「なぜ第2波は死亡者が少ない?」「医療機関は大丈夫?」現役医師に疑問をぶつけてみた

「なぜ第2波は死亡者が少ない?」「医療機関は大丈夫?」現役医師に疑問をぶつけてみた

緊急事態宣言下、閑散とする新宿 ©iStock.com

 終息しかけたかに見えた新型コロナの感染が、ふたたび勢いを取り戻している。感染者の増大とともに、医療機関が逼迫しつつあると伝えられる中、国や自治体にはどのような対応が求められるのか。ハーバード大学公衆衛生大学院で臨床疫学を修めた総合診療の第一人者・徳田安春医師(沖縄群星臨床研修センター長)に話を聞いた。(全3回の1回目。 #2 、 #3 に続く)

※インタビューは2020年7月20日、リモートにて実施

◆ ◆ ◆

■感染再拡大は“政府の出口戦略の失敗”

──東京を中心に陽性者の数が増えています。「市中感染が広がっている」という見方もあれば、「PCR検査の数を増やしたから陽性者が増えた」という見方もあります。徳田先生は現状をどのように捉えていますか?

徳田 今回の感染再拡大は、政府の出口戦略の失敗です。経済を再開させるときに、「検査・追跡・待機保護」の拡充・整備を徹底せずにおこなったのがその理由です。

 ただ、感染状況はエリアによってかなり異なります。「東京」と一括りにして、全体的に感染が広がっているような言い方をするべきではありません。新宿区(7月23日現在累計1620人)や世田谷区(同796人)のように陽性者が多く、陽性率の高いエリアは、流行しているというべきでしょう。

 一方、同じ区内でも千代田区(同65人)や荒川区(同150人)など陽性者が少ないエリアもあります。また、23区外では八王子市(同120人)や府中市(同115人)を除くとまだ累計100人に達している市町村はなく、奥多摩や小笠原諸島、伊豆諸島など、いまだに陽性者0のところも多い。また、東京以外の地域でも大阪のミナミなど、限られた地域で流行しています。ですから、「国内のいくつかのエリアでは流行している」と言うべきです。

■なぜ「陽性者数が増えるのは当然」なのか?

 もう一つ、陽性者の数が増えた理由は、検査の対象基準が変わったからです。当初は37.5度以上の熱が4日間あり、流行地への渡航歴や接触歴がある、といった人にPCR検査の適用が絞られていました。新型コロナを疑う症状があっても基準に当てはまらない人や症状の軽い人は検査できないし、濃厚接触者も積極的に検査していなかった。

 しかし、今は地域によっては、症状の軽い人や無症状の濃厚接触者にも積極的に検査しています。ですから陽性者数が増えるのは当然で、そのことを政府のコロナ分科会がはっきりと言わないことが混乱の原因になっていると思います。ただし、今でも発熱や咳などの症状があるのに検査を受けることができない状況は続いているようです。

■すべての感染爆発はローカルエリアから始まる

──連日のように「東京都で感染者が300人を超えた」とか「全国で過去最高の感染者」などと報道されると、私たちはどうしても不安にさせられます。しかし、検査の対象基準が変わったことで陽性者数が増えたのだとすると、ニュースでそうした数字を見ても、慌てないことが大切ですね。

徳田 そうです。しかし、新宿など陽性者数が多く、陽性率(検査数に対する陽性者数の割合)が高いエリアは別です。そういうエリアでは感染が蔓延しており、発症者も多いと考えるべきです。それに、感染者が増えれば、重症者や死亡者が増え、医療機関も逼迫してくる。すべての感染爆発はローカルエリアから始まります。平静に受け止めながらも、徹底した封じ込め対策をそのエリアで行うべきです。政府が責任を持って、検査・追跡・待機保護の拡充・整備を徹底すべきです。

■3〜5月のほうが感染者の山は大きかったはず

 7月に入り、1日の陽性者が3〜5月の第1波の数を超えましたが、3〜5月の頃は検査対象を絞っていたわけですから、数字に表れた陽性者数よりも本当はずっと多い感染者がいたはずです。以前もインタビューで話しましたが、軽症者・無症状者の割合や、PCR検査の「偽陰性」の割合などから逆算して、第1波のときの実際の感染者は陽性者数の約10倍以上いたと推測されます。(「 5人中4人が無症状とも……現役医師が訴える「“三密自粛”だけでは、もう医療崩壊を防げない」2020年4月10日 」)

 新宿で「夜の街」の感染拡大が問題になってからは、軽症者や濃厚接触者も積極的に検査するようになりました。感染者の捕捉率が高くなっているはずですから、現在数字に表れている陽性者数は、第1波のときよりも感染の実態に近い数字になっていると考えられます。つまり、7月25日時点での比較では同じくらいの陽性者数ですが、本当は、3〜5月の第1波の頃のほうが、感染者の山は大きかったはずです。このように、検査基準が異なるデータを単純比較はできません。しかし、このままの戦略では今後、感染者の山がさらに大きくなる可能性は大です。

