長引くコロナ禍でも…なぜ天皇と雅子皇后は「沈黙」を貫いているのか?

長引くコロナ禍でも…なぜ天皇と雅子皇后は「沈黙」を貫いているのか?

天皇皇后両陛下 ©時事通信社

「2011年3月16日、東日本大震災の発生からわずか5日後に天皇(現・上皇)は約6分間に及ぶ異例のビデオメッセージを出しました。未曽有の大災害に動揺する国民に直接語りかけたのです。あの時の天皇の『おことば』に励まされた人も多かったのではないでしょうか。

 一方、このコロナ禍において、昨年5月に即位した今上天皇は、今のところ、国民に広く語りかけるメッセージを出しておらず『沈黙』を保っています」

 こう語るのは、政治学者で天皇制を研究する原武史さんだ(「文藝春秋」8月号「 天皇と雅子皇后はなぜ沈黙しているのか 」)。このコロナ禍において天皇や雅子皇后は「沈黙」を保っている。

■宮内庁HPにひっそりと掲載された「ご発言」

 もっとも、宮内庁のホームページを見れば、天皇や皇后の「 新型コロナウイルスに関するご発言 」を見ることはできる。だが、これらは4月10日に行われた尾身茂新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長(当時)の「ご進講」と5月20日に行われた大塚義治日本赤十字社社長らによる「ご進講」の際に、この二人に対して行った「挨拶」部分をホームページ上にアップしたものだ。

「そもそも多くの国民は、わざわざアクセスしないとみられない『ご発言』を知らないでしょう」

 原さんはこう語る。

 この国難とも言えるコロナ禍において、天皇や皇后から国民を励ますような力強い言葉が今のところ聞こえてこない。

「私自身は、(天皇の)ビデオメッセージが持つ『政治性』に関して、批判的に検証している立場です。

 しかし、天皇がひとたびそうしたメッセージを出せば、イギリスやオランダと同じように、国民は励まされ、歓迎する空気が生まれるのも間違いありません。その意味で、天皇の『おことば』を求める声が高まれば、例えば即位から1年になる5月1日にメッセージを出す可能性があるのではないか。4月下旬の雑誌の取材で、私はそう答えました。この予測は外れましたが」

 なぜ「沈黙」が続くのか。原さんは、天皇がここまでビデオメッセージを出さなかった理由について、二つの可能性を指摘する。

■「退位を巡るビデオメッセージ」の影響も?

「一つは、ビデオメッセージを出そうとしたが、タイミングを逸した可能性です。ウイルスの拡大には、終わりがありません。後から見ればこの日が拡大のピークだったとわかりますが、刻々と状況が変わる中では、何時どの瞬間がメッセージを出すベストのタイミングかわかりづらかった。この点は、地震や津波などの自然災害と異なる点です。

 もう一つは、天皇自身あるいは側近が判断して『メッセージ』は発しない方がよいと決めた可能性です。

 2016年に上皇が出した『退位を巡るビデオメッセージ』は少なからぬ軋轢を、皇室と時の政権の間に生みました。

 現憲法下で天皇は国政に関する権能を有しません。にもかかわらず、あの時は事前に『8月8日の午後3時から』と放送日時を指定したうえで、天皇が11分にわたり、政府や国会を通さず国民に向かって直接語りかけるや、退位を支持する圧倒的な民意が形成されました。

 そこから政府は動かざるをえなくなり、退位に関する特例法が成立しました。結果として、法の上に天皇がたち、露骨に国政を動かしたのです。それに対して、政権から表立った反発はありませんでしたが、メッセージの発表翌月には宮内庁長官が事実上更迭されるなど、内閣と宮内庁の軋轢が見え隠れしました。

 今の天皇と皇后はそうした経緯をつぶさに見ていたはずです。今回メッセージを出さなかったのは、2016年を反面教師にして、内閣との関係や日本国憲法における象徴天皇の在り方について、より慎重に考えた結果、とも考えられます」

 果たして、コロナ禍で明らかになった皇室の「変化」とは何か。原さんの論考「 天皇と雅子皇后はなぜ沈黙しているのか 」は、「文藝春秋」8月号と「文藝春秋digital」に全文掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)

関連記事(外部サイト)