神戸「妻がボーガン発射」殺されかけた夫が事件直後に放った言葉《親族が告白》

神戸「妻がボーガン発射」殺されかけた夫が事件直後に放った言葉《親族が告白》

ボーガン妻 夫からDVと訴え

神戸「妻がボーガン発射」殺されかけた夫が事件直後に放った言葉《親族が告白》

現場となった兵庫区夢野町のアパート ©文藝春秋

「旦那は1年くらい無職だったと思います。その間も未希は仕事を転々としながら家族4人の家計を支えていて、時には『金稼いできた』と風俗で働いたことを報告しに来ることもありました」

 そう語るのは、兵庫県神戸市で起きたボーガン殺人未遂事件の容疑者・樽井未希(33)の親族男性だ。

 7月26日午前6時前、神戸市兵庫区の閑静な住宅街で事件は起きた。樽井容疑者は自宅アパートで寝ていた夫(36)の頭部めがけてボーガン(洋弓銃)で矢を放ったものの、矢は頭部をかすめて命中せず、夫の首を包丁で切り付けて殺害しようとしたのだ。目覚めた夫が包丁を取り上げ、樽井容疑者は自ら110番通報。駆け付けた警察官によって現行犯逮捕された。犯行時、小学生と未就学児の息子2人は別室で寝ていたという。

「夫は首の右側に2〜3センチメートルの切り傷を負っていました。カーペットの床が赤くなっていて、血の付いた包丁が落ちていた。警察が現場に到着したときは夫婦で言い争っている様子もなく、樽井容疑者も容疑を認めおとなしく逮捕されたそうです」(捜査関係者)

■「新型コロナウイルスで失業しイライラしていた」

 樽井容疑者は取り調べのなかで、6月4日に兵庫県宝塚市で家族ら4人がボーガンで殺傷された事件を「真似した」と供述したという。地元記者が説明する。

「容疑者は宝塚の事件に着想を得て、ネットでボーガンを購入したようです。逮捕当時は夫婦そろって無職でした。妻は直近で複数のアルバイトをしていたことが確認されていますが、夫が働いていた形跡はありません。容疑者は犯行の動機を『新型コロナウイルスで失業しイライラしていた』と説明しています」

■容疑者は犯行前に夫と「別れるわ」親族証言

 事件を知った近隣住民は驚きを隠さずにこう語る。

「8年くらい前にここに越してきた若夫婦です。旦那さんは180センチあるかないかの大柄な男性で、奥さんは逆に小柄で細身、黒髪ロングのおとなしそうな人。いつも2人で歩いていましたよ。でこぼこコンビだなぁとほほえましく思っていました。

 いたって普通の家族にみえましたが、幼い男の子が2人いるのに普段から近所で遊んでいる様子もなく、家も物音ひとつせず静かなので不思議には思っていました。でも、まさかあの物静かな奥さんが旦那さんを殺そうとするなんて。びっくりです」

“いたって普通”だった妻はなぜ夫にボーガンで矢を放ったのか。樽井容疑者の実家に向かうと、親族が取材に応えた。

■「知らないあいだにウチに住み着いていた」

「最後に未希と会ったのは3カ月前くらい。うちに来て酒を飲みながら、『(旦那と)別れるわ』と言っていました。でもそれから一切連絡がなかったので、どうしているのかなと気になっていたところでした。夫は以前、ここ(妻の実家)にも住んでいたことがあるんですよ」

 当時、夫妻はまだ結婚していなかったが、親族男性によると「知らないあいだに、男がウチに住み着いていた」という。

「その時も男は無職で、半年くらい居候していたかな。家族も迷惑していたけど、2階の一部屋に未希と2人で引きこもって出てこないから話もできない。しかも夏場には2人がずっとエアコンをつけっぱなしにするから、すぐに家のブレーカーが落ちるんですよ。古い家なのでどうしようもなくて、家族が一度強めに注意したら2人でしれっと家を出ていきました」(同前)

 約8年前に2人は今回事件があったアパートに転居。入籍もしたが、親族に対して結婚報告は一切なかったという。

「未希が男と家を出て行った後、しばらくして2人が結婚したことを知りました。しかも男が勝手に『樽井』姓を名乗っていたんです。親族の了承をとっていませんでしたから、さすがに驚きました。結婚後は2人でカフェか何かの飲食店を経営するために借金もしたらしいです。でも店は失敗して、借金まみれになった。子供も生まれたみたいだったけど、妊娠していたことも知らされていなかった」

 その後、樽井容疑者は実家にはほとんど寄り付かなくなったが、何度か“家出”をして実家に戻ってくることもあったという。親族男性は声を落とし「未希は旦那とずっと別れたがっていた」と明かす。

■夫の主張は「子どもに悪影響」

「旦那から逃げるために何度も家出をしているんですよ。実家にも3回くらいは帰ってきている。最初に家出したのは3年くらい前で、1カ月は帰らなかったはずですよ。その時から『離婚したい』『別れたい』ってずっと言っていた。

 でも家出の度に旦那が居場所を見つけ出して無理やり連れて帰るんです。捜索願まで出されて、おおごとになったこともありました。旦那は『子供のために離婚はしちゃいけない』『子供に悪影響だ』なんて言っていましたけど、夫婦関係は3年前に未希がウチに逃げてきた時点で破綻していたんでしょうね。でも未希は強く言われたら断れない性格だから、口の上手い旦那に毎回説得されて、しぶしぶ家に帰っていました」(同前)

■容疑者が漏らしていた「旦那に暴力振るわれてる」事実

 妻がそこまでして夫から逃れたい理由は何だったのか。

「夫婦関係について深くは聞いていませんが、何回目かの家出で実家に帰って来た時に、『傷だらけになってる』『旦那に暴力振るわれてる』と言っていたことがありました。家族としては、そんな旦那と暮らすくらいならさっさと離婚すればいいのにと思っていましたが、旦那が未希に依存して離さないという感じだった」(同前)

 樽井容疑者は夫から逃れることができず、仕事を転々として生活を支えていた。

「旦那は1年前くらいまでは肉の配達や郵便局の仕事をしていましたが、それ以降は無職です。今年に入ってからも未希は家出して実家に戻ってきていたのですが、その時に風俗でも働いていたことを知りました。子供もいるし、未希が家計を支えざるを得なかったんでしょうね」(同前)

■「今月から働く予定やったんや!」

 そして7月26日早朝に事件は起きた。親族男性は肩を落とし、事件直後の被害者の様子を語った。

「事件の直後、旦那から突然実家に電話がかかってきたんです。『今月から働く予定やったんや!』『もう少しで死ぬところやった!』と、一方的に未希を責めるような口調でね。

 確かに、未希が凶器を持ち出した時点で擁護することはできないけれど、いままで旦那に苦労させられてきたのも知っていますからね。(夫に)電話口でまくしたてられたけど、どこまで本当のことを言ってるのかもわかりません」(同前)

 兵庫県はボーガンを県青少年愛護条例に基づき「有害玩具類」に指定。さらに所有者に届け出の義務付けなど、規制強化の条例制定を進めている。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)