トランプ大統領“中国敵視”の背後に謎の中国系アメリカ人顧問

トランプ大統領“中国敵視”の背後に謎の中国系アメリカ人顧問

ニクソン元大統領記念館で演説するポンペオ氏 ©共同通信社」

「中国共産党への見方を変えることから、始めなければならない」

 ポンペオ米国務長官(56)が7月23日に行った演説は、米中関係について、共産党独裁と民主主義との体制間競争であると定義し、“対中包囲網”の結成を呼びかける強烈なものだった。

 この演説に前後して、米政府は、テキサス州ヒューストンの中国総領事館が「スパイ活動の巣窟」になっているとして閉鎖を命令。これに中国が報復措置として四川省成都の米国総領事館の閉鎖を命じ、米中関係は最悪の状態となっている。

「トランプ大統領は元々、中国に対し、巨額の対中貿易赤字に不満をもっていた。さらに新型コロナの累計感染者が約420万人以上と世界最多となったことで、中国敵視に大きく舵を切った。当選に黄信号が灯る大統領選へのアピールという側面も強い」(日米関係筋)

 こうした米政権の対中強硬策の中心で最近注目を集める人物がいる。中国系アメリカ人のマイルズ・ユー(余茂春)氏(57)だ。

 ポンペオ国務長官の対中政策立案の顧問を務めるユー氏は、国務長官室の近くに個室を与えられ、「国の宝」(スティルウェル国務次官補)と高い評価を受ける。

 中国共産党が発表する論文に秘された政治的意味を読み解き、習近平指導部の弱点を巧みに突く政策をアドバイス。共産党幹部が頻繁に使う「ウィン・ウィン」や「相互尊重」などの言葉が何ら意味を持たないと指摘しているという。

■中国を怒らせないようにという政策が失敗のもとだった

 重慶市出身のユー氏は、小・中学校時代に文化大革命を経験。急進的な共産体制に嫌気がさしたという筋金入りの保守派だ。天津の南開大学を卒業後、1985年に米国に留学し、カリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得している。

 天安門事件に衝撃を受けて米国に帰化し、94年にメリーランド州アナポリスの海軍兵学校で現代中国と軍事史の教授ポストを得た。2017年1月、トランプ政権発足と同時に現職に就いている。

 ユー氏は米ワシントン・タイムズのインタビューに応じ、過去半世紀近くに及ぶ歴代米政権の対中政策について「(米国は)中国の共産主義者は本物でないと考えてきた。緊張関係を回避するため中国を怒らせないように対中政策を形成してきたことが失敗のもとだった。米国が最優先すべき国益は何なのかを検討すべきだった」、「最大の過ちは中国共産党のエリートと一般庶民を区別しなかったことだ」などと答えている。

 ホワイトハウスでの存在感は高まるばかりだが、中国では民族の裏切り者である「漢奸」と呼ばれているという。

(濱本 良一/週刊文春 2020年8月6日号)

関連記事(外部サイト)