、早急で安直な結論、つまり軽率な一般化に陥ってしまうリスクも高まっていると言えます。

■「感染者の中心が20代=若者のモラル低下」に隠された印象操作

 さて、この「軽率な一般化」という屁理屈を知ってもらったところで、本題の若者論です。「緊急事態宣言解除後に発表された新型コロナ感染者のボリュームゾーンが20代の若者である」というのはひとつのファクトでしょう。

 では、このたったひとつのファクトから「若者=悪」と決めつけてよいと思いますか? そこに見落としている情報はないのでしょうか?

 東京都は感染者が増加するたびに、「夜の街を中心に検査を行った結果だ」と説明してきました。もしそうであるならば、従業員のボリュームゾーンが20代・30代である夜の街由来の感染者が若者に偏るのは、ある意味当然の結果です。一方で、北海道の「昼カラ」の事例のように、夜の街以外でどれほど感染が広がっているのかは不明です。

■データをどのように読み解くのか

「若者がメインの職場で検査を行ったら、感染者も若者が中心でした」と聞けば、「まあ、そうだろうな」と思うくらいでしょう。しかし、ニュースなどのメディアで「新たに確認された新型コロナウイルス感染者の多くは20代の若者で〜〜」と聞くと、「若者はけしからん!」となってしまう。

 それはなぜか? 少し話を広げます。

 法務省が公開している少年(20歳未満)による凶悪犯罪(強盗・殺人・放火・強制性交)の検挙者数データでは、2000年が1194名、2004年が1567名、2008年が2379名となっています。さて、ではこの情報からどのような答え(帰納的推論)を導き出すことが可能でしょうか?

 ここには数値のデータしかありませんが、私たちが知っている他の情報も組み合わせて考えれば、さまざまな答えを導き出すことが可能です。

 たとえば「インターネットの普及によって少年たちが不適切な情報に触れることが原因のひとつだ」とか「防犯カメラの数が増えたことにより、検挙率が上がっているのでは?」など、その原因や社会的な背景を推測することが可能です。

 さらに、「2020年には4000人を超えるだろう」とか「少年に対しても死刑が適用されるようになるのでは?」といった、これらの数字から今後起こり得る未来や影響を予想することもできます。

■目にしているデータは適切なものなのか

 他にもさまざまな帰納的推論を導き出すことが可能ですが、そのひとつとして「若者たちのモラル低下が著しい」といった「昔(自分たちが若かったころ)は良かった」的な答えを導き出すことも可能で、実際にそうした意見はよく目にします。

 確かに「昔は体罰はダメとかうるさく言われなかったし、最近の若い連中は甘やかされすぎている。だから我慢を知らないし、モラルも低くなるんだ」と言われると、「まあ、それはそうかな」と思えなくもありません。

 しかし、そうやって安直に相手の意見を認める前に、私たちは立ち止まって考えるべきなのです。「ところで、この前後のデータはどうなっているのだろう?」と。

 その前後のデータを調べると、なんと1960年の検挙者数は8212名、2018年の検挙者数は549名となっています。最初3つの数字だけで導き出した「昔は良かった。今は年々、少年が凶悪化している」という答えは、新たな情報を加えたことで成立しなくなってしまいました。

■数字は嘘をつかないが、数字を用いて嘘をつくことは容易

 確かに今は少子化が進んでいるとはいえ、少年の人口は1960年と2008年で2倍もの差はありません。しかし、少年による凶悪犯罪の検挙者数は3倍以上です。

 むしろ、この数字に最近の「キレる老人たち」の事例を加味して、「今の老人たちは若い頃からモラルが低かった」という答えを導き出すことができるほどです。(もちろん、それも「軽率な一般化」です)

 さらに、2018年の数字を見ると、少年たちは「すごくいい子」になっているとすら言えます。

 しかし多くの人はそうした印象を持っていません。内閣府の調査では、「少年非行が増加している」と感じている人が過半数を超えています。つまり、「事実」と私たちの抱く「イメージ」に乖離があるわけです。

 では、なぜそうしたことが起こるのでしょう?

