スペイン風邪だけじゃない! 磯田道史が語る「1820年の日本を襲った“パンデミック”」

スペイン風邪だけじゃない! 磯田道史が語る「1820年の日本を襲った“パンデミック”」

磯田道史氏

〈我々は、いまなお新型コロナのパンデミックのただ中にいます。(略)感染症は火事に似て、未感染者は可燃物のようなもの。火の粉が飛んで一気に燃え上がるように流行が再燃しかねません。(略)この点、最も参考になるのは100年前の「スペイン風邪」です。この感染症は3〜4の波で日本を襲ってきました。

 しかし、似たような感染症の大流行は、日本の歴史に他にはなかったのか。(略)かつて滝沢馬琴を読んで、記録の詳しさ、鋭さに驚いた記憶がありました。馬琴の「兎園小説余禄」を読み返すと、やはり記述がありました。

 今から200年前の文政3年(1820)9月から11月まで「感冒」が大流行した、とあります〉

 こう語るのは、歴史家の磯田道史氏だ。

■広範囲で流行した「新型」感染症か

〈「一家十人なれば十人皆免るる者なし」というほど強い感染力でしたが、症状については、「軽症の場合は4、5日で回復し、大方は服薬もせず、重症の場合は『傷寒』(重い感冒)のように、発熱がひどく、譫言(うわごと)を言う者もいるが、その場合でも15、6日病臥すれば回復し、この風邪で病死する者はいない」とあります〉

〈また、「江戸は9月下旬より流行して10月が盛りであった。京・大坂・伊勢・長崎などは9月に盛んだった由。大坂と伊勢松坂の友人の消息文にそうあった」と、広範囲で流行したことが分かります。

 旧暦とはいえ「9月、10月」は、「寒い盛り」ではありません。冬場にピークを迎える季節性のインフルエンザとは異なる感染症でしょう。今回の新型コロナのような季節性の弱い感染症で「新型」の可能性も捨てきれません〉

■翌年に「第2波」が訪れた可能性

 そして、磯田氏はこう続ける。

〈馬琴の記述を他の史料とも突き合わせてみましょう。

 明治45年刊の富士川游著『日本疾病史』は、「痘瘡」「麻疹」「風疹」「虎列刺(コレラ)」「腸窒扶斯(チフス)」「赤痢」「流行性感冒」など、感染症ごとに過去の史料を集大成した貴重な通史で、年表も収められています。以後、今日まで、これに匹敵する感染症通史はありません〉

〈文政4年(1821年)の項に、こうあります。

「2月、江戸諸国風疾流行」(「泰平年表」)

「2月中旬より風邪流行」(「武江年表」)

 馬琴は、この前年(文政3年)の9月から11月まで感冒が大流行した、と記していましたから、これは「第2波」の可能性もあります〉

■江戸人なら新型コロナをどう名付ける?

 数度にわたって襲いかかってくる新型コロナのような感染症(「流行性感冒」)は、江戸時代にも度々流行したが、「〇〇風邪」という、その名称のつけられ方にも、磯田氏は注目する。

〈興味深いことに、江戸期は「その年の流行歌や流行語」が、しばしば病名になっています。

「予思ふにはやり歌、はやり詞(ことば)の流行せる年は必ず感冒流行す、安永のお世話風、文化のたんほう風など、当時のはやり詞、はやり歌を苗字にして唱へたり」(「兎園小説余禄」)

「お世話風」という名称は、「大きにお世話、お茶でも上がれ」(「余計なお世話だ」の意)という安永期の流行語に由来し、「だんほう風」というのは、おそらく「文政期」が正しく、「だんほうさん、だんほうさん」という当時流行った小唄から来ています。

 歌も、言葉も、風邪も、まさに「流行る」。その年に流行った歌や言葉が流行り風邪の名称になっています。どれも口から口へとあっという間に拡がっていったイメージなのでしょう。江戸人なら、五輪が予定された今年の新型コロナを、米津玄師さんのヒット曲にちなんで「パプリカ風邪」などとつけかねません〉

 そのほか、流行り風邪の際に、(今日のマスクのように)果物など特定の物資が高騰したこと、(今日の観光業や飲食店のように)当時も旅籠屋や茶屋が営業自粛や時短営業を余儀なくされたことなどに触れつつ、江戸時代の感染症流行の歴史を振り返った磯田道史氏の「 1820年のパンデミック 」の全文は、「文藝春秋」8月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun ?のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)

関連記事(外部サイト)