大金を貢いだ“年下夫”に裏切られ……絶望の女医が1年で実行した恐ろしすぎる復讐劇「チフス菌饅頭事件」とは

大金を貢いだ“年下夫”に裏切られ……絶望の女医が1年で実行した恐ろしすぎる復讐劇「チフス菌饅頭事件」とは

事件を報じた地元紙「神戸又新日報」

 男に貢いだ揚げ句、裏切られた女性が恨みから犯罪に走る――。いまもよくある出来事だが、それが約80年前、女医が饅頭(まんじゅう)にチフス菌を混入させて食べさせたというのだから尋常ではない。1939年に兵庫県で起こった「チフス菌饅頭事件」。

 男尊女卑の風潮が厳然とあったうえ、第2次世界大戦勃発直前の風雲急を告げる時代。それでも、容疑者女性に圧倒的な世間の同情が集まり、裁判でも殺人か傷害致死かで判断が揺れ動いた。発端が「夫」に博士号を取得させるためというと、博士になっても大学などの専任教員になれない「ポストドクター」がごろごろいる最近とは隔世の感があるが、事件自体は、いま起きてもワイドショーや週刊誌の格好のネタになるセンセーショナルな話題性を備えている。

■「博士に仕立てた夫を恨んで 菓子折に仕込んだチブス菌」

「純愛裏切られた女醫(医) 博士に仕立てた夫を恨んで 菓子折に仕込んだチブス菌 食べた小學(学)訓導ら十三名が發(発)病(一名は死亡)」。こんな見出しで報じたのは当時の神戸の地元紙の1つ「神戸又新日報」1939年6月6日付(5日発行)夕刊2面。このころの新聞にはノモンハン事件での日ソ両軍の衝突が報じられていた。

「さる2月26日、明石郡西垂水町須磨病院副院長・佐藤幹雄(「幹男」の誤り)氏(37)方へ神戸市内某百貨店から贈り主匿名の菓子が届いた。同家では何心なくこれを受け取ったが、28日、幹雄氏の妹、小学校訓導(教諭)文子さん(30)が、その勤め先である川池小学校へ持参、教員室で9人の同僚へ分かち与えたところ、29日から相前後して9人の訓導ほか13名が発病、医師診断の結果、腸チフスと診定され、わけても幹雄氏の実弟律夫(「律男」の誤り)氏(32)はついに死亡するに至った」(同紙は見出しと本文で「チブス」「チフス」が混在)。記事はさらに続く。

 湊川署は県刑事課の応援を求めて「極秘裏に取調べを進めていたが、ついにその裏面にこの恐るべき犯行が暴露されるに至った」。「佐藤幹雄氏はさる昭和6年、神戸市神戸区中山手通り5丁目、吉村内科医方、女医広瀬菊子(37)と結婚したが、その後夫は『俺はどうしても博士になるんだ』という熱意を示したので、菊子は愛する夫のため、か弱い女の細腕で女医として稼いだ金をことどとく夫の研究資金に提供するかたわら、夫の研究の邪魔になってはと、約4年間別居生活を続けてきた。ところが昭和11年、夫は見事博士の栄誉を獲得したが、意外にもそれ以来、夫は妻の純愛に報いるに依然、別生活をもってし、しかも、妻に対する態度は日増しに冷たくなってきた」。

「菊子は再三の翻意を促すにもかかわらず、到底夫の愛を戻すことができないと感じ、ついに自分のささげた純愛の蹂躙に激高、ついにこの恐ろしい復讐を決意し、4月上旬、神戸市内某細菌研究所からチフス菌を入手し、4月5日、神戸某百貨店に赴き、菓子を購入。便所の中でこの菓子にチフス菌を混入、これをその百貨店から佐藤方へ匿名で発送させ、昭和の聖代にあるまじき恐ろしい犯罪が構成されたものである」。事件は東京でも同じ日の夕刊で記事になっている。

