江戸時代から残る国宝天守 犬山城の絶景“写真スポット”を知っていますか?

江戸時代から残る国宝天守 犬山城の絶景“写真スポット”を知っていますか?

木曽川の対岸から望む、犬山城の天守。

 毎年多くの観光客が訪れる、犬山城。人気の理由のひとつは、江戸時代から残るフォトジェニックな国宝天守です。天守は高さ約19メートル、天守台も含めると約24メートルとさほど高くはありませんが、木曽川南岸にある標高80メートルの断崖上に立つ姿は、凛としたかっこよさがあります。

 犬山城は、断崖のもっとも高いところに本丸を置き、杉の丸、樅(もみ)の丸、桐の丸、松の丸と曲輪(平坦地)が階段状に並ぶ構造です。天守は本丸の奥まった場所に立ち、搦手(裏手)が木曽川に続いています。木曽川沿いの断崖上に築かれているのは、天守最上階からの絶景を楽しむためではなく、こうすることで木曽川が城の背後を守ってくれるからなのです。

 この地は美濃(岐阜県)と尾張(愛知県)の国境にあたり、木曽川の対岸は美濃です。犬山城は、天文6(1537)年に織田信長の叔父・織田信康が築城。中山道と木曽街道にも通じることから交易・政治・経済の要衝として栄え、その交通の利便性から戦国時代には何度も激戦が繰り広げられました。豊臣秀吉と徳川家康・織田信雄が衝突した小牧・長久手の戦いの舞台にもなった城でもあります。

■「白帝城」と謳われた名城

 天守のおすすめの撮影スポットは、2つ。ひとつは、犬山遊園駅北側の犬山橋からのアングルです。西向きなので、夕景ならベストスポット。満月と天守をセットで撮影することもできます。もうひとつは、木曽川の対岸。ライン大橋を渡り、犬山城を右手に木曽川沿いを歩くと、いくつかの撮影スポットを発見できます。

 ちなみに、犬山城が別名「白帝城」と呼ばれるのは、江戸時代の儒学者・荻生徂徠が、中国の白帝城(重慶市)にちなみ名付けたためです。木曽川沿いに建つ犬山城が、長江を臨んで建つ風光明媚な白帝城を連想させるとして命名したとされます。白帝城は揚子江三峡のひとつに数えられ、「三国志」や李白の漢詩でも知られる名所。荻生徂徠の目にも、犬山城はそれほど美しく見えたのでしょう。

■天守最上階にある特別空間からの眺望

 天守最上階からの眺望のよさも、犬山城の魅力です。最大の特徴は、壁面の外側をめぐる、バルコニーのような「廻縁(まわりえん)」を1周できること。廻縁は天守に必ずついているイメージを持たれますが、実際にはそれほど存在しません。木造で腐朽しやすいため、室内に取り込まれたり、高欄(手すりの部分)だけが飾りとしてつけられることが多いのです。

 犬山城の天守は、廻縁を1周できる貴重な例。全国に現存する12棟の天守のうち、廻縁を1周できるのは犬山城と高知城だけです。廻縁からは木曽川を見下ろせ、濃尾平野の見事な展望、遠くに岐阜城や名古屋市街地までも一望できます。濃尾国境を制した気分にもなれるでしょう。通り抜ける風が心地よく、時間を忘れます。

■木曽川の鵜飼で、犬山の歴史を丸ごと堪能

 ところで、木曽川を遊覧する船上から天守を見上げられるのをご存知でしょうか。「木曽川うかい」の観覧船に乗れば、犬山の夏の風物詩である木曽川の鵜飼と、木曽川の遊覧が楽しめます。

 船上から見上げる犬山城の天守は、対岸から望むのとは異なり、迫力満点。断崖が迫り来るような感覚があり、天守もより勇壮に見えます。ほんの少しの角度の違いですが、だいぶ印象が異なります。まさに“知られざる顔”に出合えた気分です。

■「鵜飼でおもてなし」は織田信長が始めた

 船上の居心地のよさもたまりません。穏やかな水上の優雅な雰囲気が、なによりの贅沢。電車や車などの生活音が遮られ、とても静かな時間が流れます。また、水面に近いため、とてもひんやりと感じます。かつての城主達も、船上で涼を取りながらこの景色を愛でたのかもしれません。

 鵜飼の起源は古墳時代ともいわれ、美濃では702(大宝2)年の「鵜養部目都良売(うかいべめつらめ)」という記述が初見です。1300年以上の歴史があり、室町時代には将軍・足利義教が長良川で鵜飼を観覧したという記録もあります。現在のようにおもてなしのひとつとして取り入れたのは織田信長で、武田信玄の使者が美濃を訪れた際に鵜飼観覧に招待したとされています。

 1615(元和元)年に徳川家康・秀忠父子が観覧したのを機に、将軍家への鮎鮨献上が開始し、やがて尾張藩では長良川鵜飼の上覧が慣例となりました。犬山では、城主の成瀬正親が17世紀後半に御料鵜飼として始め、鵜匠を保護したといわれています。

撮影=萩原さちこ

◆◆◆

 犬山城をめぐる旅の模様は、「文藝春秋」7月号の連載「一城一食」に掲載しています。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(萩原 さちこ/文藝春秋 2020年7月号)

関連記事(外部サイト)