「タンタンは日本一やと思う」まもなく帰国の神戸のアイドル・タンタンと飼育員の絆

「タンタンは日本一やと思う」まもなく帰国の神戸のアイドル・タンタンと飼育員の絆

颯爽と屋外運動場に姿を現すタンタン ©二木繁美

 2020年7月に「日中共同飼育繁殖研究」の契約期間を満了し、中国へ戻る予定の神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ、タンタン(旦旦)。当初は、7月となっていた帰国予定日だが、新型コロナウイルスの影響で、今のところ未定となっている。

 20年間みんなを元気づけてくれたタンタン……。タンタンって、どんなパンダだったの? お別れ会は開かれるの? タンタンが行く施設って、どんなところなの?

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策のため、ジャイアントパンダの観覧が抽選制となっている同園。なかなか気軽に行けないし、情報が足りない! 気になってしかたないタンタンのことを、担当飼育員さんと、同園の園長に聞いた。(前後編の前編/後編は こちら )

◆ ◆ ◆

■タンタンの飼育員さんは2人

 新型コロナウイルスの影響で、休園していた同園も6月1日から開園。当初は兵庫県民と、同園に寄付をしている動物サポーターのみの入場だったが、他府県の人間も6月29日から平日のみ、7月13日(月)からは、土日も含め、抽選制でタンタンの観覧が可能となっている。

 7月3日からは、園内が混雑していない場合に限り、だれでも当日入園が可能となっているが、タンタンの観覧には、公式ホームページからの事前申し込みが必要なので、注意が必要だ。

 タンタンを担当する飼育員は、梅元良次さん(38)と、吉田憲一さん(51)の男性2人。なんだか少ない気もするが、「うちはタンタンだけなので、2人で回してます」と梅元さん。1頭に2人なのだから、恵まれているのかもしれない。

 2人がタンタンの担当になったのは、梅元さんが2008年、吉田さんは2009年。2人とも、タンタンとは10年以上のつきあいとなる。出会った頃と今とでは、タンタンは何か変わったのだろうか。

「タンタンは基本おっとりだけど、神経質でマイペース。でも、年を重ねるにつれて、落ち着いてきた感じはしますね」と梅元さん。「だいぶ、堂々としてきたよね」と、吉田さんもうなずく。

 入園者に背中を向けてえさを食べたり、前足で顔を覆って眠る姿から、“恥ずかしがり屋”と称されるタンタンだが、そのあたりも変わってきたのだろうか。

「タンタンはいまでも後ろを向くこともあります。その辺を指して、恥ずかしがり屋というのかな? そのあたりはぼくらも、正面にえさを置くなどして、工夫しています」(梅元さん)

 タンタンが同園にやってきたのは4歳のとき。担当になったのは、梅元さんがタンタン12歳、吉田さんがタンタン13歳の時から。年齢と共におおらかになってきてはいるものの、基本的な性格は変わっていないようだ。

■「#きょうのタンタン」を発信しているのは

 新型コロナで休園している間、タンタンの様子を知る手段として、人気を集めていたのがツイッターだ。再開した現在も、毎日発信されている。食べたり、寝たり、タンタンの日常がうかがえる「#きょうのタンタン」。これは誰が発信していたのだろうか。

「ツイッターは、主にぼくが担当させてもらってます」と梅元さん。「梅元君が休みの日だけ、ぼくや事務所の広報の人が担当していました。でも、ほぼ梅元君が一人でやっているようなものやね」と吉田さん。

「#きょうのタンタン」には、タンタンのあられもない寝姿や、おいしそうに竹を食べる姿などが、多いときで、1日5回から6回アップされている。


「いまはコロナの関係で、動物園に来たいけど、来られないという人が大勢います。ですので、遠方の方にも、リアルなタンタンを見て欲しいと思って始めました」と、梅元さん。なるべく回数を、多くアップするようにしているのだという。

「いつものタンタンの様子がわかるように、食べているところや、寝ている姿などの日常の姿をメインに、アップしています。つぶやく回数が多いので、内容が同じにならないように、気をつけていますね。文章もちょっと面白くしたいなと思って、タグなどをいろいろ工夫しているんです」と話す。(同前)

 梅元さんが付けるタグは、ほほえむような表情の写真につけられた「#あなたが笑うとぼくもうれしい」や、カメラの方へ寄ってくる動画に添えられた「#おねだりなこの子」など、近くにいるからこそ書ける、タンタンへの愛にあふれたものが多い。


「タンタンのファンの方々にも、喜んでいただけているみたいで、だんだんハードルが上がって来ています」と、梅元さんが笑う。ツイートにはファンからの感謝や、タンタンへのメッセージのコメントも、たくさんついている。

 さらに「今日のタンタンをやりはじめてから、タンタンっていう名前が、ちょっと身についたかな」と梅元さん。一体、どういうことだろうか。

「実は、ぼくらはタンタンのことを、中国名のソウソウ(爽爽)って呼んでるんです」と、横から吉田さんが補足してくれた。タンタンとは、日本に来たときに一般公募で付けられた愛称で、もともとの名前は「爽爽」。中国語ではシュワンシュワンと読むのだが、吉田さんいわく「むずかしくて言えなかったから、ソウソウと呼んでいる」とのこと。