■「結婚記念日の4月10日まで1ケ年間呪い続けていたが……」

 東京朝日・大阪朝日と東京日日・大阪毎日はそれぞれ同系列でも記事の内容は一部を除いて違っているが、死者を含めた発症者の人数については、いずれも神戸又新より1人少ない12人としている。当然、現場に近い大阪の方が扱いは大きく、広瀬菊子や佐藤幹男の顔写真も載っている。大毎には被害を受けた教諭らの顔写真まで。その他、菊子が高知県・戸波村(現土佐市)の出身で東京女子医専(現東京女子医大)を優秀な成績で卒業したこと、佐藤幹男とは内縁だったこと、「夫」への送金のため2回にわたって帰郷して開業医をしていたことなどが報じられている。

 記事には菊子に対する軽い同情と合わせて、事件の展開をよりドラマチックにセンセーショナルに、という意図がにじむ。「絶望のどん底にたたきのめされた同女は男への断ち切れぬ愛情と恨みの相容れぬ二つの感情の相克に悩み続けた揚げ句……」(大朝)、「せっかくの楽しい結婚生活を夢見て、女のか弱い細腕で世の荒波に希望の丘を望んだのも水泡となり、ついに12年2月、7000円をもらって正式離別され、悶々の日を送ったが、再び佐藤氏の心が帰らないのを知って慕しさ余って憎さを募らせ……」(大毎)。東日は記事の末尾に「犯人は一家鏖殺にあらず、幹雄一人を目指していた点、並びに6カ年間にわたる同人の苦労などから、その動機に少なからず同情を持たれる」とまで書いている。

 半面、大毎は「机上にチブス菌 呪ひ(い)続けた1ケ年」の見出しで犯行に及ぶ心境をこう記述している。「知り合いの市民病院小玉医師からチブス菌をもらい、部屋の机の上に佐藤氏の写真と一緒に置いて、電波が通じるように菌が同人に植わるように祈り、結婚記念日の4月10日まで1ケ年間呪い続けていたが……」

■九州名物「かるかん饅頭」にチフス菌を仕込んだ理由

 6月6日付朝刊になると、捜査員に対する菊子の自供が「告白」として紙面に載る。「まるで日陰者」(東朝)、「焦燥の六年」(東日)と東京の紙面は控えめだが、大阪は刺激的な見出しと記事だ。「『一個一殺』の陣立 相手も醫者だと周到な計畫(画)」の大朝は手口を細かく書いている。チフス菌を混入したのは主に九州で有名な「かるかん饅頭」で、チフス菌も1種類ではなかったとし、「謀殺に使用したカルカン饅頭50個は4月25日、これを大丸で買い求めるや、地階の便所内でその50個全部にあらかじめ用意してきた注射器で一個残さずチフス菌を植え込んだものである」と述べた。

「皮のない乳白色のカルカン饅頭を特に選んだのは、チフス菌を培養器で培養した場合は、その色は乳白色を呈しているので、チフス菌を注射してあることが発見されないため、またチフス菌混入の注射液が吸収されやすいよう、特にカルカン饅頭を選んだものである」。「チフス菌を一種類に限らず、特に(腸)チフス菌とパラチフスA、B菌の3種類を混用したのは、相手を絶対的に感染せしめるためで、相手も医者であるから、万一チフス菌の予防注射をしていた場合は、チフス菌だけでは感染しないから、これにパラチフスA、B菌2種を混じ『一個一殺』、文字通り百パーセントの感染効果を狙ったもので、結婚記念日の昨年4月10日に計画を立て、それから1カ年にわたり、種々毒殺効果を科学的に研究を積んだものである」

■「佐藤の写真とチブス菌を机の上に並べて」

 大朝は別項で「殺人罪或ひ(あるい)は 未遂罪で起訴か」という記事を載せている。「全国で稀有な特殊犯罪だけに法的解釈は難しく、菊子が真に佐藤博士を殺害する意図の下にチフス菌を混入したか、あるいは他の病気に比し病床経過の長いチフス菌に感染させて痛苦を存分に与えるのみで復讐心を満足させるべくやったものか」判断が難しいと指摘。「取り調べ検事の立場から殺人あるいは殺人未遂罪として起訴されるものとみられている」としている。この点がのちに判決の分かれ目になる。

