池上さん、来年7月スポーツの日は五輪再延期・中止でも祝日になる?

池上さん、来年7月スポーツの日は五輪再延期・中止でも祝日になる?

©iStock.com

■Q 2021年7月のスポーツの日も祝日になる?

 東京オリンピックの開会式が行われるはずだったスポーツの日(7月24日)は、延期になっても変わらずに祝日でした。もし2021年にオリンピックが行われなくても、同じく祝日になりますか。(10代・男性・学生)

■A 法改正が行われれば、祝日であり続けます。

 祝日の移動は法律にもとづきます。政府は2021年も、本来は10月のスポーツの日を7月に移動させる「東京五輪・パラリンピック特別措置法改正案」を秋の臨時国会で成立させる予定ですから、法改正が行われれば、たとえオリンピックやパラリンピックが再延期ないし中止になっても祝日であり続けます。

 まあ、秋の臨時国会の前にオリンピック・パラリンピックの再延期ないし中止が決まったら、移動させる法改正案も立ち消えになるでしょうが。政府としてはギリギリまで判断を先送りするでしょうから、来年もスポーツの日は7月で決まりになるでしょう。

(池上 彰)

関連記事(外部サイト)