発達障害の専門家は「未熟さ」と「先天性の脳機能障害」を区別できない

発達障害の専門家は「未熟さ」と「先天性の脳機能障害」を区別できない

©iStock.com

「発達障害」とは、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)など複数の障害の総称として使われている。厚生労働省も「発達障害」について、「生まれつきの特性で」「生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています」としており、発達障害支援法でも「脳機能の障害」(第2条)とされている。

 しかし、実は、「発達障害」はいまだに科学的根拠のある診断が確立されておらず、「脳機能障害説」「先天性説」も実証されていない。そのため、診断は表面的兆候から症状を区別する方法が主流となる。つまり最終的には医師の主観による診断にならざるを得ない。

 それにもかかわらず昨今、多くの人々が「発達障害」と診断されている状況に疑念を示すのは、「市民の人権擁護の会日本支部代表世話役」である米田倫康氏だ。専門家でさえ正確に診断することが難しいとされる発達障害について、米田氏は現状と課題を知るべきだと語る。

『発達障害のウソ――専門家、製薬会社、マスコミの罪を問う』 (扶桑社新書)より、本文を抜粋する。

◇◇◇

■有名人を発達障害と断定

「発達障害に正しい理解を」という類の番組や記事、書籍には必ずと言って良いほど、発達障害の有名人が出てきます。 

 発達障害と診断されて人生が変わったと説明するような芸能人、アナウンサー、スポーツ選手、アーティストなどが紹介されますが、実はこれらの人々は発達障害と診断されただけであって、発達障害であると科学的に証明されたわけではありません。当然、彼らは先天的な脳機能障害であると証明されたわけでは決してありません。

 診断はあくまで一つの「意見」に過ぎません。証明でも何でもありません。検察側と弁護人側の精神鑑定の結果がまったく異なることが普通にあるように、これは「事実」ではなく「意見」なのです。それをさも「事実」であるかのように報道されるから誤解や偏見が生まれます。

■会ったこともない「偉人」を診断するのは不可能

 さらにひどいのは、専門家がしたり顔で出てきて、エジソンやアインシュタイン、モーツァルト、坂本竜馬らは発達障害だったなどと断定的に言い出すような番組です。いやいや、生きている人間でさえ簡単に診断を下せないのに、どうやって会ったこともなく、その人を直接知っている人に丁寧に聞き出したわけでもないのに診断を下せるのでしょうか。まさか普段から除外診断などせず、チェックリストに当てはめただけで診断しているのでしょうか。おそらく、普段からそのようなことをしているからこそ、その延長で勝手に過去の偉人を発達障害などと臆面もなく判定してしまうのでしょう。誰もエジソンや坂本竜馬が生まれつき脳機能障害を持っていたことなど証明できません。彼らが発達障害だというのは、推測に過ぎない、しかも故人の名誉を棄損しかねない意見です。

 意見は意見に過ぎず、事実の前では容易に覆されます。「発達障害に正しい理解を」的な報道や書籍では、発達障害の著名人として俳優のトム・クルーズがよく引き合いに出されます。そして、台本を自分で読めなかった彼のエピソードを紹介し、生まれつきの特性だとか脳の機能障害だとか、本人の努力ではどうにもならないので周囲の理解が必要だなどと、一見するともっともらしい自説を都合よく展開するために利用します。

■専門家でも正確な診断が難しい

 しかし事実はこうです。トム・クルーズが台本を自分で読めなかったのは事実でした。学習障害の一つであるディスクレシア(読字障害)とされたのも事実です。しかし、彼が先天的な脳機能障害であり、その特性は治るものではないというのは事実ではありません。なぜならば、彼は単に学び方を知らなかっただけだからです。学び方を知ることで、今や彼は自分で本を読めるようになったどころか、自分で学んでヘリコプターの免許まで取得できるようになっています(映画『ミッション:インポッシブル』シリーズでは、自らヘリコプターを操縦するシーンが撮影されています)。

 もしも専門家が主張する通り、生まれつきの脳の問題であるとしたら、それが完全に「治る」ことなどあり得ないはずです。幼少時代から大人になってもそれが続いていたので、一生障害と付き合わないといけないものだと本人も周囲も思い込んでいたことでしょう。

