「尖閣諸島沖で中国漁船を発見!」元海上自衛官が描く“有事シミュレーション”の壮絶さ

「尖閣諸島沖で中国漁船を発見!」元海上自衛官が描く“有事シミュレーション”の壮絶さ

尖閣諸島 ©AFLO

 2020年4月中旬から連日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺において中国公船が確認されている。7月2日現在で異例の80日連続を記録するなど、その緊張感はかつてないほどに高まっている。

 そんな中、日本の防衛戦略に警鐘を鳴らした“ドキュメント・ノベル”が注目を集めている。元自衛隊特殊部隊員の伊藤祐靖氏による『 邦人奪還 』だ。同書は、尖閣諸島・魚釣島の灯台に、中国の特殊工作員が中国国旗を掲げる事件から始まる。北朝鮮で有事が起き、それに日本人が巻き込まれたとき、政府や自衛隊はどう動くのか。「非常にリアルなシミュレーション」と話題の同書より、冒頭部分を特別公開する。

◆◆◆

■《プロローグ 海鳴り》

 月の明かりが海面に反射し、水平線へと続く一本の道になっていた。月は、水平線に向かって加速度的にスピードを上げ、遂に接触した。道は一気に月に到達したが、月が沈むにつれ細くなり、月没と同時にその姿を消した。

 瞬きをすることすら忘れてしまいそうなこの光景を見ている者はいない。なぜなら、ここは絶海の無人島、尖閣諸島魚釣島だからである。

 周期的に海鳴りを伴ってやってくる大波は、背丈ほどの岩を豪快に呑み込んでは引いていく。波が引くと、岩の足下には星の明かりが作る僅かな岩の影が映っていた。

 その影の中を、獲物に忍び寄る大型爬虫類に似た動きで進む生き物がいる。音もなく、滑らかに、美しいほど不気味に進んでいる。その生き物は、日本政府より出撃を命ぜられた防衛省初の特殊部隊、海上自衛隊特別警備隊の藤井義貴3佐、黒沼栄一曹長、嵐康弘2曹だった。

■ネットで広まった“合成写真”

「尖閣諸島、魚釣島北方20マイル約37キロ。(注:1マイルは、海上では約1.85キロ)で、100〜110隻の中国漁船が操業中。なお、その付近を5隻の中国海警局哨戒船も航行中」

 那覇の第十一管区海上保安本部から霞が関の海上保安庁本庁に報告が入ったのは、20××年8月2日午前9時のことだった。

 この情報は、中国の国旗を揚げた無数の漁船が魚釣島を取り囲んでいる画像と共にネットに流れた。明らかな合成写真であったが、ネトウヨと呼ばれる人々が盛んに拡散したことで、量が質を凌駕するごとく「とうとう偽装した中国の海上民兵が魚釣島を占拠する!」という危機感が広まった。

 当の報告を受けた海上保安庁本庁と報告をした十一管本部は、淡々と業務をこなしていた。それは当然のことで、尖閣諸島の周辺に中国漁船が集まっているのは確かだが、ほとんどの船は魚釣島から20マイル離れた海域に点在しているにすぎなかった。また、それら中国漁船は日中漁業協定の附属書簡で取り決められている規約通りに漁を行い、中国海警局哨戒船も取り決め通りに中国漁船を監視していた。

 日中漁業協定は、1997年11月に時の内閣が締結し、附属する書簡は、当時の外務大臣が駐日大使宛てに出した。そこには、要するに「尖閣諸島周辺は、領海(注:陸岸から12マイル=約22キロ)外であれば、排他的経済水域内であっても、漁業に関する自国の関係法令を適用しない」と記されている。

 さらに、6月1日から8月1日までは中国が定めた禁漁期であり、それが解けた8月2日に中国漁船が大挙してやって来るのも当然で、違法操業の監視をするために中国海警局の哨戒船がついて来るのも自然な流れであった。これは毎年起きている恒例行事で、海上保安庁は日本の領海内でこれを監視するために、今年も8隻の巡視船を張り付けていた。

 海上保安庁の報告から2週間近くが経過したが、日本領海に近づく中国漁船はなく、日中漁業協定を遵守しながら、強力な集魚灯を使って巻き網漁を行っていた。ネトウヨが広めた噂はガセに終わり、2週間も経つと、ガセを流した者も、乗った者も、何事もなかったかのように振る舞っていた。