 その大きな原因のひとつに、マスメディアによる報道があります。世の中では常に多くの事件や事故が起きていますが、何かひとつ重大な事件、事故が起こると、それに類するものがピックアップされ、過剰に報道されてしまいます。

 たとえば高齢者による自動車事故や煽り運転による事故。これは「急に増えた」わけではなく、単に「今まで報道されなかったことが、ひとつの事件をきっかけに報道されるようになった」だけです。そして、朝から晩まで同様の事件、事故が報道されることで情報が偏り、誤った推論(この場合はイメージ)が形成されてしまうのです。

「若者がメインの職場で検査を行ったら、感染者も若者が中心でした」ではなく「新たに確認された新型コロナウイルス感染者の多くは20代の若者で〜〜」と連日耳にすれば、「若者が身勝手なせいで社会が危険に晒されている!」といった怒りや憎しみが少なからず刷り込まれていきます。

■東京の人間は身勝手なのか?

 同様に、東京都の新規感染者数が連日報道されれば、「東京の人間は身勝手だ」というイメージが刷り込まれていきます。

 しかし、緊急事態宣言全面解除後の初めの週末となった5月29日(金)の人出増加率を見てみると、東京は突出して人出が減っており、新宿駅で-50.1%、渋谷センター街で-43.4%、東京丸の内は全国の観測地でもっとも少ない-65%でした。(大阪・難波は-28.8%、福岡・天神は-27.6%)※NTTドコモ「緊急事態宣言前後における全国主要都市の人口変動分析」より、数値は昨年同月比

 ここでマスメディアの批判をしたいわけではありませんが、まずはマスメディアの発信する情報にはそうした性質、ある種のバイアスがかかっていると理解し、良くも悪くもそうした報道姿勢によって世論は少なからず影響を受けるという現実は、直視する必要があります。

■都合のいい情報だけをピックアップする「チェリーピッキング」

 では、先の少年による凶悪犯罪件数から導き出されたような誤った帰納的論理展開を見抜くにはどうすればよいのでしょうか? それは、「結論ありきで都合のいい情報だけピックアップしているのではないか?」と疑うことです。これを「チェリーピッキング」と呼びます。

 営業担当者が競合他社との比較表を作って自社製品の優位性を説明する際、自社が勝っている項目のみで比較表を作るのも、自分の主張を説明する際に賛成してくれた人の声だけを紹介して「AさんもBさんもこのように賛成しています」と説得するのも、メディアが街頭インタビューで特定の個人の意見を「街の声」と紹介するのも、ほとんどがこのチェリーピッキングと言っていいでしょう。

 ですから、誰かが複数の情報を挙げて「これらのことから」と説明を始めたとき、それが屁理屈や詭弁であるかどうかは「サンプル不足ではないか?」「チェリーピッキングではないか?」と疑うことで見えてきます。

■そのデータは捻じ曲げられたものではないのか?

 そしてもうひとつ、誤った帰納的論理展開と戦うときに忘れてはならないポイントがあります。それは「使った情報の真偽」です。

 ねつ造されたデータや意図的にねじ曲げられた誰かの意見を基に「これらのことから」と言うのは明らかに「悪意ある卑劣な行為」です。また、悪気はなくてもデマを真に受けてSNSで拡散してしまったり、データに計算ミスがある場合もあります。

 ですから、「これらのことから〜〜」と推論にすぎない意見をさも当然のごとく押し付けられた場合は、根拠となる情報サンプルの背景にある偏りやその真偽にも気を配るクセをつけておく必要があります。

「新型コロナ感染者には若者が多い」と聞いて、若者憎しの世代間断絶が生まれる。「東京で感染者が爆発」と聞いて、東京と地方の断絶が生まれる。

 今世界が直面している未曽有の危機を乗り越える上で、そうした断絶が言葉の表現方法や詭弁、屁理屈ひとつによって生まれてしまうのは、悲劇としか言いようがありません。

 もしあなたが感染したとき、医療機関でリスクを抱えながら治療にあたってくれるのは、20代・30代の若い医療スタッフなのですから。

(桑畑 幸博)

関連記事(外部サイト)