 大毎は「『佐藤がチブスと聞き 痛快を感じた』と自供」の見出し。菊子の供述を紹介している。「佐藤の写真とチブス菌を机の上に並べて、チブス菌が佐藤の上に乗り移ってくれますようにと祈り続けたなども児戯としか思っていただけないでしょうが、私にしてみれば、悶々の情をこれによって一年間抑えてきたのです。好きな小説も映画も全然身辺から遠ざけて、ひたすらに佐藤の不幸のみを祈ってきました。5月21日、佐藤がチブスにかかったと人から聞いた時は、心から痛快だと感じました」。「復讐を遂げた満足感に浸っているようだ」と記者は書いている。

 大毎は6月7日付(6日発行)夕刊では、菊子の実兄尊興が地元高知から神戸を訪れ、務めていた戸波村の村長を辞任する意向を表明したと報じている。菊子の別の兄は現職の高知県会議員。地方の名家だったということだろう。

 大毎の6月7日付朝刊には、それまで死者が出たことや学校の教諭らが発病したことを知らなかった菊子が、刑事から聞かされた時のことが書かれている。「愕然として机に打ち伏し『そうでございましたか。誠に申し訳がありません』とよよと泣き崩れ、それからの取り調べにはうなだれがちで言葉少なになり、思いがけないことであっただけに、そのショックは大きかった」。同じ紙面には「妹の幸福は壊れた」の見出しで兄尊興の手記が載っている。「妹よ、おまえは何ということをしてくれたのだ……」「いさぎよく服罪して……」。「湊川署で実兄に泣きすがるきく子」の説明が付いた2人の写真も(大毎は「きく子」と表記)。

■菊子には同情論が沸き起こったが……

「兵庫県警察史昭和編」には、「女の愛を裏切った男に対する復讐の手段としてのチフス菌入り饅頭事件が新聞に報道されると、大きなセンセーションを巻き起こし、菊子に対する同情論が湧き起こった。桑垣伝・湊川署長の元へも毎日数十通の投書が舞い込み、そのほとんどが男の厚顔無恥と情け知らずを責め、弱い女への同情を訴えたものであり、『冷酷で女の不幸を知らない署長は行政官の資格はない』という手厳しい批判を受けたと、桑垣は当時を振り返っている」とある。その後、菊子は神戸弁護士会人権擁護委員会の弁護士2人と面会。「(委員会は)全員こぞって、あるいは代表者を選んで義侠的に本件の弁護に立ちたい」(大朝)と申し出たという。

 大朝は6月8日付朝刊の家庭欄で「愛怨女醫の批判」として、警視庁技師と精神科医の杉田直樹・名古屋医大(現名古屋大医学部)教授の談話を載せている。杉田教授は、「(女性の)復讐の手段としては毒殺とか放火とか、悪口を言って歩くなどの方法が多く、それも男より用意が周到なのが特徴」と説明。技師は、1914年にオーストリアの陸軍中尉がコレラ菌とチフス菌を培養して毒殺を図った事件に触れ、「この病菌利用の新犯罪が一昨年、埼玉県・川口に現れたのがわが国で最初です」と述べている。

 川口の事件とは、耳鼻咽喉科の開業医が、繁盛する同業医師一家の殺害を目的にチフス培養菌を混入した菓子を送ったうえ、保険金詐取を目的に自分の妻にも菓子を与え、妻を診察した内科医一家の殺害も図るなど、約1年間にわたって14人を感染・発病させ、うち3人を死亡させたもの。日本で初めて細菌が使われた犯罪だったとされ、技師は菊子が「これを模倣したものと思われます」とした。

■「男性の醜い功利主義の残滓が見られると思う」

 大毎も6月9日付朝刊家庭欄で「博士号」の問題について、佐多愛彦・大阪医大(現大阪大医学部)元学長の話を載せている。「どんなことでも押しのけて、いかなる犠牲までも払って“博士号”をとろうとするあらわれは、明らかに明治時代の官学の秀才教育の悪い遺風である。そこには男性の醜い功利主義の残滓が見られると思う」と断言。「“博士”になることに急にして、社会の道徳を、人間としての生きる道を忘却したところに、佐藤なる博士の誤りがあったと思う」と論じた。