「ソウソウって呼んだ方が、よく反応するかな。ガードマンのおっちゃんも、ソウソウって呼んでるよね」と梅元さん。吉田さんは「中国では、シュワンシュワン(爽爽)で登録されているので、中国に帰ったら、シュワンシュワン(爽爽)と呼ばれるんじゃないかな」と話す。

 タンタンの名前が、一般公募で決まったのは知っていたが、まさか愛称だったとは……。

■飼育員さんとの絆

 ホームページの「タンタンの履歴書」には、タンタンが得意なこととして「ハズバンダリートレーニング」と書いてある。ハズバンダリートレーニングは、日本語に訳すと「受診動作訓練」。健康診断の採血や検温、投薬などをストレスなく行うため、自主的に手足を出すなどの動作を、覚えさせるための訓練のことを指す。

「ハズバンダリートレーニングは、性格や環境によって、向き不向きがあります。タンタンには、資質があると思う」と梅元さん。「そこを伸ばしていったのが、歴代の飼育員さんたちです。さらにぼくらが実際に中国に行って学び、健康診断でも使えるレベルまで、訓練してきたんです」(梅元さん)


「最初は、採血するのにも苦労したよね」と梅元さん。吉田さんも「アドベンチャーワールドのハチミツで気を引く間に採血するヤツ、すごいよね。でもタンタンはハチミツが好きじゃないから」と話す。

「タンタンはすごく頭がいいと思う。トレーニングでも、ぼくらが『こうしたら、こうしてくれるんちゃうかな』と、思う通りに動いてくれる」と吉田さん。

 梅元さんも「うちはこの子だけなので、お世話に集中できるというのもあるけど、トレーニングがうまくいってるのは、タンタンの資質も大きいと思ってます。個人的には、タンタンは日本一やと思ってますよ」と笑う。2人とも、タンタンがかわいくて仕方ない様子だ。

「タンタンが高齢なこともあって、検査や投薬をスムーズにできることは大事です。わからないことがあると、中国の人たちにやり方を聞いたりしていますね。最初は、自分たちで何とかしたいという意地があったけど、やはり向こうの技術はすごいですからね」(吉田さん)

 タンタンは頻繁に検査をするのだろうか?

「週に2回、エコー、血圧、聴診に歯や目の検査など、獣医師による健康診断を受けています。最初のうちは戸惑うこともありましたが、ハズバンダリートレーニングのおかげで、さほどストレスもなく、しっかりと健康管理できていますよ」(梅元さん)

■実はグルメなタンタン!

 現在24歳のタンタン。人間で言えば70代と高齢だが、食欲は衰えていない。しかも、めちゃくちゃグルメなのだという。

 前述の通り、多くのパンダが好きだというハチミツには、なぜか興味を示さないそう。「りんごの方が、圧倒的に好きだよね。仕方ないから、りんごにハチミツ塗って、そしたらやっと食べる感じ」(梅元さん)。香りの強いものが、好きだというタンタン。一番の好物は、ぶどうなのだという。

「気に入らない竹を食べないのは、当たり前。日常の光景です」と梅元さん。「同じ場所から、同じ人が持って来た竹でも、束によって全然食べない。毎週、好みが変わるんですよ」と吉田さんも笑う。

「おいしそうに見える、緑の葉っぱは食べないんです。ちょっと古い黄色い感じの葉っぱが好きなんですよね。アドベンチャーワールドの永明さんも、そうだと聞いてます」と梅元さん。

 永明もかなりのグルメだというが、タンタンも負けてはいないようだ。

 園内にも、タンタンのために、竹を植えているのだという。「竹というよりは、タケノコを食べさせるために植えてるんです。老齢なので、歯の摩耗を防ぎたくて」と梅元さん。パンダは固い竹を食べるため、年を取ると、どうしても歯が摩耗してきてしまう。

「日本国内から中国まで探して手配して、園内にも植えて、年中タケノコを切らさないようにがんばっています。秋に採れるタケノコがあるんで、収穫が間に合えば、食べさせてあげたいな」と吉田さん。

 これだけ、タンタンのことを思っているお二人。帰国の話を聞いて、どう思ったのだろうか。

「帰国の話は、全然予想していませんでしたね。今回も伸びると思っていた」と梅元さん。タンタンの帰国は過去に2回、5年ずつ延長されているのだ。

「ぼくも、まったく予想していなかった」と吉田さん。梅元さんも「さびしい。最後までめんどうをみる覚悟でいたし、みてあげたかった」と肩を落とす。

 吉田さんは「まだ日も決まっていないし、実感がわかない。でも、タンタンが行く予定の都江堰(とこうえん)基地は、ぼくも梅元君も行ったことがあるんですが、すごくいいところ。施設も設備も整っている。最後にパンダがたくさんいる故郷に帰るのが、タンタンにとっては、安心なのかなという気持ちもあります」と、複雑な胸の内を教えてくれた。

(続き「 『震災復興と言えば、オリックスとタンタン』みんなに愛されたパンダの帰国、園長の思い 」を読む)

「震災復興と言えば、オリックスとタンタン」みんなに愛されたパンダの帰国、園長の思い へ続く

(二木 繁美)

関連記事(外部サイト)