■《第1章 尖閣占拠》

 尖閣諸島 魚釣島沖
 20××年8月14日23時52分

 変化は、日付が8月14日から15日に変わろうとする深夜に起きた。

 中国漁船群を監視するために尖閣諸島周辺海域に来ていたPS型巡視船「みずき」(石垣海上保安部所属)の船橋では、主任航海士の小島義晶二等海上保安正と数名の海上保安官が勤務していた。

「小島さん! 右50度、4.8マイル(約9キロ)、2隻の漁船、動き出しました。領海の方向です」

「了解。あの紅灯だな。2つ視認した。面倒なことにならんといいがな。一応記録をとるぞ。ビデオだ、ビデオ撮影しろ」

「ビデオ撮影開始しました」

■「50分後に日本の領海に入ります!」

 小島は、部下への指示が終わるや否や、部屋で休んでいる船長の岩本良一一等海上保安正へ電話をした。

「小島です。右50度、4.8マイルの漁船、針路を日本の領海に向けて動き出しました。録画開始しました。はい、ちょっと嫌な感じです。近づいて注意喚起を行います」

 船橋の保安官が、声を張り上げて報告した。

「小島さん! 中国漁船の針路205度、速力5ノット(時速約9キロ)、このまま行くと50分後に日本の領海に入ります!」

「了解。おもーかーじ。漁船を左10度に見ながら近づく」

 小島からの報告を受けた岩本が、学生時代に柔道で鍛えた大柄な身体を揺らしながら、真っ暗な船橋へ上がってきた。深夜だというのに気温は29度、海水温度は31度もある。気温より熱い海面からの風は、水分をたっぷり含んでいて岩本の首元をじっとりと湿らせた。

「あ、船長。現在、左10度の紅灯が漁船です。50分後に領海に入ります。このまま近づき、300メートルを切ったところで、取り舵をとって同航にします。一旦同航にして、水空き30メートルで追い越します。追い越したところで同速にします」

 潮のついたオークリー製フレームの度付き眼鏡をていねいに拭きながら、岩本が小島の報告に答えた。

「そうか、それでいい。船隊指揮には報告したんだな?」

「報告しました。他にもおかしな動きをしている中国漁船がいるらしく、1隻で対処しろとのことです」

「他にもか……。わかった」

 にこりと岩本が頷くと、それまで緊張していた船橋の空気が少し柔らかくなった。

■中国漁船への警告を準備

 岩本は「なるほどな」と小声で呟いた。それは、勤務評定に書かれている小島と、自分が見てきた小島に大きな隔たりがあったからだ。勤務評定では非常に高く評価されているのだが、航海のない時の小島は、連日深夜まで酒ばかり飲んでおり、午前中はほぼ使いものにならないような人間なのである。だが、今は、中国漁船の動きに素早く反応し、テキパキと指示を出して、船長である自分への報告も完璧だ。これなら彼に任せておける。

 巡視船の真正面には、水平線に沈む月があった。鏡のような海面に自らを映しながら沈んでいく月を、岩本は凝視していた。神々しい、と感じた。

「小島、月ってこんなに赤いんだな」

「はい」

 酒と仕事以外に関心の薄い小島にとって、月はただのまぶしい物体だった。

「不思議に思わんか? 月自体は赤いのに、月の光は青いんだぞ」

「はい。船長、取り舵をとって、同航にします」

「うん」

 岩本は、話に乗ってこない小島に苦笑した。そんな岩本にお構いなく、小島は先を見越した適切な指示を出していった。

「おい、5分後に右舷のライト・メール(注:電光掲示板のようなもの)で、『貴船は、日本の領海に向かっている。直ちに針路を変更せよ』と中国語で流すぞ。準備しておけ」

■漁船からの“意外な応答”

 巡視船「みずき」は、中国漁船2隻を右舷に見ながら同じ針路で30メートルの水空きを保ち、ライト・メールで針路変更を要求しながら追い越して行った。先頭の漁船を追い越し、2隻の漁船からライト・メールが見える位置につくと、速力を落として同速とした。