 神戸又新は6月9日付夕刊で、菊子が6年間に文語体でつづった手記の一部を紹介した。見出しは「彼は目覺(覚)めざりき」。その中では、佐藤一家のことを「彼らは最初より菊子を利用せんとせしなり」とし、「菊子はなぜかくも忍ぶべからざるを忍び、耐ゆるべからざるを耐えたるか。菊子は長き6カ年純情を捧げし夫、いつの日か目覚むることもあらんかとひたすら神に念じたり。されど彼目覚めざりき。その態度、天人共にこれを許さず」と述べている。

 6月15日、菊子は殺人並びに殺人未遂罪で起訴された。東朝の6月16日付朝刊には、滝川幸辰弁護士が弁護人となることが報じられている。滝川は6年前の「滝川事件(※)」で京都大法学部教授の座を追われた人物としても著名で、この裁判の年に弁護士登録していた。

※滝川事件とは1933年4月、文部省が「滝川教授の講演や著書『刑法読本』が危険な内容を含んでおり、大学教授として適格でない」として、滝川幸辰を休職としたことに教員や学生らが抗議して
紛糾した事件

 一方、週刊朝日1939年7月16日号には「チフス饅頭を贈られるまで」の見出しで佐藤幹男博士の「病床から」の手記が掲載されている。夫婦間のさまざまなトラブルが一方的に公開され、社会の敵のように指弾されたと、世間の風潮に反論したが、自己弁護に終始した印象だ。

■「一般傍聴席の8割までが女性」だった

 神戸地裁での一審公判は1939年10月5日から3日間。10月6日付(5日発行)大毎・夕刊は初公判の模様を伝えている。「限られた傍聴券を幸運にも手に入れた人たちは午前7時ごろから法廷に詰め掛け、同8時半には立錐の余地ないまで法廷を埋め……」、「一般傍聴席の8割までが女性」だった。「かくて9時半、傍聴券手に入らず、せめて菊子の姿を見ようとする人たちの中をぬうて編み笠姿の菊子が紺地お召単衣に、白地に鏡の織模様ある帯を締め、白足袋、コルクの草履というつつましい姿で出廷。満場の視線の焦点をまぶしく受けて、傍聴席の学友や旧知の人々にそれとなく目礼を交わして被告席に着き、編み笠を脱いだその顔には収容以来4カ月の苦悩より、むしろ全てを諦めた平静さが漂っていた」。この時の横顔を撮った写真も載っている。

 審理の内容は新聞にも載っているが、1日目については、医療従事者向けと思われる雑誌「醫海時報」の「医業と法廷」という欄も詳しい。ところが、双方の記述にはかなり違いがある。媒体の趣旨や意図を勘案して醫海時報に沿うことにし、1939年10月14日、21日号に掲載された記事を基に見ていく。差別語が出てくるが、当時の状況を理解してもらうために、そのまま表記する。検事が起訴事実を述べた後、青木敬輔・裁判長と菊子は次のような尋問と供述をする――。

■■■

裁判長 皆がチフスにかかると信じたか?

菊子 必ずかかるとは思わなかった。チフスにかかる人はあるかもしれないが、ないかもしれない。つまり確信がありませんでした

裁判長 復讐の目的は誰が主であったか?

菊子 幹男さんが主で家族が従でありました。佐藤の両親が病気にかからなくてよかった、という程度の気持ちです

裁判長 小学校の訓導が罹病したが、他の人が菓子を食べることを考えていなかったのか?

菊子 考えていませんでした

裁判長 佐藤家に訪問客がある場合、茶菓子として出すこともあるのではないか?

菊子 佐藤及びその家族の性質を知っておりますから、絶対にあり得ないと信じておりました

裁判長 明朗快活、勝気で、とかく全てのことを独断的に専行すると、他の者は述べているが……

菊子 勝気な性格であることは自覚しております。しかし、独断専行ということは考えられません

 その後、菊子の経歴と佐藤との関わりに尋問が移っていく――。

女医が“裏切り夫”を殺そうとした「チフス菌饅頭事件」が国民の同情をさらった、あまりに悲しい理由 へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)