■秋冬に本格的な第2波が訪れる

──なるほど。もしそれが実態だとすると、3〜5月には毎日数十人単位で重症者や死亡者が出ていたのに、6月末から7月末の現時点まで、陽性者が増えたわりに重症者や死亡者数があまり増えなかった理由も納得できます。それにしても、もし第1波のときに10倍以上の患者がいたのだとしたら、その頃に比べ現在は感染者が少ないことになりますが、なぜ感染者はもっと爆発的に増えなかったのでしょうか。

徳田 感染者の臨床経過から、感染者数が増えても重症者数は2週間後、死亡者数は1ヵ月後に増加しますので、現時点では安心できません。ただ、私は、湿度と温度が上がったことと、紫外線の影響が大きいと考えています。つまり夏だからです。呼吸器感染症を引き起こすウイルスの活動は、夏が近づくにつれて、減っていくことが多い。私が住んでいる沖縄では、米軍基地であれだけ多くの感染者が出ているのに、現時点では県内で感染爆発は起こっていません。米軍基地のゲートは封鎖されておらず、今でも米兵たちが毎晩のように出入りしているにもかかわらずです。今日も、沖縄はとても暑いですよ。

 しかし、夏を過ぎて秋冬になってくると、またウイルスの勢いがぶりかえしてくる恐れが高いと思います。私は、現在の感染拡大は第1波のくすぶりだと考えています。このくすぶりを小さなうちに消しておかねばならなかったのに、残念ながら消火に成功しなかった。出口戦略の失敗です。このまま放置していると、秋から冬に入って本格的な第2波が訪れるでしょう。感染者が減ったとしても、警戒は緩めてはいけません。くすぶりからそのまま感染爆発に移行する可能性もあります。

■「GO TOトラベル」は中止しなくて大丈夫?

──実態は違うかもしれませんが、公表される陽性者数は第1波を超えています。それなのにどうして「緊急事態宣言」を出さないのか、どうして「GO TOトラベル」を中止しないのかと、疑問に思う人もたくさんいます。

徳田 自粛要請せず、GO TOトラベルを許しているのは、感染爆発ではまだない、とみているからなのでしょう。感染率と致死率が思ったほど高くないと政府が評価したこともあるかもしれません。致死率を細かくみると、乗客全員をPCR検査したダイヤモンド・プリンセス号の致死率(陽性者数中の死亡者数の割合)は約1.5%だったのですが、乗客は高齢の方が多かったので、年齢構成を日本の人口分布に合わせて当てはめると0.5%程度になります。しかし、これでも季節性インフルエンザより何倍も高いのです。

 ところで、第1波の時期の死亡者数を陽性者数で割った致死率は5%くらいでした。これはダイヤモンド・プリンセス号の0.5%の10倍です。つまり本当は分母(陽性者数)が実態の10分の1になっていたから、致死率が10倍も高く見えていたと考えられるのです。ちなみに、武漢のデータでは致死率は1%でした。

■「死者数がアジアでワースト3」という事実

──ただ、多くの感染者を見逃してきたかもしれませんが、日本の感染者数や死亡者数は、欧米に比べると低い水準で留まっています。なぜだと思いますか?

徳田 山中伸弥先生なども指摘しているように、まだ明らかになっていない「ファクターX」もあるのでしょう。あるとすると、私はマルチファクター(複数の要因)だと思いますが、一番大きいのはマスクだと思います。それに、握手やハグをしない日本独特の国民性もあるでしょう。さらには、よく言われているようにBCGの接種や旧型コロナの事前の流行が、少し免疫をつくったのかもしれません。ウイルスに結合する受容体の構造の違いなど遺伝的要因もあるかもしれない。それから、新型コロナリスクの一つに肥満がありますが、日本では太っている人が少ないことも関係している可能性がある。

 こうしたファクターXの存在を信じている人は専門家でも多いようです。それが、政府が自粛要請を出さず、GO TOトラベルを許している理由の一つでもあると思います。ただし、アジアでの人口当たりの死者数で見た時、日本はインドネシアやフィリピンに次ぐワースト3に入っています。他のアジア諸国は、封じ込めに成功している。成功していないのは、日本を含めたこの3国くらいなのです。

 それに、先進国の年齢調整平均致死率が0.7%ですので、日本の0.5%という数字がそれほど低いわけではないのです。ですから、政府は「ジャパンモデル」なんて恥ずかしいことを言わないほうがいい。そもそも、コロナ対策の評価は欧米と比べるべきではなく、もともと遺伝的体質や生活様式が似ているアジア諸国と比較するべきです。むしろ逆に、なぜワースト3になったのか、これまでの戦略を検証し、見直すべきだと思います。

「PCR検査を増やせば医療崩壊」は本末転倒 こっそり方針転換した“コロナ戦略”の盲点 へ続く

(鳥集 徹)

関連記事(外部サイト)