 それから1分ほど過ぎた時だった。突然、船橋のVHF無線のスピーカーから流暢な英語が聞こえてきた。

「ジャパン・コースト・ガード、こちらは中国漁船。我々2隻は、現在操業をしていない。漁場を変更するため、一時的に日本の領海を横切る。無害通航権を行使する」

 漁船からの応答とは思えない無線に、ついさっきまでテキパキと仕切っていた小島は驚き、固まってしまった。狼狽する小島の様子を見て、指揮下の者たちも固まった。その狼狽ぶりが伝染したのだ。

 全員の様子を見ていた船長の岩本が指示した。

「応答しろ。『ディス・イズ・ジャパン・コースト・ガード、ラジャー・アウト』だ!」

 岩本は、まだ固まっている小島に諭すように言った。

「立入検査は実施しない。寝ている者をわざわざ起こすことはない。漁具は甲板上になかったから、漁業準備行為もなかった。今の位置関係を維持して、領海外に出るまで併走する。ライト・メールを消せ」

■「海警局からの入れ知恵に決まってる」

「はい、わかりました。……すいません、船長。自分は頭が白くなってしまいました。まさか中国漁船からVHF無線で英語の応答があるとは。それに、尖閣周辺海域は中国の領海だといつも主張しているのに、無害通航権を言ってきました。そこが日本の領海であることを認めたことになりますよね?」

「公船、海警局の哨戒船が言ったとなりゃ、中国政府が認めたことになるけどな。しかし、不自然だ。あの反応は漁船からとは思えない。漁師が無害通航権なんて言葉を使うか? しかも英語でだぞ。海警局からの入れ知恵に決まってる。こっちの体力を消耗させるのが狙いだよ。こんな時間に立入検査をするとなりゃ、寝ている者を起こさなきゃならない。その手には乗らんぞ。おい、ビデオは回しているな」

「大丈夫です。証拠映像は撮ってます」

「あとは、伴走して漁業準備行為の監視だ。やりやがったらしょうがない。直ちに止めて立入検査をする」

 2隻の中国漁船は一列で航行しており、その左側30メートルを巡視船が追い越して行った。海上保安官たちは、追い越して行く際に甲板上を注意深く見ていた。漁具が置いてあれば、操業をしていなくても漁業準備行為として無害通航権は認められないからである。

 当初は後ろの漁船を注視していたが、追い越した途端に意識は前の漁船に集中していった。それが相手の狙い通りだったとは、「みずき」の誰一人気づくことはなかった。

■日本国旗を捨て、中国国旗を揚げる……

 後ろの中国漁船の船倉にあるのは、小さな赤い明かりだけだった。

 魚の血かぬめりか、それともオイルか他の液体か、シミだらけの木の床に5人の男たちがあぐらをかいて頭を突き合わせていた。

「とにかく潮に乗れ。西から4ノット(時速約7キロ)程度の黒潮がある。これに乗ればフィン・キックなしで釣魚島に着く。潮に乗れなかったら島にはどうやっても到達できない。だから、バディーとはぐれても、慌てる必要はない。釣魚島灯台のライトを常に東に見て潮に乗っていれば、必ず灯台付近に全員集結できる。いいな?」

「はい」

 リーダー格の男の話を、他の4人が床を見つめながら聞いていた。

 男の声は、夜間戦術行動をする者が用いる独特な出し方だったので響かず、至近距離の者にしか聞こえない。声が通る北京語でさえ、3メートルも離れると音として届かない。

「上陸したら、まず、灯台の日本国旗を捨てる。そして、中国国旗を揚げる。揚げ終わったら山を上がり、標高100メートル付近の水が出る可能性の高い2ヶ所へ行き、掘って水が出て来るかを確認する。出て来れば、さらに掘って水が貯まるように簡単な井戸を作る。場所はここだ」

■「日本という国は、そうそう簡単に軍隊を出さない」

 リーダーは、日本の国土地理院が発行した精巧な魚釣島の地図を広げて言った。

「水場さえ押さえれば、長期籠城が可能になる。2ヶ所で井戸を作り終わったら、灯台付近に戻る。13時には戻れるだろう」

「高い場所に水場を確保することと、長期籠城とどんな関係があるんですか?」

「この島の急峻な山に夜間パラシュート降下はできない。昼間にヘリで来れば狙い撃ちだ。となれば、海から、要するに下から来るしかない。こっちが山にいれば、上から攻撃ができて絶対的に有利だ。食糧のヤギはどこででも手に入るんだから。高いところに水場を確保していれば、そこを拠点にできる」