 しかし、トム・クルーズは単に正しい方法を知らないという、いわば未熟な状態でした。つまり専門家は、「未熟さ」と「生まれつきの脳の問題」を区別できないということです。そんな専門家たちが診断する以上、彼のように誤ってレッテルを貼られてしまっている人は数えきれないほど存在することでしょう。

■フィクションの登場人物にさえ「診断」を下す医師の傲慢

 トム・クルーズは、自ら証明して自分に貼られていたラベルを?がしただけではなく、これ以上自分と同じように安易にラベルを貼られる犠牲者を出さないよう、子どもだけでなく大人たちも適切な学び方を理解できるような学習支援を展開しています。

 このような事実を確認もせず、今なお「あのトム・クルーズも実は学習障害なんです!」となぜか得意気に引き合いに出すような専門家がいたら、まあその程度だということです。トム・クルーズ本人はそのような扱いを受けることについて誰よりも怒ることでしょう。そして、勝手に発達障害にされている歴史上の人物も、もしも生きていたら余計なお世話だと怒ることでしょう。

 一方的に発達障害にされてしまう被害者はそれだけではありません。フィクションである漫画や小説、ドラマなどの登場人物までも勝手に発達障害扱いする専門家もいます。作者が発達障害を意図して登場人物を描いていたという事実があるのならともかく、明らかにそうでない作品に対しても勝手に言及しているのです。本人はおそらく専門的視点から作品を解説してあげているつもりなのでしょうが、他人が作り上げた世界に土足で踏み込むその姿に、精神科医の傲慢さを感じるのは私だけでしょうか。

■セーフティネットとしての発達障害診断や投薬

 周囲に理解されない特性があることで苦労している人はたくさんいるでしょう。そして特性のある子を育てる中で、周囲から散々非難された親はたくさんいるでしょう。

 理想は、そのような特性が受け入れられる社会を作ることであり、そのような社会を実現するよう進んで行くことは大変重要です。しかし、苦しんでいる人にとっては将来ではなく今こそが重要なのだという現実があります。今を生き抜くことができなければ将来などないからです。

 そのような無理解な社会、あるいは多様性や共生へ向かう過渡期である社会に対する防衛手段として、発達障害という診断をもらうことで自分や家族を守っている人がいます。社会から不適応とされた自分を無理やりその社会に適応させるために、不本意であっても薬を飲み続ける人もいます。

 これらの人々にとっては、発達障害診断や薬がある種のセーフティネットとして作用しています。そのようなギリギリで生きている人々に対して、診断や薬を頭ごなしに否定するつもりは毛頭ありません。

 しかし、本当は他に適切な手段があったはずなのに、安易な発達障害啓発キャンペーンによって唯一の道であるかのように診断と薬に誘導され、袋小路に追い詰められてしまったような人も中にはいます。その人を救ったと思われていたものが、それなしでは生きられない依存状態に追い込んでいたということです。

■タブー化しつつある発達障害批判

 それは私の勝手な決めつけではありません。診断と薬が自分を縛り付けていたことに気付き、それを手放して他の手段を選ぶことで、まったくそれらを必要としない状態にまで回復した実例がいくつもあるからです。

 専門家に?げることが必ずしも正しい診断や適切な支援に結び付くわけではない以上、発達障害という主題に対して、もっとさまざまな角度からの批判的検証があっても良いでしょう。専門家に対してもっと批判の目が向けられても良いでしょう。必ずしも診断を必要としない支援の在り方があっても良いでしょう。

 ところが、私たちは最初に一方的な「正しい理解」を求められています。早期に専門家に?がり、早期に診断されることこそが最善だとする一方的な価値観を実質的に強要されています。それに疑義を唱えると、「差別」「無知」「無理解」「医療否定」などとレッテルを貼られ、攻撃対象にされてしまいます。もはや発達障害批判はタブーになりつつあり、何かがおかしいと思ってもうかつに口に出せない雰囲気もできあがっています。

現代の「魔女狩り」? 発達障害の専門家がばらまく「不安」と「ウソ」 へ続く

(米田 倫康)

関連記事(外部サイト)