熊本死者64人 顔写真「ご遺族がダメだと言ったら載せるな」地元紙の葛藤《コロナと豪雨の“二重苦”》

熊本死者64人 顔写真「ご遺族がダメだと言ったら載せるな」地元紙の葛藤《コロナと豪雨の“二重苦”》

人吉市内の中心部。植木記者が車内より撮影 提供:熊本日日新聞社

 令和2年7月豪雨は、各地で甚大な被害をもたらした。7月3日夜以降、梅雨前線の影響で九州から中部地方にかけて集中豪雨が降り続き、河川の氾濫や土砂崩れなどが相次ぎ発生。全国で70人を超える死者が出た。

 コロナ禍における初めての大きな災害であり、被災者は“二重苦”の状況に置かれている。最も大きな被害を受けた地域が、熊本県だ。県内の死者は64人、行方不明者は6人にも上る(7月13日時点)。豪雨災害の応援のため熊本県に派遣された、高松市役所に勤める男性保健師が、新型コロナウイルスに感染していることも確認されたばかりだ(再検査では陰性)。

 地元紙・熊本日日新聞の植木泰士記者(31)は、2012年の九州北部豪雨や、2016年の熊本地震などを取材した経験を持つ災害報道のプロである。今回も7月5日から被災地入りし、人吉(ひとよし)市や球磨(くま)村などを取材した。植木記者が見た、豪雨災害の壮絶な現場とは??。

◆ ◆ ◆

■夜通し鳴りやまなかった防災メール

 4年前の熊本地震による直接死は50人。今回の豪雨では、それを超える死者数が出ており、本当にショックを受けています。各地で道路が寸断し、球磨川に架かる橋も流失しました。被害の全容はまだまだ見えていませんが、私が現地で見てきた様子をお話ししたいと思います。

 豪雨の第一報が入ってきたのは3日夜です。登録している各市町村の防災メールが夜通し鳴り止みませんでした。「これは大変なことになるかもしれない」??4日の朝起きると、すでに球磨川は氾濫していた。記者総出の報道体制が敷かれました。

 私は昨年から菊池支局(県北部)に勤務しています。「豪雨取材班に入れ」との指示があったのですが、なかなか本社からゴーサインが出ませんでした。激しい雨が降り続き、道路状況も不明だったため、二次被害を出さないようにという判断です。現地に向かったのは、7月5日の早朝でした。運よく高速道路が開いていたため、朝6時くらいには人吉市内に着きました。市内に近づくにつれて道路を泥が覆っている、というか「積もっている」状態で、かろうじて車で通れるくらいの状態でした。

 人吉総局での打ち合わせの後、写真部記者と2人で球磨村の「千寿園」に行きました。入所者14人が亡くなった特別養護老人ホームです。千寿園は、球磨川が氾濫した「渡」(わたり)という地区にあります。千寿園の手前に運動公園があるのですが、それより先は水に浸かって車が入れないので、運動公園に車を停めて千寿園に向かいました。

■迫りくる水の恐怖 千寿園に「あの人が入っとるよ」

 千寿園に通じる道路は膝丈くらいまでの高さの泥で埋まっていて、無数の流木で道がふさがれていました。建物の前まで来ましたが、玄関まで簡単にたどり着けません。千寿園にはもう誰も残っていないようでした。心肺停止者は搬送され、入所者は避難した後でした。

 施設の2階は会議室なのですが、約3メートルの高さまで浸水した土砂の痕跡が残っていました。泥のにおいが鼻を突きます。増水の速さを考えると、1階にいたらもう厳しかったのではないか、という様子でした。翌日、別の記者が1階の様子を確認したところ、ベッド、テーブル、衛生用品などが散乱してめちゃくちゃな状態で、ガス漏れの異常を知らせる警告音だけが鳴り響いていたそうです。

 義理の祖母が入所しているという方から話を聞きました。千寿園では毎年8月、子どもが参加できる夏祭りを開催しているそうです。施設の方がカレーをふるまったり、隣接する渡小学校の運動会には入所者である車椅子の方々が応援に来て、手を叩いて喜んでいたり……そういう交流もあって、地元の方も「あの人が入っとるよ」と分かるくらい、地域に開かれた施設だったといいます。球磨村職員の方のなかには千寿園に入所する祖父の安否が分からないまま、被災者支援に取り組んでいた人もいました。

 今回の令和2年7月豪雨は、コロナ禍に発生した最初の災害でした。熊本県だけで見ると、新型コロナウイルスの感染者は49人、亡くなった方は3人です(7月11日時点)。人吉市で一番大きな避難所は、人吉スポーツパレスでした。そこでは、受付の時に避難者の検温と手指の消毒をして、マスクや除菌シートを配布していたそうです。一番大きいアリーナでは卓球のフェンスを使って避難者同士の間隔をあけ、体調が悪い人には別の部屋を用意していました。

 私は今回、マスク着用で取材していました。もしこちらがコロナに感染しており、発熱していたら地元にも迷惑をかけてしまう。替えのマスクも大量に持参して、どんなに暑くてもマスクはつけていました。マスクの中は汗でびっしょりでしたが、それよりも飛び散る泥でマスクはぐちゃぐちゃになっていました。

■遺族の方から「そっとしておいてくれ」の声

 今回は遺族の取材にも行きました。6日の夕方、熊本県が被害者の方の名前を公表したので、被害者の顔写真を取りに動きました。事故や災害の時、私たち報道機関は、亡くなった方の写真を掲載しなくてはなりません。心苦しいけれど、災害を報じる記者としてやらなければならない仕事の一つです。

 人吉市内の中心部に亡くなられた人がいることが分かりました。私は遺族のもとに向かいました。

「亡くなられたことは大変残念ですが、生きた証を残したいと考えております。お写真をいただけないでしょうか」

 私はそのようにお願いしました。しかし、遺族の方は「そっとしておいてくれ」と仰いました。デスクからは「ご遺族がダメだと言ったら無理をするな。載せるな」という指示がありました。「一度ダメだと言われたら引け。強引にはするな」と言われていたので、私はそのまま引き返しました。

 熊本地震の時もそうでしたが、全国的なニュースになる災害が起きると、全国紙やキー局の取材陣が大勢入ってきます。彼らに自覚はないと思うのですが、人海戦術でけっこう強引な取材をしていくこともよくあります。しかし、私たち「熊日」は違う。災害が終わってもここにずっと住み続けるし、熊本で新聞を発行し続けるからです。だからこそ、地元の人たちが望まないような取材は控えようという判断をしたのです。災害からの再建を伝えていくのが私たちの仕事だと思っています。

 7月7日の一面コラム「新生面」にはこう綴られています。

〈県民が見上げる同じ空を、窓越しに仰ぎながら本稿を書いている。雨の予報は続いている。胸の奥が締めつけられる思いがする。地元紙で働く者なら、誰でも思い当たるだろう。県内で大きな災害が発生した時、私たちは多かれ少なかれ、当事者である〉

 実は今、熊本日日新聞は、豪雨で被災された方々が情報を得られるようにという思いから、紙面ビューワーを無料で開放しています( https://kumanichi.com/ )。県民に寄り添う新聞を作っていきたい。私も、「熊日」の記者として、その思いを抱き、取材をしていきたいと考えています。

 熊本日日新聞の植木泰士記者の取材ルポ全文は、「 文藝春秋digital 」で配信している。

(熊本日日新聞社)

関連記事(外部サイト)