「わかりました。日本の軍隊はどの段階で動きますか?」

「日本という国は、そうそう簡単に軍隊を出さない。最初は警察、おそらくコースト・ガードだ。それを出すのにも時間がかかる」

「具体的にいつ頃と予想していますか?」

「明るくなって水平線が見えてくるのは朝の5時くらい。コースト・ガードが灯台の中国国旗に気づくのは、完全に明るくなる日の出以降。早くて6時過ぎだ。これが東京に報告され、大騒ぎになり、議論の末に出動命令が下るのは半日後だ。奴らが灯台付近に来るのは夕方、どんなに早くても15時だろう。だから、我々は水の確保がうまくいかなかったとしても、15時までには灯台に戻る」

■絶対に殺してはいけない

 リーダーの淀みのない説明に、4人は頷いていた。

「コースト・ガードは旗を日本国旗に戻すため、灯台付近に来る。そこを攻撃する。ただし、絶対に殺すなよ。怪我までだ」

 4人のうちの一人が質問した。

「反撃して来たらどうするんですか? 手負いの獣ほど恐ろしいものはない」

「撃ち返しては来ない。現場が撃とうとしても、日本のトップが絶対に許可しない」

 今度は、別のメンバーがリーダーに食ってかかった。

「許可しないって、そんな……。そうしたら、ただ撃たれるだけです。それでも日本は許可しないんですか? 第一、そんな指示に日本人は従うんですか?」

「そうだ。日本人は、信じがたいくらい権威に弱い。上位者からのどんな指示にでも黙って従うから、政治家や官僚は現場の者に命があることを忘れてしまっている。それにすら異を唱えないのが日本人だ」

■ある一線を越えると日本人の性格は変わる

「本当ですか? 抗う奴はいないんですか?」

「いない。しかも、あの国は決断を嫌い、どこまでも譲歩をしてくる。際限なしの泣き寝入り国家だ。ところが、ところがだ。ある一線を越えると大変なことになる」

「え?」

「お前の一発で日本人が死んだ時は、どうなるかわからない。国民の性格が180度変わって、手がつけられなくなる。だから、もし反撃されても、絶対に私の指示なく撃つな」

「はい、わかりました」

「よし、3時30分に入水する。最終準備を行え。月明かりはない。月はさっき沈んだ」

 5人の男たちは、2ミリの薄いウエットスーツを着て、防水のバックパックに注意深く息を吹き込んでいた。中には中国製のノリンコ拳銃と予備弾倉3つ、銃床部が折り畳めてコンパクトになるロシア製のAK−47ライフルと予備弾倉5つ、オリーブ・ドラブ(濃い緑色)に塗装された手榴弾3つ、刃渡り20センチのサバイバル・ナイフ、通信機、メディカル・パックが入っている。地上では重量が30キロ近くになるバックパックだが、空気で浮力をつけて水中での重量を1キロ程度にしようとしていた。作業中の彼らの傍らには、通常の2倍の長さのロング・フィンがあったが、光に反射する水中マスクや、仰向けで泳ぐには向かないシュノーケルはなかった。

 5人は入水するために漁船の右舷に集まり、互いに装備品の装着状況をチェックする。

■「奴らが動き出しました」

 リーダーが入水することを無線で伝えると、前方の漁船の甲板上で小さな赤いライトがチラチラと動き出した。

「小島さん! 奴らが動き出しました。漁具の準備をするかもしれません」

 巡視船「みずき」の海上保安官たちは小さな赤いライトを見逃さなかった。ある者は双眼鏡で、ある者は暗視装置で、その小さなライトを追っていた。見えそうで見えないのが歯痒い。しばらくしてライトは消えた。

「見えたか?」

「いや、漁具はいじってないです」

 海上保安官の視野は、完全にコントロールされていた。前方の漁船でちらつくライトを注視するゆえ、その1分、2分の間に後方の漁船から入水した5人に気づく者はいなかった。

 相手の心理を利用し、少しの時間でも操ることが作戦の成否を大きく左右する。これを戦闘センスと言う。

 その後も、「みずき」は2隻の中国漁船に伴走し続けた。何事も起こることなく、数時間が経っていった。

(伊藤 祐靖)

関連記事(外部サイト)